グランメゾン東京 あらすじ

グランメゾン東京あらすじ

 俳優の木村拓哉さんが、2019年10月からTBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で放送される「グランメゾン東京」、主演を務める。これまでに美容師、検事、パイロット、外科医、ボディーガードなどの役を演じてきた木村さんは、今作でフランス料理のシェフを演じる。木村さんが同枠のドラマで主演を務めるのは、2017年放送の「A LIFE~愛しき人~」以来、約2年ぶり。さらに、女優の鈴木京香さんの出演も発表された。木村さんと鈴木さんが共演するのは07年に同枠で放送された「華麗なる一族」以来、約12年ぶり。

 木村さん演じるシェフは、天賦の才能でパリにオープンさせた自分の店が二つ星を獲得。カリスマシェフともてはやされ自信が慢心に変わる一方で、どうしても三つ星に手が届かずプレッシャーに苦しみ、壁にぶつかる。そんな時、店である重大事件が起こり、店も仲間も全て失ってしまい、どん底まで落ちる。やがて、ある女性シェフと出会い、もう一度シェフとして生き直そうと決意し、新たな困難や苦難に奮闘しながら、世界最高の三つ星レストランを作り上げようとする姿を描く“大人の青春”をかけたヒューマンストーリー。

 鈴木さんは木村さん演じるシェフと出会い、共に三つ星レストランを作ろうとするフランス料理のシェフを演じる。彼からの無理難題に振り回されながらも、料理人としての彼を尊敬し、また、料理人としての自分自身を見つめ直していくというキャラクターだ。ドラマはパリの三つ星レストランでの撮影も予定。パリで三つ星を獲得しているのは10店のみで、希少な店舗で日本のテレビドラマを撮影するのは前例がなく、ガイドブック「ミシュランガイド」の協力で実現する。

 脚本は、連続ドラマ「僕のヤバイ妻」「メゾン・ド・ポリス」などの黒岩勉さん、演出は「アンナチュラル」「中学聖日記」などの塚原あゆ子さん、プロデューサーは連続ドラマ「MR.BRAIN」「半沢直樹」「下町ロケット」などの伊與田英徳さん。

ドラマ「グランメゾン東京」あらすじは