だから私は推しました ニュース

<ドラマ紹介>「だから私は推しました」 桜井ユキ主演NHK「よるドラ」 テーマは「地下アイドル×女オタ」 第1話あらすじも

NHKの連続ドラマ「よるドラ『だから私は推しました』」第1話場面写真 (C)NHK
NHKの連続ドラマ「よるドラ『だから私は推しました』」第1話場面写真 (C)NHK

 女優の桜井ユキさんが主演するNHKの連続ドラマ「だから私は推しました」(総合、土曜午後11時半)が7月27日にスタートする。「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」「腐女子、うっかりゲイに告る。」に続く、「よるドラ」の第3弾。テーマは「地下アイドル×女オタ」で、連続ドラマ「JIN-仁-」「天皇の料理番」(共にTBS系)やNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」などで知られる森下佳子さんのオリジナル脚本。桜井さんが地下アイドルを追いかけて全てを失った“女オタ”の主人公・遠藤愛を演じる。

 主人公が自分の分身として推すようになっていく、ダンスダメ、歌ダメ、おまけに人見知りというダメダメアイドルの栗本ハナを白石聖さんが演じ、ハナと同じ地下アイドルグループ「サニーサイドアップ(サニサイ)」メンバーとして、松田るかさん、田中珠里さん、松川星(あかり)さん、天木じゅんさんが出演する。

 白石さんら「サニサイ」を演じる5人は、公式ツイッターを開設し、メンバーの奮闘や葛藤、その素顔など、ドラマでは描かれない“バックサイド”のストーリーを毎日発信。ミュージックビデオの公開や、イベントにも登場するなど、“超期間限定アイドル”として実際に活動していく。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK

 第1回は、リア充に見られたいと、友人の中でちょっとしたみえを張る日々を送っていた“アラサーOL”の遠藤愛(桜井さん)。しかし、結婚を意識していた彼氏からその姿がみっともないとフラれてしまう。失意の中、スマホを落とした愛が拾い主(細田善彦さん)を訪ねてあるライブハウスへ向かうと、オタクたちの異様な熱気の中、地下アイドルのライブが行われていた。愛はその中で歌もダンスも下手な栗本ハナ(白石さん)を見つけ、そのみっともなさに自分を重ねる……という展開。

白石聖、よるドラ発アイドル・栗本ハナが早くも人気 コメント動画に「推しメンにします」

NHK「よるドラ『だから私は推しました』」の劇中アイドルグループ「サニーサイドアップ」の栗本ハナ役の白石聖さん (C)NHK
NHK「よるドラ『だから私は推しました』」の劇中アイドルグループ「サニーサイドアップ」の栗本ハナ役の白石聖さん (C)NHK

 NHK「よるドラ」(総合、土曜午後11時半)の第3弾として、7月27日にスタートする連続ドラマ「だから私は推しました」に出演する白石聖さんが、劇中アイドルグループ「サニーサイドアップ(サニサイ)」メンバーの栗本ハナとしてコメント動画を発表した。

 白石さん演じる栗本ハナは、主人公・遠藤愛(桜井ユキさん)の推しメン。ダンスだめ、歌だめ、おまけに人見知りというダメダメアイドルだが、心に秘めた思いは人一倍。愛と出会ったことで彼女自身の運命も開けていく……というキャラクター。

 7月22日に開設されたサニサイの公式ツイッター上で、白石さんは「どこをとっても伸びしろだらけ。可能性しかない永遠の生卵、ハナです。よろしくお願いします」とハナとしてアピール。視聴者から「かわい~!」「推しメンにします」「ハナちゃん神推しです」「ずーっと推してくよーー!!」といったコメントが付くなど、早くも人気を集めている。

松田るか、よるドラ発アイドル「サニサイ」ツイッターでコメント動画

NHK「よるドラ『だから私は推しました』」の劇中アイドルグループ「サニーサイドアップ」の原花梨役の松田るかさん (C)NHK
NHK「よるドラ『だから私は推しました』」の劇中アイドルグループ「サニーサイドアップ」の原花梨役の松田るかさん (C)NHK

 NHK「よるドラ」(総合、土曜午後11時半)の第3弾として、7月27日にスタートする連続ドラマ「だから私は推しました」に出演する松田るかさんが、劇中アイドルグループ「サニーサイドアップ(サニサイ)」メンバーの原花梨としてコメント動画を発表した。

 7月22日に開設されたサニサイの公式ツイッター上で、松田さんは「心にいつも太陽を。黄身担当、花梨です。これからもサニサイのこと、応援してくれるとうれしいです。よろしく」と、動画で視聴者にメッセージを送っている。

白石聖、松田るから参加 NHKのよるドラ発アイドルが“デビュー” ツイッター開設、MVも公開

NHK「よるドラ『だから私は推しました』」発の地下アイドルグループ「サニーサイドアップ」 (C)NHK
NHK「よるドラ『だから私は推しました』」発の地下アイドルグループ「サニーサイドアップ」 (C)NHK

 NHK「よるドラ」(総合、土曜午後11時半)の第3弾として、7月27日にスタートする連続ドラマ「だから私は推しました」発のアイドルグループ「サニーサイドアップ(サニサイ)」の公式ツイッターアカウントが7月22日、開設され、オリジナル曲「おちゃのこサニサイ」のミュージックビデオ(MV)が公開された。今回“デビュー”を果たしたサニサイを演じるのは、女優の白石聖さん、松田るかさんのほか、田中珠里さん、松川星(あかり)さん、天木じゅんさんの5人。8月3日にNHK大阪放送局で行われるイベントに登場するなど、“超期間限定アイドル”として実際に活動していく。

 公式ツイッターでは、MVのほか、メンバーの奮闘や葛藤、その素顔など、ドラマでは描かれない“バックサイド”のストーリーを毎日発信する。サニサイのリーダー・原花梨役の松田さんは、「私も原花梨として、みなさまにリアルなアイドルをお届けします。せひご覧ください」とアピールしている。

 ◇原花梨役・松田るかさんのコメント

 アイドルたちがテッペンを目指すといった作品は多くあったと思います。この作品はただ単にアイドルを描くにとどまらず、推す側の思いや葛藤、アイドルとオタクの関係、推すとは何なのか、推した先には何があるのか、今までと一味違った作品であり、それなのに妙にリアルで見たことのある光景が広がる、とても不思議で面白い作品になっていると思います。私も原花梨として、みなさまにリアルなアイドルをお届けします。せひご覧ください。

 ◇那須凛怜役・田中珠里さんのコメント

 元アイドルだからこそ、アイドルの面白さを伝えたい。歌って踊ることが、どれだけたくさんの人の心に響くのか、それで私たちがどれだけパワーをもらってるのか、私は一番知っています。タオルと光るものと、何でもいいです! それを持って、ぜひ一緒に最高の景色を見ませんか?

 ◇麦田詩織役・松川星さんのコメント

 元々オタクをしているくらいアイドルが好きなので、一生できないと思っていたアイドル役を、こうしてできることにとてもワクワクしています。 サニサイメンバーとは毎日のように一緒にいるので、息ぴったりです。 アイドルを好きな方はもちろん、そうではない方にも共感や親近感を持ってもらえるようなドラマになっていると思います。私がしおりんを通してこの作品の魅力を精いっぱい伝えられるように頑張ります!

 ◇玉路紀子役・天木じゅんさんのコメント

 地下アイドルとして、サニサイとして本当に生きながら撮影に挑んでいます。そこからにじみ出るリアルを伝えられたらと思います。地下アイドルの裏側や、アイドルとオタの熱い関係性などを知って、笑い、涙してもらえたらうれしいです。みなさまの中でずっと生き続けるようなアイドルを目指します!

 ◇栗本ハナ役・白石聖さんのコメント

 ハナは人として少し弱い部分もありますが、カッコ悪くても不器用なりに頑張っている姿がすてきな子だと思います。それが私を通じることで視聴者の方に受け入れてもらえるか不安もありますが、推すことの愛が一人でも多くの方に届けばいいなと思います。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK

<試写会>桜井ユキ、“アイドル”白石聖にロックオン 「一目ぼれ」「初恋のよう」

NHKの「よるドラ『だから私は推しました』」の試写会に出席した(左から)白石聖さん、桜井ユキさん、澤部佑さん
NHKの「よるドラ『だから私は推しました』」の試写会に出席した(左から)白石聖さん、桜井ユキさん、澤部佑さん

 女優の桜井ユキさんと白石聖さんが7月11日、東京・渋谷のNHKで行われた、7月27日スタートの同局の連続ドラマ「だから私は推しました」の試写会に出席。地下アイドルを追いかけて全てを失った主人公・遠藤愛を演じている桜井さんは、“推し”の地下アイドル・栗本ハナ役の白石さんについて、「ハナちゃんが衣装を着て、ステージに登場してきたときの、なんとも言えない感情は一目ぼれのよう。本当にロックオンされた。本当に可愛かった」と明かし、白石さんを照れさせた。

 さらに桜井ユキさんは、第2話で愛とハナが夜の公園で会話を交わすシーンを振り返り、「そこの絶妙な距離感が初恋のよう。近づきたいけど、近づけない。私にとっても、すごくすてきな感情の経験だな」と振り返っていた。試写会にはお笑いコンビ「ハライチ」の澤部佑さんも出席した。

<試写会>白石聖、大好きなアニメキャラを「彼」 オタク気質で共演者の笑い誘う

NHKの「よるドラ『だから私は推しました』」の試写会に出席した白石聖さん
NHKの「よるドラ『だから私は推しました』」の試写会に出席した白石聖さん

 女優の白石聖さんが7月11日、東京・渋谷のNHKで行われた、7月27日スタートの同局の連続ドラマ「だから私は推しました」の試写会に出席。ドラマは「地下アイドル×女オタ」がテーマで、地下アイドルの栗本ハナを演じている白石さんは、「私もオタク気質がある」と認めた上で、「すごい好きなアニメキャラクターがいまして。私も“彼”をすごく推している」と明かし、桜井ユキさんやお笑いコンビ「ハライチ」の澤部佑さんといった共演者の笑いを誘った。

 また、松田るかさん、田中珠里さん、松川星(あかり)さん、天木じゅんさんと劇中でアイドルとしてダンスを披露している白石さんは、「私はダンス経験がなかったんですけど、周りのみんなが、ダンスを元々やっていたとか、アイドルのお芝居をしたことがあってレッスンを受けたことがあるとか、(ダンスの)レベルが高いので、それについていくのに必死だったんですけど、ハナちゃんもダンスが苦手なので、その部分は役にリンクしていたのかなって思います」と振り返っていた。

<だから私は推しました>次期「よるドラ」で「NHKが誇るアイドルを」 白石聖、松田るからオーディションで選出

NHKの連続ドラマ「だから私は推しました」に出演する(左から)白石聖さん、桜井ユキさん、松田るかさん
NHKの連続ドラマ「だから私は推しました」に出演する(左から)白石聖さん、桜井ユキさん、松田るかさん

 NHK大阪放送局(大阪市中央区)で5月9日、局長会見が開かれ、同局が制作して全国放送される連続ドラマ「だから私は推しました」が、7月27日にスタートすることが発表された。ドラマのテーマは「地下アイドル×女オタ」で、会見に出席した同局の三鬼一希チーフ・プロデューサー(CP)は、劇中に登場する5人組の地下アイドルについて「NHKが誇るアイドルを作ろう」という気持ちでオーディションをして、選出したと明かした。

 ドラマは、連続ドラマ「JIN-仁-」「天皇の料理番」(共にTBS系)やNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」などで知られる森下佳子さんのオリジナル脚本。地下アイドルを追いかけて全てを失った主人公の“女オタ”を女優の桜井ユキさんが演じる。

 地下アイドルを演じるのは白石聖さん、松田るかさん、田中珠里さん、松川星(あかり)さん、天木じゅんさんで、今年1月に約100人の候補者の中からオーディションで決定した。

 三鬼CPは5人について「皆さん、歌ったり踊ったりするのが得意。(ダンスの)振りの練習も何日かやらなければと思っていたら、1日でだいたい入ってしまった(できてしまった)。あまりうまくなってしまうと“地下感”がなくなるので、1回で終わろうかと」と手応えを語り、「珠玉のアイドルグループを作っている途中。歌やアイドルも番組に力を与えてくれるのではないかと思っている。皆さんお上手です。期待してください」と自信を見せた。

 NHKでは、連続テレビ小説「あまちゃん」の劇中アイドルグループの曲を配信したこともあり、今回もその可能性について聞かれると、三鬼CPは「ノープラン」と話しつつ、「地下アイドルが、もっと大きな場所で、もっと多くのお客さんの前で……と頑張っていることがオタさんの感情が高ぶる部分でもある。ドラマの中とはいえ、せっかくユニットを作ったので『もうちょっと見たいね』と言ってもらえるように表現していきたい」とコメント。「思いのほか皆さん歌がうまかったので、盛り上げていただいて……。年末(紅白)は無理だと思うんですけど……」と色気を見せていた。

 ドラマは「よるドラ」枠(総合、土曜午後11時半)で放送される。三鬼CPは「ゾンビ(ゾンビが来たから人生見つめ直した件)、腐女子(腐女子、うっかりゲイに告る。)に続く第3弾」と紹介。女性アイドルを応援する女性が増えていることが番組作りのきっかけになったという。「地下アイドルと女オタをテーマに青春ものを繰り広げたい。一生懸命やっている地下アイドルを見て自分も元気をもらう……そういうところをドラマとしてお送りしたい」と展望を語った。

白石聖、松田るかと地下アイドルに NHKよるドラ第3弾出演 主演は桜井ユキ

白石聖さん
白石聖さん

 女優の白石聖さんと松田るかさんが、NHK「よるドラ」枠(総合、土曜午後11時半)の第3弾として7月27日にスタートする連続ドラマ「だから私は推しました」に地下アイドル役で出演することが分かった。ドラマのテーマは「地下アイドル×女オタ」で、連続ドラマ「JIN-仁-」「天皇の料理番」(共にTBS系)やNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」などで知られる森下佳子さんのオリジナル脚本。また、地下アイドルを追いかけて全てを失った主人公の“女オタ”を桜井ユキさんが演じる。

 主人公・遠藤愛は、友人とのマウンティングやSNS映え競争の中で日々ちょっとした見えを張り、背伸びを重ねて、疲れ切っている三十路間近の女性会社員。ある日、ひょんなことから地下アイドルのライブに行くことになり、地味で下手なくせにぎこちない笑顔を振りまいているアイドル・ハナを目撃する。あまりの下手さにいら立ちを覚える愛だったが、ハナの懸命さに心打たれ、やがてハナを自分の分身として推すようになっていく。

 だが、それこそが「オタク沼」の始まりで、“キラキラOL”を装う日々から離れ、ズブズブと沼にハマっていく愛。しかし、ハマればハマるほど狂い始めるお互いの関係。果たして推しとの出会いは吉だったのか凶だったのか、愛の運命やいかに……というストーリー。

 白石さんは桜井さん扮(ふん)する遠藤愛が目撃する地下アイドルの栗本ハナを演じ、松田さんが地下アイドルリーダーの原花梨を演じる。ドラマにはオタクリーダー・小豆沢大夢役で細田善彦さん、刑事・聖護院実役の澤部佑さん、古参オタク・椎葉貴文役の村杉蝉之介さんも出演する。

 ◇脚本・森下佳子さんのコメント

 「若い人の若い人たちによる若い人たちのためのドラマを!」そんなことを目標に頑張りたいというこの『よるドラ』枠。正直、「そんなところにこんなおばはんが……」となかなか戸惑ったこのお誘い。しかしながら、「地下アイドル」と「女オタ」「自己承認欲求」というモチーフはいかにも今っぽく、その奥に横たわる「青春」というテーマはすこぶる普遍的。つまり、とても魅力的。聞けばプロデューサーはNHKで一番若い人だというし……。「ここは足して2で割って若手に入っちゃえ!」と開き直り、厚かましくも関わらせていただくことになりました。今作のヒロインは人からの「いいね!」ばかりを気にして生きてきた少々頭が窮屈な女の子。そんな彼女が伸び代だけの地下アイドルと出会い、生まれて初めて人を「推す」。たったそれだけのことで、スカスカだった日々はガンガンに密度を増し、窮屈だった頭はどんどん自由になっていく。そして、その日々の行き着く先は……? 笑いと涙、そして愛すべきオタクたちに彩られた2人の青春を見守ってくださるとうれしいです。

だから私は推しましたNHK「よるドラ」枠(総合、土曜午後11時半)
2019年7月27日にスタート