べしゃり暮らし あらすじ

べしゃり暮らしあらすじ

 ドラマ「べしゃり暮らし」は、人気マンガ「ろくでなしBLUES」などで知られる森田まさのりさんの漫才マンガ「べしゃり暮らし」を実写ドラマ化。テレビ朝日のドラマ枠「土曜ナイトドラマ」(土曜午後11時15分)で2019年7月から放送。俳優の間宮祥太朗さんが、同局の連続ドラマ初主演で主人公・上妻圭右(あがつま・けいすけ)を演じ、ロックバンド「黒猫チェルシー」の渡辺大知さんが圭右の相方・辻本潤を演じる。ドラマの演出は、お笑い芸人の劇団ひとりさんが担当する。劇団ひとりさんが連続ドラマの演出を手がけるのは今回が初めて。

 「べしゃり暮らし」は、2005年にマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載がスタートし、07年に「週刊ヤングジャンプ」(同)に移籍。15年まで連載された。お笑いに青春のすべてを懸ける高校生・上妻圭右がクラスメートの辻本潤とコンビを組み、お笑い芸人を目指して奮闘する姿を描いた。

ドラマ「べしゃり暮らし」のあらすじは

べしゃり暮らしテレビ朝日 ドラマ枠「土曜ナイトドラマ」
2019年7月27日から毎週土曜午後11時15分放送