半沢直樹 あらすじ

半沢直樹あらすじ

 ドラマ「半沢直樹」は、大ヒットしたドラマ「半沢直樹」(TBS系)の続編。2020年4月期の同局系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で放送。前作に続き、俳優の堺雅人さんが主演を務め、作家の池井戸潤さんの小説「半沢直樹」シリーズの「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」(文春文庫)が映像化される。

 「半沢直樹」は、池井戸さんの「半沢直樹」シリーズの「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」が原作。バブル期に東京中央銀行に入行した銀行マン・半沢直樹が、銀行の内外に現れる敵と戦い、組織と格闘していくさまを描いた。ドラマが13年7~9月に放送され、最終回に42.2%という高視聴率を記録し話題となった。

 前作は、東京中央銀行のバンカー・半沢直樹が、大阪西支店融資課長から本部営業第二部次長に転じ、銀行内で行われていた数々の不正を明らかにするも、まさかの出向を命じられるという衝撃の展開で最終回を終えた。続編は、半沢が出向先の東京セントラル証券に赴任するところから物語が始まる。

ドラマ「半沢直樹」続編のあらすじは