だから私は推しました あらすじ

だから私は推しましたあらすじ

 ドラマ「だから私は推しました」は、NHK「よるドラ」枠(総合、土曜午後11時半)の第3弾。「地下アイドル×女オタ」がテーマの連続ドラマで、連続ドラマ「JIN-仁-」「天皇の料理番」(共にTBS系)やNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」などで知られる森下佳子さんのオリジナル脚本。地下アイドルを追いかけて全てを失った主人公の“女オタ”を桜井ユキさんが演じる。白石聖さんと松田るかさんも出演する。

 主人公・遠藤愛は、友人とのマウンティングやSNS映え競争の中で日々ちょっとした見えを張り、背伸びを重ねて、疲れ切っている三十路間近の女性会社員。ある日、ひょんなことから地下アイドルのライブに行くことになり、地味で下手なくせにぎこちない笑顔を振りまいているアイドル・ハナを目撃する。あまりの下手さにいら立ちを覚える愛だったが、ハナの懸命さに心打たれ、やがてハナを自分の分身として推すようになっていく。

 だが、それこそが「オタク沼」の始まりで、“キラキラOL”を装う日々から離れ、ズブズブと沼にハマっていく愛。しかし、ハマればハマるほど狂い始めるお互いの関係。果たして推しとの出会いは吉だったのか凶だったのか、愛の運命やいかに……というストーリー。

 白石さんは桜井さん扮(ふん)する遠藤愛が目撃する地下アイドルの栗本ハナを演じ、松田さんが地下アイドルリーダーの原花梨を演じる。ドラマにはオタクリーダー・小豆沢大夢役で細田善彦さん、刑事・聖護院実役の澤部佑さん、古参オタク・椎葉貴文役の村杉蝉之介さんも出演する。

ドラマ「だから私は推しました」のあらすじは