ドクターX 第6シーズン キャスト

ドクターX 第6シーズンキャスト

米倉涼子
内田有紀
遠藤憲一
勝村政信
鈴木浩介
岸部一徳
西田敏行
今田美桜

米倉涼子が主演 「令和も私、失敗しないので!」

ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の第6シリーズで主演を務める米倉涼子さん=テレビ朝日提供
ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の第6シリーズで主演を務める米倉涼子さん=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さんが主演を務める。天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子を演じる。

 内田有紀さん、遠藤憲一さん、勝村政信さん、鈴木浩介さん、岸部一徳さん、西田敏行さんらおなじみのメンバーも引き続き登場する。

 ◇大門未知子役の米倉涼子さんのコメント

 2年ぶりに「ドクターX」が帰ってくることになりました! この2年間、1カ月に20回くらいはいろいろな方に「ドクターXやらないの?」って聞かれたりしていましたが、私自身もそろそろ(ドクターXのメンバー)みんなと会いたいなって思っていたので、うれしいです! ドクターXをやっていない間も、みんなと会うと“チーム感”があって「みんながみんなのためのみんなでいられる空間だな」ということをすごく感じるんです。まだお芝居の仕事を始めて20年ですが、こんなにありがたい絆は、なかなか得られるものではないと思っています。
 
 この作品も第6シリーズまで来たわけですが、ここまでやってこられたのも視聴者のみなさんのご支持と、集まってくださるキャストのみなさん、そしてまたやりたいと思ってくれるスタッフの方々のおかげ。それはとても大事なことだなと思います。

 ただ、なにせ2年ぶりなので腕が鈍っていないかだけが心配です(笑い)。私、加地先生役の勝村政信さんよりブランクがあるんですよ! 彼は、昨年「ドクターY」をやっているので……。だから加地先生には負けないようにしなきゃって思っています(笑い)。

 最近では街中などでも、「米倉涼子だ」と言われるよりも「大門未知子だ」と言われることのほうが多くなりました。自分が思っている以上にドクターXという作品や大門未知子というキャラクターはみなさんにとって身近なものになっているんだなと実感しますし、私自身も誰かと会話をするときに、無意識に未知子や蛭間、晶さんの話をしていることもあり、私にとっても今や身近で自然なものです。

 2年ぶりのドクターX。ちょっと緊張していますが、自由で力強い大門未知子で帰ってきたいと思います。「令和も私、失敗しないので!」

第1話メインゲストに松坂慶子 米倉涼子と初共演

連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」に出演する松坂慶子さん(左)と米倉涼子さん =テレビ朝日提供
連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」に出演する松坂慶子さん(左)と米倉涼子さん =テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さん主演で10月17日から放送される連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)の第1話のメインゲストとして、女優の松坂慶子さんが出演することが10月2日、分かった。米倉さんと松坂さんは初共演。

 松坂さんは、舞台となる「東帝大学病院」の食堂で働くおばちゃん・岩田一子を演じる。食堂を明るく切り盛りし、医師や看護師たちに対して母親のような懐の深さを見せる一方、病院にやってきた新副院長のニコラス丹下(市村正親さん)に、心をときめかせる。体が丈夫で元気が取りえだが、“肺塞栓症”の疑いが浮上。大門未知子(米倉さん)は精密検査の必要性を訴えるが、ニコラスが推し進めるAI診断にのっとり、手術台へと上げられる。

 ドラマの大ファンだったという松坂さんは「米倉涼子さんが演じる大門未知子のキャラクターがとてもすてきだし、出演されている俳優さんが皆さんうまい」と、作品について熱弁。今回の出演について「第1話のゲスト……プレッシャーですよー!」と明かし、「これまでの皆さんのお芝居を見てきているので本当に責任重大だなあと思っているんです」と語っている。

 ◇松坂慶子さんのコメント

 大好きなドラマ「ドクターX」に出演することになりました。大好きな中園ミホさんの脚本ですし、ドラマを毎回楽しみに拝見していたので、とてもうれしかったです。

 「ドクターX」はなんといっても米倉涼子さんがかっこいい! 大門未知子というキャラクターがとてもすてきですよね。医師であるときのキリッとした顔と、それ以外での天真らんまんな表情や言動。そういった硬軟併せ持つところが、すごく魅力的に感じます。そんなふうに大門未知子を演じる米倉さんの緩急も素晴らしいですよね。

 そして出演されている俳優さんが皆さんうまいんです! 米倉さんをはじめ、西田敏行さん、岸部一徳さん……皆さんのお芝居を見る楽しさがあります。どの登場人物も、そのキャラクター像がリアルで、少し現実離れした感じもするんだけど人間らしさがあって、身近に感じられる。それをどの話でも感じることができるのが、「ドクターX」の魅力の一つだと思います。

 そんな中で、第1話のゲスト……。プレッシャーですよー! これまでの皆さんのお芝居を見てきているので本当に責任重大だなあと思っているんです。ただ監督も細やかに演出してくださるし、現場の雰囲気も肌で感じてなじんできたので、「ドクターX」のキャストの皆さんのあのキレッキレのテンションについていって、一緒に楽しみたいなと思っています。

 私が第1話で演じるのは「東帝大学病院」の食堂のおばちゃん。下町生まれできっぷの良い、あっけらかんとした女性といったイメージで臨んでいます。市村正親さんも本当に大ファンなので、ご一緒できるのがうれしくて……! そしてこの後、いよいよ手術台に上がることになるので、ドキドキしながらも、大門先生に肩に手を置いてもらう楽しみにしているんです。

 新しいシリーズも素晴らしいキャストの皆さんが集結して、ますます目が離せない方々ばかりなので楽しくなること間違いなしですよ! 私もこのシリーズが長く続いてくれるよう、一ファンとして願っています。

「なつぞら」の清原翔がゲスト出演 上白石萌歌も 初共演・米倉涼子の“美”に驚き

10月24日放送の連続ドラマ「ドクターX」第2話で共演する(左から)上白石萌歌さん、清原翔さん、米倉涼子さん=テレビ朝日提供
10月24日放送の連続ドラマ「ドクターX」第2話で共演する(左から)上白石萌歌さん、清原翔さん、米倉涼子さん=テレビ朝日提供

 9月28日に最終回を迎えたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」の柴田照男役で注目を集めた俳優の清原翔さんが、米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第6シリーズ(テレビ朝日系、木曜午後9時)第2話(10月24日放送)にゲスト出演することが分かった。清原さんは米倉さんと今回が初共演。また同じく、米倉さんと初共演となる上白石萌歌さんのゲスト出演も発表された。

 上白石さんが演じるのは、肝移植が必要となったニシキグループCEO・二色寿郎(モロ師岡さん)の末娘・由理。一方、清原さんが演じるのは、由理の恋人でドミノ師の古沢研二だ。古沢は肝がんステージ3を患い、生体肝移植を待ちながらも治療費の滞納で退院を余儀なくされていたところを通りかかった大門未知子(米倉さん)に見つかり、病室に連れ戻される……。

 清原さんは「『ドクターX』はシリーズ化されているとても人気のある作品ですし、父がすごく好きなので、親孝行になるのではないかと思いました。実際にお目にかかった米倉さんは美しくてスタイルが良くて。きっと温かい人なんだろうなという印象を受けました」と明かす。

 演じる古沢については、「すごく誠実な人間だと思います。ドミノ師というおそらくメジャーではない職業でお金もそこまで稼げないで苦労しているだろうけど、しっかりポリシーをもってその仕事をやっていると思いますし、由理のことも大切にしているんです」ととコメントし、「彼女のお父さんの手前、お金がない今の立場では結婚できない、という男としての思いもありながら、仕事への熱い部分もある、そんな大人な役なんだろうと思いながら演じました」と振り返っていた。

 一方、上白石さんは「『ドクターX』という、すごく歴史のあるシリーズにゲストで出させていただくということで、期待を膨らませて現場に入りました。米倉さんと2人でのシーンからの撮影だったのですが、米倉さんのお芝居の熱量を間近で感じることができて、とても貴重な経験ができました。肉眼で見た米倉さんは想像の100倍くらい美しくて、さっき撮影したシーンでは米倉さんが光の前に立っていたので、逆光になって、さらに輝いていて直視できないくらいでした(笑い)」と語る。

 さらに「私が今回演じる由理は、あまり父親だと思っていないような父に自分の臓器をあげるかどうか決断を迫られたり、と、若いながらにいろいろなものを背負っている女の子です。そういう葛藤や、恋人のケンちゃん(研二)のためを思って起こしている行動などに注目して見ていただけたらうれしいです。医療モノならではの臨場感も合わせて楽しんでください!」と視聴者にメッセージを送っている。

第3話に羽鳥慎一アナ&玉川徹がゲスト出演 米倉涼子の直接オファーが実現

連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第6シリーズの第3話に出演する(左から)米倉涼子さん、玉川徹さん、羽鳥慎一さん、岸部一徳さん=テレビ朝日提供
連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第6シリーズの第3話に出演する(左から)米倉涼子さん、玉川徹さん、羽鳥慎一さん、岸部一徳さん=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さんが主演する連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の第6シリーズ(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第3話(10月31日放送)に、フリーアナウンサーの羽鳥慎一さんとコメンテーターの玉川徹さんがゲスト出演することが10月24日、分かった。2人は、大門未知子(米倉さん)と神原晶(岸部一徳さん)が訪れたもんじゃ焼き店で一緒になる「客・H」と「客・T」を演じる。

 羽鳥さんと玉川さんのドラマ出演は、2人が出演している同局の情報番組「モーニングショー」(月~金曜午前8時)で、10月17日に米倉さんが生出演した際、羽鳥さんに「ドクターX」に「出てくださいよ! (羽鳥さんが出てくれたら)視聴率も上がるんじゃないですか?」と直接、出演オファーをしたのがきっかけだという。

 ドラマの撮影では、監督らと入念な打ち合わせを重ねたという羽鳥さんと玉川さん。本番で、羽鳥さんが自然な芝居を見せた一方で、情報番組では歯に衣(きぬ)着せぬ発言をしている玉川さんは慣れないドラマの撮影でとても緊張した様子を見せていたという。撮影後、実は緊張していたという羽鳥さんは「ズボンのポケットにこっそりカンペを用意していました」と明かしていた。

岡田健史「ドクターX」にゲスト出演 初共演・米倉涼子も目ヂカラ絶賛「最近の若者にはない“圧力”感じた」

連続ドラマ「ドクターX」第4話にゲスト出演する岡田健史さん(左)と主演の米倉涼子さん=テレビ朝日提供
連続ドラマ「ドクターX」第4話にゲスト出演する岡田健史さん(左)と主演の米倉涼子さん=テレビ朝日提供

 2018年10月期に放送された連続ドラマ「中学聖日記」(TBS系)に出演し、話題となった俳優の岡田健史さんが、米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第6シリーズ(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第4話(11月7日放送)にゲスト出演することが10月31日、分かった。米倉さんとは今回が初共演で、撮影で初対面を果たしたときの印象は「大門先生だ!」。一方の米倉さんは、岡田さんの「目ヂカラがすごかった」「お芝居の中で握手をしたんですけど、いい意味で最近の若者にはない“圧力”を感じました!」と明かしている。

 岡田さんが演じるのは、日本陸上界短距離のエース・四日市清昭(よっかいち・きよあき)。100メートルで今シーズン世界最高となる9秒80を記録するも、強化合宿中に右脚の痛みを訴え緊急帰国し、「東帝大学病院」に極秘入院して検査をした結果、膝の滑膜肉腫ステージ3だと判明する。

 「東帝大学病院」が誇る医療AIの診断により導き出された治療法は「腫瘍を広範囲で切除したのち、人工関節に置換する」という術式。しかし、その術式では、アスリートとしての復帰は難しく、四日市は次世代インテリジェンス手術担当外科部長の潮一摩(ユースケ・サンタマリアさん)の手術を拒否するが、その様子を見ていた大門未知子(米倉さん)には、別の考えが……という展開だ。

 岡田さんは「今回出演が決まったときは「『ドクターX』か!」と驚きました。そうそうたるキャストの方々がいらっしゃり、その中に飛び込めるというだけでもワクワクしましたし、皆さんがどういうお芝居をされるのか、そして僕はどんな球を投げようか、自分が出演しての反響よりも、むしろそちらの方が楽しみで現場に臨みました」と振り返る。

 また、岡田さんは「個人的な欲ではありますが、今まで出演したゲスト患者の中でも印象に残る存在でありたいという思いがありました」といい、「今回の四日市清昭という役は、自分の中で、ある超一流のアスリートの方をモデルにしているんです。その人の言動などを参考にし、『この人だったらどうするかな』と考えながら役作りをしました。それが第4話に出演するにあたって、やるべきことなんじゃないかと考えたんです。それにしても四日市が泊まっている病室は豪華でした。自分がもし入院するとしたら寝心地のいいベッドは欲しいですが、あんなにゴージャスな部屋はいらないかな(笑い)。視聴者の皆さんにも『すげぇとこ泊まってんな!』と思いながら見ていただきたいです」と語っている。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

ドクターX 第6シーズンテレビ朝日系
2019年10月から毎週木曜午後9時から放送