奪い愛、夏 ニュース

倖田來未、2年間お蔵入りだった曲が「奪い愛、夏」第2話から挿入歌に

「奪い愛、夏」の挿入歌を歌う倖田來未さん
「奪い愛、夏」の挿入歌を歌う倖田來未さん

 歌手の倖田來未さんが歌う「好きで、好きで、好きで。」が、水野美紀さんの主演ドラマ「奪い愛、夏」(AbemaTV)の第2話(8月15日配信)から挿入歌となることが分かった。「2年ほどお蔵入りになっていた」という”蔵出し”の一度聴いたら忘れないサビが印象的な、いちずな思いをつづった楽曲だ。

 倖田さんは、「挿入歌に選んでいただき、ありがとうございます! 実はこの曲は、当時"今の時代"に合っていないのではないかと思い、2年ほどお蔵入りになっていました。ですが、メロディーもすごく良く倖田來未らしい曲だと思い、2年越しにリリースさせていただいた曲です! こうして何年たっても愛される楽曲になっていて、お蔵入りにせず、リリースして良かったです! まだ第2話ということで、この先どうなっていくのか気になりますね。私もチェックさせていただきます!」とコメントを寄せている。

<ドラマ紹介>「奪い愛、夏」 水野美紀主演で再び“狂愛ドラマ” 小池徹平&松本まりかも 第1話あらすじも

女優の水野美紀さんの主演ドラマ「奪い愛、夏」の第1話の1シーン=AbemaTV提供
女優の水野美紀さんの主演ドラマ「奪い愛、夏」の第1話の1シーン=AbemaTV提供

 女優の水野美紀さんの主演ドラマ「奪い愛、夏」が、8月8日からインターネットテレビ局「AbemaTV」でスタートする。2017年1月期にテレビ朝日系で放送され、ドロドロの愛憎劇が話題を集めたドラマ「奪い愛、冬」と同じく鈴木おさむさんが脚本が担当。「奪い愛、冬」を制作した同局のプロデュースチームも脚本作りに全面協力し、新たなオリジナルドラマとして配信される。

 「奪い愛、冬」は、倉科カナさんの主演作で、登場人物の「“奪い合う”恋愛=奪い愛」を描いた“過激”な恋愛ドラマ。「奪い愛、夏」は、「奪い愛、冬」よりも「狂気度200%アップ」しているといい、主演の水野さんと、鬼気迫る演技に定評がある小池徹平さん、松本まりかさんの豪華“怪演”陣が集結したほか、田中みな実さん、小手伸也さんらも出演する。

 マッチングサービス「ラブネクスト」で広報部に所属する桐山椿(小池さん)は、同じ部の空野杏(松本さん)と恋に落ちる。「会社では秘密」という杏の条件のもと、交際を始める2人。椿の実家は日本橋で和菓子屋を営んでいたが、父親が1億円の借金を抱え、店を手放さなくてはならない状況に陥ってしまう。

 そんなある夜、一人で夜道を歩いていた椿の元にラブネクスト社長の花園桜(水野さん)が現れ、いきなりキスをされる。桜は「私はビジネスだけじゃなくて、キスも一流よ」と言い放ち、「明日社長室に来なさい」と椿に命令する。翌日、社長室を訪れた椿を待っていたのは、桜からの驚くべき提案だった……という展開。「AbemaSPECIALチャンネル」で8月8日午後11時から配信。

AbemaTV提供
AbemaTV提供
AbemaTV提供
AbemaTV提供
AbemaTV提供
AbemaTV提供
AbemaTV提供
AbemaTV提供

田中みな実、狂愛”ドラマ「奪い愛、夏」に出演 小手伸也も

連続ドラマ「奪い愛、夏」に出演する田中みな実さん(左)
連続ドラマ「奪い愛、夏」に出演する田中みな実さん(左)

 フリーアナウンサーの田中みな実さんが、8月からインターネットテレビ局「AbemaTV」で配信される女優の水野美紀さん主演の連続ドラマ「奪い愛、夏」に出演することが7月11日、分かった。田中さんは、小池徹平さん演じる桐山椿や松本まりかさん演じる空野杏と同じ広報部に勤める広報部員・井川瞳を演じる。今年2~3月に放送された連続ドラマ「絶対正義」(東海テレビ・フジテレビ系)に続いて、連ドラ出演となった田中さんは、「『奪い愛、冬』を見ていたので、お話をいただき大変うれしく思いました。連続ドラマは2作目と、未熟な私ですが精いっぱい務めさせていただきます」とコメントしている。

 また、俳優の小手伸也さんが出演することも発表された。小手さんは、水野さん演じる女社長・花園桜からの“ご褒美”という名の異様な“ある行動”を楽しみにしている秘書の土筆肇役を担当する。脚本を読んだ感想について、小手さんは「どうかしてるなと(笑い)。……ただ僕の役回り的には、割とガッツリ“守備範囲”です。お任せください!」と話している。

 そのほか、桐山椿の父親役で菅原大吉さん、父親の友人役で大谷亮介さん、花園桜(水野さん)の叔母役で朝加真由美さん、ドキュメンタリー番組の司会役で箕輪厚介さんらが出演する。

「ここにいるよー!!!」 水野美紀主演で再び 小池徹平&松本まりかと“狂愛ドラマ” ドラマ「奪い愛、夏」8月配信

女優の水野美紀さんの主演ドラマ「奪い愛、夏」のキービジュアル
女優の水野美紀さんの主演ドラマ「奪い愛、夏」のキービジュアル

 女優の水野美紀さんが主演する連続ドラマ「奪い愛、夏」が8月からインターネットテレビ局「AbemaTV」で配信されることが7月4日、分かった。2017年1月期にテレビ朝日系で放送され、ドロドロの愛憎劇が話題を集めたドラマ「奪い愛、冬」と同様に鈴木おさむさんが脚本が担当。「奪い愛、冬」を制作した同局のプロデュースチームも脚本作りに全面協力し、まったく新しいオリジナルドラマとして配信される。小池徹平さん、松本まりかさんも出演する。

 「奪い愛、冬」は、倉科カナさんの主演作で、登場人物の「“奪い合う”恋愛=奪い愛」を描いた過激な恋愛ドラマ。夫・森山信(大谷亮平さん)が自分から離れていくのを食い止めようとする妻・森山蘭を演じた水野さんの“怪演”が話題となった。夫の浮気現場を押さえるため、クローゼットの中に潜み、倉科さん演じる池内光と夫の信がキスをすると、蘭が「ここにいるよー! 見てたよ~!」と言いながら飛び出す……といったシーンなどに大きな反響があった。

 今作は、前作よりも「狂気度200%アップ」といい、主演の水野さんと、鬼気迫る演技に定評がある小池さん、松本さんの“豪華怪演陣”が集結。AbemaTVだからこそ描ける、危険な愛のトライアングルに挑む。

 今回、水野さんは、年商100億円の40代向けのマッチングアプリ会社「ラブネクスト」の敏腕女性社長・花園桜を演じる。桜は、会社のイメージアップのため、条件がマッチした男性を探し、目的のためなら手段を選ばないという役どころ。

 桜から「1億円で私と結婚しなさい!!」と突然の提案を受けたラブネクスト社員の桐山椿(小池さん)。だが椿には、同じ広報部に勤める彼女・空野杏(松本さん)がいた。桜の執拗(しつよう)な監視の目をくぐり抜けながら彼女との逢瀬(おうせ)を重ねるも、その関係に気づいた桜が、とんでもない行動を取り始める……というストーリー。

 「奪い愛、夏」は、8月8日午後11時スタート。8週にわたって配信される。

 ◇鈴木おさむさんのコメント

 水野美紀さんの究極の怪演が戻ってきます! しかも地上波ではないので、ずっとトップスピード、真夏のLOVEホラーです! 毎回、お化け屋敷に入るつもりで見てください! そして「ここにいるよー!!!」も爆発します。本当に面白いです! 一夏の激しい興奮を!

奪い愛、夏インターネットテレビ局「AbemaTV」
2019年8月8日午後11時スタート。8週にわたって配信