サイン―法医学者 柚木貴志の事件― あらすじ

サイン―法医学者 柚木貴志の事件―あらすじ

 ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日)は、韓国で2011年に放送された人気法医学サスペンス「サイン」のリメーク。俳優の大森南朋さんが主演を務め。大森さんのほか、松雪泰子さん、飯豊まりえさん、高杉真宙さん、仲村トオルさんが出演する。原作となる韓国ドラマ「サイン」は、さまざまな事件の真相を追い求める無骨な天才法医官と新人女性法医官が、真実を隠蔽(いんぺい)しようとする絶対的権力に立ち向かっていく姿を描き、最高視聴率25.5%を記録。「大韓民国コンテンツアワード」の放送映像グランプリ分野で大統領賞も受賞した。

 今回の日本版リメークは、「日本法医学研究院」という厚労省と警察庁共管の架空組織が舞台。遺体の声なき声に耳を傾け続ける法医学者たちが、不都合な事実を隠蔽する権力社会に立ち向かっていく姿が描かれる。

 大森さんは、愚直なまでに真実と正義を追求する偏屈かつ無頼な主人公の解剖医・柚木貴志(ゆずき・たかし)を演じる。松雪さんは女性初の捜査一課長を目指す野心家管理官・和泉千聖(いずみ・ちさと)、飯豊さんは柚木の助手となる新人解剖医・中園景(なかぞの・けい)、高杉さんは生意気だが正義感あふれる千聖の部下・高橋紀理人(たかはし・きりと)、仲村さんが柚木らの前に立ちはだかる、権力に寄り添う国立大の法医学教授・伊達明義(だて・あきよし)をそれぞれ演じる。

ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」のあらすじ

<ドラマ紹介>「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」 大森南朋主演の骨太な法医学サスペンス 松雪泰子、飯豊まりえも 第1話あらすじも

連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」第1話の1シーン=テレビ朝日提供
連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」第1話の1シーン=テレビ朝日提供

 俳優の大森南朋さんが主演する連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系、木曜午後9時)が7月11日からスタートする。民放ドラマ初主演となる大森さんが、愚直なまでに真実と正義を追求する偏屈かつ無頼な主人公の解剖医・柚木貴志を演じる骨太な法医学サスペンス。松雪泰子さん、飯豊まりえさん、高杉真宙さん、西田敏行さん、仲村トオルさんも出演する。

 「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」は、韓国で2011年に放送された人気法医学サスペンス「サイン」のリメーク。死因究明に特化した「日本法医学研究院」という厚労省と警察庁共管の架空組織を舞台に、遺体の声なき声に耳を傾け続ける法医学者たちが、不都合な事実を隠蔽(いんぺい)する巨大権力に立ち向かっていく姿が描かれる。

 初回は15分拡大版。国民的人気歌手・北見永士(横山涼さん)がライブ会場の控室で死んでいるのが発見されるが、現場からは指紋もろくに採取できず、警視庁捜査1課の管理官・和泉千聖(松雪さん)は「日本法医学研究院」への遺体搬送を指示する。一方、捜査1課の刑事・高橋紀理人(高杉さん)は、北見がただの病死ではないとにらむ。所属事務所の社長、そして第一発見者のスタイリストがそれぞれ、北見ともめていたという情報を入手したからだ。しかし、紀理人から報告を受けた千聖は、解剖結果が出るまで捜査は保留だと一蹴する……。

 そんな中、「日本法医学研究院」の院長・兵藤邦昭(西田さん)は最も信頼する解剖医・柚木貴志に、北見の司法解剖を一任。ところが、解剖直前になって、警察庁の依頼を受けたという国立大学の法医学教授・伊達明義(仲村さん)が突然現れ、自分が北見を解剖することになったと告げる。想定外の横やりに納得のいかない柚木は何を思ったか、北見の遺体を保管庫から盗み出すという暴挙に出てしまう。しかも、偶発的に解剖室へ引きずり込んだ新人解剖医・中園景(飯豊さん)も巻き込み、無許可で解剖を始め、死因は「100%他殺」と断言し……という展開だ。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

第2話のあらすじ 大森南朋が“連続猟奇殺人”の真相に迫る! 飯豊まりえがピンチに!?

連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」第2話の場面写真 =テレビ朝日提供
連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」第2話の場面写真 =テレビ朝日提供

 俳優の大森南朋さんが主演する連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第2話が7月18日に放送される。東京と埼玉で、胸に奇妙なアザのある女性の首つり死体が見つかるが、それぞれの遺体を解剖した柚木貴志(大森さん)と伊達明義(仲村トオルさん)の見解は「他殺」と「自殺」の真っ二つに割れる。そんな中、新たな首つり死体が立て続けに発見される。予告動画では「連続猟奇殺人事件」という文字や、柚木が携帯で「お前と今一緒にいる男が犯人だ」と新人解剖医・中園景(飯豊まりえさん)に告げるシーンや、薄暗い場所で景が何者かに追いつめられる様子などが収められている。

 第2話では、殺された国民的歌手・北見永士(横山涼さん)の司法解剖をめぐる騒動を受け、国立大学の法医学教授だった伊達が「日本法医学研究院」の新院長に就任。伊達と異なる死因を主張した解剖医・柚木は、埼玉中央医科大学に飛ばされてから1カ月がたつ。

 柚木の弟子になるため、埼玉へ向かった中園は、北見が窒息死だったと証明できる証拠品を盗み、柚木のもとに持ち込むが、柚木は「それだけでは何の意味もない」と言い捨てる。その矢先、埼玉の山中で若い女性の首つり死体が見つかる。自殺と思われるが、柚木は胸部の奇妙なアザに注目し、他殺と結論づける。

 一方、都内でも若い女性の首つり死体が発見され、伊達が解剖に着手。その胸部にもアザが認められるが、「自殺で間違いない」と断定する。同じ頃、警視庁捜査1課の刑事・高橋紀理人(高杉真宙さん)は連続放火事件を捜査し、空き巣の前科があるタクシー運転手に目を付ける。そんな中、埼玉で新たな首つり死体が立て続けに発見され……という展開。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

第3話のあらすじ 大森南朋が松雪泰子と事件現場に潜入 不可解な解剖が…

連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」第3話の場面写真 =テレビ朝日提供
連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」第3話の場面写真 =テレビ朝日提供

 俳優の大森南朋さん主演の連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第3話が8月1日放送される。暴力団員射殺事件が発生する。被害者の解剖には不可解な点が複数あり、怪しんだ柚木貴志(大森さん)は、警視庁捜査1課の管理官・和泉千聖(松雪泰子さん)と協力し、事件現場のスナックへ潜入する。

 「日本法医学研究院」院長の伊達明義(仲村トオルさん)の指名で、柚木は新人の中園景(飯豊まりえさん)の司法解剖に立ち会う。同時に、伊達は副院長の橘祐輔(淵上泰史さん)に、警視庁組織犯罪対策4課から託された、射殺された暴力団員・千葉雄一(諫早幸作さん)の解剖を依頼。事件の状況など説明を受けた橘は、解剖を20分で終了し、捜査内容と現場の状況が一致すると結論。柚木は、橘の解剖に疑念を抱く。

 同じ頃、千葉の殺害方法や捜査体制に違和感を覚えた、千聖と高橋紀理人(高杉真宙さん)は、独自捜査でとんでもない事件の内幕にたどり着く。一方、柚木は千聖に協力してもらい、景と共に、事件現場へ潜入。そこで、ある矛盾のサインが明らかになる……。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

第4話のあらすじ 大森南朋を奈落の底へ突き落とす出来事が 不審な封書が届き…

連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」第4話の場面写真=テレビ朝日提供
連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」第4話の場面写真=テレビ朝日提供

 俳優の大森南朋さん主演の連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第4話が8月8日放送される。柚木貴志(大森さん)に、日本法医学研究院の解剖結果捏造(ねつぞう)を暴露する不審な封書が届く。さらに柚木を奈落の底へ突き落とす出来事が起こる。

  過去に慶徳小笠原病院で発生した医療ミス事件で、日本法医学研究院が解剖結果を捏造した、という書き込みが、研究院ホームページで見つかる。そんな中、2人の男性がほぼ同じ時刻、異なる場所で突然倒れて死亡。柚木と中園景(飯豊まりえさん)が解剖するも、異常は無かった。

 2人は共に慶徳小笠原病院に勤務し、1週間以上前から失踪。警視庁捜査1課の管理官・和泉千聖(松雪泰子さん)は事件性を疑っていた。一方、「やすもとしょうこ」を名乗る人物から、柚木のもとに研究院の解剖結果捏造を暴露する封書が届く……という展開。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

第5話のあらすじ 西田敏行の自殺に疑念 25年前の医療ミス関係者の新たな遺体が発見され…

連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」第5話の場面写真=テレビ朝日提供
連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」第5話の場面写真=テレビ朝日提供

 俳優の大森南朋さん主演の連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第5話が8月15日放送される。恩人の「日本法医学研究院」元院長・兵藤邦昭(西田敏行さん)の自殺に疑念を抱く解剖医・柚木貴志(大森さん)。25年前の医療ミス疑惑関係者の遺体が発見された。やがて、柚木の父の死因に関する衝撃の真実が明らかになる。

 兵藤が自殺前に伊達明義(仲村トオルさん)と会っていたと知った柚木。自殺の経緯に疑念を抱いた柚木は、伊達を追及するが、答えを得られなかった。

 失踪していた「慶徳小笠原病院」の元看護師が遺体で発見された。先に亡くなっていた医師2人と同じく、目立った所見は無く、解剖した柚木も心不全との診断しか下せない。だが、警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子さん)は事件性を疑っていた。

 死亡した3人は、慶徳小笠原病院院長・小笠原達三(篠井英介さん)の医療ミスが疑われる25年前の手術に立ち会っていたことが判明。そこへ新たな死者が出てしまう。やがて、同じく25年前にこの世を去った柚木の父の死因に関する衝撃の真実が明らかになる……。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

第6話のあらすじ 謎の文字が残された遺体 飯豊まりえ、犯行の証明に躍起

連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」第6話の場面写真=テレビ朝日提供
連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」第6話の場面写真=テレビ朝日提供

 俳優の大森南朋さん主演の連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第6話が8月22日放送される。法医学の未来を守るため解剖結果をねつ造してしまった柚木貴志(大森さん)は「日本法医学研究院」を辞職。その矢先、女性会社員が金づちで撲殺される事件が起こる。新人解剖医・中園景(飯豊まりえさん)は、首元に残された「20P」という文字を発見。景の妹・優(黒崎レイナさん)も3年前に同じような犯罪に巻き込まれ、首に「5P」の痕が残っていた。

 警視庁捜査1課の管理官・和泉千聖(松雪泰子さん)と刑事・高橋紀理人(高杉真宙さん)は、金づちを持っていた落合亮一郎(渋谷謙人さん)を連行。しかし落合にはアリバイがあり、証拠も無かった。解剖担当医として落合と会った景は、彼のある言葉で、彼こそが真犯人だと確信。犯行を証明しようと躍起になる。そんな中、千聖が絶体絶命の危機に……。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

第7話のあらすじ ゲーム殺人事件が急展開 大森南朋、因縁の事件が再び…

連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」第7話の場面写真=テレビ朝日提供
連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」第7話の場面写真=テレビ朝日提供

 俳優の大森南朋さん主演の連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第7話が8月29日放送される。新人解剖医・景(飯豊まりえさん)の妹も被害を受けていた不気味なゲーム殺人事件が急展開。解剖医・柚木(大森さん)の因縁の事件が、再び大きく動き出す。

 景の妹も襲われた事件には、ある公園で幸せそうなカップル5組に復讐せよというシナリオが続いていた。柚木と景、警視庁捜査1課の刑事・高橋紀理人(高杉真宙さん)は、現場へ向かう。

 国民的人気歌手・北見永士(横山涼さん)を毒殺したと自首し、服役中のスタイリスト・宮島清花(柳美稀さん)は、管理官・和泉千聖(松雪泰子さん)に無罪を主張。しかし柚木が面会に行くと、なぜか「話すことは何もない」と追い返されてしまう。いぶかしむ柚木の脳裏に、面会直前に刑務所の廊下ですれ違った謎の女・島崎楓(森川葵さん)がよぎる……という展開。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

第8話のあらすじ 森川葵、任意聴取に応じる 思わぬ落とし穴が…

連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」第8話の場面写真=テレビ朝日提供
連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」第8話の場面写真=テレビ朝日提供

 俳優の大森南朋さん主演の連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第8話が9月5日放送される。人気歌手殺害事件の主犯は、次期総裁候補・島崎藤一郎(小木茂光さん)の娘・島崎楓(森川葵さん)と確信した解剖医・柚木貴志(大森さん)。楓は任意聴取に応じるが、思わぬ落とし穴が待ち受けていた。

 楓の犯行を確信した柚木だったが、事件の真相を知る会田幹彦(猪野学さん)が死亡。会田の遺体は、島崎と裏でつながる「日本法医学研究院」の院長・伊達明義(仲村トオルさん)が解剖することになる。

 警視庁捜査1課管理官・和泉千聖(松雪泰子さん)と部下・高橋紀理人(高杉真宙さん)は、会田の死亡推定時刻ごろ、会田の泊まったホテルで楓らしい女が目撃されていたことを突き止める。柚木は、伊達の助手として会田の司法解剖に参加することに成功。2人の解剖所見は食い違いを見せるが、伊達が耳を疑う言葉を発する……。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

最終回のあらすじ 大森南朋、森川葵の罪を暴くために決死の勝負 「真実のサイン」とは?

連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」最終話の場面写真=テレビ朝日提供
連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」最終話の場面写真=テレビ朝日提供

 俳優の大森南朋さん主演の連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の最終回が9月12日、15分拡大スペシャルで放送される。殺された人気歌手から見つかった青い繊維と、次期総裁候補の娘・楓(森川葵さん)の自宅から押収した青いぬいぐるみ。解剖医・柚木貴志(大森南朋さん)らが照合検査にかけるが、結果は不一致だった。柚木は楓の罪を暴く「真実のサイン」を手に入れるため、決死の勝負に出る。

 警視庁捜査1課の管理官・和泉千聖(松雪泰子さん)と部下・高橋紀理人(高杉真宙さん)は、楓の持っていた青いぬいぐるみを押収。新人解剖医・中園景(飯豊まりえさん)は青い繊維を柚木らに手渡すと、そのまま部屋の外へ。様子が気になった柚木は、彼女の後を追う。そんな中、不一致の検査結果が出る。その頃、「日本法医学研究院」の院長・伊達明義(仲村トオルさん)の元に、意外な人物がやって来た。

 権力によって証拠が次々と消されていく中、事件当日の監視カメラ映像を再度チェックした柚木はある異変に気付く。しかし、権力側の方が上手だった。やがて柚木は真実を明らかにするため、楓の罪を暴く「真実のサイン」を手に入れようと思い付く。想像を絶する決死の勝負だった……。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

サイン―法医学者 柚木貴志の事件―テレビ朝日
2019年7月スタート 毎週木曜午後9時放送