都立水商!~令和~ ニュース

<インタビュー>松井玲奈、元カリスマキャバ嬢の教師役に奮闘 竜星涼とアドリブ応酬も

5月にスタートする連続ドラマ「都立水商!~令和~」で共演する(左から)松井玲奈さん、竜星涼さん
5月にスタートする連続ドラマ「都立水商!~令和~」で共演する(左から)松井玲奈さん、竜星涼さん

 俳優の竜星涼さんが主演を務める連続ドラマ「都立水商!~令和~」で、女優の松井玲奈さんが、水商売のイロハを教える東京都立水商業高等学校(都立水商)のキャバクラ科教師、元カリスマキャバ嬢の乾千花役で出演する。竜星さんが演じる社会科教師・石綿(いしわた)直樹の同僚で「また一ついい経験をさせてもらった」と喜ぶ松井さんと竜星さんが、共演の感想やドラマの魅力、役作りなどを語った。

 ◇一風変わった教師役 印象は…

 「都立水商!~令和~」は、2001年に刊行された室積光さんの小説「都立水商!」(小学館)が原作で、猪熊しのぶさん作画でマンガ化され、2006年にはスペシャルドラマも放送された。今回のドラマは、現代の世相と水商売のシステムを反映させたオリジナルストーリー、オリジナルキャラクターで、新感覚の本格学園ドラマとして描く。映画「九月の恋と出会うまで」の山本透さんが監督を務める。

 松井さんと竜星さんは、どちらも17年の連続ドラマ「オトナ高校」(テレビ朝日系)に出演しているものの、同じシーンでの共演はなかったといい、今回がほぼ初共演。竜星さんは同作でも先生役だったが「生徒たちが年上の先輩しかいないちょっと変わった先生だったので、今回やっと、若い子どもたちと一緒に(学園もの)をやれる。うれしいと思って、ふたを開けてみたら水商売を教える学校で、なかなか普通の学校に就職させてもらえないなと思った」と苦笑い。それでも「先生役をやるという一つの目標が、この作品でかなった」と喜んだ。

 一方の松井さんも「そんなに先生役をやったことがなくて、今回は、生徒を前にちゃんとしゃべれるかなと思ったんですが、教えるのがキャバクラ嬢としての極意。生徒に向かってしゃべることが自分でも知らないことも多くて」と役の難しさを明かしたが、「プロフェッショナルな職業なんだなと理解することができて良かったなと思いますし、接客のプロの集団なんだなと思いました。黒板を使って授業をするっていう本当に先生らしいことをさせてもらいました」と、笑顔を見せた。

 ◇アドリブ連発! 竜星涼は「アトラクションみたいな感じ」

 松井さんは、竜星さんとの共演の感想を聞かれ「竜星さんはすごく柔軟な方なんだなと思いました。お芝居の中にもアドリブをたくさん入れるので、一緒にやっていて竜星さん自身がアトラクションみたいな感じ」と回答。「何が飛び出してくるんだろう。せりふがないシーンでもリアクションで、いかに自分のキャラクターを前に出せるか、面白くできるかを、常に追求しているんだなと思って、何回もびっくりさせられました」と語った。

 竜星さんは、松井さんら教師同士のシーンでアドリブを連発したことを明かし、「唯一遊べるところが先生たちとの一緒のシーンだったので、僕は楽しくさせていただいた」と笑顔。「煮詰まってたんですかね」と遊びたい欲が出たと明かした。

 一方の松井さんは、アドリブは「そんなに得意じゃない」というが、「(竜星さんから)どんな質問(アドリブ)が飛んでくるのが分からないし、自分のキャラクターも崩しちゃいけないし。でも飛んできたボールを打ち返すのがスリリングで楽しかったです」と、撮影を振り返った。

 ◇元カリスマキャバ嬢の教師、役作りは?

 松井さんが演じたキャバクラ科実習教師の乾千花は、以前銀座から六本木まで数々の名店キャバクラでナンバーワンを獲得したカリスマキャバ嬢という過去を持つ役どころ。「確固たるキャラクターがあるわけではない」という“千花先生”の役作りは難しかったが、撮影前に実際のキャバクラに行くことはできなかったという。「ナンバーワンキャバクラ嬢というバックボーンがある人って、所作がきれいじゃないといけないと意識していました」といい、「(ドラマの)『お水の花道』がすごく好きだったので、あの女優さんたちの雰囲気が、千花先生にフィードバックできたらいいな」と、同ドラマを参考にしたことを明かす。

 松井さんは「(キャバ嬢を演じる出演者たちの)お客さんに対する気の使い方、グラスが空いたら新しいものを入れるとか、基本的なことの所作がすごくきれいだった。(動きに)自分たちの仕事へのプライド、高いレベルの意識があった」と分析。「そういう接客の経験が自分にもあって、それを先生として生徒に伝えられたらいいなと思った」といい、「『先生の話はちゃんと聞かなきゃいけないんだ』という雰囲気を出すのが難しかった」と、苦労を語った。

 「水商売」というフレーズだけ聞くと「否定的なイメージがどうしてもあると思うんですが、この作品はそれを打ち砕くものがあると僕は思っている」という竜星さん。「見終わったとき、将来自分も水商売をやってみたいという人が出てくるのが悪いことじゃないと思ってもらえたら、この作品は成功」と力を込める。松井さんも「たまたま学校の専門が水商売なだけ。自分たちの夢に向かって、どう進んでいくのか。すごく面白いしすてきだし、自分の力にもなる作品だと思いました。私たちが感じたことが伝わるといいな」と、作品の魅力を語っていた。ドラマは、MBS・TBSの深夜の「ドラマイズム」枠で放送される。MBSで5月5日から毎週日曜深夜0時50分、TBSで同7日から毎週火曜深夜1時28分に放送。

<ドラマ紹介>「都立水商!~令和~」 竜星涼が水商売のイロハ教える新米高校教師に 小倉優香、大原優乃ら旬の若手もずらり 第1話あらすじも

連続ドラマ「都立水商!~令和~」の第1話場面写真 (C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
連続ドラマ「都立水商!~令和~」の第1話場面写真 (C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS

 マンガ化もされた室積光さんの小説「都立水商!」(小学館)が原作の連続ドラマ「都立水商!~令和~」(TBS・MBSほか)が5月5日深夜から順次、放送される。俳優の竜星涼さんが、水商売のイロハを教える東京都立水商業高等学校(都立水商)の社会科教師・石綿(いしわた)直樹役で主演し、直樹が受け持つ3年C組の生徒役には小倉優香さん、大原優乃さん、神尾楓珠さん、瀬戸利樹さん、元「モーニング娘。」の飯窪春菜さんら旬の若手が集結した。

 「都立水商!」は、2001年に刊行された小説が原作で、猪熊しのぶさん作画でマンガ化され、2006年にはスペシャルドラマも放送された。今回は、東京・歌舞伎町にひっそりとたたずむ都立水商を舞台に、新元号・令和となった現代の世相と水商売のシステムを反映させ、オリジナルストーリー、オリジナルキャラクターで描く新感覚の学園ドラマ。映画「九月の恋と出会うまで」の山本透さんが監督を務める。

 直樹の恋人の大海原春香を堀田茜さん、都立水商のキャバクラ科教師で元カリスマキャバ嬢の乾千花を松井玲奈さん、校長・玉造清を升毅さんが演じるほか、映画「カメラを止めるな!」の濱津隆之さんや永尾まりやさん、鈴之助さんも教師役で出演。主題歌は4人組音楽ユニット「THE BEAT GARDEN」の書き下ろしの新曲「ぬくもり」、エンディングテーマはロックバンド「サイダーガール」の新曲「クローバー」。

(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS


 第1話では、就活中の石綿直樹が、付き合っている彼女のために「先生」の肩書欲しさで都立水商へ就職するが、採用されて初めてこの高校が水商売専門の高校であることを知る。学校にはキャバクラ科、ホスト科など四つの科があり、シャンパンコールの朝礼やキャバクラ実習での指名争いなどが授業で行われるという実態に、困惑するばかりの直樹は、3年C組を担任することになるが、着任早々生徒たちが起こすトラブルに次々と巻き込まれる……。

 MBSで5日から毎週日曜深夜0時50分、TBSで同7日から毎週火曜深夜1時28分に放送。RCC、TBCなどでも順次放送される。

(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS

<インタビュー>竜星涼 “水商売”教える学校の教師役で「頼られても困る」? 理想像は…

5月にスタートする連続ドラマ「都立水商!~令和~」で主演する竜星涼さん
5月にスタートする連続ドラマ「都立水商!~令和~」で主演する竜星涼さん

 俳優の竜星涼さんが主演を務める連続ドラマ「都立水商!~令和~」が、5月5日からスタートする。竜星さんが演じるのは、東京都立水商業高等学校(都立水商)の社会科教師・石綿(いしわた)直樹役で「これまで学生役をずっとやってきたので、先生役の先輩たちも見てきた。いずれは自分も先生役として生徒を持ちたい。役者業の中では憧れ、目標ではありました」と喜びをかみしめる。一方で、水商売のイロハを教えるという特殊な学校で、「(生徒たちに)頼られても困る」と苦笑する。竜星さんに教師役への思い、ドラマの魅力を聞いた。

出典:YouTube


 ◇念願の教師役に喜び 理想の教師役は…

 「都立水商!~令和~」は、2001年に刊行された室積光さんの小説「都立水商!」(小学館)が原作で、猪熊しのぶさん作画でマンガ化され、06年にはスペシャルドラマも放送された。今回のドラマは、現代の世相と水商売のシステムを反映させたオリジナルストーリー、オリジナルキャラクターで、新感覚の本格学園ドラマとして描く。映画「九月の恋と出会うまで」の山本透さんが監督を務める。

 竜星さんは、17年の連続ドラマ「オトナ高校」(テレビ朝日系)で教師役を演じているが、自分より年上の生徒しかいなかったと振り返る。「やっとちゃんとした若い生徒たちと一緒に作っていける、そういう意味では初めての先生役。水商売を目指す学校の先生として就職してしまったんで、予想とは違ったんですが」と苦笑する。

 理想の教師役はなかったというが「本当にただ生徒たちと同じ目線だったり、友達みたいな目線の先生を描けたら」と、自身の体験から理想像を導き出した。竜星さん自身は「ぎりぎり『(3年B組)金八先生』を見ていた(世代)。反町(隆史)さんがやっていた『GTO』も好きでした」という。自身が学生だった頃を振り返ると「信頼を得る男の先生って、自分と同じ目線で話してくれる友達とか、兄貴みたいなところがある。だからこそ、今回は僕がそういう先生になりたい」と、熱い思いを語った。

 ◇教師になる準備は「いい意味でふがいなく」

 演じる直樹は、元々教師という職業を望んでいたのではなく、「先生」と呼ばれる職業に就くために就職した学校が、たまたま水商売を教える学校だった、という設定。「(役柄の)直樹は、最初教師といえばこんな感じ、と金八先生みたいな熱血教師を思い描いたんだけれど、出鼻をくじかれたんです」と、説明する。そのため、教師役を演じるうえでの準備は「あまりしなかったですね。直樹自体が先生に憧れていたわけじゃなかったので、何もやらず、自分が生徒役をやっている子たちと一緒に成長していければなと思っていました」という。

 逆に「水商売というジャンルなので、そこに関しては、生徒たちの方が知っていることが多いという設定」といい、「いい意味でふがいなくてもいいのかな。『頼られても困る』という立場で」と笑顔で明かした。

 ◇生徒の活気に「僕もこんな風に大人に迷惑かけた」

 実際に教師役として臨んだ教室での撮影は、限られた日数だったというが「みんなすごくまとまりが良かった。若いからこそのエネルギッシュさがあった」と振り返る竜星さん。「僕もこんなふうに大人に迷惑かけてたのかな。まぶしくもあり、忘れていたものを見させてくれたり、いろんな影響をくれました。昔はみんなめちゃくちゃ怒鳴られていたな。最近はそういうの少なくなったな」と笑顔で語り、「物語の中心人物としての先生役で、二十数人くらいの若い生徒たち、その縮図で(演技を)やれるってあんまりないことだと思うので、そういう歳になってきたんだ」と感慨深げに語る。

 教室で“先生”らしいことはできたかというと「基本僕はみんなをまとめるのは苦手。でも楽しんで帰ってもらいたいと思ったので、この作品を楽しんでもらえたらうれしいなという責任感はありました」といい、現場にお菓子の差し入れをしたと明かす。「久しぶりに、駄菓子をたくさん買ったんですけれど、結構懐かしいもんですよね。差し入れをみんなが喜んでくれたのを見て、やってよかったな(と思った)。いい思い出として残ってくれれば」と笑顔を見せた。

 ◇ドラマは意外と普通の学園もの? 「水商売のイメージを変えたい」と意気込み

 同ドラマのオファーを受けた時は「斬新(ざんしん)だなと思いましたね。深夜枠でやるということに納得といいますか、深夜でやったら面白いテイストだよな、とまず思った」という印象だった竜星さんだが「フタを開けてみたら、結構ちゃんと普通の学園もの」といい、「ギャップが売りかな。世間の水商売のイメージを良くしてくれるドラマです。知らないことを学べちゃう、ある種の教科書みたいなことが詰まっている」とその意外な印象を語る。

 水商売へのイメージは「僕は特別そうは思わないですが、いいと思う人はあまりいないのかもしれません。『水商売に就くなら普通の職業にすれば』と言う親が多いような気がします。だからこそ、そういうイメージを変えたい。変えようとしている台本だったと思います」と力を込める。視聴者には「正直、色眼鏡で見てもらっても構わないし、そういう人たちの方がかえってのめり込んでみてくれるかもしれない。でも水商売だからという先入観で、あまり見られないことの方を恐れている。水商売に関心がある方も、ない方も学べる要素があると思うので、とても楽しく熱いドラマとして見てもらえると思います」と、熱く魅力を語っていた。

<制作発表会>竜星涼「イメージを払拭したい」 水商売の先生役に意気込み

連続ドラマ「都立水商!~令和~」制作発表会に登場した竜星涼さん
連続ドラマ「都立水商!~令和~」制作発表会に登場した竜星涼さん

 俳優の竜星涼さんが4月22日、東京都内で開催された、主演の連続ドラマ「都立水商!~令和~」(MBS・TBS)の制作発表会に登場。水商売のイロハを教える東京都立水商業高等学校(都立水商)の社会科教師・石綿(いしわた)直樹を演じる竜星さんは、同ドラマについて「水商売のイメージを払拭(ふっしょく)できる作品で、令和の新しい時代にぴったりな学園ものが誕生したと思います。学校では習えない大事なものを、水商売からヒントを得て、ちりばめられた作品になっています」と力強く語った。

 発表会にはキャバクラ科教師で、元カリスマキャバ嬢の乾千花役の松井玲奈さんをはじめ、キャバクラ科の生徒役の恒松祐里さん、伊藤萌々香さん、大原優乃さん、飯窪春菜さん、ホスト科の生徒役の瀬戸利樹さん、小野寺晃良さん、バンダリ亜砂也さんが登場した。

<制作発表会>大原優乃、飯窪春菜らとキャバ嬢姿披露 ノリノリでシャンパンコールも

連続ドラマ「都立水商!~令和~」制作発表会に登場した大原優乃さん
連続ドラマ「都立水商!~令和~」制作発表会に登場した大原優乃さん

  元「Dream5」の大原優乃さんが4月22日、東京都内で開催された、連続ドラマ「都立水商!~令和~」(MBS・TBS)の制作発表会に登場。ドラマでキャバクラ科の生徒・馬淵百合を演じる大原さんは、同じく生徒役のアイドルグループ「モーニング娘。」の元メンバーの飯窪春菜さんらとともキャバ嬢姿で登壇。ヒット祈願として、ノリノリのシャンパンコールで会場を沸かせた。

連ドラの大人キャスト一挙公開 恋人役に堀田茜、教師役に松井玲奈、「カメ止め」の濱津隆之も

5月にスタートする連続ドラマ「都立水商!~令和~」のポスタービジュアル (C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
5月にスタートする連続ドラマ「都立水商!~令和~」のポスタービジュアル (C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS

 マンガ化もされた室積光さんの小説「都立水商!」(小学館)が原作の連続ドラマ「都立水商!~令和~」の大人役のキャストが4月19日、発表された。俳優の竜星涼さんが演じる東京都立水商業高等学校(都立水商)の社会科教師・石綿(いしわた)直樹の恋人の大海原春香役でモデルで女優の堀田茜さん、都立水商のキャバクラ科教師で元カリスマキャバ嬢の乾千花役でNHK連続テレビ小説「まんぷく」での演技も記憶に新しい松井玲奈さん、都立水商の校長・玉造清役に俳優の升毅さん、やたらと腰の低いホスト科教師・小木曽義和役に映画「カメラを止めるな!」の濱津隆之さん、夜を極めたフーゾク科教師・坂下咲良役に永尾まりやさん、マネジャー科教師・標祐作役で鈴之助さんが出演する。

 堀田さんが演じる春香は、元山梨県議会議員の父、大海原葉造(村田雄浩さん)と母、美智子(江藤あやさん)を両親に持ち、名家で育ったお嬢様。家系に議員や医者、弁護士など「先生」と呼ばれる職業の男性しかいないという大海原家の娘・春香の存在が、直樹を「都立水商!」の世界へ誘うことになる。

 ポスタービジュアルも完成した。ポスターは、竜星さんが演じる新米教師・直樹が教卓の前に立ち、直樹をサポートするようにキャバクラ科教師の千花(松井さん)が教卓の後ろに立っている。さらに担任を受け持つ3年C組の生徒たちが水商正装のドレスアップスタイルで豪華絢爛(けんらん)に教室に集っている様子を写し出している。

 また、ロックバンド「サイダーガール」の新曲「クローバー」がエンディングテーマに決まった。ボーカル&ギターのYurinさんは「生きることを頑張るということは、尊敬と美しさがあると同時に窮屈さと不自由さをはらんでいると年を重ねていくほどに感じます。稀有(けう)な環境が訪れても、想像に及ばない困難が立ちはだかっても、自分だけは味方でいようという思いで曲を書きました。このドラマの登場人物や、聴いてくれた方々のそばで支えてくれる曲になるとうれしいです」とコメントしている。

(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS

連ドラの生徒役が一挙公開 小倉優香、大原優乃、神尾楓珠、瀬戸利樹、元モー娘。飯窪春菜ら

5月にスタートする連続ドラマ「都立水商!~令和~」のキャスト (C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
5月にスタートする連続ドラマ「都立水商!~令和~」のキャスト (C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS

 マンガ化もされた室積光さんの小説「都立水商!」(小学館)が原作の連続ドラマ「都立水商!~令和~」の生徒役のキャストが4月11日、発表された。俳優の竜星涼さんが演じる東京都立水商業高等学校(都立水商)の社会科教師・石綿(いしわた)直樹が受け持つ3年C組の生徒として、小倉優香さん、大原優乃さん、神尾楓珠さん、瀬戸利樹さん、アイドルグループ「モーニング娘。」の元メンバーの飯窪春菜さんらが出演する。

 小倉さんは京都出身のキャバクラ科の生徒・草野葉月、大原さんはキャバクラ科の癒やし系の努力家・馬淵百合、飯窪さんはキャバクラ科のギャル生徒・温井寧々、神尾さんはマネージャー科でクラス一のお調子者・今井周、瀬戸さんはホスト科の元ヤンの武闘派、大竹哲太をそれぞれ演じる。ほかにも、恒松祐里さん、伊藤萌々香さん、小野寺晃良さん、バンダリ亜砂也さん、富田健太郎さんが生徒役で出演する。ドラマの主題歌を4人組音楽ユニット「THE BEAT GARDEN」が担当することも発表された。

(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
(C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS

竜星涼、実写ドラマで“復活”の「都立水商!」で主演 「挑戦的なメッセージを伝えられたら」

連続ドラマ「都立水商!~令和~」で主演を務める竜星涼さん (C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS
連続ドラマ「都立水商!~令和~」で主演を務める竜星涼さん (C)「都立水商!~令和~」製作委員会・MBS

 マンガ化もされた室積光さんの小説「都立水商!」(小学館)が実写ドラマ化され、俳優の竜星涼さんが主演を務めることが4月4日、分かった。ドラマのタイトルは「都立水商!~令和~」で、竜星さんは、水商売のイロハを教える東京都立水商業高等学校(都立水商)の社会科教師・石綿(いしわた)直樹を演じる。竜星さんは「普段知ることのない水商売の裏事情をポジティブに描き、世の中へ挑戦的なメッセージを伝えられればいいなと願っています」とコメントを寄せている。

 「都立水商!」は、2001年に小学館で刊行された室積さんの小説。猪熊しのぶさん作画でマンガ化され、06年にはスペシャルドラマも放送された。都立水商を舞台に、水商売の裏側を通じた人間ドラマが描かれた。今回のドラマは、現代の世相と水商売のシステムを反映させたオリジナルストーリー、オリジナルキャラクターで、新感覚の本格学園ドラマとして描く。映画「九月の恋と出会うまで」の山本透さんが監督を務める。

 ドラマは、MBS・TBSの深夜の「ドラマイズム」枠で放送される。MBSで5月5日から毎週日曜深夜0時50分、TBSで同7日から毎週火曜深夜1時28分に放送。

都立水商!~令和~MBS・TBSの深夜の「ドラマイズム」枠
MBSで2019年5月5日から毎週日曜深夜0時50分、
TBSで2019年5月7日から毎週火曜深夜1時28分に放送