べしゃり暮らし キャスト

べしゃり暮らしキャスト

間宮祥太朗
渡辺大知
矢本悠馬
徳永えり
寺島進
小芝風花
篠原ゆき子
駿河太郎
尾上寛之
伊藤あさひ
小園凌央

間宮祥太朗&渡辺大知が出演 ドラマ「べしゃり暮らし」キャスト発表

間宮祥太朗さん(右)、渡辺大知さん=テレビ朝日提供
間宮祥太朗さん(右)、渡辺大知さん=テレビ朝日提供

 俳優の間宮祥太朗さんが、同局の連続ドラマ初主演で主人公・上妻圭右(あがつま・けいすけ)を演じ、ロックバンド「黒猫チェルシー」の渡辺大知さんが圭右の相方・辻本潤を演じる。ドラマの演出は、お笑い芸人の劇団ひとりさんが担当する。劇団ひとりさんが連続ドラマの演出を手がけるのは今回が初めて。

 ◇間宮祥太朗さんのコメント

 ――オファーを受けたときの気持ちを教えてください。

 原作が好きだったのでうれしさしかなかったです。劇団ひとりさんが演出されるとのことで、さらに喜びが増しました!

 ――実際に漫才の練習をした感想は?

 楽しいです。他の芸人役の演者さんたちは、かっちりしたネタを練習されていて大変な部分もあると思いますが、僕たちはアドリブの“べしゃり”が多いです。もちろん元になるネタはあるのですが、それをベースにポンポンとやり取りしていきます。なので、その場の空気感を大切にするために、あえてあまり練習をしない方がいいという劇団ひとりさんからの提案どおりに、何が起こるか分からない、一発本番の緊張感ある空気で撮影する予定です。

 ――好きな芸人や、役作りで参考にしている人はいますか?

 「千鳥」さんがずっと好きです。あとは「霜降り明星」さんも好きです。同世代ということもあり、刺激も受けていますし、「M-1」「R-1」で優勝した瞬間にはもう感動しました! 役作りで参考にしている芸人さんは特にいません。他の誰かに似てしまうのではなく、オリジナルを目指しています。

 ――相方役の渡辺大知さんの印象は?

 共演は初めてですが、かなり前からバンド「黒猫チェルシー」の渡辺大知くんとして知っていたので、“はじめまして”という感じがしないです。実際にお会いして、すごく柔らかい方だなと感じました。そういうところがとても辻本っぽいですよね。それから、大知くんはすごく気を使ってくれる人です。

 ――演出・劇団ひとりさんの印象は?

 演出が分かりやすいですし、僕たちの意見をすごく聞いてくれます。どんな言い回しにするか、芝居の中でどう動くかといったことも、演者のやりやすさを大事にしてくれます。雰囲気もこちらから意見を言いやすくて、はっきり答えをくれるので、とてもやりやすい。ご自身も演じられる方なので、そういう部分も大きいのかもしれないですね。

 ――この作品への意気込みを。

 とにかく笑っていただきたいです! なおかつ、“カッコいい”に行きつけば最高です。この作品は、僕たちが演じる2人だけではなく、みんなが面白く、すごい生き様があります! たくさん笑った結果、“カッコいい”に行きつければ本当にうれしいです。

 ◇渡辺大知さんのコメント

 ――オファーを受けたときの気持ちを教えてください。

 原作が好きだったので、めちゃくちゃうれしかったです。元々お笑いを見るのは好きでしたが、遠い世界に感じていたので、自分がその空気に触れられると思うとワクワクしました。僕は高校の頃からバンドをやっていて、どうやったら音楽で食べていけるのかを真剣に考えていたので、そういうやりたいことに向かって突き進んできたところが、内容や役柄ともリンクしているように感じます。

 ――実際に漫才の練習をした感想を聞かせください。

 すごくアドリブ力が試されますね。練習はほとんどしていないので、笑えるものになっているのか不安ですが……ちゃんと漫才として笑っていただければうれしいです。

 ――好きな芸人はいますか?

 関西出身なので、小さい頃から「中川家」さんや「アメリカザリガニ」さんはよく見ていました。関西らしいこてこてな漫才が好きでした。東京に出てきてからは「バナナマン」さんや、「ロバート」さんなど関東の芸人さんやコントも好きになりました。

 ――相方役の間宮祥太朗さんの印象は?

 今回、初めてお会いしましたが、上妻圭右にぴったりな人だなと思いました。パワフルなのにどこか繊細さを感じさせるところもあり、そういう部分が圭右っぽいですね。

 ――演出・劇団ひとりさんの印象は?

 的確な演出をされる方です。まさにこの作品に出てくる登場人物のように、モノを作ることに対してすごく真摯(しんし)。妥協せず、モノづくりのことを考えている方だと感じています。

 ――この作品への意気込みを。

 お笑いをする人たちの青春の話ですが、笑いに限らず、そして年齢も関係なく、やりたいことに向かって突き進んでいく人たちのうずきというか、熱さみたいなものを感じ取ってもらいたいです。漫才師を目指している女性たちも出てきますし、若手からベテランまで老若男女を問わず、情熱を燃やし続けて何かに向かっていく姿を、皆さんに届けられるように最後まで駆け抜けたいです!

徳永えり、「べしゃり暮らし」で間宮祥太朗の姉に 追加キャスト発表

7月スタートの連続ドラマ「べしゃり暮らし」に出演する徳永えりさんと原作のビジュアル=テレビ朝日提供
7月スタートの連続ドラマ「べしゃり暮らし」に出演する徳永えりさんと原作のビジュアル=テレビ朝日提供

 徳永えりさんが出演する。主人公・上妻圭右(あがつま・けいすけ)の姉・上妻しのぶを演じる。俳優の寺島進さん、女優の篠原ゆき子さんの出演も発表された。寺島さんは圭右の父で、そば屋「きそば上妻」の店主の潔、篠原さんは他界した母の美津子を演じる。潔は、かつてはお笑いが好きだったが、美津子の死をきっかけにお笑いが嫌いになったというキャラクターで、漫才師を志す圭右と時に激しく衝突するという。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

 ◇出演者のコメント

 <寺島進さん>

 劇団ひとりさんが演出をされるということで、とてもありがたいご縁だと感じています。このドラマは、芸人さんの話ですが、芸人さんというのは本当に大変な仕事だと思います。どんな仕事も同じように大変ですが、続けていくことがとても大事なんだと思います。そういうことも感じさせてくれる作品ですので、ぜひとも楽しみにしていてください。

 <篠原ゆき子さん>
 
 人に喜んでもらうことが大好きな上妻家。そういう家族だったからこそ、あんなに愛される主人公が育ったんだろうなと思いました。現場では冷静でクールなたたずまいに見える劇団ひとりさんが、芸人を目指す若者の汗と涙をどう映像化するのか。私も出来上がった作品を拝見するのがとても楽しみです。

 <徳永えりさん>

 間宮さん演じる圭右はとてもパワフルで一緒にお芝居を作っていく中で心を揺さぶられる瞬間がたくさんあります。その隣にいる辻本役の渡辺さんは、圭右のパワーを優しく大きく包み込んでいて、とてもバランスのいい2人がこの物語を形成しているんだなと感じました。演出の劇団ひとりさんは、我々と同じ、役目線に立って言葉や行動を選んで演出してくださるので、とても新鮮でした。

 また、この現場中に、結婚と誕生日のお祝いをしていただき、すごくうれしかったです。最後まで姉として、時に厳しく時に優しく見守ることのできる存在でいたいと思います。

矢本悠馬、「べしゃり暮らし」で子安蒼太に 「僕の完成度が一番」

原作マンガ「べしゃり暮らし」の子安蒼太(左)とドラマで子安蒼太を演じる矢本悠馬さん=テレビ朝日提供
原作マンガ「べしゃり暮らし」の子安蒼太(左)とドラマで子安蒼太を演じる矢本悠馬さん=テレビ朝日提供

 俳優の矢本悠馬さんが、2019年7月から放送される俳優の間宮祥太朗さん主演の連続ドラマ「べしゃり暮らし」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)に出演することが6月1日、明らかになった。矢本さんは、間宮さんが演じる主人公・上妻圭右(あがつま・けいすけ)の親友で、笑いを極めようと奮闘する圭右を支えながら応援する子安蒼太(こやす・そうた)を演じる。矢本さんと間宮さんは2014年に放送されたドラマで共演したことをきっかけに意気投合し、プライベートでも親交があるという。

 ◇矢本悠馬さんのコメント

 ――オファーを受けたときのお気持ちを教えてください。

 コメディーではない高校生を演じるのは久しぶりです! 年を重ねて、結婚して子供ができた今、青春を描く高校生ができるかな?と、最初は不安に思いました。でも、「べしゃり暮らし」の撮影が始まってからは、若さを取り戻しているように感じています!

 ――間宮さんとは親交が深いそうですが、プライベート同様“親友”役で共演する感想は?

 現場に面倒くさいのがいるなと思いました(笑い)。カメラが回っていないときに仲のいい人がいると、普段の現場と違うので照れくさいです。仕事場に邪念が入っている(笑い)。それでも、学生のころから好きなマンガ「べしゃり暮らし」を、仲のいい人と演じられるのは、何か運命的なものを感じて、感慨深いです。

 ――今回、初めて共演する渡辺さんの第一印象は?

 大知くんの音楽を聴いていたので、純粋にどんな人だろうとか、渡辺大知をひもときたいとか、会う前から興味ありありでした。実際に会ってみたら、めちゃくちゃピュアな人でしたね。俺がしょうもない冗談とかを言っても、真に受けちゃうこともあって……。それくらい可愛い人です!

 ――矢本さんから見て、間宮さんと渡辺さんのコンビは、いかがですか。

 原作からそのまま出て来たようで、本当にはまり役だと思います。もちろん、僕の完成度が一番ですけど(笑い)。それに劣らず、カメラが回っていなくても2人が話しているだけで、圭右と辻本に見えます。本物の圭右と辻本が目の前にいるような自然さで、僕も子安を演じられてます。2人はとても最高のコンビだと思います!

 ――本作への意気込みをお願いします。

 実は昔、将来の夢がマンガ家でした。もちろん森田先生の作品は全部読んでいるほど大好きです。好きな先生の好きな作品、「べしゃり暮らし」と聞いて、すごく気合が入りました。でも、人気のマンガなのでプレッシャーも感じますが、今はあえて何も考えずに子安を演じようと思います。みんなで令和元年の歴史に残るドラマにしたいと励んでいます!

 ◇間宮祥太朗さんのコメント

 「べしゃり暮らし」が実写化されるとしたら、子安役は悠馬だろうなと、ずっと思っていました! 原作のマンガを読んでいたときから、すでに悠馬を思い浮かべていました。本当にベストキャスティングだと思います!

 ◇渡辺大知さんのコメント

 矢本くんとは、今回が初めての共演ですが、現場が楽しくなるような空気を作ってくれるムードメーカーだと感じています。矢本くんが中心になって話の輪ができることがよくあります。作品のために動いてくれているのが、頼もしく、心強いですし、一緒にいてとても楽しいです! 自分もその輪に加えてもらっているのがうれしいなあ、とつくづく思いながら、共演させていただいています。

=テレビ朝日提供
=テレビ朝日提供
=テレビ朝日提供
=テレビ朝日提供

駿河太郎&尾上寛之が「デジきん」に

ドラマ「べしゃり暮らし」で「デジタルきんぎょ」金本浩史役の駿河太郎さん(左)と藤川則夫役の尾上寛之さん=テレビ朝日提供
ドラマ「べしゃり暮らし」で「デジタルきんぎょ」金本浩史役の駿河太郎さん(左)と藤川則夫役の尾上寛之さん=テレビ朝日提供

 俳優の間宮祥太朗さん主演の連続ドラマ「べしゃり暮らし」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)に、俳優の駿河太郎さんと尾上寛之さんが出演する。原作は、人気マンガ「ろくでなしBLUES」「ROOKIES」などで知られる森田まさのりさんの同名マンガ。駿河さんと尾上さんは、原作でも人気が高いプロの漫才コンビ「デジタルきんぎょ(デジきん)」の金本浩史、藤川則夫をそれぞれ演じる。尾上さんは、「ROOKIES」を実写化した連続ドラマ(TBS系)で今岡忍を演じていた。

 「デジタルきんぎょ」は、実力、人気ともに若手トップクラスで、圭右や辻本に大きな影響を与える重要な登場人物たちで、プライベートでは確執を抱えているという複雑な関係のコンビ。

 ◇金本浩史役の駿河太郎さんのコメント

 ――オファーを受けて。

 「べしゃり暮らし」は、いつか実写化されるだろうと予想していましたが、まさか自分にお話がくるとは思っていませんでした。デジタルきんぎょの金本は、物語の中でかなり重要な人物なので、えらい役が回ってきたと責任も感じました。

 金本は、愛のある人です。でも第一印象が怖いので、僕なりに怖いイメージを作っていったんです。そうしたら演出を担当する劇団ひとりさんに怖すぎると言われてしまいました(笑い)。僕はもともと“格闘家顔”なので見た目は怖いですが、性格は原作よりもう少し柔らかくなっていると思います。

 ――漫才シーンの撮影と相方役の尾上寛之さんの印象は?

 相方役が尾上さんだと知って、ほっとしました。以前ドラマで共演して芸達者なのは分かっていたので、アドリブを言ってもなんとかしてくれるだろう、とにかく尾上さんについて行こうと思いました(笑い)。もちろん緊張はありますが、尾上さんから安心感をもらい、楽しんでやっています。

 今回、僕たちの演じるデジタルきんぎょは、若手でも抜きんでているコンビという役どころなので、落ち着きやたたずまいに関して劇団ひとりさんもかなり気を配られていました。その説得力を出すために、尾上さんと2人でとにかく練習をしました。それでも自分で漫才をやるのは慣れません。脇汗がヤバイです。えらいところに手を出してしまったと感じています。このプレッシャーを毎回感じながらネタを披露している芸人さんたちは本当にすごいですね。

 ――演出・劇団ひとりさんの印象は?

 劇団ひとりさんは、役者がやりやすいように現場の空気を作ってくださる方です。お笑いに関しては、絶対的な信頼を寄せ、お任せしています。役者の自分たちでは太刀打ちできないので、アドバイスもそのままいただいて演じています。劇団ひとりさんがこの作品を演出されるのは本当に適役だと思います。僕たちの仕事は、面白いかどうか視聴者の皆さんに判断していただくしかないので、とにかくまずは見てほしいです!

 ◇藤川則夫役の尾上寛之さんのコメント

 ――オファーを受けて。

 以前に森田先生原作のドラマ「ROOKIES」に出演させていただいたんですが、まさかまた森田先生の映像化作品でお声をかけていただけるとは思っていませんでした。この喜びは本当に大きいです。

 原作の藤川は芸人としての道を切り開くために、体重を20キロ増やすんです。だから僕も太りたくて、オファーを受けてからひたすら食べ、短い期間でしたが、なんとか増量して、少しでも近づけるようにしました。藤川はものすごく面白い人なので、演じるプレッシャーは感じました。

 ――漫才シーンの撮影は?

 漫才には慣れないですね。劇団ひとりさんに見ていただきながら、めちゃくちゃ練習しましたが、ステージに立つたび脚がガクガクします。相方役の駿河さんと2人で、1回やってしまえば落ち着くだろうと話していたんですが、実際には逆で、余計に緊張するようになりました。僕たちは、ドラマの撮影なのでやり直しもできますが、1回しかチャンスのない中でやっている芸人さんたちは本当にすごいと尊敬します。

 ――相方役の駿河太郎さんの印象は?

 駿河さんとは以前ドラマで共演して以来、親交があるのですが、初めて一緒に飲みにいって酔っぱらった駿河さんが、「めっちゃうまいもん、おごるわ」と、コンビニでお父さん(笑福亭鶴瓶さん)の麦茶を買ってくれたんです(笑い)。あのときは、お父さんとの仲の良さを感じました。懐が深く、包み込んでくれるような存在なので、本当に(相方が駿河さんで)良かったと思いました。今回も、一緒に演じながらとても楽しい時間を過ごしています。

 ――演出・劇団ひとりさんの印象は?

 劇団ひとりさんは、漫才に関してはライブ感を大事にされ、僕たち役者に対しては愛をもって接してくださいます。本当にいい現場です。このドラマは、登場人物みんなが成長していく物語です。それぞれの人間関係を、劇団ひとりさんがしっかり演出されているので、細かい感情の動きなども楽しみにしてほしいです。僕たちに関しては、自分たちでも楽しみながらやっている漫才に、ぜひとも注目していただきたいです!

小芝風花がおかっぱのヒロインに 漫才に初挑戦

連続ドラマ「べしゃり暮らし」でヒロイン・鳥谷静代を演じる小芝風花さん(右)と原作のビジュアル=テレビ朝日提供
連続ドラマ「べしゃり暮らし」でヒロイン・鳥谷静代を演じる小芝風花さん(右)と原作のビジュアル=テレビ朝日提供

 女優の小芝風花さんが、7月にスタートする俳優の間宮祥太朗さん主演の連続ドラマ「べしゃり暮らし」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)にヒロイン役で出演することが6月17日、明らかになった。小芝さんは、かつて辻本潤(渡辺大知さん)とお笑いコンビ「SHIZU-JUN(シズジュン)」を組んでいた鳥谷静代を演じる。お笑いに強い情熱を注ぐ関西出身の女子高校生で、小芝さんがおかっぱのウイッグをかぶったドラマのキャラクタービジュアルも公開された。小芝さんは劇中で漫才にも挑戦する。小芝さんが同局の連続ドラマでヒロインを演じるのは、今回が初めて。

 小芝さんが演じる静代は、かつて辻本とお笑いコンビを組み、芸人として活動していたが、辻本が一方的に離れ、コンビは解散状態に。また、静代は辻本のことを相方としても恋愛相手としても諦めきれないでいる。静代は関西出身で、演じる小芝さんも大阪府出身。小芝さんは「関西弁にはとてもなじみがあり、標準語よりも気持ちを表現しやすいですし、演じていて楽しいです」と語っている。

 おかっぱのウイッグについては「違和感しかありません」と恥ずかしそうにしながらも、「ウイッグをつけることで意思の強い静代になれます。このウイッグは気持ちを切り替えるスイッチですね」コメント。また、共演者からは「“毛量おばけ”と呼ばれている」と笑顔で明かした。

 ドラマは、7月27日から毎週土曜午後11時15分~深夜0時5分に放送。

 ◇小芝風花さんのコメント全文

 まさか自分で漫才をやる日が来るとは思っていなかったので、お話をいただいたときは、「え! 私が漫才をやるんですか!?」と、とにかく驚き、本当に務まるのかという不安もありました。お笑いは昔から好きでしたが、見るのとやるのとでは大違いです。漫才好きとしてこの役を演じられるのはとてもうれしいですが、同時にすごく難しくもあります。「面白いってどういうことだろう」と毎日、現場で悩み、考えだすと止まりません。家でもまた考えてしまい、苦悩の日々ですね(笑い)。

 静代は関西弁で、私も大阪出身なので、関西弁にはとてもなじみがあり、標準語よりも気持ちを表現しやすいですし、演じていて楽しいです。現場には関西出身の方が多いので、セリフの微妙なニュアンスを確認させてもらうこともよくあります。

 原作のイメージに合わせて今回ウイッグをつけていますが、違和感しかありません(笑い)。なかなか慣れないですが、静代は私自身とは違い、はっきり自己主張をするタイプなので、このウイッグをつけることで意思の強い静代になることができます。気持ちを切り替えるスイッチですね。他の出演者のみなさんからは、「毛量おばけ」と、呼ばれています(笑い)。

 劇団ひとりさんは、真剣に演出に取り組まれ、ふだんテレビで見るイメージとは随分違いますが、漫才シーンのために見せてくださるお手本は本当に面白くて、みんなで大笑いしています。私はお笑いについて模索していますが、劇団ひとりさんがついてくださっているので、とても頼もしく感じます。

 このドラマは、熱い青春モノなので、夏にふさわしい作品になると思います。私が出演する場面はシリアスなシーンも多いので、お笑いとの対比も楽しんでいただけると思います。たくさんの役者さんが芸人さんを演じられるので、みなさんの漫才に負けないようにしたいです! お笑いにも元相方の辻本潤にも、すごく真っすぐな気持ちを持っている静代をしっかりと表現して演じきれるように、一生懸命頑張りたいです!

浅香航大&早乙女友貴が漫才コンビ「るのあーる」に 間宮祥太朗らの“宿敵”

連続ドラマ「べしゃり暮らし」で漫才コンビ「るのあーる」を演じる早乙女友貴さん、浅香航大さん(右)と原作のビジュアル=テレビ朝日提供
連続ドラマ「べしゃり暮らし」で漫才コンビ「るのあーる」を演じる早乙女友貴さん、浅香航大さん(右)と原作のビジュアル=テレビ朝日提供

 7月27日にスタートする俳優の間宮祥太朗さん主演の連続ドラマ「べしゃり暮らし」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)に登場する漫才コンビ「るのあーる」を、俳優の浅香航大さんと早乙女友貴さんが演じることが6月29日、分かった。るのあーるは、上妻圭右(間宮さん)と辻本潤(渡辺大知さん)の主人公コンビの宿敵で、浅香さんがボケ担当・梵健太役、早乙女さんがツッコミ担当・上原裕也役で出演する。

 るのあーるは、圭右&辻本コンビが後に所属するお笑い養成所の先輩コンビで、2人の前に立ちはだかる強豪芸人の一組。お笑い養成所に所属しながらテレビ出演も果たし、人気を博している期待のホープで、圭右とステージ上で笑いのバトルを繰り広げながら、時に場外乱闘に発展することもあるという。

 ◇浅香航大さんのコメント

 普段あまりお笑い番組などに触れておらず、まさか自分が芸人役を演じ、漫才を人前で披露するとは思いもしませんでした。劇団ひとりさんの力をお借りし、役者さんがそれぞれ生で漫才を披露しています。その様もぜひご期待ください!

 ◇早乙女友貴さんのコメント

 「お笑い」の世界にはすごくリスペクトがあるのでオファーいただいたときはとても喜びました。そしてプレッシャーもありましたが、最後まで楽しく上原を演じさせてもらいました。

“ルパパト”伊藤あさひが間宮祥太朗の同級生役 小園凌央とコンビに

連続ドラマ「べしゃり暮らし」に出演する伊藤あさひさん =テレビ朝日提供
連続ドラマ「べしゃり暮らし」に出演する伊藤あさひさん =テレビ朝日提供

 特撮ドラマ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(テレビ朝日系)のルパンレッド/夜野魁利を演じた伊藤あさひさんが、 7月27日にスタートする俳優の間宮祥太朗さん主演の連続ドラマ「べしゃり暮らし」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)に出演する。伊藤さんは、主人公・上妻圭右(間宮さん)が通う吉竹高校の同級生・玉木春馬を演じる。

 また、玉木の相方・杉内副嗣役を、タレントのヒロミさんと歌手の松本伊代さん夫妻の息子としても知られる俳優の小園凌央さんが担当するほか、吉竹高校の水原校長役で田山涼成さん、圭右の担任・矢田愛梨役で伊藤ゆみさんが出演することも発表された。

 玉木と杉内は、学園祭で開催される漫才コンテストに出場すべくコンビを組み、圭右&辻本を打ち負かそうとステージへ。特に玉木は同級生の圭右に強いライバル心を抱いており、生徒たちから面白いと評判の杉内に声をかけ、コンビ結成に至った。伊藤さんと小園さんは劇中で漫才を披露するという。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

べしゃり暮らしテレビ朝日 ドラマ枠「土曜ナイトドラマ」
2019年7月27日から毎週土曜午後11時15分放送