監察医 朝顔 あらすじ

監察医 朝顔あらすじ

 ドラマ「監察医 朝顔」は、マンガ誌「漫画サンデー」(実業之日本社、現在は休刊)で連載された作・香川まさひとさん、画・木村直巳さん、監修・佐藤喜宣さんのマンガが原作。女優の上野樹里さんが主演をい務める。上野さんがフジテレビの“月9”枠で主演を務めるのは、俳優の玉木宏さんとのダブル主演作「のだめカンタービレ」(2006年)以来、約13年ぶり。単独では月9ドラマ初主演となる。上野さんは新米法医学者の主人公・万木(まき)朝顔を演じ、朝顔の父でベテラン刑事の万木平(たいら)との父娘の物語が描かれる。俳優の時任三郎さんが万木平を演じる。ドラマは、法医学者の朝顔と刑事の平が遺体の謎を解き明かし、遺体から見つけ出された“生きた証し”が生きている人の心を救っていく様をハートフルに描く。

 上野さんが演じる朝顔は、遺体の“生きた証し”を見つけ出すため、時に自身の仕事の範疇(はんちゅう)を超えてまで懸命に、真摯(しんし)に遺体に向き合う新米法医学者。東日本大震災で母を失い、遺体も見つからないという悲しみを抱えている。それゆえに法医学者として遺体を「どうして亡くなってしまったのか分からない不詳の死」にはさせないという揺るぎない信念を持っている。原作では、朝顔は阪神大震災により母を亡くしたという設定だが、ドラマでは東日本大震災により母が行方不明になっているという設定となる。

 時任さんが演じる平は、ずっと捜査畑を歩んできたベテラン刑事。平は思いがけず、朝顔が勤める興雲大学法医学教室が管轄する警察署捜査係に異動することに。遺体が発見されれば警察は、まず朝顔の法医学教室に運ぶため、平は父としてのみならず仕事相手としても朝顔に寄り添うことになる。時任さんが月9ドラマに出演するのは、法医学教室の教授を演じた「ヴォイス~命なき者の声~」(09年)以来、約10年ぶりとなる。

ドラマ「監察医 朝顔」のあらすじは

<ドラマ紹介>「監察医 朝顔」上野樹里“のだめ”以来、13年ぶりの月9主演で法医学者に “月9”女優山口智子、石田ひかりも 第1話のあらすじも

連続ドラマ「監察医 朝顔」第1話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「監察医 朝顔」第1話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さんが主演するフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)が7月8日スタートする。上野さんは、2006年に放送された「のだめカンタービレ」以来、約13年ぶりの同枠主演。東日本大震災で母が行方不明となった新米法医学者の万木朝顔(上野さん)と、朝顔の父でベテラン刑事の万木平(たいら、時任三郎さん)が各話で、かたや解剖、かたや捜査で遺体の謎を解き明かしながら、遺体から見つけ出された“生きた証し”が残された人たちの心を救っていく様をハートフルに描くヒューマンドラマだ。

 マンガ誌「漫画サンデー」(実業之日本社、現在は休刊)で連載された作・香川まさひとさん、画・木村直巳さん、監修・佐藤喜宣さんのマンガを原作に、設定をアレンジして描かれる。

 また、山口智子さんが1996年放送の「ロングバケーション」以来、約23年ぶり、石田ひかりさんが1993年放送の「あすなろ白書」以来、約26年ぶりに、それぞれ同枠にレギュラー出演することでも話題になっている。山口さんは朝顔が勤める興雲大学の法医学教室の主任教授・夏目茶子、石田さんは東日本大震災で行方不明となっている朝顔の母・里子を演じる。

 朝顔の交際相手で、平とバディーを組むことになる新米刑事・桑原真也は風間俊介さん、同教室の検査技師・高橋涼介は中尾明慶さん、法歯学者の藤堂絵美は平岩紙さん、絵美の夫でベテラン法医学者・藤堂雅史は板尾創路さんが演じ、「SixTONES(ストーンズ)」の森本慎太郎さん、坂ノ上茜さん、戸次重幸さん、三宅弘城さん、柄本明さんも出演。第2話からは志田未来さんも登場する。第1話には、NHK連続テレビ小説「なつぞら」で、広瀬すずさん演じるヒロインなつの子供時代を演じて話題となった子役の粟野咲莉ちゃんらがゲスト出演する。

 7月8日の第1話は30分拡大放送。第1話は、周囲から一目置かれるほどに優れた技量と豊富な知識を併せ持ち、興雲大学の法医学教室に勤める新米法医学者の朝顔は、刑事で父の平と寄り添いながら平穏な時間を過ごしていた。野毛山署の強行犯係に平が異動した矢先、野毛山署管内の倉庫で女性の遺体が発見される。興雲大学の法医学教室で解剖されることになり、主任教授の茶子の指示で朝顔が担当する。遺体の胸に手を置き「教えてください。お願いします」とつぶやく朝顔。やがて、倉庫で亡くなった女性に溺死した可能性が浮上し、一同は困惑する……というストーリー。15日の第2話も15分拡大で放送予定。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

第2話のあらすじ 上野樹里“朝顔”らが“真夏の屋外で凍死した男”の死因探る

連続ドラマ「監察医 朝顔」第2話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「監察医 朝顔」第2話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さんが主演するフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)の第2話が7月15日、15分拡大版で放送される。同話の予告映像には「真夏の屋外で凍死?」「深まりゆく“遺体の謎”」というテロップなどが収められており、上野さん扮(ふん)する新米法医学者の万木朝顔と父で刑事の万木平(時任三郎さん)が、気温30度以上もあった暑さの中で、なぜか凍死していた男性の死因を探る。同話から志田未来さん演じるアルバイト希望の医学部生・安岡光子が登場する。

 安岡は、時給目当てで興雲大学・法医学教室のアルバイトに応募しただけで、法医学には何の興味もなく、周りの空気を読まずに思ったことをすぐ口にする。主任教授の夏目茶子(山口智子さん)は、そんな光子を気に入り、採用を即決する。

 同じ頃、野毛山署強行犯係の平と桑原真也(風間俊介さん)は、繁華街の路地裏でスーツ姿の男性の死体が発見されたという知らせを受け、現場に急行。男は、財布やスマートフォンなど、身元の手掛かりになるものは何も所持していなかった。検視官の伊東純(三宅弘城さん)は、熱中症による急性心不全の可能性に言及しながらも、司法解剖をしてもらった方がいいと告げる。平は、桑原に、遺体と一緒に興雲大学の法医学教室へと向かうよう指示すると、現場周辺の捜査を始める。

 連絡を受けた茶子は、藤堂雅史(板尾創路さん)に解剖の執刀を頼み、朝顔にもサポートをするよう指示する。ほどなく、遺体が運びこまれ、丁寧に調べていく藤堂と朝顔。やがて、この男性が気温30度以上もあった暑さの中で、なぜか凍死していたことが分かる……というストーリー。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

第3話のあらすじ “朝顔”上野樹里が身元不明の遺体を調べる “平”時任三郎は朝顔の結婚反対?

連続ドラマ「監察医 朝顔」第3話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「監察医 朝顔」第3話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さんが主演するフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)。7月29日に放送される第3話の副題は「4人の身元不明のご遺体が法医学教室に! 予想外の真実が」。

 新米法医学者の万木朝顔(上野さん)は、恋人で刑事の桑原真也(風間俊介さん)からプロポーズされた。朝顔の父で桑原の上司の平(たいら、時任三郎さん)は、2人の関係に気づいており、「あいさつがない」などと言って交際に反対。朝顔と話すことも拒む。

 そんな中、朝顔と平のスマートフォンに、火災が発生し死者が出たという連絡が入る。興雲大学の法医学教室に、4人の遺体が運び込まれる。捜査を担当する平と桑原は、現場には当時、5人の男性が出入りしていたことを朝顔らに告げ、誰が生き残った1人なのかを突き止めるため、朝顔たちに身元究明を依頼。主任教授の夏目茶子(山口智子さん)が不在の中、朝顔は、藤堂雅史(板尾創路さん)や藤堂絵美(平岩紙さん)らと共に1体ずつ解剖を行う……というストーリー。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

第4話のあらすじ “朝顔”上野樹里に命の危機 青酸カリウムによる連続自殺を調べる

連続ドラマ「監察医 朝顔」第4話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「監察医 朝顔」第4話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さんが主演するフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)。8月5日に放送される第4話の副題は「青酸カリの連続自殺! 謎にひそむ悪意…朝顔に命の危機!」。万木朝顔(上野さん)ら興雲大学の法医学教室のメンバーが、野毛山署管内のハイツで発見された、若い女性・松田千佳(本間彩子さん)の遺体を調べ、青酸カリウムによる中毒死と判明する……という展開。

 東北を訪れていた万木平(時任三郎さん)は、地元の主婦からボロボロになった腕時計を見せられる。その時計は、平が見つけたもので、主婦は見つけてくれた人にお礼を言いたくて、ずっと探していたのだという。そんな折、平の前に義父の浩之(柄本明さん)が現れる。

 同じ頃、強行犯係の刑事、桑原真也(風間俊介さん)らは、千佳の身辺調査を進めると同時に、彼女が所有するパソコンの解析を依頼する。強行犯係係長の山倉(戸次重幸さん)は、ここ2カ月の間に全国で青酸カリウムによる自殺が3件も起きていることから、関連を調べるよう指示する。やがて、千佳が「おクスリ学院」というサイトを通じて青酸カリウムを入手していたことが判明する。

 サイトが海外サーバーを経由して管理者の特定を妨害していることを知った平は、サイトの名前を公表して注意喚起をしようと山倉に提案。しかし、それがきっかけで、ある事件が起きる……というストーリー。

 同話の予告映像では、「死者の“真の目的”は-」「朝顔の運命は!?」というテロップと共に、解剖中に青酸ガスが発生し、朝顔が倒れる姿などが収められている。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

第5話のあらすじ 第1章完結 上野樹里“朝顔”旅立ちの時…

連続ドラマ「監察医 朝顔」第5話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「監察医 朝顔」第5話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さんが主演するフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)。8月12日に放送される第5話の副題は「今夜第一章が完結!朝顔、旅立ちの日…。白骨の身元は…」。同話の予告映像には、「そして旅立ちの時-」というテロップと共に、朝顔(上野さん)が父の平(時任三郎さん)に「お父さん」と呼びかけると、平が「甘えるな。とにかく出て行きなさい」と強い口調で返答する姿などが収められている。

 第5話は、心霊スポットとして知られる場所で、白骨化した遺体が発見される。死後1年半から2年ほど経過していると思われ、動物に荒らされたためか、いくつもの部位がなかった。また、骨には着衣の一部と思われるボロボロになった白い布がひっかかっていた。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ


 朝顔らがいる興雲大学法医学教室に運ばれた遺体の身元を特定するためには、法歯学者の藤堂絵美(平岩紙さん)の力が必要だった。やがて、解剖台に乗せられた遺体を観察した朝顔は、現場から持ち込まれた骨が1人分ではなく、小さな骨が交ざっていることに気付く。そこで朝顔は、絵美が歯を調べている間に、安岡光子(志田未来さん)らと共に、骨の汚れを落とし、どの部位がなくなっているのかを調べ始める。

 一方、遺体の第一発見者となった若者たちから事情を聞いていた刑事の桑原真也(風間俊介さん)は、彼らが1年半ほど前に動画サイトに投稿された映像を見て現場を訪れていたことを知る。その動画には、白い服を着た男が映っていた。強行犯係係長の山倉伸彦(戸次重幸さん)は、行方不明者の照合と現場周辺の捜索を命じる。そんな中、朝顔は、遺体の左腓骨(ひこつ)と左脛骨(けいこつ)が剥離骨折しているのを見つける……という展開。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

第6話のあらすじ 上野樹里“朝顔”の新章スタート 物語は5年後へ 杉本哲太、田川隼嗣が新レギュラーに

連続ドラマ「監察医 朝顔」第6話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「監察医 朝顔」第6話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さんが主演するフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)。8月19日に放送される第6話の副題は「新章へ突入!朝顔はついに母に…。夫婦殺人事件に挑む!」。前回の第5話から5年後が舞台となり、刑事の桑原真也(風間俊介さん)と結婚し、4歳の長女つぐみ(加藤柚凪ちゃん)を育てる法医学者の万木朝顔(上野さん)の新たな活躍を描く。また検視官の丸屋大作役で杉本哲太さん、医学部生の熊田祥太役で田川隼嗣さんが新レギュラーとして出演。お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵さん、女優の小林星蘭さん、恒松祐里さんらがゲスト出演する。

 第6話で、朝顔は、真也、つぐみと共に、朝顔の実家・万木家で幸せな日々を過ごし、朝顔の父・平(時任三郎さん)もつぐみを可愛がっている。この5年の間に、夏目茶子(山口智子さん)が主任教授を務める興雲大学法医学教室にもいくつかの変化があった。法歯学者の藤堂絵美(平岩紙さん)は、著書がベストセラーになり、世界中を飛び回るようになっていた。絵美の夫でベテラン法医学者の藤堂雅史(板尾創路さん)は、絵美との夫婦格差を嘆いている。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ


 医学部生だった安岡光子(志田未来さん)は医師になり、朝顔たちの影響で法医学の道へと進んでいた。検査技師の高橋(中尾明慶さん)は光子と立場が逆転し、「光子先生」と呼ぶ。またアルバイトとして歯科医院の跡取りでもある医学部生の熊田祥太(田川さん)も加わっていた。

 絵美が海外出張から戻った日、野毛山署管内の一軒家で男女の変死事件が起きる。依頼を受け、朝顔が現場へと向かうと、この家の主人の黒岩雅樹(岡部光祐さん)が居間で首をつって死んでおり、妻の多江(片岡礼子さん)は寝室で死んでいた。第一発見者は次女の友里(小林さん)。長女の美咲(恒松さん)は、看護学生で寮生活を送っているらしい。多江の姿に違和感を抱いた朝顔は、彼女の体を触ろうとした。ところがその瞬間、検視官の丸屋大作(杉本さん)から「触るな」と制止される……というストーリー。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

第7話のあらすじ 上野樹里“朝顔”が法廷へ 28年ぶり月9出演の有森也実と“対決”

連続ドラマ「監察医 朝顔」第7話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「監察医 朝顔」第7話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さんが主演するフジテレビの“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)。8月26日に放送される第7話の副題は「母の手がかり…。朝顔が裁判に!10億の美魔女と対決」。同話には、女優の有森也実さんがゲスト出演。有森さんは、1991年放送の「東京ラブストーリー」以来、約28年ぶりに同枠への出演となる。

 朝顔(上野さん)は、母・里子(石田ひかりさん)が被災時に身に着けていたと思われる手袋が発見されたと聞かされる。手袋は朝顔が中学生の時に使っていたもので、内側に朝顔の名前も記されていた。それを知った父の平(時任三郎さん)は、桑原(風間俊介さん)に「朝顔とつぐみ(加藤柚凪ちゃん)を頼む」と言い残して東北に向かう。

 そんな中、朝顔は、ある事件の控訴審に、鑑定証人として出廷することに。マスコミが「疑惑の女・10億の美魔女」として注目するこの裁判の被告人・白川亜里沙(有森さん)は、3年前に会社社長だった夫が病死し、4億円超の遺産を手に。その翌年、亜里沙は資産家の男と再婚。わずか3カ月でまたもや夫が病死し、今度は6億円の遺産を手にしていた。

 亜里沙は、2人目の夫の死亡について状況証拠から逮捕されたが、一審は無罪。そこで、検事の石田希子(山本未來さん)は、東横大学の法医学教室が司法解剖を行った2人目の夫について、朝顔に再鑑定を依頼していたのだ。

 証人控室にいた朝顔は、訪ねてきた検視官の丸屋大作(杉本哲太さん)から「今回の裁判は警察の威信がかかっているから必ず有罪にしてほしい」と言われる。それに対して朝顔は、亜里沙を有罪にするためではなく、あくまでも再鑑定の事実を明らかしようと証言台に立つが……というストーリー。

 同話の予告映像では、朝顔が法廷に立つ姿や、平が車を走らせながら涙を流すシーンなどが収められている。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

第8話のあらすじ 上野樹里が死因特定へ Snow Man・渡辺ら出演

連続ドラマ「監察医 朝顔」第8話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「監察医 朝顔」第8話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さん主演の連続ドラマ「監察医 朝顔」(フジテレビ系、月曜午後9時)。9月2日放送の第8話「全くの死因不明…不詳の死!? 朝顔と茶子も手詰まりで…」から、歌舞伎俳優の市川右團次さんがレギュラー出演する。ジャニーズJr.のユニット「Snow Man」の渡辺翔太さんがゲスト出演する。

 万木朝顔(上野さん)は、東北から戻って以来、働き詰めの日々を送っている父・平(時任三郎さん)を心配していた。桑原(風間俊介さん)は「野毛山署強行犯係の同僚の捜査も手伝っている」と話す。

 朝顔が興雲大学法医学教室に出勤すると、解剖の依頼が入る。茶子(山口智子さん)は、朝顔と光子(志田未来さん)に執刀を指示する。遺体は23歳の主婦・山本莉奈(小林由依さん)。自宅で倒れているところを夫の達哉(渡辺さん)が発見し、その時には既に死んでいたという。朝顔たちは丹念に遺体を調べ、死因を特定しようとする。しかし、脳の一部動脈が細くなっていたものの、外傷や病変は発見できなかった。

 莉奈は亡くなる前に貧血とめまいで倒れ、入院していた。病院側は検査入院をするよう勧めたが、3歳の娘がいることや、入院費を払えないことを理由に通院を希望したという。その矢先、法医学教室にやってきた達哉が「莉奈は医療ミスで死んだ」と言い出す。

 桑原は、神奈川県警への初出勤の日を迎えた。そこで、かつて平とコンビを組んでいた捜査1課の刑事・神崎譲治(市川さん)と出会う……。

 予告映像では「原因不明の突然死?」「遺族が疑う医療ミスの可能性」「死に潜むのは難病か」というテロップと共に、懸命に死因を探る朝顔や茶子らの姿のほか、万木家に法医学教室のメンバーらが遊びに来るシーンなども収められている。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

第9話のあらすじ 上野樹里“朝顔” 幼なじみの妻を解剖できるか 最悪の事態へ

連続ドラマ「監察医 朝顔」第9話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「監察医 朝顔」第9話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さん主演の連続ドラマ「監察医 朝顔」(フジテレビ系、月曜午後9時)。9月9日・第9話の副題は「最終章へ!朝顔、友人を解剖できるのか…最も悲しい事件」。

 法医学教室に、朝顔(上野さん)の幼なじみ、三郎(きづきさん)の妻・結衣(松長ゆり子さん)の遺体が運ばれてきた。結衣は、自宅の階段前で頭を打って死亡していた。背中から落ちたようで、あおむけの状態だったという。第一発見者は三郎だった。解剖の結果、頭蓋骨(ずがいこつ)と頸椎(けいつい)の骨折が判明。2階から落ちたにもかかわらず背中の傷が少なく、上腕が無傷だったのは、1歳の次男・陽斗(遠藤千空君)を抱いたまま転落したからではないかと考えられた。

 検視官の丸屋(杉本哲太さん)は、誰かに突き落とされた可能性は?と茶子(山口智子さん)に尋ねた。事件性があれば現場検証の必要があるからだ。すると朝顔は「他殺なんてあり得ない、三郎が結衣を殺すはずがない」と訴える……。

 同じ頃、平(時任三郎さん)と森本(森本慎太郎さん)は、三郎から事情を聴いていた。三郎は、前夜、団体客が入って忙しかったため、帰宅後すぐに寝てしまったが、朝6時くらいに大きな物音がして目を覚ましたら階段の下で結衣が倒れ、横で陽斗が泣いていたと証言するが……。

 予告映像には、朝顔が泣きながら「今までご遺体を大切に解剖してきたつもりだった。友達のように、家族のようにって。でも全然、違ってた……」と語る姿のほか、「夫に虐待の疑惑が?」「そして最悪の事態へ――」というテロップと共に、三郎が出頭するシーンも収められている。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

第10話のあらすじ 上野樹里“朝顔”が友人の死因に迫る 最後にして最大の悲劇が…

連続ドラマ「監察医 朝顔」第10話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「監察医 朝顔」第10話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さん主演の連続ドラマ「監察医 朝顔」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第10話が9月16日放送される。副題は「最終回目前! 朝顔、命の講義。物語はクライマックスへ…」。俳優の笠原秀幸さんがゲスト出演し、物語のキーマン、建設会社勤務の赤井啓介を演じる。

 警察は、三郎(きづきさん)の結衣(松長ゆり子さん)へのDVを疑っていた。捜査への参加を直訴した平(時任三郎さん)は、今回の件に違和感を抱く検視官の丸屋大作(杉本哲太さん)と共に改めて実況見分に向かう。結衣のスマートフォンなどを押収した平と丸屋は、不審者が侵入した可能性も考え、家全体の指紋を採取する。

 一方、結衣の死因鑑定を手伝わせてほしいと夏目茶子(山口智子さん)に申し出た朝顔は三郎宅を訪問。階段の高さや角度だけでなく、壁なども丹念に調べようとする。法医学教室に戻った朝顔たちは、ダミー人形を使って落下実験をした結果、結衣が1階へミルクを取りに行く際に足を滑らせたのではないかという三郎の証言や、三郎が結衣のことを2階から突き落としたとする警察の見立てのどちらも、傷の付き方や倒れていた姿勢と矛盾することが判明する。

 同じ頃、桑原真也(風間俊介さん)は、県警本部がマークしていた建設会社に関わりがあるらしい刺殺事件を追うことになるが……。

 予告映像では、朝顔が、結衣の「本当の死因が分かった」と三郎に告げるシーンなどが収められている。最後には「最後にして最大の悲劇」というテロップも収められている。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

最終話のあらすじ 上野樹里“朝顔”に新たな悲劇 風間俊介“桑原”の運命は…

連続ドラマ「監察医 朝顔」最終話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「監察医 朝顔」最終話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さん主演の連続ドラマ「監察医 朝顔」(フジテレビ系、月曜午後9時)の最終話「今夜涙の最終回! 今夏一番の話題作、娘と父の命の物語」が9月23日、30分拡大版で放送される。予告映像では「朝顔に新たな悲劇が--」「果たして桑原の運命は?」というテロップと共に、朝顔(上野さん)と桑原(風間俊介さん)の娘のつぐみ(加藤柚凪ちゃん)が「パパ死んじゃうの?」というナレーションが収められている。

 深夜、朝顔に茶子(山口智子さん)から、山梨県で発生した大規模土砂災害で興雲大学法医学教室に応援要請があったとの連絡が入る。朝顔は、つぐみを平(時任三郎さん)に任せ、法医学教室へと急いだ。

 事故直前、現場には、桑原と神崎(市川右團次さん)の姿があった。反社会組織とつながり、違法な開発や投棄をしている建設会社を追っていた桑原たちは、情報提供者の現場監督、赤井(笠原秀幸さん)に会い、彼の案内で投棄現場を見に行っていたのだ。

 朝顔は、茶子らと共に不測の事態も想定してさまざまな機材や書類を準備。法医学教室の解剖案件は藤堂(板尾創路さん)と熊田(田川隼嗣さん)に任せて現地へ向かう。

 早朝、災害対策本部の置かれた市民センターに到着した朝顔たちを迎えたのは、離婚して山梨県警の検視官に復職していた伊東(三宅弘城さん)だった。事故から一夜が明け、被害状況も徐々に明らかになっていく。土砂崩れで下敷きになったのは、老人ホーム、建設現場のプレハブと社員寮、民家三棟だという。しかし、2次災害の危険があり、死傷者数は不明だった。

 待機を指示された茶子は、その間に他大学の法医や地元の医師、警察、行政関係者らと連携し、遺体安置所の設営を進める。ほどなく、そこへ遺体が運び込まれてくるが……。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

特別編放送 上野樹里“朝顔”が手がかりのない遺体を解剖 風間俊介“桑原”との出会いも

「監察医 朝顔 特別編 ~夏の終わり、そして~」のワンシーン(C)フジテレビ
「監察医 朝顔 特別編 ~夏の終わり、そして~」のワンシーン(C)フジテレビ

 9月23日に最終回が放送された上野樹里さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマの2時間スペシャル「監察医 朝顔 特別編 ~夏の終わり、そして~」が、30日午後9時から放送される。震災以来、行けなくなっていた母・里子(石田ひかりさん)の生まれ故郷を訪れ、祖父の嶋田浩之(柄本明さん)と再会し、新たな一歩を踏み出した朝顔(上野さん)のその後を描く。朝顔と桑原(風間俊介さん)の出会いも描かれる。

 ある日、朝顔が興雲大学法医学教室に出勤すると、光子(志田未来さん)、高橋(中尾明慶さん)、熊田(田川隼嗣さん)、丸屋(杉本哲太さん)、絵美(平岩紙さん)、藤堂(板尾創路さん)らがミーティングの準備をしていた。

 運ばれてきたのは、推定70〜80歳の高齢者の遺体。外傷がなく身元につながる物は一切身に着けていなかった。指紋を調べても何も出ず、歯も1本もない状態。山倉(戸次重幸さん)、森本(森本慎太郎さん)、江梨花(坂ノ上茜さん)ら野毛山署強行犯係は、遺体について少しでも何か分かるよう解剖に一縷(いちる)の望みをかけていた。

 不在の茶子(山口智子さん)に代わり、朝顔と藤堂が解剖にあたる。手がかりのない遺体を前に、朝顔はあの事件を思い出す……。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ