ボイス 110緊急指令室 キャスト

ボイス 110緊急指令室キャスト

唐沢寿明
真木よう子

唐沢寿明、主演連ドラで凄腕刑事に “声紋分析官”真木よう子と初共演

7月スタートの連続ドラマ「ボイス 110緊急指令室」に出演する唐沢寿明さん(左)と真木よう子さん=日本テレビ提供
7月スタートの連続ドラマ「ボイス 110緊急指令室」に出演する唐沢寿明さん(左)と真木よう子さん=日本テレビ提供

 俳優の唐沢寿明さんが主演を務め、女優の真木よう子さんも出演する。唐沢さんは勘と行動力で突き進む“凄腕刑事”で、猟奇殺人犯に妻を殺され、犯人への復讐(ふくしゅう)に燃える樋口彰吾、真木さんは父を殺害された過去を持ち、緊急指令室の室長で、どんなかすかな音も聞き逃さないボイスプロファイラーの橘ひかりを演じる。

 ◇唐沢寿明さんのコメント

 「ボイス」はストーリー展開がとても面白いと思いますし、演じる上でも視聴者がどんどん引き込まれていくエンターテインメント作品にしていきたいと思っています。刑事ドラマといっても「ボイス」はこれまで自分が演じたものとは全く違う刑事像になります。毎回、違う印象の役をやらせてもらえることはとてもやりがいを感じますし、作品を見てくださる方々にそういった部分も楽しんでいただければと思います。

 真木さんとは前から一度共演できたらなと思っていました。彼女は俳優としていい意味で陰があって、悲哀がある……。深いストーリーを演じることができる方だと思いますし、今回の役も彼女にとても合っていると思います。ドラマでは最初、真木さん演じるひかりの持つ能力を信じられずに反発するのですが、そこからどう信頼が生まれていくのかも見どころです。

 新しい作品に入るときに自分の中で絶対にブレないのが、毎回「面白い作品を作っている」という自負があることです。今回も絶対面白いドラマになるので、皆さんには楽しみにしてほしいです。面白くなりますよ!

 ◇真木よう子さんのコメント

 警察官の役はこれまでもさせてもらっていて、クールで男っぽい役が多かったのですが、今作は「人の命を救いたい」という正義感と優しさを持った、どちらかというと女性らしく真っすぐに戦おうとする役です。「真犯人を突き止める」という自分の信念は真っすぐ持ちながらも、カッコよく男っぽくという方向ではなく、人の命を救うためにチームを作り上げるという、新しい女性像を演じていきたいです。

 日本テレビのドラマとして今回が初出演なのですが、私にオファーしていただきありがたいです。期待に応えられるよう精いっぱい演じたいと思います。

 唐沢さんとは初共演ですが、現場の空気を明るくしたり役に熱心に取り組んだりメリハリを持っている方と勝手なイメージがあります。今から楽しみだしドキドキしています(笑い)。最初は、唐沢さん演じる樋口に、私が演じるひかりの正義や能力をなかなか信じてもらえませんが、徐々にお互いを信頼し合ってバディになっていきます。その過程を、見てくださる方が納得してもらえるように丁寧に演じていきたいです。

 「ボイス」は、番組をご覧になる方がいい意味で裏切られるような、見応えのあるドラマです。物語の軸がしっかりしており、ハラハラドキドキしながら先の展開を見守ってください。全ての方に向けて「面白いです」と胸を張って言える作品です!

ソニン、7年ぶりドラマ出演 「ボイス」で虐待が疑われる母親役

連続ドラマ「ボイス 110緊急指令室」の第5話にゲスト出演するソニンさん =日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイス 110緊急指令室」の第5話にゲスト出演するソニンさん =日本テレビ提供

 女優のソニンさんが、俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイス 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第5話(8月10日放送)にゲスト出演することが8月3日、分かった。ソニンさんがドラマに出演するのは、2012年に放送されたNHK・BSプレミアムの「そこをなんとか」の 第3話にゲスト出演して以来、約7年ぶり。同局ドラマへの出演は、2004年に放送された単発ドラマ「天国への応援歌 チアーズ~チアリーディングにかけた青春~」以来、約15年ぶりとなる。

 近年、舞台を中心に活躍しているソニンさんは、今回、子供への虐待が疑われる母親・一ノ瀬奈央を演じる。公開された場面写真には、刃物を持ったソニンさんが、子供に詰め寄っている場面が収められている。

 ドラマ出演について、ソニンさんは「15年ぶりの日テレドラマ出演は素直にうれしかったのですが、演じさせていただくのが、虐待が疑われる母親でして……、15年ぶりがこれかと……(笑い)」といい、「久しぶりの映像作品でしたが、客観的な視点で自分を見られたり、監督の指示の意図をすぐに反映できたりと、さまざまな面で舞台での経験を生かすことができました」と振り返っている。

 ◇ソニンさんのコメント

 15年ぶりの日テレドラマ出演は素直にうれしかったのですが、演じさせていただくのが、虐待が疑われる母親でして……、15年ぶりがこれかと……(笑い)。特殊な役柄でしたので、実際に起こった事件を見たり、その背景にも想像を巡らせたりしながら役作りをしました。

 ここ数年、舞台を多く経験させていただいて、映像は久しぶりだったので、正直不安もありましたが、それでもいざ現場に入るとスタッフさんがとても丁寧に立ち回ってくださり、楽しく演じることができました。セットインでの撮影は、冒頭が歩君(正垣湊都君演じる奈央の子供)とのシーンだったのですが、そのシーンがとにかく衝撃的で……、歩君のお芝居も素晴らしく、つい熱が入り、声が少しかすれてしまって……。その後シーンが続くのでどうしようと思いながらも、舞台の際によくやっている独自の治療法で難を逃れることができました(笑い)。

 久しぶりの映像作品でしたが、客観的な視点で自分を見られたり、監督の指示の意図をすぐに反映できたりと、さまざまな面で舞台での経験を生かすことができました。現代に起こりえる事件をテーマにしながら息をのむ展開となっている第5話。フィクションの中に、なにか一つでも見てくださる人たちの心に残せたらと思って演じさせていただいたので、ぜひ楽しみにしていてください。

ジャニーズ Jr.寺西拓人&川崎皇輝がゲスト出演 伊勢谷友介&手塚とおるの過去演じる

連続ドラマ「ボイス 110緊急指令室」に出演する川崎皇輝さん(左)と寺西拓人さん =日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイス 110緊急指令室」に出演する川崎皇輝さん(左)と寺西拓人さん =日本テレビ提供

 ジャニーズ Jr.の寺西拓人さんと「少年忍者」の川崎皇輝さんが、俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイス 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第7話にゲスト出演することが8月31日、明らかになった。川崎さんは本郷雫(伊勢谷友介さん)の高校生時代、寺西さんは上杉渉(手塚とおるさん)の青年期を演じる。川崎さんは、ドラマ初出演。

 寺西さんは、ドラマ出演について「以前少しドラマに出させていただいて、『もう一度……』と思っていたところに今回のお話をいただけたのでびっくりしましたし、後輩の川崎皇輝とも初めて共演できたのもすごくうれしかったです」とコメント。川崎さんは「一視聴者としてこのドラマを見ていたので、お話をいただいた時は何より驚きました」と喜んでいる。

ボイス 110緊急指令室日本テレビ系
2019年7月13日スタート 土曜午後10時放送