監察医 朝顔 ニュース

山口智子、志田未来、中尾明慶ら“法医学教室”メンバー撮了

連続ドラマ「監察医 朝顔」のクランクアップを迎えた(左から)田川隼嗣さん、平岩紙さん、志田未来さん、山口智子さん、上野樹里さん、板尾創路さん、中尾明慶さん(C)フジテレビ
連続ドラマ「監察医 朝顔」のクランクアップを迎えた(左から)田川隼嗣さん、平岩紙さん、志田未来さん、山口智子さん、上野樹里さん、板尾創路さん、中尾明慶さん(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さん主演のフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」で、興雲大学法医学教室のメンバーを演じた志田未来さん、中尾明慶さん、田川隼嗣さん、平岩紙さん、板尾創路さん、山口智子さんが、このほどクランクアップを迎えた。

 ドラマでは、医学部生からしっかり者の法医学者となった安岡光子を志田さん、天真らんまんな検査技師・高橋涼介を中尾さん、新たな法医学教室のアルバイトとして可愛がられている熊田祥太を田川さん、すっかり夫婦格差が板についた妻で法歯学者の藤堂絵美を平岩さん、夫でベテラン法医学者の藤堂雅史を板尾さん、朝顔(上野さん)たちを見守り、支えてきた主任教授の夏目茶子を山口さんが、それぞれ演じた。

 そんな法医学教室の面々の最後の撮影は、土砂災害に見舞われた山梨県の現場へ車で向かおうとするシーン。最後のカットを撮り終え、「志田未来さん、中尾明慶さん、田川隼嗣さん、平岩紙さん、板尾創路さん、山口智子さん、オールアップです!」とスタッフから声が上がると、盛大な拍手とともに、演出の平野眞さん、上野さんから花束が贈られた。

 志田さんは「お疲れ様でした。第2話からの出演で、最初は緊張をしていたのですが、本当に楽しい現場でした。いろいろと学ばせていただきました。ありがとうございました!」と感謝の言葉を述べ、中尾さんは「もう俺、こういう場だと長くしゃべっちゃうから、撮影も押しているので、あとは打ち上げで(笑い)。ありがとうございました! お疲れ様でした!」と笑いを誘った。

 山口さんは「茶子&山口は、この夏働いたので、これから旅に出ます。帰ってきて、次のチャンスで、また皆さんにお会いすることができたらうれしいです。皆さん、お元気で。ありがとうございました!」とあいさつし、上野さんを含め全員で記念撮影を行った。

食事シーンで「生活を色濃く、分かりやすく」 視聴者も共感

連続ドラマ「監察医 朝顔」のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「監察医 朝顔」のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さん主演の連続ドラマ「監察医 朝顔」(フジテレビ系、月曜午後9時)で、主人公・万木朝顔(上野さん)や桑原真也(風間俊介さん)らがバタバタと身支度を済ませながら朝ご飯を食べる描写や、平(時任三郎さん)がグラスにビールを注いで晩酌をする姿などが、SNSで「朝のバタバタにすごく共感できる」「日常的で幸せを感じる」「食事のシーンが落ちつく」と話題だ。ドラマの金城綾香プロデューサーに食事シーンについて聞いた。

 ドラマは、興雲大学法医学教室に勤める法医学者の朝顔と、朝顔の父で野毛山署強行犯係の刑事・平が遺体から、かたや解剖、かたや捜査で真相を探る姿を描く。法医学教室で主任教授の夏目茶子(山口智子さん)が朝顔たちに独特の料理を振る舞って困らせたり、署内で平たちが弁当を広げたりするなど、シリアスな部分と視聴者の心を和ませる日常感あふれる部分の“緩急”が特徴だ。

 金城プロデューサーは平野眞監督たちと「生きていることや生活している部分を色濃く描きたい」と話し合った上で「『食べること』は生きていることにつながっていると思うので、そこは分かりやすく打ち出しました」と制作の裏側を明かす。

 また「人が食べているのを見るのが好き」「嫌いなキャラクターでも食事をしているところを見ると親近感が湧いてしまう」と笑い、恋愛・職業系ドラマの登場人物たちが「食べないのを見ていると『おなかすかないのかな?』と思っていました。普段、私たちは食べたり飲んだりしながら会話をしてたりするじゃないですか」と視聴者が共感できそうな描写を取り入れている。

 今後も朝顔、桑原、つぐみ(加藤柚凪ちゃん)、平たちが食事するシーンを「楽しんでほしい」という金城プロデューサー。最終回を目前に控えても、まだまだ和ませてくれるシーンがありそうだ。

 16日午後9時から第10話が放送される。

笠原秀幸が第10話で物語のキーマンに 9年ぶり“月9”出演

ドラマ「監察医 朝顔」の第10話に出演する笠原秀幸さん(C)フジテレビ
ドラマ「監察医 朝顔」の第10話に出演する笠原秀幸さん(C)フジテレビ

 俳優の笠原秀幸さんが、上野樹里さん主演の“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第10話(9月16日放送)に建設会社勤務の現場監督、赤井啓介役で出演することが9月9日、分かった。笠原さんが“月9”ドラマに出演するのは、2010年7月期の「夏の恋は虹色に輝く」以来、約9年ぶりとなる。

 笠原さん演じる赤井は、妻が初めての出産を控え、生まれてくる子供に恥ずかしくない父親でありたいという思いを強く抱くようになる。そのため仕事にも、ますます真面目に、公明正大に臨むようになり、監督として束ねる工事現場の男性たちからも抜群の信頼を集めているというキャラクター。同話では、反社会勢力が絡むとある事件が発生し、その事件に赤井が勤務する建設会社も関わりを持ち、赤井は事件の重要なキーマンとなっていく。

 笠原さんは、「“夏虹”からもう9年もたったのかと驚きました。毎週楽しみにしていたドラマに呼んでいただきまして、とてもうれしいです。突然訪れるさまざまな予期せぬことに、その時人は何を感じて、誰を思い、どう立ち向かえるのか。家族や仲間の絆を感じ、そして信じて進む皆さんが重ねてこられた、『監察医 朝顔』の世界の中で、赤井啓介として真摯(しんし)に思いを持って生きたいと思います。ぜひご覧ください」とコメントしている。

 笠原さんは、「夏の恋は虹色に輝く」や「獣医ドリトル」(TBS系)などのテレビドラマや、映画「食べる女」(生野慈朗監督)などに出演。現在放送中の「だから私は推しました」(NHK総合)では、ストーカー的な気質を持つオタクを演じ、話題となっている。

田中シェン、“1度見たら忘れられない”モデルがドラマ初出演 「監察医 朝顔」で保育士役

連続ドラマ「監察医 朝顔」に出演する田中シェンさん(C)フジテレビ
連続ドラマ「監察医 朝顔」に出演する田中シェンさん(C)フジテレビ

 モデルの田中シェンさんが、女優の上野樹里さん主演のフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)に第9話(9月9日放送)から出演することが9月9日、分かった。田中さんはドラマ初出演。朝顔(上野さん)がつぐみ(加藤柚凪ちゃん)を預けている保育園の保育士・まいを演じる。

 田中さんは、2014年からモデルとして活動。これまでファッション誌「VOGUE」「ELLE」「FRaU」「kiitos.」などで誌面を飾り、マクドナルドなどのCMにも出演。“1度見たら忘れられない”と話題になっている。また、ファッションブランド「MIU MIU」「sloggi」などとコラボしたイラストを描き下ろすなど、マルチに活躍している。

 ドラマ初出演について、田中さんは「とても緊張してドキドキしましたが、撮影スタッフの方々の段取りが良く、スムーズに進む撮影の中、現場には笑いが絶えず、その雰囲気に救われました」と語っている。

 ◇田中シェンさんのコメント

 ――本作で初のTVドラマ出演となりますが、ご感想をお願いします。

 とても緊張してドキドキしましたが、撮影スタッフの方々の段取りが良く、スムーズに進む撮影の中、現場には笑いが絶えず、その雰囲気に救われました。

 ――上野樹里さん、加藤柚凪ちゃんとは初共演ですが、撮影はいかがでしたでしょうか?

 上野樹里さんは、終始落ち着いており、つぐみちゃんと本物の親子のように休憩時間もすごしていて、ドラマのままだなぁと感動しました。柚凪ちゃんはとてもかわいらしく、初めましてだった私にもたくさんお話をしてくれて、かわいかったです。個人的に上野さんの作品をたくさん見ているので、共演できてうれしかったです。

 ――視聴者の方へ、見どころなどメッセージをお願いします。

 ドラマはハラハラドキドキの展開ですが、朝顔がつぐみの前で見せる母親としての日常の何気ない幸せの瞬間も、ぜひ注目いただきたいです!私個人としましては、田中シェンの初ドラマ出演も見守っていただけたらうれしいです。保育士さんのかわいいエプロン姿、ぜひ見てください!

<インタビュー>坂ノ上茜「監察医 朝顔」の女性刑事役で話題 「ウルトラマンX」は「私の基盤」

連続ドラマ「監察医 朝顔」で愛川江梨花を演じている坂ノ上茜さん
連続ドラマ「監察医 朝顔」で愛川江梨花を演じている坂ノ上茜さん

 女優の上野樹里さんが主演するフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)で、野毛山署強行犯係の女性刑事・愛川江梨花を好演している女優の坂ノ上茜さん。パンツスーツをカッチリと着こなし、男性陣の中でも存在感を示す江梨花だが「彼女の優しいところや可愛らしい部分をもっと表現できたら。ドラマにとって良いスパイスになれるよう頑張っています」と語る坂ノ上さんに、ドラマの魅力や撮影現場の様子、キャリアについて聞いた。

 ◇「ウルトラマンX」は基盤

 坂ノ上さんは、1995年12月5日生まれの23歳。熊本県出身。身長は162センチ。特技は新体操、バトントワリング、「スコーピオンキック」だ。幼少期からドラマが大好きだったという“テレビっ子”の坂ノ上さんは、2005年10月期に放送された“月9”ドラマ「危険なアネキ」に最も影響を受けたと明かし「伊東美咲さん演じる主人公がいろいろなキャラクターに扮(ふん)しているのを見て、女優さんに憧れを抱きました」と話す。

 2015年に放送された人気特撮ドラマ「ウルトラマンX」のヒロイン・山瀬アスナ役で女優デビューを果たした。「映像作品が初めてで(専門用語など)右も左も分かりませんでした。当時は大学に通っていて、学業と両立できるのかも不安でした」と述懐。そんな中、スタッフからの「ウルトラマンシリーズのヒロインには羽ばたいてほしい」「ウルトラマンのヒロインが卒業してからもどんどん活躍するとうれしい」といった言葉に感銘を受け、意識に変化が起きたという。

 坂ノ上さんは、「(同じスタッフから)『女優は仕事が終わったら早く帰って、翌日に備える』など、女優としてあるべき姿をたくさん教えていただきました」と言葉をかみしめるように語りながら「いつも、次の作品をやるときは『お世話になった方々が喜んでくれるかな』とか、仕事をする上で私の基盤になっています」と感慨深げに話した。

 情報バラエティー番組「王様のブランチ」(TBS系、土曜午前9時半)にリポーターとして出演し、人気コーナー「買い物の達人」ではMCも担当している坂ノ上さん。「リポーターは自分。女優業は自分ではない私といった感じで視点が違います。ロケを通して、いろいろなことを知ったり、知識や感情などの幅がすごく広がり、女優業に生かせている部分がたくさんあります」とにっこり。「MCでは、ゲストのエピソードを聞き出さないといけない。今、インタビューを受けながら“こうやって聞き出すんだ”とか考えています(笑い)」と、勉強熱心な一面も見せた。

 ◇江梨花の可愛らしい一面に期待「良いスパイスに」

 坂ノ上さんが演じている江梨花は、男性刑事に囲まれながらも、恐れることなく、ズケズケと発言をするキャラクター。今作が初の刑事役で「江梨花はサバサバしているので、『アンフェア』や『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』など、クールな女性刑事が活躍する作品を見て、役作りしました」という。

 強行犯係のメンバーは、時任三郎さん、風間俊介さん、戸次重幸さんといったベテランの役者たちが演じていて、坂ノ上さんは「とても刺激的な現場です。刑事役なので専門的な用語が多く“ならでは”の難しさを感じています。せりふをかんだらどうしようとか、いつも緊張しています」と明かす。

 第6話では、戸次さん演じる山倉伸彦が、デスクの引き出しに“秘蔵のおかず”を隠していることが判明。江梨花らが、山倉の不在時に、引き出しの鍵をこじ開けようとするコミカルな場面も登場した。同シーンについて「江梨花の新しい一面を『見せたいね』って、用意していただいた場面なんです。ほとんどアドリブでやらせていただきました(笑い)」と振り返った。

 ドラマは、東日本大震災で母が行方不明となった法医学者の朝顔(上野さん)と、朝顔の父でベテラン刑事の平が、解剖と捜査で遺体の謎を解き明かしながら、亡き人の生きた証しが残された人たちの心を救うヒューマンドラマで、同作の視聴率は、第1話から7週連続で2桁をキープしている。

 坂ノ上さんは「いやな人が誰一人出てこない。家族の食卓のシーン、野毛山署のメンバーの憎めない部分など、出てくる会話がすごくすてき。そういった部分を楽しんでいただけているのだと思います」と笑顔を見せた。「私が出演している、出演していない関係なく、『朝顔』は(いち視聴者として)大好きになるドラマだと思います」と、思い入れも語っていた。第8話は9月2日午後9時から放送。

田川隼嗣「監察医 朝顔」イケメンバイトのジュノンボーイ俳優 「24時間テレビ」ドラマでも話題

連続ドラマ「監察医 朝顔」で熊田祥太を演じている田川隼嗣さん(C)フジテレビ
連続ドラマ「監察医 朝顔」で熊田祥太を演じている田川隼嗣さん(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さんが主演するフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)で、主人公・万木朝顔(上野さん)が働く法医学教室のアルバイトの“熊ちゃん”こと、熊田祥太を演じている田川隼嗣さん(18)。爽やかなルックスと愛くるしい笑顔が魅力の田川さんに、SNSでは「爽やかイケメン」「カッコイイ!」「笑顔が可愛い」といった声が上がっている。2014年に「第27回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で審査員特別賞を受賞し、今作が初の連ドラレギュラー出演となった“新星”の素顔に迫る。

 ◇「オオカミくん」で注目 「24時間テレビ」SPドラマ「絆のペダル」でも活躍

 田川さんは、2000年12月25日生まれ、長崎県出身。身長175センチ。特技はヌンチャク、趣味は料理と釣り。2017年に、インターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」の恋愛リアリティー番組「真夏のオオカミくんには騙されない」で注目を集めた。同年、連続ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系)第4話にゲスト出演し、テレビドラマデビュー。舞台「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」(2017年)、「いまを生きる」(2018年)、木ノ下歌舞伎「糸井版 摂州合邦辻」(2019年)にも出演した。

 田川さんは、8月24、25日に放送された日本テレビ系のチャリティー番組「24時間テレビ42 人と人 ~ともに新たな時代へ~」内で、自転車のロードレーサーとして活躍した宮澤崇史さんと母の絆を描いたスペシャルドラマ「絆のペダル」にも出演。相葉雅紀さん演じる宮澤崇史の高校時代の同級生で自転車競技部の南健太郎を演じた田川さんに、SNSでは「田川くんだ!」「頑張れ!」「相変わらず、可愛い~」「自転車こぐ姿カッコイイ!」といったコメントが並んでいる。

 ◇「監察医 朝顔」では“愛されキャラ”に

 「監察医 朝顔」が初の月9作品出演となった田川さんは、「友達に自慢したくなるくらいうれしかった」と喜び、「出演できるということだけでもうれしかったのですが、しっかり役名があり、セリフがある……。この場で演技させていただけること、そしてこの機会を作ってくれた方々に 感謝の気持ちを忘れず、一生懸命頑張ります!」と意気込んでいた。

 田川さんが演じる熊田は、実家が歯科医院でその跡取りという生粋の“お坊ちゃま”。上昇志向に乏しく、事なかれ主義な草食系男子というキャラクター。撮影については「上野さんをはじめ共演者の方々の演技を間近で見られるのは、すごく刺激的です。先輩方の芝居を見ながら、自分の演じる役に生かせることはないか、考えながら演じています!」と語る。

 熊田は、要領が悪いところがあり、法医学教室の安岡光子(志田未来さん)や藤堂絵美(平岩紙さん)から注意されたり、藤堂雅史(板尾創路さん)や高橋涼介(中尾明慶さん)にからかわれたりしている。今後は、“愛されキャラ”として法医学教室を盛り上げていくメンバーとなっていくという。田川さんも、視聴者から愛される俳優に向けて、さらなる成長を見せてくれるのか期待だ。第7話は26日午後9時から放送。

市川右團次が月9初出演で「武者修行のよう」 上野樹里“朝顔”の母知る刑事役

ドラマ「監察医 朝顔」第8話から登場する神崎譲治役の市川右團次さん(C)フジテレビ
ドラマ「監察医 朝顔」第8話から登場する神崎譲治役の市川右團次さん(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さん主演のフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)の第8話(9月2日放送)から、歌舞伎俳優の市川右團次さんがレギュラー出演することが8月25日、明らかになった。右團次さんは、主人公・朝顔(上野さん)の父・平(時任三郎さん)の元相棒で、平の妻の里子(石田ひかりさん)のことを知る、神奈川県警捜査1課の刑事・神崎譲治を演じる。右團次さんが月9作品に出演するのは初めて。刑事役に初挑戦する。

 神崎は、何もかもが豪快な性格で、上にへつらうことなく、仲間思いで現場主義な人情家。捜査となると剛腕を振るい、平と同じように、どんな細かいところまでも調べ上げるだけでなく、最後は「刑事の勘」を駆使して事件を解決に導く、優秀なベテラン刑事。

 右團次さんは、初の月9出演に「まさか自分が月9に出るとは思ってなかったですね(笑い)」と喜び、「非常に新鮮ですし、やはり時代劇とは当然、撮影現場は全く違うわけで、武者修行のような感じです」とコメント。初の刑事役には「面白いですし、自分の中でまた一つ、新たな引き出しができればいいな、と思っています。歌舞伎でもいろいろな役をやらせていただくのですが、刑事役はありませんから。そして、神崎という豪快な男性を『彼がいると職場が楽しくなる』、そんなふうに演じていければ」と意気込んでいる。

 また、第1話から見ているという右團次さんは同作について「事件だけじゃなく、結婚したり、子供が生まれたり、食事のシーンがあったりと、事件と並行して家族の世界が描かれているところが、視聴者の方の心を打つんじゃないかと思います」と分析。「その家族の世界に僕が演じる神崎が、どう絡んでくるのか。神崎は、(朝顔の母の)里子のことを知っている、数少ない登場人物の1人です。そこが、これからどのように膨らんでいくのか、僕自身も期待しています」と語っている。

有森也実、「東京ラブストーリー」以来28年ぶり“月9”出演 「監察医 朝顔」で“10億の美魔女”に

“月9”ドラマ「監察医 朝顔」の第7話にゲスト出演する有森也実さん=フジテレビ提供
“月9”ドラマ「監察医 朝顔」の第7話にゲスト出演する有森也実さん=フジテレビ提供

 女優の有森也実さんが、上野樹里さん主演のフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)の第7話(8月26日放送)にゲスト出演することが8月17日、分かった。有森さんが“月9”に出演するのは、1991年放送の「東京ラブストーリー」以来、約28年ぶり。上野さんとは初共演となる。

 第7話は、法医学者と裁判が題材。朝顔(上野さん)が資産家男性の連続不審死の再鑑定を依頼され、鑑定証人として裁判所に出廷する……という展開。有森さんは、出廷した裁判の被告人・白石亜里沙を演じる。亜里沙は、3年前に会社社長の夫が病死し、4億3000万円の遺産を相続。1年後に資産家の男性と再婚するも、3カ月後に男性が死亡し、さらに6億円を相続したため、“10億の美魔女”という呼称が報道されるという設定。

 有森さんは、本作の出演について「28年もたっていたのですね。年をとるわけです。現在でも月9と呼ばれ親しまれていること、うれしく思います。亜里沙は非道な女です。そして必死に生きている人間でもあって、必死さと、人間臭さが、おかしみとしてキャラクターに生かせないかなと思いながら演じました。上野さんは、ナチュラルな魅力が際立った方だと感じました。ニュートラルな瞳がチラッとでも合ってしまうと、“はい、有森はあざといことは致しません”と思わずにはおれませんでした(笑い)」とコメントしている。

<会見>上野樹里 母親役で未来の家族をイメージ「自分もこうだったらいいな」

“月9”ドラマ「監察医 朝顔」で朝顔を演じる上野樹里さん(左)とつぐみを演じる加藤柚凪ちゃん
“月9”ドラマ「監察医 朝顔」で朝顔を演じる上野樹里さん(左)とつぐみを演じる加藤柚凪ちゃん

 女優の上野樹里さんが8月18日、東京都内で開催された、主演するフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)の会見に出席。自身が演じる主人公・朝顔の4歳の娘・つぐみを演じる、子役の加藤柚凪(ゆずな)ちゃんがお披露目され、上野さんは柚凪ちゃんとの共演で「自分の未来を、ドラマを通して学ばせてもらっています」と語った。

 上野さんは「自分がまだ実体験として母になったことがないので、楽しみながら、(子供がいたら)こういう問題があるのかなとか、こういうときどうするんだろうと、台本を読んで、自分もこうだったらいいなと思って、学ばせてもらっています」と笑顔を見せた。

 会見には、ドラマで朝顔の父を演じる時任三郎さんも出席。時任さんは「一緒に仕事をさせてもらって思ったのは、小さい子に対する接し方を以外と忘れているなと感じました。もし自分に孫ができらと試行錯誤させてもらっていて、“じいじ”になるシミュレーションをさせてもらっています」と語った。 

 上野さんと時任さんにしてもらいたいことを聞かれた柚凪ちゃんは、「ママの抱っこと、じいじの肩車です」とリクエスト。2人がリクエストに応える場面もあり、柚凪ちゃんは終始ご満悦だった。

山本未來が検事役で第7話ゲスト出演 上野樹里と5年ぶり共演

“月9”ドラマ「監察医 朝顔」の第7話にゲスト出演する山本未來さん
“月9”ドラマ「監察医 朝顔」の第7話にゲスト出演する山本未來さん

 女優の山本未來さんが、上野樹里さん主演のフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)の第7話(8月26日放送)にゲスト出演することが8月17日、分かった。山本さんは、敏腕検事・石田季子を演じる。山本さんと上野さんは、2014年放送の連続ドラマ「アリスの棘」(TBS系)以来、約5年ぶりの共演となる。

 第7話は、法医学者と裁判が題材。朝顔(上野さん)が資産家男性の連続不審死の再鑑定を依頼され、鑑定証人として裁判所に出廷。裁判所に到着した朝顔のもとへ、担当検事の石田が訪れる。石田の尋問により、朝顔が再鑑定の結果を証言する中、裁判は意外な展開に……というストーリー。

上島竜兵、「監察医 朝顔」で4年ぶり月9出演 風間俊介“桑原”に取り調べを受ける泥棒役

連続ドラマ「監察医 朝顔」にゲスト出演する上島竜兵さん(左)(C)フジテレビ
連続ドラマ「監察医 朝顔」にゲスト出演する上島竜兵さん(左)(C)フジテレビ

 お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵さんが、女優の上野樹里さん主演の“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第6話(8月19日放送)にゲスト出演することが明らかになった。上島さんは、「5→9~私に恋したお坊さん~」以来、約4年ぶりの“月9”出演で、朝顔(上野さん)と結婚した刑事・桑原(風間俊介さん)に取り調べを受ける泥棒の今野を演じる。

 第6話では、ある日、窃盗の疑いで逮捕されながらも、かたくなに認めようとせず、野毛山署の刑事たちもお手上げ状態の今野という男性の取り調べに桑原があたることに。今野には妻と子供がおり、同じ父親になった桑原は、今野に寄り添うように取り調べを始めて……という物語が描かれる。とある理由で泥棒になってしまった今野だが、その理由はとても心優しいものだった……という展開。

 ◇上島竜兵さんのコメント

 ーー4年ぶりの月9出演となる中の泥棒役。演じられての感想を。

 また呼んでいただき、大変光栄です。(演出の)平野(眞)監督は「5→9~私に恋したお坊さん~」の時にもコメディーシーンを面白く撮ってくださった方なので、今回の現場でも楽しく演じられました。現場のスタッフさんも笑ってくれていたので、良かったです(笑い)。

 ーー風間俊介さんとの共演は。

 僕が言うのもなんですが、風間さんはジャニーズの中でも演技派で、アドリブもできるので、とても楽しかったです! 笑いをこらえるのが大変でした(笑い)。

第6話から杉本哲太レギュラー出演 上野樹里“朝顔”と衝突する検視官役

ドラマ「監察医 朝顔」第6話から登場する丸屋大作役の杉本哲太さん(C)フジテレビ
ドラマ「監察医 朝顔」第6話から登場する丸屋大作役の杉本哲太さん(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さん主演のフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)の第6話(8月19日放送)から、俳優の杉本哲太さんがレギュラー出演する。杉本さんは検視官の丸屋大作を演じる。さらに、三宅弘城さん演じる検視官の伊東純が同日放送の第5話で、検視官を辞める決意をすることも分かった。杉本さんと上野さんの共演は初めて。

 丸屋は、人情味あふれる伊東とは真逆な検視官。“超”がつくほど頑固で、仕事のためなら軋轢(あつれき)を生むこともいとわないというキャラクター。検視官という仕事に確固たる誇りと自信を持っていて、検視官として群を抜いて優秀という。法医学者の朝顔(上野さん)らと何かと衝突する場面も登場する。

 杉本さんは、同ドラマを初回から見ていたといい、オファーについて「びっくりしていました」とコメント。撮影については「途中からの参加、キンチョーの日々です」と明かし、「第6話から参加させていただきます。ちょっと嫌なやつを演じています。どうぞお楽しみください」とメッセージを寄せている。

神野三鈴が上野樹里救う救急救命医役 月9ドラマ初出演

ドラマ「監察医朝顔」で救急救命医役を演じる神野三鈴さん
ドラマ「監察医朝顔」で救急救命医役を演じる神野三鈴さん

 舞台女優の神野三鈴さんが、上野樹里さん主演の“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第4話(8月5日放送)に救急救命医役で出演することがわかった。神野さんは、今回が初の“月9”出演となる。

 神野さんは、故・井上ひさしさんや、三谷幸喜さんの数々の作品に出演し、第47回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞した舞台女優。「せいせいするほど、愛してる」(TBS系)や、刑事課課長役を演じた「小さな巨人」(同)などのテレビドラマや、映画「日本のいちばん長い日」「駆込み女と駆出し男」(ともに原田眞人監督)など舞台以外でも幅広く活躍している。

 神野さんが出演する第4話では、マンションの一室で死亡している21歳大学生の女性が見つかる。解剖の結果、青酸カリウムを服毒していたことが判明した。大学生がどこで青酸カリウムを手に入れたのか調査する朝顔(上野さん)たち。ところが、事件は予想外の展開になり、朝顔も意識不明の重体になり病院に運ばれてしまう……。神野さんは、意識不明の朝顔を処置する救急救命医の小野寺役を演じる。

7月22日放送回は第1・2話「振り返りSP」

連続ドラマ「監察医 朝顔」のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「監察医 朝顔」のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さんが主演するフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)が7月22日、放送される。22日放送予定だった第3話が放火殺人事件を扱っていたことから、18日に起きたアニメ制作会社「京都アニメーション」の火災事件を受け、29日に放送延期。22日は第1話と第2話を振り返るダイジェストスペシャルが放送される。

 なお、同局は第3話について「表現に十分配慮して編集、演出などを変更した上で7月29日に放送する予定です」と説明している。
 

京アニ火災受け22日放送内容変更

 フジテレビは7月21日、18日に起きたアニメ制作会社「京都アニメーション」の火災事件を受け、女優の上野樹里さんが主演する“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)で22日放送予定の第3話が放火殺人事件を扱っていたため、1話と2話のダイジェストに差し替えると同ドラマの公式サイトで発表した。

 公式サイトでは、「7月18日に京都で発生した事件で、亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、負傷された方々の一日も早いご回復をお祈り申し上げます。7月15日の放送で告知いたしました第3話が、放火殺人事件を扱っておりました。そのため7月22日は、既に放送した1話と2話をふり返り、放送させていただきます」と説明している。

 なお、同局は第3話について「表現に十分配慮して編集、演出などを変更した上で7月29日に放送する予定です」としている。

板尾創路「監察医 朝顔」撮影現場で誕生日祝福 “130センチ”ロールケーキに「配管みたい…」

“月9”ドラマ「監察医 朝顔」の収録現場で誕生日を祝福された板尾創路さん(前列中央)(C)フジテレビ
“月9”ドラマ「監察医 朝顔」の収録現場で誕生日を祝福された板尾創路さん(前列中央)(C)フジテレビ

 お笑いコンビ「130R」の板尾創路さんが7月18日に56歳の誕生日を迎え、出演しているフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)の収録現場で、主演の上野樹里さんのほか時任三郎さん、志田未来さんら共演者からサプライズで祝福を受けた。

 これまで、桑原真也役の風間俊介さんの誕生日では「バースデー・ドーナツプレート」、高橋涼介役の中尾明慶さんの誕生日では「バースデー・焼きそばプレート」、森本琢磨を演じている「SixTONES(ストーンズ)」の森本慎太郎さんの誕生日では「バースデー・カツプレート」がバースデーケーキとして登場した。

 板尾さんには、「130R」にちなみ長さ約130センチのロールケーキがプレゼントされた。ストレッチャーに乗せられたロールケーキに立てられたろうそくの火を吹き消した板尾さんは「本当にありがとうございます。ですが……。火が消えると地味ですね。配管みたいやな(笑い)」と突っ込んだという。

「3年A組」で話題の三船海斗が“月9”初出演 第3話のキーマンに

連続ドラマ「監察医 朝顔」第3話に出演する三船海斗さん (C)フジテレビ
連続ドラマ「監察医 朝顔」第3話に出演する三船海斗さん (C)フジテレビ

 1~3月に放送された連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)に生徒役で出演し話題となった三船海斗さんが、上野樹里さん主演のフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)の第3話(7月22日放送)に出演することが明らかになった。三船さんが月9ドラマに出演するのは今回が初めてで、第3話のキーマンとなる役どころを演じる。

 三船さんが登場する第3話は、とある雑居ビルの火災に巻き込まれた、4人の焼死体が朝顔たちのもとに運ばれてくる。捜査を担当する平と、朝顔の恋人で新米刑事の桑原真也(風間俊介さん)は、出火の原因は放火である可能性が高く、当日5人の男性が出入りしていたことを朝顔たち法医学者に告げる。誰が生き残った1人なのかを突き止めるため、朝顔たちに焼死体となった4人の身元究明を依頼する……という展開。三船さんが演じる役どころの詳細は明かされていないが、撮影ではどこかひねた空気をまとい、緊迫感あふれる迫真の芝居を見せたという。

 ◇三船海斗さんのコメント

 ――今回が初の月9ドラマ出演。感想は?

 昔から月9のドラマはずっと家族でそろって見ていて、すごく思い入れがあったので決まった時はとてもうれしかったです。今回の月9は家族愛も描いている物語なので、視聴者のみなさんにも家族そろって見ていただきたいです。

 ――撮影はいかがでしたか? 表情で語る、難しいシーンもあったと思います。

 撮影期間は短かったですが、非常に濃いお芝居ができました。全力疾走したり、暴れまわったり、体力的にも精神的にもきつかったです(笑い)。セリフが少ない役だったので、表情での芝居が多く、目や体などで表現する難しさを改めて痛感しました。この役を演じられたことは、自分にとって大きな経験になったと思います。

 ――視聴者へ見どころなどメッセージをお願いします。

 “死”というテーマに向き合い、自分の生き方などたくさん考えさせられ、みなさん一人一人の心に刺さるドラマになっていると思います。自分も精いっぱい演じました。ぜひ見ていただきたいです。

<特集>月9 「ラジハ」から「監察医 朝顔」へ 視聴率の好調維持に“異例尽くし”の仕掛け

連続ドラマ「監察医 朝顔」で主演を務めている上野樹里さん
連続ドラマ「監察医 朝顔」で主演を務めている上野樹里さん

 女優の上野樹里さんが主演するフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)の第1話が7月8日に放送され、平均視聴率は13.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録し、好スタートを切った。前クールは窪田正孝さん主演の医療ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(ラジハ)が全11話で放送され、期間平均の視聴率12.1%と2桁を維持。「監察医 朝顔」の好発進の裏には、窪田さんと上野さんのバトンタッチイベントや、クールの垣根を越えた“クロスオーバー”出演など、視聴習慣を崩させないために“異例尽くし”ともいえる仕掛けがあった。

 ◇人間の“生死”の裏にあるヒューマンドラマが視聴者を引き付ける

 ラジハは、マンガ誌「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の横幕智裕さん作、モリタイシさん画の「ラジエーションハウス」が原作。病院の放射線科“ラジエーションハウス”を舞台に、CTやMRIで病気を撮像する“天才放射線技師”の五十嵐唯織(窪田さん)と、画像を読影し診断を主治医に伝える放射線科医の甘春杏(本田翼さん)との初恋を軸にラジハチームの活躍を描いた医療ドラマ。唯織らラジハチームが、病院に来た患者たちの病気を発見し患者の命を救うだけでなく、周囲の家族の愛情や絆なども描かれた。

 「監察医 朝顔」は、マンガ誌「漫画サンデー」(実業之日本社、現在は休刊)で連載された作・香川まさひとさん、画・木村直巳さん、監修・佐藤喜宣さんのマンガを原作に、設定をアレンジ。新米法医学者の万木朝顔(上野さん)と、朝顔の父でベテラン刑事の万木平(たいら、時任三郎さん)の父娘が、かたや解剖、かたや捜査で遺体の謎を解き明かしながら、遺体から見つけ出された“生きた証し”が残された人たちの心を救っていくさまをハートフルに描くヒューマンドラマだ。

 法医学者の朝顔が死因不明の遺体の胸に手を置き「教えてください。お願いします」と語りかけながら解剖を始め、興雲大学・法医学教室のメンバーたちと警察が死因を探っていく姿や、残された家族の思いも情感たっぷりに描いている。

 この二つの“医療ドラマ”には人間の“生死”に関する物語が描かれ、SNSでは「作品の色は違うけど、裏にある人間ドラマに感動してしまう」「ラジハも面白かったけど、朝顔も見応えがある」という声が上がっている。

 ◇窪田正孝のプレゼント 中尾明慶の“クロスオーバー”出演 仕掛けがたっぷり

 ラジハの初回(4月8日放送)は視聴率12.7%でスタート。第4話のみ2桁を切ったものの最終回(6月17日放送)では13.8%を記録。翌週の同月24日には、異例ともいえる特別編を放送。特別編は同ドラマシリーズ最高となる15.6%をマークした。また、同作の特別編の放送日と「監察医 朝顔」の初回放送までの期間は2週間で、2016年4月期に同枠で放送された福山雅治さん主演の「ラヴソング」以降、その例はない。

 両作の間では異例のバトンタッチイベントも行われた。ラジハのクランクアップを迎える前に窪田さんが、撮影を開始していた上野さんのもとを訪問。イベントは、朝顔と平が暮らす家のセットで行われ、窪田さんが上野さんに激励の思いを込めて朝顔の絵柄の風鈴をプレゼントした。

 さらに、「監察医 朝顔」で解剖の補助や臓器の病理検査を行う法医学教室の検査技師・高橋涼介を演じる俳優の中尾明慶さんが、同役でラジハの特別編に“クロスオーバー”出演もし、視聴者の期待をあおった。クールの垣根を越えた“仕掛け”が視聴者の期待を持たせる要因となったといえるだろう。

<ドラマ紹介>「監察医 朝顔」上野樹里“のだめ”以来、13年ぶりの月9主演で法医学者に “月9”女優山口智子、石田ひかりも 第1話のあらすじも

連続ドラマ「監察医 朝顔」第1話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「監察医 朝顔」第1話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さんが主演するフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)が7月8日スタートする。上野さんは、2006年に放送された「のだめカンタービレ」以来、約13年ぶりの同枠主演。東日本大震災で母が行方不明となった新米法医学者の万木朝顔(上野さん)と、朝顔の父でベテラン刑事の万木平(たいら、時任三郎さん)が各話で、かたや解剖、かたや捜査で遺体の謎を解き明かしながら、遺体から見つけ出された“生きた証し”が残された人たちの心を救っていく様をハートフルに描くヒューマンドラマだ。

 マンガ誌「漫画サンデー」(実業之日本社、現在は休刊)で連載された作・香川まさひとさん、画・木村直巳さん、監修・佐藤喜宣さんのマンガを原作に、設定をアレンジして描かれる。

 また、山口智子さんが1996年放送の「ロングバケーション」以来、約23年ぶり、石田ひかりさんが1993年放送の「あすなろ白書」以来、約26年ぶりに、それぞれ同枠にレギュラー出演することでも話題になっている。山口さんは朝顔が勤める興雲大学の法医学教室の主任教授・夏目茶子、石田さんは東日本大震災で行方不明となっている朝顔の母・里子を演じる。

 朝顔の交際相手で、平とバディーを組むことになる新米刑事・桑原真也は風間俊介さん、同教室の検査技師・高橋涼介は中尾明慶さん、法歯学者の藤堂絵美は平岩紙さん、絵美の夫でベテラン法医学者・藤堂雅史は板尾創路さんが演じ、「SixTONES(ストーンズ)」の森本慎太郎さん、坂ノ上茜さん、戸次重幸さん、三宅弘城さん、柄本明さんも出演。第2話からは志田未来さんも登場する。第1話には、NHK連続テレビ小説「なつぞら」で、広瀬すずさん演じるヒロインなつの子供時代を演じて話題となった子役の粟野咲莉ちゃんらがゲスト出演する。

 7月8日の第1話は30分拡大放送。第1話は、周囲から一目置かれるほどに優れた技量と豊富な知識を併せ持ち、興雲大学の法医学教室に勤める新米法医学者の朝顔は、刑事で父の平と寄り添いながら平穏な時間を過ごしていた。野毛山署の強行犯係に平が異動した矢先、野毛山署管内の倉庫で女性の遺体が発見される。興雲大学の法医学教室で解剖されることになり、主任教授の茶子の指示で朝顔が担当する。遺体の胸に手を置き「教えてください。お願いします」とつぶやく朝顔。やがて、倉庫で亡くなった女性に溺死した可能性が浮上し、一同は困惑する……というストーリー。15日の第2話も15分拡大で放送予定。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

粟野咲莉、「なつぞら」話題の子役が“月9”初出演 初共演・上野樹里の演技「すごいなー!」

ドラマ「監察医 朝顔」に出演する粟野咲莉ちゃん(C)フジテレビ
ドラマ「監察医 朝顔」に出演する粟野咲莉ちゃん(C)フジテレビ

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」で、広瀬すずさん演じるヒロインなつの子供時代を演じて話題となった子役の粟野咲莉ちゃんが、上野樹里さんが主演を務めるフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)の第1話(7月8日放送)に出演する。咲莉ちゃんが同枠の作品に出演するのは初めてで、主演の上野さんと初共演。

 咲莉ちゃんは、母を突然亡くした10歳の早紀を演じる。同役は約100人によるオーディションで選ばれ、「監察医 朝顔」の金城綾香プロデューサーは「初めて会ったときに、粟野さんの目の奥に強い力を感じて、“早紀”を演じていただきたいとすぐに思いました。上野樹里さん演じる主人公の朝顔先生に、“あるきっかけ”を与える大切な役です。“粟野咲莉ちゃん”ではなく、現場には“早紀ちゃん”がいました。皆様に見ていただくのが今から楽しみです」とメッセージを寄せている。

 ◇粟野咲莉ちゃんのコメント

 ――初の月9ドラマ出演となる本作で早紀を演じての感想をお願いします。

 ちょうど私くらいの年の早紀を演じて、早紀ちゃんと同じことが自分に起きたらと思ったら、すごく苦しくなりました。いつか出てみたいと思っていた月9ドラマで、その早紀ちゃんの気持ちがしっかり伝えられたらいいなと思って、頑張りました。

 ――主演の上野樹里さんとは初共演ですが、上野さんとの撮影は、いかがでしたか?

 上野さんのお芝居がすごくて、本番中は上野さんのお芝居が早紀の気持ちを引っ張ってくださっていました。お芝居の気持ちを作るのが難しいシーンのときに、「外の空気吸う?」と言って誘ってくれて、「水たまりを見ると落ち着くよ」と優しく励ましてくださり、本番前にも私の気持ちを助けてくださいました。終わったときには『頑張ったね!」と褒めていただいてとてもうれしかったです。

 ――視聴者の皆さんへ見どころなど、メッセージをお願いします。

 監督と上野さんが、お芝居一つ一つにこだわって、お話ししながら作り上げて行くのを間近で見て、すごいなー!と思いました。 私もできるだけ早紀ちゃんになりきれるように、気持ちを考えてお芝居しました。早紀のお母さんに対する気持ちの変化に注目してもらえたらうれしいです。

中尾明慶、「監察医 朝顔」検査技師役で「ラジエーションハウス」特別編に登場

特別ドラマ「ラジエーションハウス特別編~旅立ち~」に出演する中尾明慶さん(C)フジテレビ
特別ドラマ「ラジエーションハウス特別編~旅立ち~」に出演する中尾明慶さん(C)フジテレビ

 俳優の中尾明慶さんが、6月17日に最終回を迎えた窪田正孝さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマの特別編「ラジエーションハウス特別編~旅立ち~」(24日放送)に出演することが22日、明らかになった。中尾さんは、7月8日から同枠でスタートする「監察医 朝顔」で解剖の補助や臓器の病理検査を行う検査技師・高橋涼介を演じ、「ラジエーションハウス特別編~旅立ち~」に同役で登場。五十嵐唯織(窪田さん)らがいる「ラジエーションハウス」を訪ねてくるという。

 ◇中尾明慶さんのコメント

 ――撮影を終えての感想は?

 「ラジエーションハウス」は見させていただいていたので、撮影現場に入ると「あ、テレビで見たセットだ!」と、一視聴者としても、うれしかったですし、こういった機会はなかなかないので、すごく新鮮でした。撮影が始まる前は、どんな現場なんだろう、と少し汗ばんでいたのですが(笑い)、出演者の方もスタッフの方も笑顔で迎えてくださり、本当にすてきなチームで楽しかったです。

 ――「ラジエーションハウス特別編~旅立ち~」と「監察医 朝顔」を楽しみにされている視聴者の方へメッセージを。

 皆さんが楽しんでご覧になっている「ラジエーションハウス」で、僕が演じる高橋という役が、どういった形で登場し、どのように絡むのか。一瞬、どこに出ているんだ?と思われるかもしれませんが、ぜひ見つけてほしいな、と思います。また、高橋はこういうキャラクターなんだな、と知っていただけるように、短い間の撮影でしたけど演じさせていただきました。高橋から少しでも「監察医 朝顔」の魅力を感じていただき、「ラジエーションハウス」から引き続き「監察医 朝顔」をご覧いただけたら、本当に幸せです。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

石田ひかり「あすなろ白書」以来26年ぶり月9レギュラー出演 「月9には特別な思い」

7月8日にスタートする“月9”ドラマ「監察医 朝顔」に出演する上野樹里さん(左)と石田ひかりさん (C)フジテレビ
7月8日にスタートする“月9”ドラマ「監察医 朝顔」に出演する上野樹里さん(左)と石田ひかりさん (C)フジテレビ

 女優の石田ひかりさんが、上野樹里さん主演で7月8日から放送される“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(フジテレビ系、月曜午後9時)にレギュラー出演することが6月17日、明らかになった。石田さんが“月9”にレギュラー出演するのは、主演ドラマ「あすなろ白書」(1993年10~12月)以来、約26年ぶりとなる。今回石田さんは、上野さん演じる主人公・万木(まき)朝顔の母親、里子を演じる。上野さんと石田さんは初共演。また、2人はともに5月25日が誕生日という。

 石田さんは、約26年ぶりの“月9”レギュラー出演について「『あすなろ白書』は、若かりし頃に懸命に取り組んだ、わたしにとって、とても大切なドラマでありましたので、やはり月9には特別な思いがあります。今回は回想での出演がメインとなりますが、これからも呼んでいただけるよう頑張ります!」と語っている。

 ドラマは、マンガ誌「漫画サンデー」(実業之日本社、現在は休刊)で連載された作・香川まさひとさん、画・木村直巳さん、監修・佐藤喜宣さんのマンガを原作に、設定をアレンジ。東日本大震災で母が行方不明となった法医学者の万木(まき)朝顔と、朝顔の父でベテラン刑事の万木平が遺体の謎を解き明かしながら、遺体から見つけ出された“生きた証し”が残された人の心を救っていく様子をハートフルに描く。石田さんが演じる里子は、東日本大震災で行方不明となり、遺体すら見つかっていないという役どころで、主に回想シーンでの登場となる。

 石田さんのコメントは以下の通り。

 ――本作で万木里子を演じていくにあたっての思いは?

 2011年3月11日。あの日のことは今でも鮮明に思い出すことができます。里子のように今も行方が分からない方々、そのご家族のことを思うと、言葉になりません。ひとりひとりにかけがえのない人生があること、そして行き場のない思いがあることをしっかりと胸に刻んで、心を込めて演じていきたいと思っています。

 ――26年ぶりの月9ドラマレギュラー出演ということに関して、感じることや気持ちは?

 「あすなろ白書」は、若かりし頃に懸命に取り組んだ、わたしにとって、とても大切なドラマでありましたので、やはり月9には特別な思いがあります。今回は回想での出演がメインとなりますが、これからも呼んでいただけるよう頑張ります!

 ――初共演となる上野さんとの共演はいかがですか。

 お誕生日が同じ5月25日で、昔から一方的に親近感を持っていました。樹里ちゃん可愛いです! とっても! 背が高くて細くて色が白くて、ほんとうに可愛い! 娘にしては大きいのですが(汗)、こんな可愛い娘を持てて幸せです!

 ――視聴者へ見どころなど、メッセージをお願いします。

 心に傷を抱えた人たちが懸命に生きていく姿を見ていただければと思います。今、4話まで台本を読んでいるのですが、わたしもこの先が楽しみです!

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

藤原季節、初の月9レギュラー出演 上野樹里主演「監察医 朝顔」で鑑識役 三宅弘城とライブ配信も

ドラマ「監察医 朝顔」の公式Twitterアカウントでライブ配信される「『監察医 朝顔』の検視&鑑識結果」に出演する三宅弘城さん(左)と藤原季節さん
ドラマ「監察医 朝顔」の公式Twitterアカウントでライブ配信される「『監察医 朝顔』の検視&鑑識結果」に出演する三宅弘城さん(左)と藤原季節さん

 女優の上野樹里さん主演で7月8日から放送されるフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)に、俳優の藤原季節さんが出演する。藤原さんが“月9”ドラマにレギュラー出演するのは初めてで、鑑識の沖田宗徳(おきた・むねのり)を演じる。沖田は、猪突(ちょとつ)猛進、一心不乱に仕事をする職人気質なタイプで、検視官の伊東純(三宅弘城さん)と共に現場へ急行することが多い……というキャラクター。

 さらに、三宅さんと藤原さんが出演する「『監察医 朝顔』の検視&鑑識結果」がドラマの公式Twitterアカウントで定期的にライブ配信されることも発表された。ドラマが100倍面白くなる情報などを伝えていくという。配信スタート日は調整中。

 ◇藤原季節さんのコメント

 --初の月9ドラマレギュラー出演となりますが、感じられることやお気持ちを教えてください。

 ドラマ好きな母親と姉が、小さな頃から僕に「ロングバケーション」を見せてきたり、シーンを演じさせたりしてきたので、英才教育を受けています。期待に応えられるように頑張ります。

 --沖田宗徳を演じていくにあたっての意気込みは?

 沖田はマイペースでちょっと自己中心的、一つのことを極めるタイプで、他人に嫌われることを恐れていない。典型的なB型男子の特徴なので、僕にピッタリだと思います。そういう男に限ってガラスのハートだったりするので、面白そうだなと思います。

 --見どころは?

 脚本を読んで、さまざまな職種の人たちが一つの事件に関わっているんだなと思いました。その人たちの裏にある人間ドラマが見どころです。その人間ドラマに参加する一人として沖田も皆様の心に残れるように頑張りますので、よろしくお願いします。

風間俊介、月9初レギュラーで上野樹里の恋人役に「居心地の良い空気を感じた」

7月スタートの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」に出演する(左上から時計回りに)「SixTONES」の森本慎太郎さん、志田未来さん、風間俊介さん、中尾明慶さん、坂ノ上茜さん、平岩紙さん、板尾創路さん、柄本明さん、三宅弘城さん、戸次重幸さん(C)フジテレビ
7月スタートの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」に出演する(左上から時計回りに)「SixTONES」の森本慎太郎さん、志田未来さん、風間俊介さん、中尾明慶さん、坂ノ上茜さん、平岩紙さん、板尾創路さん、柄本明さん、三宅弘城さん、戸次重幸さん(C)フジテレビ

 俳優の風間俊介さんが、女優の上野樹里さん主演で7月8日から放送されるフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)に出演することが5月18日、分かった。風間さんが“月9”にレギュラー出演するのは初めてで、上野さんと初共演。上野さん扮(ふん)する新米法医学者の万木(まき)朝顔の恋人で新米刑事の桑原真也を演じる。

 風間さんのほか、志田未来さん、中尾明慶さん、「SixTONES(ストーンズ)」の森本慎太郎さん、坂ノ上茜さん、戸次重幸さん、平岩紙さん、三宅弘城さん、板尾創路さん、柄本明さんの出演も発表された。

 風間さん演じる桑原は、交番勤務を経て平の部下となる新米刑事。平が交際中の朝顔の父親だとは知らずに、捜査でコンビを組むことになる。その後、平が朝顔の父だと知り、捜査のたびに平と組むことになり胃が痛い思いをする……という役どころ。

 中尾さんは臨床検査技師の高橋涼介、森本さんは刑事の森本琢磨、坂ノ上さん新米刑事の愛川江梨花、戸次さんは強行犯係係長の山倉伸彦、平岩さんは法歯学者の藤堂絵美、三宅さんは検視官の伊東純、板尾さんは絵美の夫で法医学者の藤堂雅史、柄本さんは朝顔の母方の祖父・嶋田浩之、志田さんは第2話から登場する医学部生の安岡光子を、それぞれ演じる。

上野樹里、「のだめ」以来13年ぶり“月9”主演 法医学者&刑事の父娘描く

7月8日スタートの月9ドラマ「監察医 朝顔」で主演を務める上野樹里さん(左)と共演の時任三郎さん=フジテレビ提供
7月8日スタートの月9ドラマ「監察医 朝顔」で主演を務める上野樹里さん(左)と共演の時任三郎さん=フジテレビ提供

 女優の上野樹里さんが、7月8日からフジテレビの“月9”枠で放送される連続ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)で主演を務めることが4月24日、明らかになった。上野さんが同枠で主演を務めるのは、俳優の玉木宏さんとのダブル主演作「のだめカンタービレ」(2006年)以来、約13年ぶり。単独では月9ドラマ初主演となる。上野さんは新米法医学者の主人公・万木(まき)朝顔を演じ、朝顔の父でベテラン刑事の万木平(たいら)との父娘の物語が描かれる。俳優の時任三郎さんが万木平を演じる。

 「監察医 朝顔」は、マンガ誌「漫画サンデー」(実業之日本社、現在は休刊)で連載された作・香川まさひとさん、画・木村直巳さん、監修・佐藤喜宣さんのマンガが原作。ドラマは、法医学者の朝顔と刑事の平が遺体の謎を解き明かし、遺体から見つけ出された“生きた証し”が生きている人の心を救っていく様をハートフルに描く。

 上野さんが演じる朝顔は、遺体の“生きた証し”を見つけ出すため、時に自身の仕事の範疇(はんちゅう)を超えてまで懸命に、真摯(しんし)に遺体に向き合う新米法医学者。東日本大震災で母を失い、遺体も見つからないという悲しみを抱えている。それゆえに法医学者として遺体を「どうして亡くなってしまったのか分からない不詳の死」にはさせないという揺るぎない信念を持っている。原作では、朝顔は阪神大震災により母を亡くしたという設定だが、ドラマでは東日本大震災により母が行方不明になっているという設定となる。

 時任さんが演じる平は、ずっと捜査畑を歩んできたベテラン刑事。平は思いがけず、朝顔が勤める興雲大学法医学教室が管轄する警察署捜査係に異動することに。遺体が発見されれば警察は、まず朝顔の法医学教室に運ぶため、平は父としてのみならず仕事相手としても朝顔に寄り添うことになる。時任さんが月9ドラマに出演するのは、法医学教室の教授を演じた「ヴォイス~命なき者の声~」(09年)以来、約10年ぶりとなる。

 上野さんと時任さんは、11年に放送されたNHK大河ドラマ「江 姫たちの戦国」で浅井家の父娘という間柄を演じたが、共演シーンはなく、今回が実質初共演となる。

 ◇金城綾香プロデューサーのコメント

 ――企画意図について

 法医学者と刑事という異色タッグをこの夏、描きます。昨年、(ドラマ「グッド・ドクター」をプロデュースしている際に)小児外科医の皆さんにお話を伺った時、先生方が日々向き合っている“死”というテーマが自分の中に残りました。自分が今日も生かされていること、大切な人と今日を過ごすことの幸せを伝えられるような、週の始まりにふさわしい生きる活力を優しく与えるドラマにしたいと思っています。

 ――キャスティングについて

 日本中に愛される親子になってほしいと思い、このお二人にオファーをさせていただきました。昨年夏、上野樹里さんとたくさんの病院取材にご一緒させていただき、いろんなお話をさせていただきました。このテーマを描くにあたって、上野さんに私は全幅の信頼を寄せています。朝顔が咲くように、この作品を美しく爽やかな広がりのあるものにしてくれると信じています。時任三郎さんは、笑顔もすてきですが、困り顔もすてきな俳優さんです。どんな表情も素晴らしく魅力的な時任さんには、平さんとして朝顔に翻弄(ほんろう)されつつ、大いに愛してほしいと思っています。

フジテレビ提供
フジテレビ提供
フジテレビ提供
フジテレビ提供

監察医 朝顔フジテレビ系
2019年7月8日から毎週月曜午後9時放送