Iターン あらすじ

Iターンあらすじ

 ドラマ「ドラマ24 I(アイ)ターン」は、福澤徹三さんの小説(文春文庫)が原作、テレビ東京系で2019年7月スタートの連続ドラマ。俳優のムロツヨシさんが主演を務める。。ムロさんが同局のドラマの主演するのは初めて。ムロさんは同枠で放送された「2nd ハウス」「Xenos(クセノス)」「アオイホノオ」「勇者ヨシヒコ」シリーズなどに出演している。

 広告代理店に勤める営業マンの狛江光雄(ムロさん)は、左遷で地方の小さな支社に異動を命じられ、単身赴任することに。しかし、赴任した先は、ヤクザが行き交う“修羅の街”だった。個性の強い2人の組長の間にはさまれ、一度の仕事のミスが、人生を大きく変える受難の日々が始まる。毎話、究極の選択を迫られる“日本で一番不幸な男”狛江の姿が描かれる。映画「下衆の愛」「獣道」などの内田英治さんが全話の脚本・監督を担当する。

ドラマ「Iターン 」のあらすじ