監察医 朝顔 キャスト

監察医 朝顔キャスト

上野樹里
時任三郎
石田ひかり
風間俊介
志田未来
中尾明慶
森本慎太郎(SixTONES)
坂ノ上茜
戸次重幸
平岩紙
三宅弘城
板尾創路
柄本明

上野樹里が13年ぶり“月9”主演

7月8日スタートの月9ドラマ「監察医 朝顔」で主演を務める上野樹里さん=フジテレビ提供
7月8日スタートの月9ドラマ「監察医 朝顔」で主演を務める上野樹里さん=フジテレビ提供

 女優の上野樹里さんが主演を務める。上野さんがフジテレビの“月9”枠でで主演を務めるのは、俳優の玉木宏さんとのダブル主演作「のだめカンタービレ」(2006年)以来、約13年ぶり。単独では月9ドラマ初主演となる。上野さんは新米法医学者の主人公・万木(まき)朝顔を演じ、朝顔の父でベテラン刑事の万木平(たいら)との父娘の物語が描かれる。俳優の時任三郎さんが万木平を演じる。

 上野さんが演じる朝顔は、遺体の“生きた証し”を見つけ出すため、時に自身の仕事の範疇(はんちゅう)を超えてまで懸命に、真摯(しんし)に遺体に向き合う新米法医学者。東日本大震災で母を失い、遺体も見つからないという悲しみを抱えている。それゆえに法医学者として遺体を「どうして亡くなってしまったのか分からない不詳の死」にはさせないという揺るぎない信念を持っている。原作では、朝顔は阪神大震災により母を亡くしたという設定だが、ドラマでは東日本大震災により母が行方不明になっているという設定となる。

 時任さんが演じる平は、ずっと捜査畑を歩んできたベテラン刑事。平は思いがけず、朝顔が勤める興雲大学法医学教室が管轄する警察署捜査係に異動することに。遺体が発見されれば警察は、まず朝顔の法医学教室に運ぶため、平は父としてのみならず仕事相手としても朝顔に寄り添うことになる。時任さんが月9ドラマに出演するのは、法医学教室の教授を演じた「ヴォイス~命なき者の声~」(09年)以来、約10年ぶりとなる。

 上野さんと時任さんは、11年に放送されたNHK大河ドラマ「江 姫たちの戦国」で浅井家の父娘という間柄を演じたが、共演シーンはなく、今回が実質初共演となる。

 ◇上野樹里さんのコメント

 ――初の月9単独主演となる本作の話を聞いて抱いた思いを教えてください。

 初めての主演ドラマは月9「のだめカンタービレ」でした。長期にわたって演じさせていただいたので、たくさんの思い出がありますし、いろんな経験をさせていただきました。そんな特別な思い入れのある枠に、また出演することができて大変うれしく思います。

 ――主人公の万木朝顔を演じていくにあたっての意気込みを教えてください。

 法医学者であり、震災で母を亡くした娘を演じます。刑事である父とともに事件と向き合い、被害者のご遺体に残されたメッセージと心から向き合います。太陽とともに咲く朝顔の花のように、つらいことがたくさんあっても明るく前向きに生きている主人公を演じていけたらと思います。

 ――実質、初共演となる時任さんとの共演に向けての思いを教えてください。

 大河ドラマ「江 姫たちの戦国」では、実の父上を演じていただいた時任さん。ですが、共演するのは今回が実質初めてとなります。今回は、震災で母を亡くした父娘という役どころですが、8年前に震災があった時も父娘という役どころだったことに、何かご縁を感じます。

 ――視聴者へメッセージをお願いします。

 新元号から始まる最初の作品ということもあり、皆さんの心に残るすてきな作品になるよう、精いっぱい頑張りたいと思います。

 ◇時任三郎さんのコメント

 ――10年ぶりの月9出演となる本作の話を聞いて抱いた思いを教えてください。

 ほんとに時がたつのが早いなと(笑い)。10年ぶりの月9が、くしくも同じ“法医学”をテーマにしたドラマだということに驚いています。自分自身も人生の最終コーナーにさしかかる年齢になり、“生きるということ”をもう一度、このドラマを通して考える機会になればと思っています。

 ――万木平を演じていくにあたっての意気込みを教えてください。

 誰に対しても同じように“平”に接するようなキャラクターでいけたらいいなと思っています。

 ――実質、初共演となる上野さんとの共演に向けての思いを教えてください。

 以前から勝手に親近感を抱いていた方だったので、共演がとても楽しみです。

 ――視聴者へメッセージをお願いします。

 “死”をテーマにしたドラマですが、半面的に“生きることの素晴らしさ”をお伝えできたらと思っています。また、エンターテインメントとしても楽しんでいただけるよう頑張りますので、ぜひご覧ください。

フジテレビ提供
フジテレビ提供

風間俊介、上野樹里の恋人役に 追加キャスト発表

 俳優の風間俊介さんが出演する。風間さんが“月9”にレギュラー出演するのは初めてで、上野さんと初共演。上野さん扮(ふん)する新米法医学者の万木(まき)朝顔の恋人で新米刑事の桑原真也を演じる。

 風間さんのほか、志田未来さん、中尾明慶さん、「SixTONES(ストーンズ)」の森本慎太郎さん、坂ノ上茜さん、戸次重幸さん、平岩紙さん、三宅弘城さん、板尾創路さん、柄本明さんの出演も発表された。

 風間さん演じる桑原は、交番勤務を経て平の部下となる新米刑事。平が交際中の朝顔の父親だとは知らずに、捜査でコンビを組むことになる。その後、平が朝顔の父だと知り、捜査のたびに平と組むことになり胃が痛い思いをする……という役どころ。

 中尾さんは臨床検査技師の高橋涼介、森本さんは刑事の森本琢磨、坂ノ上さん新米刑事の愛川江梨花、戸次さんは強行犯係係長の山倉伸彦、平岩さんは法歯学者の藤堂絵美、三宅さんは検視官の伊東純、板尾さんは絵美の夫で法医学者の藤堂雅史、柄本さんは朝顔の母方の祖父・嶋田浩之、志田さんは第2話から登場する医学部生の安岡光子を、それぞれ演じる。

 ◇風間俊介さんのコメント

 --初の月9レギュラー出演となる本作の話を聞いて抱いた思いを教えてください。

 学生時代、むさぼるようにテレビドラマを見ていました。そんな僕にとって、“月9”は憧れであり、宝物のような作品をたくさんくれました。このドラマも、誰かの宝物になっていくと思います。僕も憧れの場所で、見てくださる皆様、そして、あの頃の自分が喜んでくれるよう、頑張りたいと思います。

 --桑原真也を演じていくにあたっての思いを教えてください。

 プライベートは朝顔と、仕事は平と共に過ごすことになります。このほほ笑ましい親子が抱えた悲しみに、どう向き合っていくか。桑原と一緒に、時に悩み、時に苦しみながら、健やかに演じていきたいと思っています。

 --初共演となる上野さん、「救命病棟」以来となる時任さんとの共演に向けての思いを教えてください。

 先日、上野さんとお会いした時に、とても柔らかな居心地の良い空気を感じました。作品の話になると、しなやかな強さを感じ、この物語も上野さんのような、柔らかさと強さがある物語になっていくのだろうと思いました。時任さんとは、役が濃厚な関係を築き上げる作品でご一緒させていただくことが多いです。今回も恐らく、濃厚な関係を築いていくことになるだろうと、今から楽しみです。

 --視聴者の皆さんへメッセージをお願いします。

 人は“変わらないこと”、“変わること”の両方が必要だと思います。この物語は、時が流れても、時代が変わっても、変わらずに伝えたいこと、人が歩き出し、成長して変わっていく姿の両方を届けるドラマになると思います。

藤原季節、初の月9レギュラー出演 上野樹里主演「監察医 朝顔」で鑑識役 三宅弘城とライブ配信も

ドラマ「監察医 朝顔」の公式Twitterアカウントでライブ配信される「『監察医 朝顔』の検視&鑑識結果」に出演する三宅弘城さん(左)と藤原季節さん
ドラマ「監察医 朝顔」の公式Twitterアカウントでライブ配信される「『監察医 朝顔』の検視&鑑識結果」に出演する三宅弘城さん(左)と藤原季節さん

 女優の上野樹里さん主演で7月8日から放送されるフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)に、俳優の藤原季節さんが出演する。藤原さんが“月9”ドラマにレギュラー出演するのは初めてで、鑑識の沖田宗徳(おきた・むねのり)を演じる。沖田は、猪突(ちょとつ)猛進、一心不乱に仕事をする職人気質なタイプで、検視官の伊東純(三宅弘城さん)と共に現場へ急行することが多い……というキャラクター。

 さらに、三宅さんと藤原さんが出演する「『監察医 朝顔』の検視&鑑識結果」がドラマの公式Twitterアカウントで定期的にライブ配信されることも発表された。ドラマが100倍面白くなる情報などを伝えていくという。配信スタート日は調整中。

 ◇藤原季節さんのコメント

 --初の月9ドラマレギュラー出演となりますが、感じられることやお気持ちを教えてください。

 ドラマ好きな母親と姉が、小さな頃から僕に「ロングバケーション」を見せてきたり、シーンを演じさせたりしてきたので、英才教育を受けています。期待に応えられるように頑張ります。

 --沖田宗徳を演じていくにあたっての意気込みは?

 沖田はマイペースでちょっと自己中心的、一つのことを極めるタイプで、他人に嫌われることを恐れていない。典型的なB型男子の特徴なので、僕にピッタリだと思います。そういう男に限ってガラスのハートだったりするので、面白そうだなと思います。

 --見どころは?

 脚本を読んで、さまざまな職種の人たちが一つの事件に関わっているんだなと思いました。その人たちの裏にある人間ドラマが見どころです。その人間ドラマに参加する一人として沖田も皆様の心に残れるように頑張りますので、よろしくお願いします。

石田ひかり「あすなろ白書」以来26年ぶり月9レギュラー出演 「月9には特別な思い」

7月8日にスタートする“月9”ドラマ「監察医 朝顔」に出演する上野樹里さん(左)と石田ひかりさん (C)フジテレビ
7月8日にスタートする“月9”ドラマ「監察医 朝顔」に出演する上野樹里さん(左)と石田ひかりさん (C)フジテレビ

 女優の石田ひかりさんが、上野樹里さん主演で7月8日から放送される“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(フジテレビ系、月曜午後9時)にレギュラー出演することが6月17日、明らかになった。石田さんが“月9”にレギュラー出演するのは、主演ドラマ「あすなろ白書」(1993年10~12月)以来、約26年ぶりとなる。今回石田さんは、上野さん演じる主人公・万木(まき)朝顔の母親、里子を演じる。上野さんと石田さんは初共演。また、2人はともに5月25日が誕生日という。

 石田さんは、約26年ぶりの“月9”レギュラー出演について「『あすなろ白書』は、若かりし頃に懸命に取り組んだ、わたしにとって、とても大切なドラマでありましたので、やはり月9には特別な思いがあります。今回は回想での出演がメインとなりますが、これからも呼んでいただけるよう頑張ります!」と語っている。

 ドラマは、マンガ誌「漫画サンデー」(実業之日本社、現在は休刊)で連載された作・香川まさひとさん、画・木村直巳さん、監修・佐藤喜宣さんのマンガを原作に、設定をアレンジ。東日本大震災で母が行方不明となった法医学者の万木(まき)朝顔と、朝顔の父でベテラン刑事の万木平が遺体の謎を解き明かしながら、遺体から見つけ出された“生きた証し”が残された人の心を救っていく様子をハートフルに描く。石田さんが演じる里子は、東日本大震災で行方不明となり、遺体すら見つかっていないという役どころで、主に回想シーンでの登場となる。

 石田さんのコメントは以下の通り。

 ――本作で万木里子を演じていくにあたっての思いは?

 2011年3月11日。あの日のことは今でも鮮明に思い出すことができます。里子のように今も行方が分からない方々、そのご家族のことを思うと、言葉になりません。ひとりひとりにかけがえのない人生があること、そして行き場のない思いがあることをしっかりと胸に刻んで、心を込めて演じていきたいと思っています。

 ――26年ぶりの月9ドラマレギュラー出演ということに関して、感じることや気持ちは?

 「あすなろ白書」は、若かりし頃に懸命に取り組んだ、わたしにとって、とても大切なドラマでありましたので、やはり月9には特別な思いがあります。今回は回想での出演がメインとなりますが、これからも呼んでいただけるよう頑張ります!

 ――初共演となる上野さんとの共演はいかがですか。

 お誕生日が同じ5月25日で、昔から一方的に親近感を持っていました。樹里ちゃん可愛いです! とっても! 背が高くて細くて色が白くて、ほんとうに可愛い! 娘にしては大きいのですが(汗)、こんな可愛い娘を持てて幸せです!

 ――視聴者へ見どころなど、メッセージをお願いします。

 心に傷を抱えた人たちが懸命に生きていく姿を見ていただければと思います。今、4話まで台本を読んでいるのですが、わたしもこの先が楽しみです!

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

第6話から杉本哲太レギュラー出演 上野樹里“朝顔”と衝突する検視官役

ドラマ「監察医 朝顔」第6話から登場する丸屋大作役の杉本哲太さん(C)フジテレビ
ドラマ「監察医 朝顔」第6話から登場する丸屋大作役の杉本哲太さん(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さん主演のフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)の第6話(8月19日放送)から、俳優の杉本哲太さんがレギュラー出演する。杉本さんは検視官の丸屋大作を演じる。さらに、三宅弘城さん演じる検視官の伊東純が同日放送の第5話で、検視官を辞める決意をすることも分かった。杉本さんと上野さんの共演は初めて。

 丸屋は、人情味あふれる伊東とは真逆な検視官。“超”がつくほど頑固で、仕事のためなら軋轢(あつれき)を生むこともいとわないというキャラクター。検視官という仕事に確固たる誇りと自信を持っていて、検視官として群を抜いて優秀という。法医学者の朝顔(上野さん)らと何かと衝突する場面も登場する。

 杉本さんは、同ドラマを初回から見ていたといい、オファーについて「びっくりしていました」とコメント。撮影については「途中からの参加、キンチョーの日々です」と明かし、「第6話から参加させていただきます。ちょっと嫌なやつを演じています。どうぞお楽しみください」とメッセージを寄せている。

市川右團次が月9初出演で「武者修行のよう」 上野樹里“朝顔”の母知る刑事役

ドラマ「監察医 朝顔」第8話から登場する神崎譲治役の市川右團次さん(C)フジテレビ
ドラマ「監察医 朝顔」第8話から登場する神崎譲治役の市川右團次さん(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さん主演のフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)の第8話(9月2日放送)から、歌舞伎俳優の市川右團次さんがレギュラー出演することが8月25日、明らかになった。右團次さんは、主人公・朝顔(上野さん)の父・平(時任三郎さん)の元相棒で、平の妻の里子(石田ひかりさん)のことを知る、神奈川県警捜査1課の刑事・神崎譲治を演じる。右團次さんが月9作品に出演するのは初めて。刑事役に初挑戦する。

 神崎は、何もかもが豪快な性格で、上にへつらうことなく、仲間思いで現場主義な人情家。捜査となると剛腕を振るい、平と同じように、どんな細かいところまでも調べ上げるだけでなく、最後は「刑事の勘」を駆使して事件を解決に導く、優秀なベテラン刑事。

 右團次さんは、初の月9出演に「まさか自分が月9に出るとは思ってなかったですね(笑い)」と喜び、「非常に新鮮ですし、やはり時代劇とは当然、撮影現場は全く違うわけで、武者修行のような感じです」とコメント。初の刑事役には「面白いですし、自分の中でまた一つ、新たな引き出しができればいいな、と思っています。歌舞伎でもいろいろな役をやらせていただくのですが、刑事役はありませんから。そして、神崎という豪快な男性を『彼がいると職場が楽しくなる』、そんなふうに演じていければ」と意気込んでいる。

 また、第1話から見ているという右團次さんは同作について「事件だけじゃなく、結婚したり、子供が生まれたり、食事のシーンがあったりと、事件と並行して家族の世界が描かれているところが、視聴者の方の心を打つんじゃないかと思います」と分析。「その家族の世界に僕が演じる神崎が、どう絡んでくるのか。神崎は、(朝顔の母の)里子のことを知っている、数少ない登場人物の1人です。そこが、これからどのように膨らんでいくのか、僕自身も期待しています」と語っている。

監察医 朝顔フジテレビ系
2019年7月8日から毎週月曜午後9時放送