スカム あらすじ

スカムあらすじ

 ドラマ「スカム」は、ルポライター鈴木大介さんが振り込め詐欺をする若者たちの実態を取材した「老人喰い」(ちくま新書)が原案。俳優の杉野遥亮さんが主演を務め、裏社会に身を落とすも、詐欺の才覚でのし上がっていく詐欺師の主人公・草野誠実を演じる。杉野さんが連続ドラマの主演を務めるのは、今回が初めて。

 ドラマは、社会的要因から振り込め詐欺に手を染めざるを得なかった若者たちのドラマを克明に描きながら、「世代間格差」という現代日本が抱える社会問題を突きつける社会派詐欺エンターテインメント。リーマンブラザーズの経営破綻により、日本でも多くの失業者が生まれ、若者の貧困率が高齢者のそれを大きく上回るなど「世代間格差」という言葉が取りざたされた2008年の東京近郊が舞台となる。映画「孤高の遠吠」「全員死刑」などの小林勇貴さんが監督を務める。

 杉野さんが演じる主人公・草野誠実は、順風満帆な勝ち組人生を歩んできたが、新卒切りにより無職となり、時を同じくして発覚した父親の難病治療のため、振り込め詐欺を始める。裏社会を舞台に等身大の若者から犯罪者へ身を落としていく役どころとなる。

ドラマ「スカム」のあらすじ

<ドラマ紹介>「スカム」 杉野遥亮主演の社会派エンタメ 振り込め詐欺に手を染める若者たち描く 第1話あらすじも

連続ドラマ「スカム」の第1話場面写真 (C)「スカム」製作委員会・MBS
連続ドラマ「スカム」の第1話場面写真 (C)「スカム」製作委員会・MBS

 俳優の杉野遥亮さんが主演を務める連続ドラマ「スカム」(TBS・MBSほか)が、6月30日深夜から順次、放送される。ドラマは、ルポライター鈴木大介さんが振り込め詐欺をする若者たちの実態を取材した「老人喰い」(ちくま新書)が原案で、杉野さんは裏社会に身を落とすも、詐欺の才覚でのし上がっていく詐欺師の主人公・草野誠実役で、今回が連続ドラマ初主演となる。

 ドラマは、リーマン・ブラザーズの経営破綻により多くの失業者が生まれ、若者の貧困率が高齢者のそれを大きく上回るなど、「世代間格差」という言葉が取りざたされた2008年の東京近郊が舞台。社会的要因から振り込め詐欺に手を染めざるを得なかった若者たちを描く社会派詐欺エンターテインメントで、映画「孤高の遠吠」「全員死刑」などの小林勇貴さんが監督を務める。

 女優の山本舞香さんが、誠実の幼なじみ・美咲役でヒロインを務めるほか、誠実の詐欺の相棒役で前野朋哉さん、誠実が振り込め詐欺の道に進むきっかけを作ってしまう悪友・祥太郎役で戸塚純貴さんも出演する。そのほか、誠実の上司で詐欺師になるための研修を行う鬼店長役で和田正人さん、誠実の母親役で西田尚美さん、誠実の詐欺グループに資金提供する金主役で杉本哲太さんらも出演する。

(C)「スカム」製作委員会・MBS
(C)「スカム」製作委員会・MBS
(C)「スカム」製作委員会・MBS
(C)「スカム」製作委員会・MBS


 第1話では、誠実がリーマンショックの影響で“新卒切り”に遭い、失業。学生ローンの支払いや大病を患った父の治療費に苦しめられた誠実が、幼なじみの美咲(山本さん)の忠告を無視して、親友の祥太郎(戸塚さん)から持ちかけられた怪しいバイト、振り込め詐欺の現金引き落とし役をすることになる。犯行当日、警察に追われた祥太郎を助けようとして事故を起こしてしまった誠実は、集金屋の山田(山中崇さん)に捕らえられ、振り込め詐欺の実行現場に送り込まれてしまう……という展開。

 MBSで6月30日から毎週日曜深夜0時50分(初回は深夜1時50分)、TBSで7月2日から毎週火曜深夜1時28分に放送。全9話。

第2話のあらすじ 杉野遥亮、振り込め詐欺の新人研修で才能発揮? 後の相棒・前野朋哉との出会いも

連続ドラマ「スカム」の第2話場面写真 (C)「スカム」製作委員会・MBS
連続ドラマ「スカム」の第2話場面写真 (C)「スカム」製作委員会・MBS

 俳優の杉野遥亮さん主演の連続ドラマ「スカム」(TBS・MBSほか)の第2話が7月7日深夜から順次放送される。リーマンショックの影響で新卒切りに遭い、失業した草野誠実(杉野さん)は、振り込め詐欺の新人研修に参加することになり、子持ちのダメ男、清宮(前野朋哉さん)と知り合う。

 誠実のほか、新人研修に参加した清宮らは、詐欺と知らずに応募してきた若者ばかりだった。誠実は、鬼コーチ・毒川(和田正人さん)のしごきで次々と脱落者が出る中、誠実は前職の営業で培ったスキルで一目おかれる。

 研修最終日、誠実ら5人は、社会科見学と称して、裕福な老後を送る老人たちとの格差の現場を見せ付けられる。ショックを受けた彼らの前に現れる番頭の神部(大谷亮平さん)は、老人を「日本のガン」と言い切り、老人を攻撃する悪の講義を始める……。

(C)「スカム」製作委員会・MBS
(C)「スカム」製作委員会・MBS
(C)「スカム」製作委員会・MBS
(C)「スカム」製作委員会・MBS

第3話のあらすじ 杉野遥亮、振り込め詐欺の仕事開始 軌道に乗るもピンチに

連続ドラマ「スカム」の第3話場面写真 (C)「スカム」製作委員会・MBS
連続ドラマ「スカム」の第3話場面写真 (C)「スカム」製作委員会・MBS

 俳優の杉野遥亮さん主演の連続ドラマ「スカム」(TBS・MBSほか)の第3話が7月14日深夜から順次放送される。失業して、振り込め詐欺の新人研修に参加した草野誠実(杉野さん)は、子持ちのダメ男・清宮(前野朋哉さん)らと、本格的に振り込め詐欺の仕事を始める。

 新人研修で、詐欺グループの番頭・神部(大谷亮平さん)に、老人への憎悪をあおられた誠実たち5人は、最初は失敗続きだったが、徐々に成功率もあがり、大金を稼ぐ腕前になる。父の病気の治療費やローンを払えるようになった誠実だが、母の幸子(西田尚美さん)や幼なじみの美咲(山本舞香さん)には真実を告げられず、胸の内は複雑だった。

 ある夜、職場の慰労パーティーで、悪友の祥太郎(戸塚純貴さん)の恋人・姫花(華村あすかさん)に偶然出会った誠実は、酔った勢いで姫花の部屋へ行ってしまう。そこで待ち伏せしていた祥太郎の先輩・山田(山中崇さん)に出くわし、詐欺の稼ぎを差し出すよう脅される……。

(C)「スカム」製作委員会・MBS
(C)「スカム」製作委員会・MBS
(C)「スカム」製作委員会・MBS
(C)「スカム」製作委員会・MBS

スカムMBS 2019年6月30日から毎週日曜深夜0時50分に放送
TBS 2019年7月2日から毎週火曜深夜1時28分に放送