ドクターX 第6シーズン あらすじ

ドクターX 第6シーズンあらすじ

 女優の米倉涼子さん主演のドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)の第6シリーズが2019年10月から放送。2017年に放送された第5シリーズ以来、2年ぶりの新作となる。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子(米倉さん)を通して医療現場を描いた人気ドラマ。2012年に放送された第1シリーズは同年の民放連続ドラマ1位となる平均視聴率19.1%(関東地区 ビデオリサーチ調べ、以下同)をマークし、2013年放送の第2シリーズは平均視聴率23.0%を記録。2014年放送の第3シリーズは平均視聴率22.9%、2016年放送の第4シリーズは平均視聴率21.5%、2017年放送の第5シリーズでは平均視聴率20.9%を記録した。

 第6シリーズの舞台は、かつてないほどの大赤字に見舞われた「東帝大学病院」。令和を迎え、権威世代と次世代のバランス、コンピューターやAI(人工知能)との共存など多くの問題が時代の波となって押し寄せる中、「ハゲタカ」の異名を持つ投資家のニコラス・丹下が「東帝大学病院」の経営再建の再生プランを打ち出す。丹下のプランは“医療の合理化”を迫り、病院はリストラやコストカットという現実に直面。命のやりとりをする医療現場は、ビジネス最優先となり、ますます政治と権力争いの場へと変貌を遂げていく。丹下により、大門未知子が再び東帝大学病院に派遣される……というストーリー。

 ドラマには、内田有紀さん、遠藤憲一さん、勝村政信さん、鈴木浩介さん、岸部一徳さん、西田敏行さんらおなじみのメンバーも引き続き登場する。第6シリーズは2019年10月から毎週木曜午後9時から放送。

ドラマ「ドクターX 第6シーズン」のあらすじ

ドクターX 第6シーズンテレビ朝日系
2019年10月から毎週木曜午後9時から放送