百合だのかんだの あらすじ

百合だのかんだのあらすじ

 ドラマ「百合だのかんだの」は、女優の馬場ふみかさんと小島藤子さんが出演し、野島伸司さんが脚本を手がけるフジテレビの動画配信サービス「FOD」のオリジナル連続ドラマ。5月24日から配信を開始。FODの野島作品はドラマ「パパ活」「彼氏をローンで買いました」に続く第3弾となる。「百合だのかんだの」は、偶然再会した女の子2人が、友情や親友という言葉だけではくくれない関係に発展し、やがてお互いを思い合う、女の子同士の献身的な姿を描いた作品。

 物語は、大学生の篠原百合(馬場さん)がストーカーに悩まされているところから始まる。自宅の郵便ポストに使用済みのティッシュが入っているなど、嫌がらせが続いていたため百合は引っ越しを決める。不動産会社で新しい物件を紹介してもらっていると、案内してくれていた女性社員・二宮海里(小島藤子)から「百合ちゃん」と呼びかけられ小学校の同級生だと告げられる。百合も当時ジュニアアイドルだった海里のことを思い出し、お互い手を合わせハグするなど、女性特有のコミュニケーションで再会を喜ぶが、海里の言葉やハグの長さなどその動作の節々に再会の喜び以上のものを感じ、百合は少し違和感を覚える……という展開。

ドラマ「百合だのかんだの」のあらすじは