偽装不倫 キャスト

偽装不倫キャスト


仲間由紀恵

杏、4年ぶり連ドラ主演 年下イケメンと“偽装不倫”

7月にスタートする連続ドラマ「偽装不倫」で主演を務める杏さん=日本テレビ提供
7月にスタートする連続ドラマ「偽装不倫」で主演を務める杏さん=日本テレビ提供

 女優の杏さんが主演を務める。杏さんが連続ドラマに出演するのは、2015年7月期の主演ドラマ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)の第2期以来、約4年ぶり。ドラマは、杏さん演じる“おひとり様女子”の濱鐘子(はま・しょうこ)が、偶然出会った年下イケメンに既婚者だと嘘をつき、期間限定の恋をするラブストーリー。杏さんは「連続ドラマ出演は4年ぶりということで、いろいろと迷う部分もありましたが、その中で大好きな東村アキコ先生原作の『偽装不倫』を出してもらい、これを全力でやってみたいという思いがふつふつと湧いてきました」と語っている。

 杏さんは「不倫モノは、私はなかなか共感できないのですが、この話は、実は不倫ではありません。タイトルにはドキっとさせられますが、フタを開けてみると、主人公を応援したくなる、もどかしいラブストーリーだったりします。主人公とミステリアスな青年が出会い、この先、どうなるんだろうと、毎話待ちきれない、今までになかった作品になると思います」とコメント。

 続けて、「東村さんの作品はほとんど全部読んでいて、実写化のニュースを耳にするたびに、私も演じたかったなと思ってきたので、今回出演が決まって、とてもうれしく思っています。原作者の東村さんにも、原作ファンの方にも楽しんでいただけるドラマにしたいです。気合を入れて頑張ります。暑い夏を一緒に過ごしていただければうれしいです」と意気込みを語っている。

仲間由紀恵、「偽装不倫」で6年ぶりに日テレドラマ出演 本物の不倫する姉役

連続ドラマ「偽装不倫」に出演する仲間由紀恵さん =日本テレビ提供
連続ドラマ「偽装不倫」に出演する仲間由紀恵さん =日本テレビ提供

 女優の仲間由紀恵さんが、杏さん主演の7月期の連続ドラマ「偽装不倫」(日本テレビ系)に出演することが5月21日、分かった。仲間さんが同局のドラマに出演するのは約6年ぶり。杏さん演じる、独身なのに“既婚者”だとうそをつく妹とは逆に、理想の夫がいながら本物の不倫をする姉を演じる。

 仲間さん演じる吉沢葉子は、コンサルティング会社勤務のキャリアウーマン。3年前にイケメンの商社マン、吉沢賢治と電撃結婚し、誰もがうらやむ結婚生活を手に入れたが、実は“独身”と偽り、年下の男と不倫をしているという役どころだ。仲間さんは初共演の杏さんについて「年下だけど、しっかりしているので頼りがいのある妹」で「すごく楽しく姉妹役をやらせていただいています」とコメント。「(演じる)葉子がどんな幸せを見つけていくのか楽しみ」と話している。

眞島秀和、「偽装不倫」で宮沢氷魚の秘密を知る脳外科医役に

ドラマ「偽装不倫」で、宮沢氷魚さん演じる丈の“秘密”を知る脳外科医・一之瀬隆美を演じる眞島秀和さん(C)日本テレビ
ドラマ「偽装不倫」で、宮沢氷魚さん演じる丈の“秘密”を知る脳外科医・一之瀬隆美を演じる眞島秀和さん(C)日本テレビ

 俳優の眞島秀和さんが、東村アキコさんのマンガを女優の杏さん主演で実写化する連続ドラマ「偽装不倫」(日本テレビ系、水曜午後10時)で、宮沢氷魚さん演じる丈の“秘密”を知る脳外科医・一之瀬隆美役を演じることが7月24日、分かった。眞島さんは、7月31日放送の第4話から出演する。

 眞島さん演じる一之瀬は、東京中央病院の脳外科医で、かつて師事したスペインの医師から、日本での丈の診察を託される……という役どころ。7月17日放送の第2話では、鐘子(杏さん)が、姉、葉子(仲間由紀恵さん)の結婚指輪を取り戻し、丈の自室を立ち去った後、ひとり残された丈が強烈なめまいに襲われるシーンで幕を閉じていた。丈のめまいの理由や、丈が鐘子に不倫を持ちかけた本当の理由が徐々に明らかになっていくという。

(C)日本テレビ
(C)日本テレビ