サ道 あらすじ

サ道あらすじ

 ドラマ「サ道」は、サウナをテーマにしたタナカカツキさんのマンガ「マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~」がテレビ東京で連続ドラマ化。お笑いトリオ「ネプチューン」の原田泰造さんが主演を務め、俳優の磯村勇斗さん、三宅弘城さんも出演する。キャスト、スタッフ共にサウナ好きが集結したという。

 「マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~」は、マンガ誌「モーニング」(講談社)でタナカカツキさんが連載しているマンガ。「バカドリル」「コップのフチ子」などで知られ、サウナ大使にも任命された“プロサウナー”のタナカカツキさんが、自身をモデルとし、実体験を基にサウナの奥深さや入り方、マナーなどを描いている。「サウナの道=サ道」を究めていく過程や、そこで出会う個性的な人々との出来事をウイットに富む表現で描いた“サウナ伝道マンガ”だ。

 ドラマでは、原田さんが伝説のサウナーの後を追って全国を旅する主人公のナカタアツロウを演じ、磯村さんがコンサル会社を経営する若手のサウナーのイケメン蒸し男役、三宅さんが「偶然、偶然!」が口癖の中年サラリーマンのサウナー、偶然さん役で出演する。この3人のレギュラーキャストに加え、宅麻伸さんがナカタがその後を追う伝説のサウナー、蒸しZを演じる。

ドラマ「サ道」のあらすじ

<ドラマ紹介>「サ道」 原田泰造、磯村勇斗、三宅弘城が“サウナー”に 小宮有紗も 第1話あらすじも

原田泰造さんが主演を務める連続ドラマ「サ道」の第1話の1シーン(C)「サ道」製作委員会
原田泰造さんが主演を務める連続ドラマ「サ道」の第1話の1シーン(C)「サ道」製作委員会

 お笑いトリオ「ネプチューン」の原田泰造さんが主演を務め、俳優の磯村勇斗さん、三宅弘城さんも出演する連続ドラマ「サ道」(テレビ東京系・金曜深夜0時52分)が、7月19日深夜にスタートする。サウナをテーマにしたタナカカツキさんのマンガ「マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~」を連続ドラマ化するもので、アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の声優陣によるユニット「Aqours(アクア)」や女優として活躍する小宮有紗さんも出演する。

 「マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~」は、マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載されているマンガ。「バカドリル」「コップのフチ子」などで知られ、サウナ大使にも任命された“プロサウナー”のタナカカツキさんが、自身をモデルとし、実体験を基にサウナの奥深さや入り方、マナーなどを描いている。「サウナの道=サ道」を究めていく過程や、そこで出会う個性的な人々との出来事をウイットに富む表現で描いた“サウナ伝道マンガ”だ。

 ドラマでは、原田さんが伝説のサウナーの後を追って全国を旅する主人公のナカタアツロウを演じ、磯村さんがコンサル会社を経営する若手のサウナーのイケメン蒸し男(むしお)役、三宅さんが「偶然、偶然!」が口癖の中年サラリーマンのサウナー、偶然さん役で出演する。この3人のレギュラーキャストに加え、宅麻伸さんがナカタがその後を追う伝説のサウナー、蒸しZを演じる。小宮さんは平日は都内で働く女性会社員で週末はサウナに通う“サウナガール“のミズキを演じる。

 第1話は「上野の空の下でととのう」。ナカタアツロウはサウナに興味がなく、むしろ苦手意識を持っていたが、 ある日謎の男・蒸しZに出会い、サウナの本当の気持ち良さを知ってしまう。 偶然さんやイケメン蒸し男など、個性的なサウナ仲間とサウナのある日常を楽しむ一方、蒸しZの姿を追い全国の理想のサウナ施設を探訪。「サウナ」とは? 「ととのう」とは? その解を求め、今日もまた、サウナ旅を続け……というストーリー。

(C)「サ道」製作委員会
(C)「サ道」製作委員会
(C)「サ道」製作委員会
(C)「サ道」製作委員会
(C)「サ道」製作委員会
(C)「サ道」製作委員会
(C)「サ道」製作委員会
(C)「サ道」製作委員会
(C)「サ道」製作委員会
(C)「サ道」製作委員会
(C)「サ道」製作委員会
(C)「サ道」製作委員会