ルパンの娘 あらすじ

ルパンの娘あらすじ

 ドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系、木曜午後10時)は、横関大さんの小説(講談社)が原作で、代々泥棒一家の娘と代々警察一家の息子との決して許されない恋愛を描くラブコメディー。女優の深田恭子さんが主演を務める。深田さんは、泥棒一家「Lの一族」(Lは大泥棒ルパンの頭文字)の娘の主人公・三雲華(みくも・はな)を演じる。俳優の瀬戸康史さんの出演も発表され、瀬戸さんは警察一家の息子で華と真剣交際をしている警察官の桜庭和馬を演じる。

 深田さんが泥棒を演じるのは、2009年公開の映画「ヤッターマン」(三池崇史監督)でドロンジョを演じて以来、約10年ぶりで、現代劇では初めて。深田さんと瀬戸さんの共演は12年に放送された連続ドラマ「TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~」(同系)以来、約7年ぶり。瀬戸さんが警察官を演じるのは16年放送の単発ドラマ「刑事 犬養隼人」(ABC・テレビ朝日系)第2弾で古手川和也を演じて以来、約3年ぶり。瀬戸さんは警察官を演じるために体を鍛えているという。

 「Lの一族」は悪党しか狙わないことをモットーとしていて、華は家族の誰よりも盗みの才能を持つものの家業を継ぐことを拒み、普通に生きていくため図書館司書として働いている。和馬は泥棒逮捕を専門とする警視庁捜査3課に勤務。警察の人間ではない華との結婚を反対されており、桜庭家の長年の悲願でもある初の捜査1課の刑事になるべく、手柄を立てようと「Lの一族」の逮捕を狙っている。そのため、「Lの一族」の計画の先には、和馬がいつも関わっている。華は、悪党たちに襲われるなど窮地に陥ってしまう和馬を救うため、葛藤しながらも、ついつい一家の泥棒の手助けをしてしまっているという設定。

 ドラマは、人気映画「翔んで埼玉」の武内英樹監督と徳永友一さんが脚本を担当する。オリジナルの要素も加えられるという。

ドラマ「ルパンの娘」のあらすじ

<ドラマ紹介>「ルパンの娘」“泥棒”深田恭子&“警察”瀬戸康史のラブコメ “泥棒スーツ”&アクションも 第1話あらすじも

連続ドラマ「ルパンの娘」第1話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ルパンの娘」第1話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の深田恭子さんが主演を務める連続ドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系、木曜午後10時)が7月11日スタートする。代々、泥棒を家業としている「Lの一族」(Lは大泥棒ルパンの頭文字)の娘・三雲華(深田さん)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史さん)との許されない恋愛を軸に、「泥棒VS警察」の攻防戦、ミステリー、アクション、ミュージカルの要素を詰め込んで描くラブコメだ。瀬戸さんは役作りのため筋肉を付け体重を10キロ増量したことや、深田さん演じる華ら「Lの一族」の“泥棒スーツ”姿も話題になっている。

 原作は横関大さんの同名小説(講談社)。華の父・尊(たける)は渡部篤郎さん、母の悦子は小沢真珠さん、兄の渉は栗原類さん、祖母のマツはどんぐりさん、祖父の巌(いわお)は麿赤兒(まろ・あかじ)さん。和馬の父・典和は信太昌之さん、母の美佐子はマルシアさん、妹の香は「ゲスの極み乙女。」で“ほな・いこか”としても活躍しているさとうほなみさん、祖父の和一は藤岡弘、さんが演じる。加藤諒さん、大貫勇輔さんらも出演する。

 脚本は連続ドラマ「グッドドクター」「ストロベリーナイト・サーガ」、映画「翔んで埼玉」などの徳永友一さん、監督は「神様、もう少しだけ」「電車男」「のだめカンタービレ」シリーズ、映画「テルマエ・ロマエ」シリーズ、「翔んで埼玉」などの武内英樹さんらが担当する。主題歌は「サカナクション」の楽曲「モス」。

 第1話は15分拡大版。図書館で働く華は、恋人の和馬の家族と初めて会うことになり、ガチガチに緊張する。和馬の父・典和は華の仕事を聞いて口調を厳しくさせ、母の美佐子もガッカリする。華は、和馬が公務員ということしか聞かされておらず、桜庭家が代々警察官一家だったことを知り、震え上がる。さらに、和馬が泥棒逮捕を専門とする警視庁捜査3課だと知る。

 その後、和馬に送ってもらった華は平凡な一軒家に入っていく。和馬の車が去ると、その家からそっと抜け出し、タワーマンションの高層階へ。実はここが本当の華の家で、高級な猫を抱いた母の悦子、キャビアをつまみにワインを傾ける父の尊、トラフグを調理中の祖母マツが華を迎え入れる。だが、猫もキャビアもトラフグも、他人から盗んだものだった。そんな中、華は和馬との恋愛を諦めようと考える。

 同じ頃、和馬は典和に捜査1課の刑事になれたら華との交際を認めてもよいと言われる。3課の先輩刑事・巻栄一(加藤さん)に相談した和馬は、巻から「先祖代々家族全員が盗みの専門家“Lの一族”を捕まえろ」とアドバイスされる。“Lの一族”は、決してしっぽを出さない、それでいて弱者からは盗みを働かない、まるで「アルセーヌ・ルパン」のような大胆不敵な犯行から“L”が付けられている一家だった。和馬は“Lの一族”を捕まえる決心をするが、その一族こそ、華の家族・三雲家で……というストーリー。 

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

第2話のあらすじ 深田恭子“華”が瀬戸康史“和馬”と破局? 泥棒一家と警察一家が対面…

連続ドラマ「ルパンの娘」第2話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ルパンの娘」第2話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の深田恭子さんが主演を務める連続ドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第2話が7月18日、放送される。同話の予告映像では、泥棒一家「Lの一族」の娘・三雲華(深田さん)が警察一家の長男で刑事の桜庭和馬(瀬戸康史さん)に「さようなら」と告げるシーンなどが収められている。

 泥棒一家「Lの一族」の娘・三雲華(深田さん)は、警察一家の長男で刑事の桜庭和馬(瀬戸康史さん)との交際に悩んでいた。そんな中、和馬が父・典和(信太昌之さん)と母の美佐子(マルシアさん)と共に、三雲家のダミーの家を訪ねてくる。玄関に入った典和らは、警察官の嗅覚でいろいろと探り始め、華は気が気でない。そこへ、華の父・尊(渡部篤郎さん)と母の悦子(小沢真珠さん)が現れ、両家が対面してしまう。

 華は、桜庭家が警察一家だということが尊らにバレないようにしようと必死。さらに、尊たちは泥棒とは言わないものの、職業を偽っているため、ハラハラしてしまう。華の祖母・マツ(どんぐりさん)が尊と一緒に公務員を批判する言動をし、両家はにらみ合いとなる。そんな折、尊と典和が高校時代に野球部で試合をしたことが分かり、意気投合する。しかし、美佐子は違っていた。

 数日後、華は美佐子から「和馬とは別れてほしい」と言われる。同じ頃、和馬はアポ電強盗事件を担当。一方、三雲家は、ある会社の社長が所有する“秀吉の茶釜”を盗む計画を立てていた……というストーリー。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

第3話のあらすじ 深田恭子“華”に捜査の手が… 瀬戸康史“和馬”の正体が「Lの一族」にバレる

連続ドラマ「ルパンの娘」第3話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ルパンの娘」第3話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の深田恭子さんが主演を務める連続ドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系、木曜午後10時)。7月25日に放送される第3話のサブタイトルは「嫁姑バトル!鬼の鑑識官が泥棒娘の正体に迫る」。同話の予告映像では、泥棒一家「Lの一族」の娘・三雲華(深田さん)が、交際相手で刑事の桜庭和馬(瀬戸康史さん)の母・美佐子(マルシアさん)からしつこく素性を探られてしまうシーンや、祖父の和一(藤岡弘、さん)が華に刀を振り下ろす姿などが収められている。同話から岸井ゆきのさん演じる橋元エミリが登場する。

 華は、和馬が警察官であることを祖母のマツ(どんぐりさん)に知られてしまい、家族に黙っていてほしいと頼むが、答えは得られず。同じ頃、和馬はアポ電強盗逮捕の手柄を父の典和(信太昌之さん)に褒められていた。しかし、美佐子は、華からの連絡が和馬の犯人逮捕のきっかけだったと知り、疑念を深める。

 マンションに戻った華は、尊(渡部篤郎さん)から「Lの一族を潰すつもりか」と言われ、マツが話したのだと観念。しかし、尊の怒りは、和馬がマツの手刀を受けて倒れてしまったことで、そんなことでは「泥棒一家に迎え入れることはできない」と言われる。そんな折、華の兄・渉(栗原類さん)が、IT会社の社長が某王国の秘宝を落札したという情報を手に入れる。社長は、脱税した金で購入した悪人。「Lの一族」の次のターゲットが決まった。

 一方、和馬は、SNSで目を付けた相手の行動を追って、留守中に高級品を奪う“SNS強盗”の担当になる。同じ頃、華は美佐子に誘われ桜庭家にいた。美佐子は華に料理などを手伝わせ、指紋や血液型などを、身に付けた鑑識能力で探ろうとする。美佐子から「和一を呼んできて」と頼まれた華が部屋に入ると、和一が刀を振りかざし……というストーリー。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

第4話のあらすじ 深田恭子“華”の恋敵参上! 瀬戸康史“和馬”と「Lの一族」が対面?

連続ドラマ「ルパンの娘」第4話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ルパンの娘」第4話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の深田恭子さんが主演を務める連続ドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系、木曜午後10時)。8月1日に放送される第4話「華の恋敵参上!ついに華の正体が暴かれる!?」では、交際相手の桜庭和馬(瀬戸康史さん)の母・美佐子(マルシアさん)から信頼を得た泥棒一家「Lの一族」の娘・三雲華(深田さん)だったが、ある日、和馬に父・典和(信太昌之さん)が見合い話を持ってきて……という展開だ。

 和馬の見合い相手は元警視総監の孫娘、橋元エミリ(岸井ゆきのさん)。華を気に入っている美佐子は反対するが、典和は、見合いを断れば、和馬が捜査1課への異動もかなわなくなり、華との結婚もなくなると告げる。途方に暮れる和馬に、美佐子は見合いをしてエミリから破談にしてもらえばいいと話す。しかし、見合いの結果、和馬はエミリに気に入られてしまう。

 華は、世界を股に掛ける泥棒・円城寺輝(大貫勇輔さん)の協力で、和馬とエミリのデート現場に潜入。円城寺が仕掛けた盗聴器で2人の会話を聞くと、和馬からエミリへの愛の告白が聞こえてきた。実は、断片的な会話に過ぎず、和馬はエミリとの結婚を断っていたのだが、華は誤解してしまう。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ



 傷心の華が帰宅すると、父の尊(渡部篤郎さん)たちが騒いでいた。ニュースで「Lの一族」の似顔絵が公開されていたのだ。泥棒コスチュームの華だが、本人と見比べた尊たちはこの似顔絵では分からないだろうと一安心する。やがて、「Lの一族」の新たなターゲットが“国際ロマンス詐欺師”に決まる。この男が女性たちからだまし取った金で集めた金塊を奪い取ろうと企てる……というストーリー。お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山崎静代さんらがゲスト出演する。

 同話の予告映像では、「すれ違う二人-」というテロップと共に、和馬とエミリの見合いシーンのほか、和馬が泥棒コスチュームを着た華に向けて「見つけたぞ! Lの一族」と告げる姿などが収められている。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

第5話のあらすじ 深田恭子“華”VS田中みな実“ドロンジョ” 瀬戸康史“和馬”との愛が終わる?

連続ドラマ「ルパンの娘」第5話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ルパンの娘」第5話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の深田恭子さんが主演を務める連続ドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第5話(8月8日)は「深田恭子vsドロンジョ!泥棒娘に訪れた悲劇」。フリーアナウンサーの田中みな実さん、プロレスラーの真壁刀義選手と本間朋晃選手らがゲスト出演する。

 “国際ロマンス詐欺師”の家で、恋人で刑事の桜庭和馬(瀬戸康史さん)と顔を合わせた三雲華(深田さん)は、翌日、和馬に呼び出される。自分が「Lの一族」だとバレてしまったのではと不安に思っていた華だが、和馬から橋元エミリ(岸井ゆきのさん)とお見合いしたことを告白され、頭を下げられる。しかし、「昨日の18時ごろにどこにいたのか」と質問される。それは、華と和馬が顔を合わせた時間だった。華は明日、結婚記念日を迎える両親のために動画を撮影していたとうそをつき、和馬にその動画を見せる。

 華が帰宅すると、尊(渡部篤郎さん)らが次のターゲットを決めていた。世界各国の男にすり寄り、金品を奪う“女泥棒(ドロンジョ)”双葉美羽(田中さん)から200億円はするという伝説のダイヤモンドを奪う計画を練っていた。渉(栗原類さん)は、美羽が依田(真壁選手)と大岩(本間選手)というガードマンを従えていると警告。美羽のアジトはつかめずにいた。

 「もう泥棒はしない」と今回の計画に乗り気でない華に、マツ(どんぐりさん)は、和馬と何かあったのかと興味津々。そんな中、和馬からメッセージが届く。和馬の両親の結婚記念日も明日なので、「合同結婚記念パーティーを桜庭家でやろう」という誘いだった。それを知った尊らは、桜庭家に出向くことになり……というストーリー。

 同話の予告映像では、「嘘が二人を引き離す」「突然訪れた、愛の終わり――」というテロップと共に、エミリが和馬に「いわゆるフェイク動画です」と話すシーンのほか、和馬が“泥棒スーツ”を着た華に「もし君が『Lの一族』なら来ると思ったんだ……」と語りかけるシーンなどが登場する。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

第6話のあらすじ 深田恭子“華”が危機に!? 瀬戸康史“和馬”と岸井ゆきの“エミリ”が急接近

連続ドラマ「ルパンの娘」第6話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ルパンの娘」第6話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の深田恭子さんが主演を務める連続ドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第6話(8月15日)は「引き裂かれた運命! 華を襲う危機に和馬は!?」。同話の予告映像には、「華の決意、その先には――」というテロップと共に、華(深田さん)が「運命を受け入れて生きる、そう決めたの」と、力強い視線を見せながら話す姿などが登場する。

 さらに、「動き出す新たな運命」「命を狙われる泥棒一家」「華の決意、その先には――」というテロップと一緒に、和馬(瀬戸康史さん)と橋元エミリ(岸井ゆきのさん)が急接近するシーンや、和馬の先輩・巻栄一(加藤諒さん)が「もし『Lの一族』を見つけたら殺しても構わない」と命令を下す姿も収められている。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ


 和馬に「Lの一族」だと知られた華は、結婚などあり得ないと嘆き悲しんでいた。そんな中、渉(栗原類さん)が新たな獲物を発見する。政務活動費を使い込んで辞職した悪徳政治家が所有する名画が都内の美術館に無償で貸し出されたのだ。この名画は「ブラックマンバ」という屈指の国際窃盗団も目をつけていた。尊(渡部篤郎さん)らが、そんなことを気にせず、名画が展示された美術館に下見に行こうとすると、いつも乗り気でない華が同行を申し出る。

 美術館で客を装ってセキュリティーなどを調べる華ら。和馬のことが気になる華がミスをしそうになり、尊は、華に任務から外れるよう言い渡す。一方、和馬は華の正体を知り悩んでいた。そんな和馬にエミリが再び接近する。同じ頃、華は尊に和馬と別れたことを打ち明け、名画の窃盗を続けさせてほしいと頼む。そして、華は「Lの一族」としての運命を受け入れて生きる覚悟をしようとする……というストーリー。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ