ボイス 110緊急指令室 あらすじ

ボイス 110緊急指令室あらすじ

 ドラマ「ボイス 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系)は、犯罪被害者からの110番通報に迅速に対応すべく、日夜戦い続ける警察の緊急指令室を舞台に、刑事とボイスプロファイラー(声紋分析官)の活躍を描く連続ドラマ。俳優の唐沢寿明さんが主演を務め、女優の真木よう子さんも出演する。真木さんは同局の連続ドラマに初出演となる。唐沢さんと真木さんが共演するのは初めて。

 唐沢さんは勘と行動力で突き進む“凄腕刑事”で、猟奇殺人犯に妻を殺され、犯人への復讐(ふくしゅう)に燃える樋口彰吾、真木さんは父を殺害された過去を持ち、緊急指令室の室長で、どんなかすかな音も聞き逃さないボイスプロファイラーの橘ひかりを演じる。

 緊急指令室の使命は、電話での通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」。ひかりは、どんな微かな音でも聞き分けることができる「絶対聴感能力」の持ち主。助けを求める被害者の声と、その後ろから聞こえてくる常人では聞こえないような小さな環境音をヒントに、被害者の場所を迅速に特定し、樋口ら現場の刑事に指示を出す。

 脚本は、映画「シン・ゴジラ」(庵野秀明総監督)で企画協力をした浜田秀哉さん、演出は、連続ドラマ「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」(共に同系)などの大谷太郎さんらが務める。

ドラマ「ボイス 110緊急指令室」のあらすじ

<ドラマ紹介>「ボイス 110緊急指令室」 唐沢寿明主演のタイムリミットサスペンス 第1話あらすじも

連続ドラマ「ボイス 110緊急指令室」初回の場面写真 =日本テレビ提供
連続ドラマ「ボイス 110緊急指令室」初回の場面写真 =日本テレビ提供

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイス 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)が7月13日スタートする。電話通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」という被害者の生死を分ける 「クライシスタイム」内に、人々を救っていくタイムリミットサスペンスドラマ。シリアスなストーリー展開や、唐沢さんの激しいアクションシーンなど必見だ。

 犯罪被害者からの110番通報に迅速に対応すべく日夜戦い続ける警察の緊急指令室を舞台に、刑事とボイスプロファイラー(声紋分析官)の活躍を描く。唐沢さんは勘と行動力で突き進む凄腕(すごうで)刑事で、猟奇殺人犯に妻を殺され、犯人への復讐(ふくしゅう)に燃える樋口彰吾役。真木よう子さんが、父を殺害された緊急指令室の室長で、どんなかすかな音も聞き逃さないボイスプロファイラーの橘ひかりを演じる。

 緊急指令室に設立された「ECU」という独自の捜索ユニットのメンバーで樋口を兄貴と慕う若手敏腕刑事の石川透を増田貴久さん、樋口の同期のベテラン刑事の沖原隆志を木村祐一さん、樋口の妻で殺人鬼に惨殺されてしまう未希を菊池桃子さんが演じる。

 初回は、検挙率トップを誇る港東署強行犯一係の係長で、「ハマの狂犬」の異名を持つ樋口が張り込みしていると、妻・未希から着信が入る。樋口は業務を優先し、出なかった。未希は110番に助けを求め、港東署緊急指令室の警部補・ひかりが電話を受けるが対応ミスしてしまい、未希は惨殺されてしまう。被疑者は逮捕されるが、裁判でひかりが検察側の証言台に立ち、電話で聞こえた犯人の声は、被疑者ではないと証言した。

 3年後、犯人を追い続けていた樋口は、手荒な捜索と執着心で、同僚から煙たがられる存在に落ちぶれていた。一方、科捜研で難事件を解決し実績を積んだひかりは、自ら希望を出し港東署の緊急指令室長に就任。ひかりは「ECU」という独自の捜索ユニットを創設し、樋口を新しいチームの現場リーダーにするつもりだった。その直後、若い女性から監禁されていると通報が入る。ひかりは指揮を執り、樋口に出動命令を出すが、樋口は拒否し……という展開。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

ボイス 110緊急指令室日本テレビ系
2019年7月13日スタート 土曜午後10時放送