ドクターX 第6シーズン 視聴率

2年ぶりの新シリーズ 初回視聴率は20.3%で好発進

連続ドラマ「テレビ朝日開局60周年記念 ドクターX~外科医・大門未知子~」に出演する米倉涼子さん
連続ドラマ「テレビ朝日開局60周年記念 ドクターX~外科医・大門未知子~」に出演する米倉涼子さん

 女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の2年ぶりとなる第6シリーズ(テレビ朝日系、木曜午後9時)の初回が、10月17日に15分拡大版で放送され、平均視聴率は20.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。第5シーズン初回の平均視聴率20.9%には届かなかったが、好発進した。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子(米倉さん)を通して医療現場を描いた人気ドラマ。第6シリーズは、かつてないほどの大赤字に見舞われた「東帝大学病院」が舞台となる。

 初回は「テレビ朝日開局60周年記念」と題して、15分拡大スペシャルで放送。「東帝大学病院」に迎えられたニコラス丹下(市村正親さん)が、業務合理化を推進する新部門の設立など、改革を進める。そんな中、食堂のおばちゃん・岩田一子(松坂慶子さん)が突然胸の痛みを訴える。検査を考える大門未知子だったが、ニコラス丹下が導入したAIシステムにより、一子は勝手に手術台に上げられてしまう……という展開だった。

初回視聴率は20.3% 瞬間最高25.3% 米倉涼子「想像していた以上の結果に驚き」

連続ドラマ「テレビ朝日開局60周年記念 ドクターX~外科医・大門未知子~」主演の米倉涼子さん=テレビ朝日提供
連続ドラマ「テレビ朝日開局60周年記念 ドクターX~外科医・大門未知子~」主演の米倉涼子さん=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の2年ぶりとなる第6シリーズ(テレビ朝日系、木曜午後9時)の初回が10月17日に15分拡大版で放送され、平均視聴率は20.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。今年放送された民放の連続ドラマで初めて20%の大台に乗り、現時点で今年トップに躍り出た。毎分の最高視聴率は、終了間際の午後10時3分と午後10時5分に25.3%に達した。

 米倉さんは「2年ぶりの『ドクターX』。どうなるものか不安でドキドキしていましたが、想像していた以上の結果を出すことができて、とても驚いています。たくさんの方にこの作品を見ていただいて、光栄に思います。本当にありがとうございました。今は素直にうれしいと感じています。最後までキャスト・スタッフ一同、力を合わせて頑張りますので、よろしくお願い致します」とコメントしている。

第2話視聴率は19.0%で好調キープ 上白石萌歌、清原翔らゲスト出演

 女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第6シリーズ(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第2話が10月24日に15分拡大版で放送され、平均視聴率は19.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。初回の20.3%(同)から1.3ポイント減となったものの、好調を維持している。

 第2話は、上白石萌歌さんや清原翔さんらがゲスト出演。肝移植を望んでいるニシキグループのCEO、二色寿郎(モロ師岡さん)が、東帝大学病院に入院してくるが、肝臓提供に同意してくれる家族がいない。大門未知子は、病棟で治療費の滞納で退院を余儀なくされていた肝がんステージIIIの患者・古沢研二(清原さん)を発見。古沢の恋人・二色由理(上白石さん)は、新たに担当医になった未知子に「私の肝臓を研ちゃんにあげてください」と懇願するが……という展開だった。

第3話視聴率は18.1%で好調キープ 未知子が“失言大臣”の舌がんを発見するも…

 女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第6シリーズ(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第3話が10月31日に放送され、平均視聴率は18.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、好調を維持している。

 第3話は、東京地検に逮捕され拘置所にいる蛭間重勝(西田敏行さん)を不起訴に持ち込むという条件で、失言を繰り返す現職の厚生労働相・梅沢三郎(角野卓造さん)が、マスコミから隠れるため、東帝大学病院に入院。どこも悪くないはずの梅沢だったが、たまたま彼の口腔内を見た大門未知子(米倉さん)は、舌縁部に腫瘍を発見する……という展開だった。。同局の朝の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」に出演しているフリーアナウンサーの羽鳥慎一さんとコメンテーターの玉川徹さんがゲスト出演したことも話題になった。

第4話視聴率は17.8%で好調キープ 岡田健史が日本陸上界のエース役でゲスト出演

 女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第6シリーズ(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第4話が11月7日に放送され、平均視聴率は17.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、好調を維持している。第4話には2018年10~12月に放送された連続ドラマ「中学聖日記」(TBS系)で、主人公に恋する中学生“黒岩くん”を演じて脚光を浴びた俳優の岡田健史さんが日本陸上界のエース・四日市清昭役でゲスト出演した。

 第4話は、世界記録をもつ日本陸上界のエース・四日市(岡田さん)が右足の痛みを訴えて強化合宿先から緊急帰国し、東帝大学病院に極秘入院する。AI診断で、膝の滑膜肉腫ステージIIIと判明され、「腫瘍を広範囲で切除したのち、人工関節に置換する」という術式を提案するが、陸上競技に復帰することは困難なため、四日市はその術式を拒否する……という展開だった。

第5話視聴率は15.9% 岩下志麻、5年ぶり2度目の出演

 女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第6シリーズ(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第5話が11月14日に放送され、平均視聴率は15.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 第5話では、岩下志麻さんが第3シリーズの第3話(2014年10月23日)以来、約5年ぶり2度目の出演を果たした。自宅で倒れた三原雅恵(岩下さん)が東帝大学病院へ救急搬送されてくる。雅恵は検査も治療も拒否するが、他病院から入手してきた半年前のCT画像から、ついにダンベル型神経鞘腫(しょうしゅ)だと判明。雅恵はかたくなに手術を拒否し続けるが、ここまで固い意志には、ある衝撃的な理由があり……という展開だった。

第6話視聴率は19.3% 大門未知子、博美と大ゲンカ

 女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第6シリーズ(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第6話が11月21日に放送され、平均視聴率は19.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 第6話は、1000億ともいわれる個人資産を保有する若き実業家の六角橋翔太(平岡祐太さん)が、7歳の皆月むつみ(宝辺花帆美ちゃん)の手術を、大門未知子に依頼する。当日、未知子は術中に術式を変更し、成功させるが、麻酔医の城之内博美(内田有紀さん)は未知子の独断を非難。2人の間には不穏な空気が流れる……という展開だった。

第7話視聴率は18.6% 海外セレブが未知子に「植毛」依頼

 女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第6シリーズ(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第7話が11月28日に放送され、平均視聴率は18.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 第7話は、世界的銀行家のセブン・ゴールドバーグ(アラン・ロワさん)と妻ナタリー(アナンダ・ジェイコブズさん)が、未知子に最先端の植毛を依頼しにやってくる。未知子から失礼な言葉を浴びせられ、激怒したセブンは帰ろうとするが、倒れ込んだ。胃がんと診断されたセブンは、未知子の執刀を拒否し、加地秀樹(勝村政信さん)が腹腔鏡下手術をすることに……という展開だった。

第8話視聴率は17.4% “怪演女優”松本まりかが“失敗しないプリンセス”でゲスト出演

 女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第6シリーズ(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第8話が12月5日に放送され、平均視聴率は17.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 第8話は、“怪演女優”として話題の松本まりかさんが、“失敗しないプリンセス”と呼ばれる外科医・中山麻里亜役でゲスト出演。東帝大学病院に入院した“次期総理大臣候補”といわれる八村正義(竹財輝之助さん)の治療方針を巡り、未知子と麻里亜が対立する……という展開だった。

第9話視聴率は18.2% 川谷絵音&宇崎竜童がゲスト出演

 女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第6シリーズ(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第9話が12月12日に放送され、平均視聴率は18.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 第9話は、ロックスター「勇チャン」こと九藤勇次(宇崎竜童さん)と、若きシンガー・ソングライターの新津多九也(川谷絵音さん)が東帝大学病院に入院する。派手でロックなことを好む九藤は記者会見を開くが、会見中に卒倒してしまう。会見の場で「年末までに全快させます」と蛭間重勝病院長(西田敏行さん)が宣言。その矢先、九藤が病室から姿を消してしまう……という展開だった。

最終回視聴率は19.3% シーズン2番目の好記録で有終の美 未知子が市村正親に禁断のオペ

連続ドラマ「テレビ朝日開局60周年記念 ドクターX~外科医・大門未知子~」に出演した米倉涼子さん
連続ドラマ「テレビ朝日開局60周年記念 ドクターX~外科医・大門未知子~」に出演した米倉涼子さん

 女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第6シリーズ(テレビ朝日系、木曜午後9時)の最終回が12月19日に拡大スペシャルで放送され、平均視聴率は19.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。初回の20.3%に次ぐ記録で有終の美を飾った。

 最終回は、東帝大学病院に幼き天才ピアニスト・吉行和十(城桧吏さん)が入院。ピアノを弾けなくなるかもしれない重病を、大門未知子(米倉さん)を執刀。しかし急な術式変更と和十の術後経過が芳しくないことで、原守(鈴木浩介さん)は未知子を責める。一方、先天性の心疾患に侵されていたニコラス丹下(市村正親さん)が拘置所で昏倒。未知子は手術を試みようとするが、蛭間病院長(西田敏行さん)はそれを認めず……という展開だった。