モトカレマニア あらすじ

モトカレマニアあらすじ

 ドラマ「モトカレマニア」は、マンガ誌「Kiss」(講談社)で連載中の瀧波ユカリさんの同名マンガが原作。モデルで女優の新木優子さんと俳優の高良健吾さんがダブル主演を務める。フジテレビ系で2019年10月から木曜午後10時に放送。2人は初共演で、新木さんは、2016年、2018年に「FOD(フジテレビオンデマンド)」で配信された連続ドラマ「ラブラブエイリアン」シリーズで連ドラ初主演を果たしているが、地上波で連ドラの主演を務めるのは初めて。

 新木さんは、うまく恋愛ができない“イタカワ女子”の難波ユリカ、高良さんはユリカが初めて付き合った恋人・マコチこと斉藤真を演じる。27歳のユリカは、就職したのをきっかけに生まれたすれ違いが原因で、当時交際していたマコチと破局。その後、“クズ男”2人と付き合うことになったのが原因で「幸せだった過去の恋の時間に浸っていよう」と考え、“モトカレ”との幸せな日々を思い出して、妄想の日々を過ごすユリカが、再就職した不動産会社でマコチと再会を果たした日々を描くラブコメディー。

 プロデュースは「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系)シリーズ、「トレース~科捜研の男~」(同)などの草ヶ谷大輔さん、監督は「最後から二番目の恋」(同)、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(同)などの並木道子さん、脚本は「コウノドリ」(TBS系)シリーズなどの坪田文さんが担当する。

ドラマ「モトカレマニア」のあらすじ

<ドラマ紹介>「モトカレマニア」新木優子&高良健吾のラブコメ 浜野謙太、田中みな実、「ガンバレルーヤ」よしこも… 第1話あらすじ

連続ドラマ「モトカレマニア」第1話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「モトカレマニア」第1話のワンシーン(C)フジテレビ

 モデルで女優の新木優子さんと俳優の高良健吾さんがダブル主演を務める連続ドラマ「モトカレマニア」(フジテレビ系、木曜午後10時)が10月17日スタートする。マンガ誌「Kiss」(講談社)で連載中の瀧波ユカリさんの同名マンガが原作で、元彼のマコチこと斉藤真(高良さん)への思いを引きずる主人公・難波ユリカ(新木さん)の混乱と暴走、試行錯誤の日々を描くラブコメディー。元彼を引きずる女子、恋愛で誰しもが感じる“あるある”を織り交ぜた物語が展開される。

 マコチのことが忘れられないユリカは、毎朝SNSで名前を検索。マコチと妄想の会話を楽しんだり、初対面の男性に“モトカレスカウター”を起動させ、マコチとのかすかな共通点を見つけると恍惚(こうこつ)の表情を浮かべたりする27歳独身の“ぶっ飛び女子”……というキャラクター。

 ユリカに交際を提案する大手食品会社勤務の理系男子、山下章生は浜野謙太さん、“謎の女”でラジオパーソナリティーの来栖むぎは田中みな実さん、ユリカの大学時代からの親友でネイリストの周防ひろ美は「ガンバレルーヤ」のよしこさん、ユリカが再就職する不動産会社の社長・安藤一朗は小手伸也さん、同僚の白井忠文は「EXILE」「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の関口メンディーさんが演じる。趣里さん、山口紗弥加さんらも出演する。よしこさんは今作が連ドラ初出演となる。

 15分拡大で放送される第1話は、ユリカは、ささいなすれ違いで当時付き合っていたマコチと破局。その後、交際した男はクズで、その次に付き合ったのはもっとクズだった。うまく恋愛ができなくなってしまったユリカが出した答えは「幸せだった過去の恋の時間に浸る」ことで、マコチとの楽しい日々を思い出しながら妄想の日々を送っていた。

 失業中のユリカは、失業保険がもうすぐ切れる上、アパートの更新も近づき、チロリアン不動産の面接を受け、仮採用される。ユリカは、異動で北海道から上京してきた大手食品会社勤務の山下の担当になる。やがて、山下の趣味が食べ歩きで“グルメマニア”だと知ったユリカは、同じマニア気質を持つ者として彼にシンパシーを抱く。
 
 その矢先、ユリカは、大阪に出張していたというチロリアン不動産の社員と顔を合わせる。その社員はマコチだった……という展開。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ