モトカレマニア あらすじ

モトカレマニアあらすじ

 ドラマ「モトカレマニア」は、マンガ誌「Kiss」(講談社)で連載中の瀧波ユカリさんの同名マンガが原作。モデルで女優の新木優子さんと俳優の高良健吾さんがダブル主演を務める。フジテレビ系で2019年10月から木曜午後10時に放送。2人は初共演で、新木さんは、2016年、2018年に「FOD(フジテレビオンデマンド)」で配信された連続ドラマ「ラブラブエイリアン」シリーズで連ドラ初主演を果たしているが、地上波で連ドラの主演を務めるのは初めて。

 新木さんは、うまく恋愛ができない“イタカワ女子”の難波ユリカ、高良さんはユリカが初めて付き合った恋人・マコチこと斉藤真を演じる。27歳のユリカは、就職したのをきっかけに生まれたすれ違いが原因で、当時交際していたマコチと破局。その後、“クズ男”2人と付き合うことになったのが原因で「幸せだった過去の恋の時間に浸っていよう」と考え、“モトカレ”との幸せな日々を思い出して、妄想の日々を過ごすユリカが、再就職した不動産会社でマコチと再会を果たした日々を描くラブコメディー。

 プロデュースは「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系)シリーズ、「トレース~科捜研の男~」(同)などの草ヶ谷大輔さん、監督は「最後から二番目の恋」(同)、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(同)などの並木道子さん、脚本は「コウノドリ」(TBS系)シリーズなどの坪田文さんが担当する。

ドラマ「モトカレマニア」のあらすじ

<ドラマ紹介>「モトカレマニア」新木優子&高良健吾のラブコメ 浜野謙太、田中みな実、「ガンバレルーヤ」よしこも… 第1話あらすじ

連続ドラマ「モトカレマニア」第1話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「モトカレマニア」第1話のワンシーン(C)フジテレビ

 モデルで女優の新木優子さんと俳優の高良健吾さんがダブル主演を務める連続ドラマ「モトカレマニア」(フジテレビ系、木曜午後10時)が10月17日スタートする。マンガ誌「Kiss」(講談社)で連載中の瀧波ユカリさんの同名マンガが原作で、元彼のマコチこと斉藤真(高良さん)への思いを引きずる主人公・難波ユリカ(新木さん)の混乱と暴走、試行錯誤の日々を描くラブコメディー。元彼を引きずる女子、恋愛で誰しもが感じる“あるある”を織り交ぜた物語が展開される。

 マコチのことが忘れられないユリカは、毎朝SNSで名前を検索。マコチと妄想の会話を楽しんだり、初対面の男性に“モトカレスカウター”を起動させ、マコチとのかすかな共通点を見つけると恍惚(こうこつ)の表情を浮かべたりする27歳独身の“ぶっ飛び女子”……というキャラクター。

 ユリカに交際を提案する大手食品会社勤務の理系男子、山下章生は浜野謙太さん、“謎の女”でラジオパーソナリティーの来栖むぎは田中みな実さん、ユリカの大学時代からの親友でネイリストの周防ひろ美は「ガンバレルーヤ」のよしこさん、ユリカが再就職する不動産会社の社長・安藤一朗は小手伸也さん、同僚の白井忠文は「EXILE」「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の関口メンディーさんが演じる。趣里さん、山口紗弥加さんらも出演する。よしこさんは今作が連ドラ初出演となる。

 15分拡大で放送される第1話は、ユリカは、ささいなすれ違いで当時付き合っていたマコチと破局。その後、交際した男はクズで、その次に付き合ったのはもっとクズだった。うまく恋愛ができなくなってしまったユリカが出した答えは「幸せだった過去の恋の時間に浸る」ことで、マコチとの楽しい日々を思い出しながら妄想の日々を送っていた。

 失業中のユリカは、失業保険がもうすぐ切れる上、アパートの更新も近づき、チロリアン不動産の面接を受け、仮採用される。ユリカは、異動で北海道から上京してきた大手食品会社勤務の山下の担当になる。やがて、山下の趣味が食べ歩きで“グルメマニア”だと知ったユリカは、同じマニア気質を持つ者として彼にシンパシーを抱く。
 
 その矢先、ユリカは、大阪に出張していたというチロリアン不動産の社員と顔を合わせる。その社員はマコチだった……という展開。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

第2話のあらすじ 新木優子“ユリカ”、高良健吾“マコチ”、浜野謙太“山下”の三角関係に急展開 田中みな実、山口紗弥加も参戦?

連続ドラマ「モトカレマニア」第2話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「モトカレマニア」第2話のワンシーン(C)フジテレビ

 モデルで女優の新木優子さんと俳優の高良健吾さんがダブル主演を務める連続ドラマ「モトカレマニア」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第2話が10月24日、放送される。同話の副題は「選ばれる恋か選ぶ恋か…三角関係に急展開」だ。

 難波ユリカ(新木さん)は、再会したばかりの元彼のマコチこと斉藤真(高良さん)からマンションの購入を勧められ、ショックを受けていた。マコチからその話を聞いたチロリアン不動産の安藤一朗(小手伸也さん)らは、ユリカの気持ちを察し、マコチにとりあえず謝った方がいいと告げる。マコチはそのアドバイスに従いユリカに電話する。

 その頃ユリカは、山下章生(浜野謙太さん)と一緒にいて、山下が元カノの動向を追う“モトカノマニア”だと知る。山下の元カノは、部屋から見える看板広告のモデルにもなっている北海道在住のラジオパーソナリティー・来栖むぎ(田中みな実さん)だった。

 ユリカは、そんな山下に「自分も“モトカレマニア”だ」と告白。同じマニアとして大いに共感し合った2人は、脱“モトカレマニア”、脱“モトカノマニア”を目指し、頭文字をとって「脱MKM同盟」を結成する。時間をかけて友達以上恋人未満の交際をしていくことで、現実への復帰を果たすと目標を掲げる。

 そんな中、山下と同じ食品会社に勤務する加賀千鶴(趣里さん)が、山下に興味を抱いていた。北海道から栄転してきた山下の将来性と「魚の食べ方がきれい」というのが理由だった。一方、マコチと一緒に暮らしている恋愛小説家の丸の内さくら(山口紗弥加さん)は、マコチの言動から、彼が元カノと再会したことを知る……というストーリー。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

第3話のあらすじ 高良健吾“マコチ”が新木優子“ユリカ”をサポート キスシーン&お姫様抱っこも

連続ドラマ「モトカレマニア」第3話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「モトカレマニア」第3話のワンシーン(C)フジテレビ

 モデルで女優の新木優子さんと俳優の高良健吾さんがダブル主演を務める連続ドラマ「モトカレマニア」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第3話が10月31日に放送される。同話の副題は「誕生日のキスずっとあなたが好きでした」。予告映像には、マコチこと斉藤真(高良さん)が難波ユリカ(新木さん)をお姫様抱っこする姿や2人のキスシーンなどが収められている。

 ユリカは、元彼のマコチから、山下章生(浜野謙太さん)との「恋も仕事も全力で応援する」と言われ、ショックを受ける。そこで、再び“モトカレマニア”としてマコチとの思い出の中で生きる決意を固め、ショックから復活する。

 そして、仮採用期間終了まで残り3日。ユリカは、チラシを見て物件を買いたいという花澤健司(金井勇太さん)・美希(田中こなつさん)夫婦から連絡が入り、この契約が成立すれば正社員になれると張り切る。社長の安藤一朗(小手伸也さん)は、マコチにユリカをサポートするよう指示する。

 親友のひろ美(よしこさん)は、その話を聞いて心配するが、ユリカはかつてアルバイト先の焼き肉店でマコチと出会ったときのように「先輩・後輩という関係に立ち戻る」と宣言。一方、山下は、食べ歩きマニアが集う「食べログ会」に同僚の加賀千鶴(趣里さん)を連れていく。その帰り道、山下は千鶴から「好きになった」と、いきなり告白される。

 そして、ユリカは、マコチと一緒に花澤夫婦を内覧に連れて行く。美希は妊娠中で、物件を気に入った健司はすぐに申し込みを希望したが、他にも物件を申し込んでいるという。そこでマコチは、ユリカに「可能性があるのなら物件を磨いて良さを伝えよう」と提案するが……というストーリー。

第4話のあらすじ 新木優子“ユリカ”が高良健吾“マコチ”と決別 第1章完結

連続ドラマ「モトカレマニア」第4話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「モトカレマニア」第4話のワンシーン(C)フジテレビ

 モデルで女優の新木優子さん、俳優の高良健吾さんダブル主演の連続ドラマ「モトカレマニア」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第4話が11月7日に放送される。副題は「第一章完結! 女たちの反撃始まる…決別」。予告映像には、マコチこと斉藤真(高良さん)が「傷付けて、ごめん……」と語るのに対して、難波ユリカ(新木さん)が「こういうのもう終わりにしたい」と告げるシーンなどが収められている。

 ユリカは誕生日の夜、マコチからキスをされた。2人がキスしている所を偶然目撃したユリカの親友・ひろ美(よしこさん)は「キスはしたけど付き合うとは言っていない」と言って、その場から立ち去ったマコチのことを「誠実じゃない」と非難する。

 同じ頃、さくら(山口紗弥加さん)は、忘れられない元彼の駒込和真(淵上泰史さん)と再会。和真の左手には結婚指輪が光っていた。一方、山下(浜野謙太さん)は、「好きだ」と告白してきた同僚の千鶴(趣里さん)に「好きな人がいる」と告げる。しかし、千鶴は「私のことは絶対に好きになれないってことですか?」と問い返す。

 重い足取りでチロリアン不動産に出社したユリカは、担当物件の契約が成立したため正社員採用され、安藤(小手伸也さん)らから祝福を受ける。マコチは発熱で欠勤していた。その夜、ユリカは、偶然会った山下に、マコチに振られたこと、都内で山下の元彼女のむぎ(田中みな実さん)に会ったことを伝える……というストーリー。

第5話のあらすじ 新木優子“ユリカ”と山口紗弥加“さくら”が旅行へ 高良健吾“マコチ”は浜野謙太“山下”と同居?

連続ドラマ「モトカレマニア」第5話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「モトカレマニア」第5話のワンシーン(C)フジテレビ

 モデルで女優の新木優子さん、俳優の高良健吾さんダブル主演の連続ドラマ「モトカレマニア」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第5話が11月14日に放送される。副題は「立ち上がる女達!もう男に振り回されない」。

 ユリカ(新木さん)が、謝りに来たマコチ(高良さん)を突き放した。失意のマコチは、さくら(山口紗弥加さん)との同居を解消したばかりで、山下(浜野謙太さん)のマンションに身を寄せる。

 ユリカは、失恋の傷を癒やすために温泉旅行へ。ひろ美(よしこさん)とのスケジュールが合わず、さくらを誘う。ユリカらが訪れたのは、草木染めや陶芸などレクリエーションが豊富で、傷ついた女性が現世を忘れるのにぴったりの「自分探しの宿」。そこで、ユリカは、むぎ(田中みな実さん)と偶然再会するが、むぎは、ユリカが山下の知り合いだと知り、話すことすら拒否する。

 大浴場で再びむぎと一緒になったユリカは、むぎに、山下との関係を説明しながら、山下が今でもむぎに思いを寄せていることを伝えようとする。しかし、むぎは、自身がパーソナリティーを務めるラジオの公開収録の現場にやってきた山下が千鶴(趣里さん)とキスしていたことを話す。むぎが「せっかく忘れようとしていたのに……」と話すと、ユリカはむぎもモトカレマニアだと指摘する……というストーリー。

第6話のあらすじ “ユリカ”新木優子の“元彼”柿澤勇人が参戦 “マコチ”高良健吾がモトカノマニアに? 第2章開幕!

連続ドラマ「モトカレマニア」第6話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「モトカレマニア」第6話のワンシーン(C)フジテレビ

 モデルで女優の新木優子さん、俳優の高良健吾さんダブル主演の連続ドラマ「モトカレマニア」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第6話が11月21日に放送される。副題は「第二章開幕!ライバル現るも本当の敵は…」。

 マコチ(高良さん)は、ユリカ(新木さん)と話し合うため、アパートを訪ねたが、そこには、ユリカとユリカの元彼の源翔(柿澤勇人さん)が一緒にいた。「ユリカが大切な人だと気付いた」と言って連絡してきた翔は、自分が「マコチを忘れさせてやる」と、ユリカに宣言する。

 その後、マコチは山下(浜野謙太さん)に翔のことを報告。ユリカのことが気になり、SNSを何度もチェックしてしまうマコチは「このままではモトカノマニアになってしまう」とこぼすが、山下から「『好き』を全力で追いかけられる人しかマニアにはなれない」と言われる。そんな中、マンションを探す翔が、チロリアン不動産にやって来る……というストーリー。

 予告映像では、「第二章は最悪の幕開け」「恋敵の強奪宣言!」といったテロップと共に、マコチが翔の胸ぐらにつかみかかるシーンのほか、来栖むぎ(田中みな実さん)が山下に「やっぱり、許せないかも……」と語る姿などが収められている。

第7話のあらすじ “ユリカ”新木優子&“マコチ”高良健吾が復縁 新たな修羅場が…

連続ドラマ「モトカレマニア」第7話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「モトカレマニア」第7話のワンシーン(C)フジテレビ

 モデルで女優の新木優子さん、俳優の高良健吾さんダブル主演の連続ドラマ「モトカレマニア」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第7話が11月28日に放送される。副題は「楽しいホームパーティーが修羅場と化す…」。

 ユリカ(新木さん)は、マコチ(高良さん)から「好きだ」と告白され、復縁。朝、目を覚ますと隣には妄想ではないマコチが眠っていることに幸せを感じる。マコチは、チロリアン不動産の安藤一朗(小手伸也さん)たちにユリカとの交際を報告し、祝福を受ける。

 さくら(山口紗弥加さん)は、女性たちに幸せを与え、自身の幸せも追求する輝く女性に贈られる「ハッピーウーマン2019」に選ばれる。しかし、賞主催者が自身の小説「がんそば」を出している出版社だと知ったさくらは、複雑な心境。

 ある日、チロリアン不動産に、ユリカが旅先で知り合った草木染作家の蓮沼桃香(矢田亜希子さん)が前の夫と住んだ家を売るために訪ねてきた。マコチは、案件を抱えていたユリカに代わって担当を引き受ける。

 ユリカの提案で、さくらの「ハッピーウーマン2019」の受賞を祝うパーティーが開かれることに。知人も知らない人も集まってパーッと騒ぎたい、というさくらのリクエストを受け、山下章生(浜野謙太さん)や来栖むぎ(田中みな実さん)、チロリアン不動産のメンバーにも声をかけるユリカ。「BARネコ目」に来ていたむぎは、店にやってきた加賀千鶴(趣里さん)をパーティーに誘う……。

第8話のあらすじ “失敗しないプリンセス”登場! 未知子の手術を横取り、術式「古過ぎる」と意見も

連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第6シリーズ第8話の場面カット=テレビ朝日提供
連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第6シリーズ第8話の場面カット=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第6シリーズ(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第8話が12月5日に放送される。蛭間重勝病院長(西田敏行さん)の策略で副院長のニコラス丹下(市村正親さん)が東京地検特捜部に逮捕される。「東帝大学病院には粛清の嵐が吹き荒れる」といううわさに、丹下派だった潮一摩(ユースケ・サンタマリアさん)と浜地真理(清水ミチコさん)は戦々恐々。そんな中、東帝大学病院の外科医局に中山麻里亜(松本まりかさん)という女性医師が現れる。

 ボストンハーバード医科大学では“失敗しないプリンセス”と称された優秀な外科医である上に、“元ミス東帝大”の肩書きまで持つ麻里亜に、男性医師たちはすっかり骨抜き状態。大門未知子(米倉さん)は、執刀しようとしていた手術を麻里亜に横取りされ憤慨するが、麻里亜の手術の腕に早くも疑問を抱いていた。

 同じ頃、東帝大学病院に“次期総理大臣候補”と言われる八村正義(竹財輝之助さん)が入院してくる。虚血性心筋症を患う八村への治療方針は、心拍動下冠動脈バイパス術。AIも、心臓が動いた状態で血管のバイパスをつなぐ術式を提示するが、未知子は「そんな難しい術式はあんたたちには無理!」と異議を唱える。人工心肺を使った術式を提案する未知子に、麻里亜は「令和の時代に大門先生の術式は古過ぎる」と反対意見を……。

第8話のあらすじ “ユリカ”新木優子と“マコチ”高良健吾の恋が最終章へ 関口メンディー&山口紗弥加が急接近?

連続ドラマ「モトカレマニア」第8話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「モトカレマニア」第8話のワンシーン(C)フジテレビ

 モデルで女優の新木優子さん、俳優の高良健吾さんダブル主演の連続ドラマ「モトカレマニア」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第8話が12月5日に放送される。副題は「物語は最終章へ!究極の匂わせ女子現る」。

 マコチ(高良さん)は、ユリカ(新木さん)に「二人のこれからのことを真剣に考えよう」と言ったものの、自信を持てず不安を抱いていた。ユリカは将来を意識して、いきなり尽くすのは重いのではないかと感じながらも、このチャンスを逃せばマコチを失うと考え、一緒に暮らすための部屋を探し始める。

 同じ頃、丸の内さくら(山口紗弥加さん)は、パーティーで泥酔し、そのまま眠ってしまった白井忠文(関口メンディーさん)のために朝食を準備する。そんな、さくらに心をひかれた白井は、いきなり、デートを申し込む。

 マコチは、別れた夫と住んでいた家を売りたいという草木染作家の蓮沼桃香(矢田亜希子さん)を担当。大沢将(森田甘路さん)は、桃香が元々ユリカを指名していた経緯があるため、公私混同を避ける意味で、ユリカたちに2人の交際は伏せておくよう指示する。

 その矢先、ユリカは、さくらのマンションで、山下章生(浜野謙太さん)と別れたばかりの来栖むぎ(田中みな実さん)と会う。間もなく北海道に帰るというむぎは、「山下を好きだから自分の生き方で彼の人生を縛りたくない」と、笑顔を見せる。むぎはさくらに、さくらと和真(淵上泰史さん)の話を持ち出し、二人の関係は「恋ではなく、うまくいかなかった過去への執着に見える」と告げる。それを聞いたユリカは、不安を覚える……。

 予告映像では、「匂わせ女子の挑発」「本当の恋か、過去への執着か」「ジェラシーのない恋、つまんない」というテロップと共に、マコチと桃香が顔を近づける姿を、ユリカが目撃するシーンなどが収められている。

最終回のあらすじ “ユリカ”新木優子が“マコチ”高良健吾と距離を… 恋の結末は?

連続ドラマ「モトカレマニア」最終回のワンシーン (C)フジテレビ
連続ドラマ「モトカレマニア」最終回のワンシーン (C)フジテレビ

 モデルで女優の新木優子さん、俳優の高良健吾さんダブル主演の連続ドラマ「モトカレマニア」(フジテレビ系、木曜午後10時)の最終第9話「涙の最終回!最後の告白、未来への決意」が12月12日に放送される。

 ユリカ(新木さん)は、マコチ(高良さん)と桃香(矢田亜希子さん)の関係を疑い、マコチへの気持ちが分からなくなっていた。事情を知った山下(浜野謙太さん)は、ユリカに「マコチと向き合えないことを悩むのは、向き合おうと思っているから」と励ます。

 同じ頃、元彼の和真(淵上泰史さん)に「絶対幸せにするから待っていてほしい」と言われるさくら(山口紗弥加さん)は「一人で考えたい」と返答。その矢先、さくらは訪ねてきたユリカに「家族を捨てるような人は好きじゃないのに、揺れている自分が面倒くさい」と打ち明ける。

 ある日、桃香宅を訪れたマコチは、自分で染めた草木染めをユリカにサプライズでプレゼントする計画が失敗したと話す。桃香は、マコチの恋人がユリカだと気付き、誤解を解くため、ユリカの職場へ向かう。その後、ユリカは桃香と会ったことをマコチに伝える。マコチは「全部俺が悪い」と謝罪し、二人で暮らす部屋の契約に行こうと誘うが、ユリカは「一度距離を置きたい」と言い……。