リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~ ニュース

矢田亜希子、反町隆史と「ホットマン」以来16年ぶり共演 「リーガル・ハート」で温泉も

連続ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」にゲスト出演する(左から)矢田亜希子さん、銀粉蝶さん、徳重聡さん、堀内敬子さん =テレビ東京提供
連続ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」にゲスト出演する(左から)矢田亜希子さん、銀粉蝶さん、徳重聡さん、堀内敬子さん =テレビ東京提供

 女優の矢田亜希子さんが、俳優の反町隆史さん主演の連続ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」(テレビ東京系、毎週月曜午後10時)第2話(7月29日放送)にゲスト出演することが分かった。矢田さんと反町さんが共演するのはドラマ「ホットマン」(TBS系)以来、約16年ぶり。矢田さんは、破産危機にあえぐ伊豆の老舗旅館再建のため、奮闘する花塚千束を演じる。矢田さんは「反町さんとは十数年振りの共演だったので今回は本当に、とてもうれしかったです。そして、旅館での撮影ということもあり、温泉にも入れましたし、楽しい撮影でした!」とコメントを寄せている。

 また第2話には、銀粉蝶さんが旅館のおかみ・河合聡子役で出演。第3話(8月5日放送)で、徳重聡さんが老舗呉服屋の役員で “乗っ取り屋”疑惑をかけられる宅磨譲司、堀内敬子さんが宅磨と結婚の約束をしている呉服屋の長女をそれぞれ演じる。

 ◇矢田亜希子さんのコメント

 今回このドラマのお話をいただいて初めて「再建弁護士」という職種があるということを知りました。私の役柄は、実家が旅館経営をしており、幼い頃から旅館を継ぐことを夢見て勉強をしてきた女性ですが、実家の旅館を継げなくなります。そこで、老舗旅館の再建に村越さん方と奮闘していく役どころです。

 そして、反町さんが演じられる村越さんはとても親身になって、真っすぐな心で、信頼できる弁護士さんで。反町さんにぴったりだと思いました。こんな弁護士さんがいらっしゃるからこそ、私が演じた千束も諦めずに精いっぱい頑張ることができたと思います。諦めない心を持ち続ければ再建につながる。希望と力をもらえるドラマになっていると思います。反町さんとは十数年振りの共演だったので今回は本当に、とてもうれしかったです。そして、旅館での撮影ということもあり、温泉にも入れましたし、楽しい撮影でした!

<ドラマ紹介>「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」 反町隆史が企業再建に奮闘 「ドラマBiz」枠の新作 第1話あらすじ

連続ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」の場面写真 =テレビ東京提供
連続ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」の場面写真 =テレビ東京提供

 俳優の反町隆史さんが主演する連続ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」(テレビ東京系、月曜午後10時)が、7月22日にスタートする、ドラマは、働く人をテーマとした「ドラマBiz」枠の新作。再建弁護士・村越誠一(反町さん)が、倒産の危機に瀕する企業を再建させるため心血を注いで奮闘する姿や、人助けや家族愛を描くヒューマンドラマ。初回は午後9時から、2時間スペシャルで放送される。

 「リーガル・ハート」は、現役の弁護士・村松謙一さんの「いのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる」(角川文庫)が原作。反町さん演じる村越は、村松さんがモデル。実話からインスパイアされたストーリーが展開される。

 村越が営む法律事務所の経理・永井茜役で小池栄子さん、弁護士を目指し猛勉強中の事務員・池田伸司役で堀井新太さん、村越の妻・祥子役で和久井映見さん、村越の師匠で大手法律事務所代表・米倉正臣役で橋爪功さんが出演する。

 再建弁護士・村越の事務所に、かつて100億円以上の売り上げを誇っていた魚市場が経営悪化で瀕死の状態であるとして、水産会社社長・山谷(石黒賢さん)から救いを求めるファクスが届く。思い悩む山谷に、村越は「まだ、大丈夫です」と明言し、驚くべき再建案を提示する……というストーリー。

テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供

<特集>“テレ東らしさ”が生んだ珠玉のドラマ枠「ドラマBiz」 CPが語る「今を切り取る」目線

「ドラマBiz」第6弾の「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」の場面写真 =テレビ東京提供
「ドラマBiz」第6弾の「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」の場面写真 =テレビ東京提供

 「働く人」をテーマに、テレビ東京が2018年4月に立ち上げたドラマ枠「ドラマBiz」第6弾の「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」が、7月22日から放送される。ヘッドハンターや企業再生家など、専門性が高く、一見マイナーな業種に光を当てた骨太な作品が、視聴者を魅了している。「他局がやらないことを、『ドラマBiz』でやりたい」と話す浅野太チーフ・プロデューサー(CP)に、立ち上げの経緯や、「ドラマBiz」が目指す姿などを聞いた。

 ◇ターゲットは「働く人」

 同局のドラマといえば、「ドラマ24」(金曜深夜0時12分)で展開されてきた、「孤独のグルメ」シリーズや「勇者ヨシヒコ」シリーズ、「きのう何食べた?」など、若者の支持を集めるコミカルな作風の作品が多く放送されてきた。一方、「金曜8時のドラマ」(金曜午後8時)では、「三匹のおっさん」シリーズや「警視庁ゼロ係」シリーズなどを放送し、幅広い年齢層に親しまれている。

 浅野さんによると、「ドラマ24」「金曜8時のドラマ」で、同局のドラマが話題になることも増え、ドラマに注力していくという局の方針も手伝って「ゴールデン、プライムでもう1枠」という機運が高まった。平日の午後10時は「カンブリア宮殿」「ガイアの夜明け」「日経スペシャル 未来世紀ジパング」といった、経済系の番組が並んでおり、これらの番組の視聴者をターゲットに「働く人」がテーマの「ドラマBiz」が立ち上がったという。

 ◇好評も数字が取れないジレンマも

 2018年4月に放送された「ドラマBiz」第1弾の「ヘッドハンター」は、江口洋介さんが主演を務め、企業に必要な人材の転職をあっせんするヘッドハンターを描き、好評を得た。
 続く「ラストチャンス 再生請負人」は、仲村トオルさんが元銀行マンで飲食フランチャイズ企業のCFO、「ハラスメントゲーム」は唐沢寿明さんがスーパー運営企業のコンプライアンス室長、「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女(ひと)に賭けろ~」は真木よう子さんが都市銀行の女性総合職、「スパイラル~町工場の奇跡~」は玉木宏さんが企業再生家と、これまであまり描かれてこなかった職業のビジネスパーソンをフィーチャーしてきた。

 平均視聴率に目を移すと、いずれも5%弱で、浅野さんは「数字だけを言えば、もっと伸ばしていきたいですね」と率直に語り、「ただ、初めからうまくいくとは思っていませんでした。とがった内容のドラマでこの数字を取れたのは、卑下することではなく、ここからスタートという思いでした」と話す。

 また、「テーマがビジネスに特化したものだったので、男性層に響くドラマで立ち上げましたが、数字を取れるドラマは、やはり女性層が見ていることが多いので、男性に向けて作ると数字が出てこない。そういったジレンマはありますね」と分析。「見ていて苦しくなる物、シリアス過ぎるものは見づらい時間帯なのかなとも思います。ただ、『働く人』がテーマというのは、枠として変わらないと思います」と明かす。

 ◇打ち出していく“テレ東らしさ”

 その一方で、視聴者からは、「ドラマBiz」の骨太なクオリティーを称賛する声も多い。浅野さんも「作品ごとに言えば、私たちが目指していたドラマはできています」と胸を張り「ターゲットであったり、訴求力の勝ちパターンなど『視聴者がテレビ東京に求めているもの』に目線を合わせ、“テレ東らしさ”を打ち出していかないと意味がないので、続けていくしかないですね」と意気込む。

 こんな逸話もある。前クールに放送された、「スパイラル~町工場の奇跡~」は、企業買収を描いた「ハゲタカ」の外伝が原作だ。ドラマ化に際し、原作者の真山仁さんからは「『スパイラル』じゃなくて、『ハゲタカ』をやってよ」と言われたそうだが、番組のプロデューサーが、「(企業再生家が主人公の)『スパイラル』をやりたい」と主張し、ドラマ化が実現。このような、独自の目線を重視した考えは制作陣に浸透しているという。

 7月22日に初回を迎える「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」は、実在の再建弁護士・村松謙一さんをモデルにした主人公・村越誠一を、反町隆史さんが熱演。実際に村松さんが手がけた案件に触発されたストーリーが展開され、浅野さんは「現実世界との地続き感は、見ていてグッとくると思います。『ドラマBiz』が大事にしている『今を切り取る』というのがドンピシャ。働いている人の光になれば」と出来栄えに胸を張り、「かならず最後は、気持ちが晴れやかになります」と語る。

 「他局がやらないことを、『ドラマBiz』でやりたい」と力を込める浅野さん。池の水を抜いてみたり、電動バイクで充電の旅を繰り広げたりと、他局には見られない目線の“テレ東らしさ”は、ドラマ制作の現場にも息づいているようだ。

テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供

水谷果穂、「なつぞら」川村屋のさっちゃん 反町隆史主演ドラマで主題歌歌う

連続ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」の主題歌を歌う水谷果穂さん(左)と主演の反町隆史さん=テレビ東京提供
連続ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」の主題歌を歌う水谷果穂さん(左)と主演の反町隆史さん=テレビ東京提供

 NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」に、新宿「川村屋」のウエートレス・三橋佐知子役で出演している女優の水谷果穂さんが、俳優の反町隆史さん主演の連続ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」(テレビ東京系)で主題歌を担当する。主題歌のタイトルは「朝が来るまで」。8月28日に発売される水谷さんの初のアルバム「深呼吸」にも収録される。

 水谷さんは1997年11月3日生まれ。静岡県出身の21歳。2017年にシングル「青い涙」で歌手デビューも果たしている。今回の主題歌「朝が来るまで」は、水谷さんの伸びやかで澄んだ歌声と、“君を許すように朝が来る”とつづられた歌詞が静かな希望を与え、そっと勇気づける一曲となっている。

 反町さんは「ドラマの世界観そのままに、一筋の光を感じさせる主題歌だと思いました。朝が来ることは当たり前なようでいて、当たり前じゃない。新しい一日が始まることに感謝の気持ちを感じながら、凜とした歌声と澄んだ朝の空気が重なりました」とコメント。

 水谷さんは「歌詞を掘り下げてドラマのストーリーや(反町さん演じる)村越さんのまなざしを想像しながら歌っていくうちに、どんどん『朝が来るまで』の芯が広がり、深くなっていくのを感じ、より自分の近くにいてくれる曲になりました。ドラマの中で時に励まし、寄り添える存在になっていたらいいなと思います。この曲がお芝居と交わることで、どんな反応が起きるのかとても楽しみにしています!」と話していた。

テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供

反町隆史主演ドラマ「リーガル・ハート」に小池栄子、堀井新太、橋爪功 石黒賢ら第1話ゲストも

反町隆史さん主演の連続ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」に出演する(左から)小池栄子さん、堀井新太さん、橋爪功さん=テレビ東京提供
反町隆史さん主演の連続ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」に出演する(左から)小池栄子さん、堀井新太さん、橋爪功さん=テレビ東京提供

 俳優の反町隆史さん主演の連続ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」が2019年7月にテレビ東京系のドラマ枠「ドラマ Biz」(月曜午後10時)でスタートする。反町さん演じる会社再建に心血を注ぐ弁護士・村越誠一を主人公に、人助け・家族愛を描くヒューマンドラマで、5月27日、小池栄子さん、堀井新太さん、橋爪功さんの出演が発表された。

 ドラマは、現役の弁護士・村松謙一さんの「いのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる」(角川文庫)が原作で、村松さんをモデルに実話からインスパイアされた熱いドラマを描くという。

 倒産のふちにある会社の再建現場には、経営者はもちろん、従業員やその家族など、多くの人が関わり、それぞれの人生のドラマがある。追い詰められた揚げ句、自ら命を絶ったり、家族が離散するようなことも珍しくない。再建弁護士は、そんな危機にある人々に、暮らしを守る知恵と勇気と希望を授け、自ら再生へと踏み出す「力」を導き出そうとする。そこに立ちはだかるのは、傾いた会社を早く潰してしまおうとする債権者たちの「力」。再建弁護士は、人々を倒産から救うため、時に驚くような法的手段も使いながら、債権者と粘り強く対峙(たいじ)する。そこに0.01%でも希望がある限り……。

 反町さんはテレビ東京の連続ドラマ単独初主演。監督はドラマ「ハラスメントゲーム」(同局系)、映画「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」などの西浦正記さんら、脚本はドラマ「SPEC」(TBS系)、「民王」(テレビ朝日系)などの西荻弓絵さんが担当する。

 今回発表された小池さんは、台所事情がよろしくない村越法律事務所の経理で、“毒舌女子”ながら猫グッズ好きという可愛らしい一面を持つ永井茜、堀井さんは、弁護士を目指すも司法試験に失敗、それでも熱き情熱と実直さで事務所を盛り上げるムードメーカーの池田伸司、橋爪さんは、大手弁護士事務所の所長を務め、村越の師匠に当たる弁護士・米倉正臣を演じる。

 また今回、第1話に石黒賢さん、高橋ひとみさん、高嶋政宏さんがゲスト出演することも発表された。

 小池さん、堀井さん、橋爪さんのコメントは以下の通り。

 ◇小池栄子さんのコメント

 今回演じる茜は、主人公・村越の部下でありながら、何があっても村越を信じ、何があっても受け止める、母のような存在でもあります。私も最後まで人を信じたいタイプなので、そういうところは似ているかなと思っています。扱うテーマが重たい分、茜と村越のやりとりでは、村越のチャーミングな部分が皆様に伝わればと思って演じさせていただきました。熱いだけではない村越も必見です。

 主演の反町さんはとっても「ナイスガイ」な先輩です。真摯(しんし)に作品に向き合っている姿や、現場で誰よりも声を出している姿からチームみんながパワーをいただいています。初めて共演させていただきましたが、私はもうかなりのファンになっています。出演が決まった際、モデルとなる村松先生のドキュメンタリーを拝見しました。会社、そして命を救おうとギリギリまで立ち向かう村松先生の姿に、すごく感銘を受けました。この作品を通して多くの方に再建弁護士という存在を知っていただければと思いました。このドラマが改めて命の大切さと、今一度自分を信じ、自分を愛してあげるきっかけとなればうれしいです。

 ◇堀井新太さん

 池田伸司は僕なのではないか!?と思うくらい似ています。一生懸命すぎて空回りしてしまう感じもそうですし、何でも熱い感じとか、とても共感します。若さを武器に、若さゆえの失敗、空回り……でも一生懸命だから職場の先輩もなんだか許してしまう愛されるキャラクターをイメージし、演じさせていただきました。

 主演の反町さんとは今回初めて共演させていただきました。圧倒的な存在感とものすごい神々しいオーラを感じましたし、現場では常に監督とアイデアを出し合い、より良い作品にしていこうという気持ちが人一倍強いストイックな印象です。そして、現場の士気を高めるためすてきな差し入れをたくさんしてくださる、素晴らしい人です。大ファンになってしまいました。また、朝ドラ「マッサン」で姉弟役を演じて以来の共演となる、小池栄子さんとの軽妙なやり取りにもご注目ください。

 ◇橋爪功さん

 今回のドラマは話の内容としては難しいと思うのですが、原作も良い作品ですし、難しいけどそれをどうドラマにするのかなというのはとても楽しみにしていました。重いテーマの作品ではあるのですが、自分の役はどちらかというとのんきなおじいちゃんだから、できれば明るい雰囲気を出せればと思っています。演じる米倉は村越のことが好きで、気に入っているというか本当に可愛がっています。見守っている時もあれば、自分が役に立てる時があると分かると、時々ちょっかいを入れるという、なので気が楽といえば楽です。

 村越を演じる反町君とは以前も共演させていただいていて、その時もかっこいいなと思ったけど今回もかっこいいよね。このドラマは話も含め新しい分野だと思います。知らないこともいっぱいありますし、見ていて飽きないんじゃないかと、いろんな意味で勉強になっています。面白いところに目を付けたなと思います。

テレビ東京提供
テレビ東京提供

リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~テレビ東京系 ドラマ枠「ドラマ Biz」
2019年7月スタート