仮面ライダーゼロワン キャスト

仮面ライダーゼロワンキャスト

仮面ライダーゼロワン/飛電或人:高橋文哉
仮面ライダーバルカン/不破諫:岡田龍太郎
仮面ライダーバルキリー/刃唯阿:井桁弘恵
イズ:鶴嶋乃愛

「滅亡迅雷.net」迅:中川大輔
「滅亡迅雷.net」滅:砂川脩弥

福添准:児嶋一哉

山本耕史
西岡徳馬

「仮面ライダーゼロワン」主演に初の21世紀生まれ! 高橋文哉「実感よりも緊張」とガチガチ

令和初の仮面ライダー「仮面ライダーゼロワン」の主演・高橋文哉さん
令和初の仮面ライダー「仮面ライダーゼロワン」の主演・高橋文哉さん

 特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの新作が「仮面ライダーゼロワン」に決まり、主人公の飛電或人(ひでん・あると)を高橋文哉さんが務めることが7月17日、分かった。同日、東京都内で行われた「新仮面ライダー制作発表記者会見」で明らかにされた。

 飛電或人(仮面ライダーゼロワン)を演じる高橋さんは2001年3月12日生まれ、埼玉県出身の18歳。2017年の「男子高生ミスターコン2017」でグランプリを受賞。2018年にバラエティー番組「得する人損する人」(日本テレビ系)の料理対決に出演し、イケメン料理男子として注目を集めると、インターネットテレビ局「AbemaTV」のオリジナル恋愛リアリティーショー「太陽とオオカミくんには騙(だま)されない」でも人気を博した。2019年1月から集英社のウェブメディア「よみタイ」上で料理連載「ぼくの毎日ごはん」を展開している。仮面ライダーの主演としては“初の21世紀生まれ”となる。

 この日の会見で、高橋さんは「最初の感情として驚きが一番大きくて、台本を渡されても実感なかったです。アクションをしたり、仮面ライダーという言葉を使うことによって、だんだん実感が湧いてきました」と喜びを語りながらも「ここ(会見)でもっと実感すると思っていたけど、それよりも緊張が……。心臓の音が聞こえるぐらい緊張しています」とガチガチな表情も見せていた。

 また変身ポーズも生披露し、「(自己採点は)150点です。気持ちよくやらせていただきました」と笑顔を見せた。

井桁弘恵、ゼクシィガールが女性仮面ライダーに シリーズ初の番組開始から登場

令和初の仮面ライダー「仮面ライダーゼロワン」の会見に登場した井桁弘恵さん
令和初の仮面ライダー「仮面ライダーゼロワン」の会見に登場した井桁弘恵さん

 結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)の11代目CMガールを務めたモデルで女優の井桁弘恵さんが特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの新作「仮面ライダーゼロワン」に出演することが7月17日、分かった。井桁さんは刃唯阿(やいば・ゆあ、仮面ライダーバルキリー)を演じる。番組開始から仮面ライダーに変身する女性キャラクターが登場するのは史上初という。同日、東京都内で行われた会見で、井桁さんは「女性らしく、かつ、カッコいい女性仮面ライダーになれるよう、気を引き締めて頑張りたいなと思います。素晴らしい機会をいただけてうれしいです」と喜んだ。

 また、「所作も銃さばきもカッコいい役。銃を実際撃つのも初めてで、難しいけど練習を重ねてもっときれいになれたらと思います」と意気込んでいた。

 仮面ライダーに変身することについては、「私が変身するんですかって聞き返すぐらいビックリしました」と振り返り、「唯阿、そしてバルキリーとしても世の方にかっこいいと思ってもらえるよう1年間頑張りたいと思います」と語っていた。

山本耕史が仮面ライダー初出演 新作「ゼロワン」でキーパーソンに 西岡徳馬も

特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」に出演が決まった山本耕史さん
特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」に出演が決まった山本耕史さん

 俳優の山本耕史さんが、特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの新作「仮面ライダーゼロワン」(テレビ朝日系)に出演することが8月25日、明らかになった。山本さんが「仮面ライダー」シリーズに出演するのはドラマ、映画を通じて今回が初めて。西岡徳馬さんと共に主人公に関係するキーパーソンを演じるといい、役柄は9月1日放送の第1話で発表される。

 山本さんは「『仮面ライダー』という長い歴史のある番組に参加できて、とてもうれしく思います。新時代の『仮面ライダー』、ぜひご期待ください!」とメッセージを送っている。西岡さんは「伝統ある『仮面ライダー』に出演することを、大変光栄に感じ、うれしく思ってます。何にも増して、孫にもいい顔ができました!」と喜びのコメントを寄せている。

「ゴーバスターズ」小宮有紗がゲスト出演 「キュウレンジャー」南圭介も

「仮面ライダーゼロワン」にゲスト出演する小宮有紗さん(左)と「特命戦隊ゴーバスターズ」出演時の写真
「仮面ライダーゼロワン」にゲスト出演する小宮有紗さん(左)と「特命戦隊ゴーバスターズ」出演時の写真

 特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」(テレビ朝日系、日曜午前9時)に、スーパー戦隊シリーズの第36作「特命戦隊ゴーバスターズ」(2012~13年)で宇佐見ヨーコ/イエローバスターを演じた小宮有紗さんがゲスト出演することが1月26日、明らかになった。結婚詐欺にあった女性・海老井千春役で、2月2日放送の第21話と同9日放送の第22話に登場する。

 ドラマは第21話「異議アリ!ソノ裁判」から、結婚詐欺事件を裁く法廷を舞台にした「裁判対決」がスタート。飛電インテリジェンスの弁護士ヒューマギア・弁護士ビンゴ役で、スーパー戦隊の第41作「宇宙戦隊キュウレンジャー」(2017~18年)で鳳ツルギ/ホウオウソルジャーを演じた南圭介さんが出演することも発表された。

 南さんが演じる弁護士ビンゴは、全ての法律と判例を記録し、瞬時に検索する能力を誇るヒューマギア。今回は相手のウソを高確率で発見するシステムを利用し、被告人の犯行を否認する供述を真実であると確信、無罪を勝ち取るため戦う。一方、小宮さん演じる千春は、被告人のプロポーズを快諾したものの、その後の彼からSNSで送られてきたメッセージに従い大金をだましとられた犯罪被害者。裁判では証拠となるSNSのメッセージを提出し、ビンゴを窮地に追い込む。

 小宮さんは「はじめましての方も、お久しぶりな方もいらっしゃると思います。今回『仮面ライダーゼロワン』にゲストで出演させていただきます。南さんも出演されるということで、とても懐かしい思いと共にすごく緊張したのですが、現場に行くと当時のスタッフさんもいらっしゃって、レギュラーキャストの皆さんも温かく迎え入れてくださったので、すっと現場に溶け込ませていただきました。特撮ヒーローには度々参加させていただいておりますが、初めて人間の役ということもあり、今までとは違う感覚も楽しみながら参加させていただいたので、放送を楽しみにしていただけたらうれしいです」とコメントを寄せている。

 南さんも「日曜日のヒーロータイムに戻ってこられたこと、初めての仮面ライダーシリーズに出演できたこと、本当にうれしく思います」と喜び、「撮影現場では、杉原(輝昭)監督はじめ、『キュウレンジャー』でお世話になったスタッフの方々もいらして、とても心強かったです」と明かす。

 さらに「『ゼロワン』のキャストのみんなとも撮影中は濃い時間を過ごせました。僕の好きな巨大仏の話も聞いてくれました(笑い)。みんなありがとう(笑い)。『ゼロワン』キャストの皆さんと出会えて、ビンゴという役に出会えて本当に感謝しています。皆様、ぜひ刮目(かつもく)お願いいたします!!」と語っている。

“ブルーバスター”馬場良馬がゲスト出演 小宮有紗と「ゴーバスターズ」以来7年ぶり共演

「仮面ライダーゼロワン」で約7年ぶりに共演を果たす馬場良馬さん(左)と小宮有紗さんの「特命戦隊ゴーバスターズ」時代の写真
「仮面ライダーゼロワン」で約7年ぶりに共演を果たす馬場良馬さん(左)と小宮有紗さんの「特命戦隊ゴーバスターズ」時代の写真

 特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」(テレビ朝日系、日曜午前9時)に、スーパー戦隊シリーズ第36作「特命戦隊ゴーバスターズ」(2012~13年)で岩崎リュウジ/ブルーバスターを演じた馬場良馬さんがゲスト出演することが2月9日、明らかになった。結婚相談ヒューマギア・縁結びマッチ役で、第23話(2月16日放送)と第24話(2月23日放送)に登場する。

 また「特命戦隊ゴーバスターズ」で宇佐見ヨーコ/イエローバスターを演じた小宮有紗さんも、第21話(2月2日放送)と第22話(2月9日放送)に続き、結婚詐欺被害にあった女性・海老井千春役で出演。結婚したい千春と、そんな千春のために用意された結婚相談ヒューマギア・縁結びマッチという関係で、馬場さんと小宮さんは「ゴーバスターズ」以来、約7年ぶりの共演を果たす。

 馬場さんは「令和初の仮面ライダー『ゼロワン』のカッコいい世界観に参加できたこと、とても光栄でした!」と心境を明かし、「この仕事は、人と人との縁が結びついてつながっていく仕事だと思うのですが、『特命戦隊ゴーバスターズ』からの縁が結び結ばれ、またこうして日曜朝のヒーロータイムに戻ってくることができたことが本当にうれしいです。何より今回は、共に地球を守った小宮有紗氏と一緒ということで、とても心強くもあり、それ以来の共演ということで、少しこそばゆい感じもありましたが(笑い)、僕たちだからこその『千春とマッチ』の関係性が生まれたのではないかなと思います。ぜひチェックしていただけたらうれしいです! ベストマッチ!!」と小宮さんとの再共演を振り返っている。

 一方、小宮さんは「第21、22話に引き続き、登場させていただけることになりとてもうれしいです!!」と声を弾ませ、「前話は『キュウレンジャー』の南圭介さんとご一緒させていただきましたが、第23、24話では『ゴーバスターズ』で1年間一緒にレギュラーを務めていた馬場さんと共演させていただきます! 『ゼロワン』が大好きな皆さんはもちろんですが、当時を知っている方にも楽しんで見ていただけると思いますのでお見逃しなく!!」とファンに呼びかけていた。

M・A・Oが「仮面ライダー」初出演 “友達型AI”アイちゃんの声優に

「仮面ライダーゼロワン」に声優として出演するM・A・Oさん
「仮面ライダーゼロワン」に声優として出演するM・A・Oさん

 特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」(テレビ朝日系、日曜午前9時)に声優としてM・A・Oさんが出演することが6月21日、分かった。M・A・Oさんが「仮面ライダー」シリーズに出演するのは初めてで、主人公の飛電或人(仮面ライダーゼロワン、高橋文哉さん)の新会社・飛電製作所が初めて生み出したオリジナル人工知能(AI)で、友達型AIのアイちゃんを演じる。アイちゃんは、6月28日放送の第36話から登場する。

 M・A・Oさんは、スーパー戦隊シリーズの「海賊戦隊ゴーカイジャー」(2011年2月~2012年2月)に女優・市道真央名義で出演しており、ゴーカイイエロー(ルカ・ミルフィ)を演じた。「宇宙戦隊キュウレンジャー」(2017年2月~2018年2月)ではワシピンク(ラプター283)、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(2019年3月~2020年3月)では騎士竜チビガルーの声優を務めた。

 M・A・Oさんは「『仮面ライダー』に出演させていただくのは初めてのことだったので、本当にうれしかったです!」と喜び、演じるアイちゃんについて「友達型AIということで、フランクでありながらも、冷静で相手に寄り添いすぎない距離感を意識しました。客観的に話を聞きながら、核心をついたことをズバッと言ってくれる友達のようなイメージで演じさせていただきました」と語った。

 「アイちゃんは、人の本音や素直な気持ちを引き出して、背中をそっと押してくれるような魅力的なキャラクターだと感じました。ぜひアイちゃんとの会話シーンにも注目していただけたらうれしいです」とアピールした。

 M・A・Oさんが演じるアイちゃんは、丸いフォルムのAIユニット。過去のことで思い悩む不破諫(仮面ライダーバルカン、岡田龍太郎さん)のために飛電或人が発想し、博士ヒューマギアの博士ボット(六角慎司さん)が友達型AIとして制作する。アイちゃんは、思い悩む不破諫から胸の内を聞き、アドバイスを送る。やがて、「仮面ライダーゼロワン」の世界に次々と“奇跡”を起こしていくことになる。

仮面ライダーゼロワンテレビ朝日系
2019年9月1日から毎週日曜午前9時に放送