セミオトコ あらすじ

セミオトコあらすじ

 ドラマ「セミオトコ」(テレビ朝日系)は、連続ドラマ「イグアナの娘」(同局系)、2017年に放送されたNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」などの脚本家・岡田惠和さんの完全オリジナルで、セミとアラサー女子の7日間限定のラブストーリーを描く。人気グループ「Hey! Say! JUMP」の山田涼介さんが主演を務め、人間に姿を変える美しきセミの王子様を演じる。山田さんが同局のドラマに出演するのは初めて。

 物語は、セミ(山田さん)が何年もの間、地中で羽化するときを待ち続け、ようやく迎えたその日、頭上から落下してきたアラサー女子・由香の下敷きになりそうになる。由香の機転により、“ぺしゃんこ”の難は逃れたものの、彼女の寂しそうな雰囲気が気になってしまい、「この人を笑顔にしてあげたい」と強く願うと、人間の姿に。セミは由香の前に人間として現れ、「恩返しに何でもしますから、7日間一緒にいましょう」と持ちかけ、7日間限定の生活がスタートする……という展開。

 山田さんが演じるセミは、好物がメープルシロップ。セミなので人間界の常識には疎く、高い頻度で浮世離れした言動を繰り出す。地上は憧れの世界のため、「なんて素晴らしい世界なんだ!」が口癖だ。

ドラマ「セミオトコ 」のあらすじ