都立水商!~令和~ あらすじ

都立水商!~令和~あらすじ

 ドラマ「都立水商!~令和~」は、マンガ化もされた室積光さんの小説「都立水商!」(小学館)を実写ドラマ化。俳優の竜星涼さんが主演を務める。ドラマのタイトルは「都立水商!~令和~」で、竜星さんは、水商売のイロハを教える東京都立水商業高等学校(都立水商)の社会科教師・石綿(いしわた)直樹を演じる。

 「都立水商!」は、2001年に小学館で刊行された室積さんの小説。猪熊しのぶさん作画でマンガ化され、06年にはスペシャルドラマも放送された。都立水商を舞台に、水商売の裏側を通じた人間ドラマが描かれた。今回のドラマは、現代の世相と水商売のシステムを反映させたオリジナルストーリー、オリジナルキャラクターで、新感覚の本格学園ドラマとして描く。映画「九月の恋と出会うまで」の山本透さんが監督を務める。

 ドラマは、MBS・TBSの深夜の「ドラマイズム」枠で放送される。MBSで2019年5月5日から毎週日曜深夜0時50分、TBSで同7日から毎週火曜深夜1時28分に放送。

ドラマ「都立水商!~令和~」のあらすじ

都立水商!~令和~MBS・TBSの深夜の「ドラマイズム」枠
MBSで2019年5月5日から毎週日曜深夜0時50分、
TBSで2019年5月7日から毎週火曜深夜1時28分に放送