4分間のマリーゴールド ニュース

福士蒼汰、菜々緒、桐谷健太、横浜流星“花巻家”撮了 ハグ交わし喜び分かち合う

「4分間のマリーゴールド」でクランクアップを迎えた(左から)横浜流星さん、福士蒼汰さん、菜々緒さん、桐谷健太さん(C)TBS
「4分間のマリーゴールド」でクランクアップを迎えた(左から)横浜流星さん、福士蒼汰さん、菜々緒さん、桐谷健太さん(C)TBS

 俳優の福士蒼汰さん主演の連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(TBS系、金曜午後10時)がこのほど、オールアップを迎えた。手を合わせた人の「死の運命」が見えてしまう特殊な能力を持つ救急救命士の花巻みことを演じた福士さんは「今回ほど悩み、葛藤した作品はありませんでした」と苦労を語りつつ、「みことと同じように悩んできたことで、自分も少し成長できたのかなと思います。それは何より花巻家の家族の存在が一番大きかった」とあいさつした。

 福士さんの最後の撮影は、廉役の桐谷健太さん、藍役の横浜流星さんと一緒のシーンだった。桐谷さんは「すごくいい空気の中でお芝居をすることができました」といい、「たまにふざけ過ぎて、“引き戻さないと”というときもありましたけど(笑い)、それも含めていい経験になりました」とコメント。

 花巻家の末っ子で“料理担当”の藍を演じた横浜さんは「皆さんのお陰で毎日が楽しく、自分をさらけ出すことができました」と話し、「おいしいごはんが食べたいときは、いつでも僕を呼んでください(笑い)」とちゃめっ気たっぷりにあいさつした。

 撮影のラストはヒロイン・沙羅役の菜々緒さん。先にクランクアップした福士さん、横浜さん、桐谷さんも撮影現場に残って、菜々緒さんの撮影を見守ったという。無事にクランクアップした菜々緒さんは「とても温かくて居心地のい
い現場でした。花巻家の兄弟に支えられて、本当に楽しい3カ月間でした」と振り返っている。花巻家のメンバーを演じた福士さん、横浜さん、桐谷さん、菜々緒さんの4人は、最後にそれぞれハグを交わし、完走した喜びを分かち合っていたという。

(C)TBS
(C)TBS

“料理男子”横浜流星の「藍ごはん」 第9話は肉じゃが 男だらけの朝食シーンも

連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」第9話の場面写真=TBS提供
連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」第9話の場面写真=TBS提供

 TBS系で放送中の連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(毎週金曜午後10時)。「死の運命」が見える能力を持つ主人公の花巻みこと(福士蒼汰さん)と、命の期限が迫った義姉、沙羅(菜々緒さん)の禁断の恋を描く切ない物語の中で、みことの義弟で“料理男子”の藍(横浜流星さん)の存在と、藍が作る料理が「癒やし」「藍ごはんが食べたい」「私にも作ってほしい」と話題だ。12月6日放送の第9話に登場する「藍ごはん」を紹介する。

 第8話(11月29日放送)では、海外を飛び回っているカメラマンの母・理津(麻生祐未さん)が突然帰国し、藍は理津のために焼き魚や炊き込みご飯、茶わん蒸しなど和食メニューを振舞った。また、藍が理津の作った塩むすびを食べるシーンも登場し、SNSでは「藍くんのもぐもぐ可愛い」「ご飯粒付けておいしそう」「なんなのこの子、可愛すぎ」と絶賛の声が集まった。

 第9話では、再び海外に旅立った理津と入れ替わりで、みことの義兄・廉(桐谷健太さん)の親友で、幼なじみの“広ちゃん”こと青葉広洋(佐藤隆太さん)が帰国する。ある日の朝食シーンでは、みこと、廉、藍、広洋と男性陣のみの食卓に、焼き魚や肉じゃが、豆の煮ものなど、藍お得意の素朴な和食が並ぶ。「肉じゃががどんどんおいしくなってる」と廉に褒められ、藍は「ありがとう」と満面の笑みを見せるという。撮影では、藍の決めぜりふとなっている「おかわりあるから」を、広ちゃんが先に言ってしまうというハプニングもあったとか。男だらけの朝食シーンも注目だ。

TBS提供
TBS提供

“料理男子”横浜流星の「藍ごはん」 第8話は海外帰りの母へ炊き込みご飯&焼き魚…

連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」第8話の場面写真=TBS提供
連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」第8話の場面写真=TBS提供

 TBS系で放送中の連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(毎週金曜午後10時)。「死の運命」が見える能力を持つ主人公の花巻みこと(福士蒼汰さん)と、命の期限が迫った義姉、沙羅(菜々緒さん)の禁断の恋を描く切ない物語の中で、みことの義弟で“料理男子”の藍(横浜流星さん)の存在と、藍が作る料理が「癒やし」「藍ごはんが食べたい」「私にも作ってほしい」と話題だ。11月29日放送の第8話に登場する「藍ごはん」を紹介する。

 第7話(11月22日放送)では、みことと沙羅の婚約パーティーで、家族や招待客にごちそうを振る舞った藍。パエリアやスペアリブ、キッシュなど、これまでにはない品数で、SNSでは「藍くんの手料理祭」「高校3年生でこれだけ料理できる藍くんすごすぎる」「料理がプロ級の腕前でうらやましい」と、驚きと称賛の声があふれた。また、二日酔いの兄・廉(桐谷健太さん)に、おかゆとともに自分の思いを伝えるシーンでは「今日の『おかわりあるから』は心にしみる」、廉の号泣につられて「今までで一番泣いた」ともらい泣きする声もあった。

 第8話では、海外を飛び回っているカメラマンの母・理津(麻生祐未さん)が突然帰国。藍は、久しぶりの日本となる理津のために、焼き魚や炊き込みご飯、茶わん蒸しなど和食メニューを作り、理津は「帰ってくるたびにおいしくなる」と太鼓判を押す。また、今回は、藍が理津の作った塩むすびを食べるシーンも登場。のりもないシンプルな塩だけのおにぎりで“おふくろの味”を感じ、「なんかおいしい」と頬張る姿にも注目だ。

横浜流星「一番好きなことをあきらめたくない」“料理男子”藍が進路問題で奮闘 第7話の見どころは…

連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」第7話の場面写真=TBS提供
連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」第7話の場面写真=TBS提供

 俳優の福士蒼汰さん主演の連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(TBS系、金曜午後10時)の第7話が11月22日に放送される。「死の運命」が見える能力を持つみこと(福士さん)のプロポーズを、義姉の沙羅(菜々緒さん)が受け入れ、花巻家では2人の婚約パーティーが開かれる。一方で、自身の進路について悩む、義弟で“料理男子”の藍(横浜流星さん)にスポットが当たる回となる。

 第6話(15日放送)で、沙羅のために、同級生の琴(鈴木ゆうかさん)との受験勉強の約束を忘れるほど、薬膳料理の研究に没頭した藍。驚く沙羅に「結構、研究したんだ」「おかわりあるから」と言う藍の姿に、SNSでは「自分の将来そっちのけで研究したんだね」「藍絶対料理人になった方がいい」という応援の声。「参考書を開け!」と、勉強を促す兄・廉(桐谷健太さん)にA判定が並ぶ模試結果を見せるシーンでは「ドヤ顔www」「この男…やりよる」「新事実! 藍くん、賢かった」と驚きの声が上がっていた。

 藍にスポットが当たる第7話では、高校中退で苦労した経験から、成績優秀な藍には大学へ進学してほしいと思っている廉の思いを受けて、大学進学を目指していた藍だが、同級生の遠藤琴(鈴木ゆうかさん)から「調理の学校、あきらめるんだ?」「結構大事な話だと思うんだけど」と言われ、やはり料理の道に進みたいという思いが加速する。廉との思いのすれ違いから、これまでにない兄弟げんかへと発展する……という展開。

 予告映像では「俺が今までやってきたことが全部むだだって言いたいのか?」とつかみかかる廉、「これから先、自分の一番好きなことをあきらめたくない」と意志を固める藍、それぞれの思いが爆発するシーンが公開されている。

“料理男子”横浜流星の「藍ごはん」 第7話はパーティー料理 花巻家幸せのひとときを演出

連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」第7話の場面写真=TBS提供
連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」第7話の場面写真=TBS提供

 TBS系で放送中の連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(毎週金曜午後10時)。「死の運命」が見える能力を持つ主人公の花巻みこと(福士蒼汰さん)と、命の期限が迫った義姉、沙羅(菜々緒さん)の禁断の恋を描く切ない物語の中で、みことの義弟で“料理男子”の藍(横浜流星さん)の存在と、藍が作る料理が「癒やし」「藍ごはんが食べたい」「私にも作ってほしい」と話題だ。11月22日放送の第7話に登場する「藍ごはん」を紹介する。

 第6話(11月15日放送)では、受験勉強そっちのけで沙羅のために薬膳料理の研究に没頭。試行錯誤の末、沙羅が驚くほどおいしい薬膳料理を完成させ、SNSでは「あっという間に腕を上げる藍ちゃん」「なんてできた弟だ」と驚きの声が上がった。「藍、ありがとう」という沙羅の言葉に、「おかわりあるから」と藍が返すやりとりには「ドヤ顔www」「褒められてうれしそう。可愛い」と盛り上がっていた。

 第7話は、みことのプロポーズを沙羅が受け入れ、花巻家で2人の婚約パーティーを開催。藍お手製のごちそうがテーブルに並ぶ。家庭的な和食が得意な藍だが、今回は、パエリアやスペアリブ、キッシュや生ハムサラダ……と華やかなメニューがズラリ。みことの同僚の上田(伊藤あさひさん)ら消防署のメンバー、兄・廉(桐谷健太さん)の同僚・原田(橋本じゅんさん)らも藍ごはんを楽しむ。

 撮影中、みんながつまむカナッペ作りに真剣に取り組んでいたという横浜さんは、第7話で登場するパーティー料理を「ぜひ注目してほしいです」とコメントしている。

TBS提供
TBS提供
TBS提供
TBS提供

伊藤あさひ 先輩・福士蒼汰との“特撮ヒーロー”共演も話題 「4マリ」第6話で救命士の苦悩を熱演

連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」第6話の場面写真=TBS提供
連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」第6話の場面写真=TBS提供

 俳優の福士蒼汰さん主演の連続ドラマ「4分間のマリーゴールド(4マリ)」(TBS系、金曜午後10時)の第6話が11月15日に放送される。「死の運命」が見える能力を持つみこと(福士さん)が、義姉の沙羅(菜々緒さん)が28歳の誕生日に死ぬ運命にあることを家族に打ち明け、運命の日まで9カ月を切った“第2章”がスタート。救急救命士になって1年目で悩む、みことの後輩・上田(伊藤あさひさん)にもスポットが当たる回となる。

 上田を演じる伊藤さんは、特撮ドラマ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」で夜野魁利(ルパンレッド)を演じて話題となった。今作では、現場の厳しさを目の当たりにする新人救命士を繊細に演じている。

 SNSでは、伊藤さんと同じく「仮面ライダーフォーゼ」で仮面ライダーフォーゼ/如月弦太朗役を演じていた福士さんとの共演に、第1話から「フォーゼとルパンレッドが一緒の画面に!」「ヒーローの先輩・後輩だ!」と、歓喜の声が集まっていた。さらに、公式ツイッターでは「烈車戦隊トッキュウジャー」でトッキュウ4号/ヒカリ役を演じた横浜流星さん(今作でみことの義弟・藍役)も加わって“ヒーロー”共演3ショットが公開され、ファンを喜ばせた。

 第6話は、みことが沙羅にプロポーズする急展開が描かれる一方、上田に関する物語も描かれる。まだ仕事についていくのが精いっぱいの上田は、救命現場での重篤な事案が続き、心身ともに疲弊していた。救急隊から内勤への異動を願い出るべきか考えていた矢先、小さい男の子が倒れた現場に出動し、さらなる不安に打ちのめされてしまう。救命士としての自信を失いかけた上田に、先輩のみことは、自分が新人だった頃の話をする……という展開。実際に所属事務所でも先輩と後輩の間柄となる福士さんと伊藤さんが、どのように演技を見せるのかも注目だ。

“料理男子”横浜流星の「藍ごはん」 第6話は薬膳料理 “沙羅”菜々緒のために必死に研究

連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」第6話の場面写真=TBS提供
連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」第6話の場面写真=TBS提供

 TBS系で放送中の連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(毎週金曜午後10時)。主人公みこと(福士蒼汰さん)と、命の期限が迫った義姉、沙羅(菜々緒さん)の禁断の恋を描く切ない物語の中で、みことの義弟で“料理男子”の藍(横浜流星さん)の存在と、藍が作る料理が「癒やし」「私も作ってほしい」「藍ごはんが食べたい」と話題だ。11月15日放送の第6話に登場する「藍ごはん」を紹介する。

 第5話(11月8日放送)では、それまで「料理しない」宣言をしていた藍が、久しぶりに朝ご飯を作るシーンが放送され、SNSでは「藍ごはん復活」と、安堵(あんど)の声が集まった。さらに藍の「おかわりあるから」というせりふには「破壊力、すご」「最高じゃね?」と悶絶(もんぜつ)するファンの声があふれた。

 第6話は、「死の運命」が見える能力を持つみことが、沙羅が28歳の誕生日に死ぬ運命にあることを家族に打ち明け、運命の日まで9カ月を切ったドラマ第2章がスタート。沙羅の運命を変えるため、みことと同様に藍も沙羅のために、料理で沙羅の健康を守ろうと奮闘。レシピ本などを読み、必死で研究して作った薬膳メニューが、花巻家の食卓に並ぶ。ドラマの公式SNSでは、4人が撮影後も藍ごはんを食べ続けるオフショット動画も公開されている。

TBS提供
TBS提供
TBS提供
TBS提供
TBS提供
TBS提供
TBS提供
TBS提供

“料理男子”横浜流星の「藍ごはん」が人気 第5話はハンバーグ

連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」第5話の場面写真=TBS提供
連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」第5話の場面写真=TBS提供

 TBS系で放送中の連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(毎週金曜午後10時)。主人公・みこと(福士蒼汰さん)と、命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅(菜々緒さん)の禁断の恋を描く切ない物語の中で、みことの義弟で“料理男子”の藍(横浜流星さん)の存在と、藍が作る料理が「癒やし」「私も作ってほしい」「藍ごはんが食べたい」と話題だ。11月8日放送の第5話で登場する「藍ごはん」を紹介する。

 藍の料理は、レンコンのきんぴらやサバみそ、ギョーザやあんみつなど、家庭的で親しみやすいラインアップ。SNSでは「藍くんのギョーザもあんみつも食べたい」「全国からサバが消えます。みんなみそ煮にします」「素っ気なく『おかわりあるから』って言われたい」と話題となっている。

 第4話(11月1日放送)では、藍が「ご飯を作らない」と宣言し、パンしかない花巻家の朝食風景もあったが、第5話ではハンバーグを作るシーンが登場。みことにまだ不機嫌な顔を見せている藍だが、キッチンに立って家族のハンバーグを黙々と手ごねする場面写真が公開されている。今作で初めて料理に挑戦したという、横浜さんの料理の上達ぶりにも注目だ。

夢の“ヒーロー”共演? 福士蒼汰、横浜流星、伊藤あさひがそろって決めポーズ!

ヒーローの決めポーズを披露する、連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」出演の(左から)伊藤あさひさん、福士蒼汰さん、横浜流星さん=TBS提供
ヒーローの決めポーズを披露する、連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」出演の(左から)伊藤あさひさん、福士蒼汰さん、横浜流星さん=TBS提供

 TBS系で放送中の連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(金曜午後10時)に出演している福士蒼汰さん、横浜流星さん、伊藤あさひさんの3ショットが11月7日、ドラマの公式ツイッターで公開された。

 福士さんは特撮ドラマ「仮面ライダーフォーゼ」で仮面ライダーフォーゼ/如月弦太朗役、横浜さんは「烈車戦隊トッキュウジャー」でトッキュウ4号/ヒカリ役、伊藤さんは「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」で、ルパンレッド/夜野魁利役をそれぞれ演じていた元特撮ヒーロー。写真では、3人がそれぞれ演じたヒーローをイメージしたポーズを披露している。

 また、これまで劇中でみこと(福士さん)の後輩の救命士・上田祐樹(伊藤さん)と、みことの義弟・藍(横浜さん)の共演シーンはなく、貴重な3ショットとなっている。

横浜流星 “料理男子”藍がまさかの「料理しない」宣言?! 「4分間のマリーゴールド」第4話見どころ

連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」第4話の場面写真=TBS提供
連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」第4話の場面写真=TBS提供

 俳優の福士蒼汰さん主演の連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(TBS系、金曜午後10時)の第4話が11月1日、放送される。「ずっと好きだった」とお互いの気持ちを確かめ合った花巻みこと(福士さん)と義姉の沙羅(菜々緒さん)の秘密の恋が、義兄の廉(桐谷健太さん)に気づかれてしまう……という花巻家崩壊の危機が描かれる。さらに、何も知らない“料理男子”の藍(横浜流星さん)が「料理しない」宣言をするという、波乱の回となる。

 第3話ラストでの沙羅の告白に、SNSでは「みことー! 沙羅ー!! 来たー!! ドキドキしたーー!」「めちゃくちゃキュンキュンしたよ」「沙羅の方から告白するとは……!!」など、祝福と驚きの声があふれる中、「兄ちゃん、反対するのかな」「家族の関係崩れないでほしい」と花巻家の今後を心配する声も上がっていた。第4話の予告映像では、廉がみことに「俺はおまえの家族をやめる」と宣言しているシーンが収められている。

 一方、急展開のストーリーの中で、料理で癒やしの時間を作ってきた藍。SNSでも「藍くんが癒やし」「そっけなく『おかわりあるから』って言われたい」「とりあえず藍ごはんが食べたい」と人気を集めていたが、第4話では、兄や姉の不穏な空気を感じ取り、自分だけ何も知らされないことに不満を募らせた藍が「ちゃんと分かるまでご飯を作らない」と宣言し、花巻家の食卓にも危機が訪れる。パンだけしかない花巻家の朝食、廉も料理をせざるを得ない状況で、藍が末っ子らしくすねている表情にも注目だ。

横浜流星がノリノリでドラキュラに! 福士蒼汰、菜々緒も 花巻家のハロウィーンショット公開

ハロウィーンの仮装をする連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」の出演者=TBS提供
ハロウィーンの仮装をする連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」の出演者=TBS提供

 TBS系で放送中の連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(金曜午後10時)に出演している福士蒼汰さん、菜々緒さん、横浜流星さんら花巻家の面々がハロウィーン仮装を楽しむ様子を写したカットが10月31日、ドラマの公式ツイッターで公開された。

 写真には、花巻みこと役の福士さん、義姉・沙羅役の菜々緒さん、義兄・廉役の桐谷健太さん、義弟・藍役の横浜さん、さらに幼少期のみこと役の山城琉飛くん、幼少期の沙羅役の中田華月さんが登場。福士さんはコウモリ型のメガネに、花巻家の愛犬シロの代わりのぬいぐるみを抱えており、菜々緒さんはパンプキンのメガネで決めポーズ、桐谷さんは黒ウサギの耳、横浜さんはドラキュラの歯とパンプキンのカチューシャをつけて、それぞれノリノリでポーズを決めている。

 11月1日放送の第4話は「ずっと好きだった」とお互いの気持ちを確かめ合ったみことと沙羅のその後が描かれる。

TBS提供
TBS提供

菜々緒「4分間のマリーゴールド」撮影現場で誕生日祝福 福士蒼汰からマリーゴールドの花束

連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」の収録現場で誕生日を祝福された菜々緒さん(中央)(C)TBS
連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」の収録現場で誕生日を祝福された菜々緒さん(中央)(C)TBS

 女優の菜々緒さんが、10月28日に31歳の誕生日を迎え、出演するTBS系連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(金曜午後10時)の収録現場で、主演の福士蒼汰さんのほか、共演の横浜流星さん、桐谷健太さん、佐藤隆太さんからサプライズで祝福を受けた。菜々緒さんは「こんなに幸せな現場で誕生日をお祝いしていただいて、本当に幸せ者だと思います」と喜んだ。

 福士さんは菜々緒さんにマリーゴールドの花束をプレゼント。劇中で、花巻みこと(福士さん)が最愛の姉・花巻沙羅(菜々緒さん)の誕生日に、沙羅が大好きなマリーゴールドを贈るシーンがあり、菜々緒さんはドラマさながらの演出に感激。自身の誕生花の一つがアフリカンマリーゴールドだと明かした菜々緒さんは「アフリカンマリーゴールドの花言葉が『逆境を乗り越えて生きる』だったので、どんな時でもその花言葉通り頑張ります! 」と抱負を語った。

 画家の沙羅にちなみ、画材道具を模したお菓子がデコレーションされ、菜々緒さんと花巻家の愛犬・シロとのツーショット写真がプリントされた特製ケーキもプレゼント。風でケーキのロウソクが消えてしまうハプニングも起きたが、花巻家の兄弟らで再点火した火を囲んで絶やさないようにする仲の良さも見せたという。

<SNS反響>横浜流星 涙の演技にもらい泣きする視聴者続出 「4分間のマリーゴールド」第2話“神回”の声も

連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」第2話の場面写真 (C)TBS
連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」第2話の場面写真 (C)TBS

 俳優の福士蒼汰さん主演の連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(TBS系、金曜午後10時)の第2話が10月18日、放送された。横浜流星さん演じる、主人公の花巻みこと(福士さん)の義弟、高校生の花巻藍が、なぜ花巻家の家族の料理を担当することになったのか、そのわけを涙をにじませながらみことに明かす……という回で、SNSでは「流星くんの涙にやられたわ」「涙の演技力を再確認」「悲しくてきれいな涙でした」「悲しみの顔は一級品だね」と盛り上がった。「萌えちらかして終わった…」「2話にして神回と呼びたい」「藍ちゃん回最高すぎた」といった声も上がっていた。

 涙のシーンでは、「流星くん…やっぱり、目の演技が上手(うま)い」「藍の目尻の涙が美しかった」「思い出振り返るときの目の動きがすごく切なかった」など、繊細な演技に注目が集まり、「あかん。泣く」「こんな泣くとは思わなかった」「涙止まんなかった」などと、もらい泣きする声も続出した。

 第2話は、藍が“恩人”であり、料理の師匠と慕う老婦人・和江(松金よね子さん)と出会った頃の様子、キュートなピンク色のエプロン姿の藍が、和江に料理を習っている姿も描かれた。

 また、第1話から話題を集めている藍と同級生の遠藤琴(鈴木ゆうかさん)とのシーンでは、藍が親しげに「琴」と呼び捨てにする半面、そっけない態度をしたり、「(お弁当)あげないよ」「琴は一生俺の料理食えないよ」と、ちょっと意地悪なことを言ったりと、気になる2人の関係性も描かれた。SNSでは「琴って呼び捨てした??」「琴呼びはハードル高い」「藍くんのツンデレ具合やばみ」と盛り上がっていた。

鈴木ゆうか、制服姿が可愛すぎ! 「4分間のマリーゴールド」横浜流星の同級生役で反響 本人コメントも

連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」に出演中の鈴木ゆうかさん
連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」に出演中の鈴木ゆうかさん

 俳優の福士蒼汰さん主演の連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(TBS系、金曜午後10時)の第1話が10月11日に放送され、花巻みこと(福士さん)の義弟、高校生の花巻藍(横浜流星さん)の同級生・遠藤琴役で登場した鈴木ゆうかさんが「可愛すぎ」と話題となっている。SNSでは「可愛いのう」「制服が似合う!」「制服似合いすぎていて尊い」「ちょっと…可愛すぎ…」と絶賛の声が上がったほか、「横浜流星くんに肩ちょんってしているのってゆうかちゃんですよね!?」「出るの知らなくて、びっくり~」など、出演に驚きの声も上がっていた。

 鈴木さんは、1996年10月1日生まれ、東京都出身の23歳。女性ファッション誌「non-no(ノンノ)」(集英社)の専属モデル(ノンノモデル)としても活躍し、AbemaTVの「オオカミちゃんには騙されない」などにも出演。医療脱毛「レジーナクリニック」のCMでは、キュートなダンスを披露しており、踊る姿が「可愛い」と話題を集めている。

 SNSでは「なんか見た顔だなあと思っていたらゆうかちゃんじゃん!オオカミちゃんの」「JK役のちゅかちゃんきたあああああああ」とすぐ気づくファンのほか、「鈴木ゆうか、でググる」「キャストを調べたら、鈴木ゆうか、という人だった」という声も多数。演技についても「横浜流星さんにマシンガントークで迫るのめちゃめちゃ可愛い」「ぴょんぴょんるんるんゆうかちゃん可愛いいいいい」「しっかりと女優の顔を見せてくれてる」と好評だ。

 第1話について、鈴木さんは「オンエアを見たのですが、照れてしまってちゃんと見ることができませんでした」とコメント。「おばあちゃんは感動して泣いてしまったらしく(笑い)。友達もみんな見てくれていて連絡をくれました。普段の私を知っているので、ちゃんと演技をしていたねって言ってもらえた」と、反響を喜んでいる様子。

 同級生役の横浜さんらとの共演については「まだ、皆さんの輪の中に自分からは入れなかった」というが、最近は「(花巻家のペットで柴犬の)シロがいてくれたおかげで横浜(流星)さんともお話しすることができました。演技のこともアドバイスをしてくださるのでとても勉強になります」と、現場の様子を明かす。

 SNSでは、横浜さん演じる藍と琴の組み合わせが「美形コンビすぎて目の保養」と評判で「あの美男美女が毎回箸休めになるのかな」と期待する声も集まっている。鈴木さんは「藍くんと琴ちゃんの初々しい恋の行方もちょっと注目してください!」とコメントしていた。ドラマの第2話は10月18日午後10時から放送。

(C)TBS
(C)TBS

横浜流星、制服&エプロン姿も人気! 「4分間のマリーゴールド」“料理男子”藍役 第2話できんぴら、サバみそに挑戦

連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」第2話の場面写真 (C)TBS
連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」第2話の場面写真 (C)TBS

 俳優の福士蒼汰さん主演の連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(TBS系、金曜午後10時)の第2話が10月18日、放送される。主人公の花巻みこと(福士さん)の義弟、高校生の花巻藍(横浜流星さん)が、なぜ花巻家の家族の料理を担当することになったのか、そのわけをみことに明かす……という“藍の活躍回”となる。

 藍を演じる横浜さんは、今年1月期に放送された連続ドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」(TBS系)、7月期には「あなたの番です」(日本テレビ系)と話題作に出演し人気が急上昇。今回のドラマでも、「はじこい」に続く高校生役で、制服姿に「高校生にしか見えないよ!」「制服姿が映ってビビッた」「流星君可愛すぎ」と歓喜の声が集まった。

 横浜さんは、同ドラマで家族の食事を作る“料理男子”を演じており、第1話放送後には「藍ちゃんが作る料理食べたい」「エプロン姿に萌えまくるドラマになる」「料理姿もさいっこー」「誕生日にケーキ作ってください!!!」と絶賛の声があふれていた。

 第2話は、藍が“恩人”であり、料理の師匠と慕う老婦人・和江(松金よね子さん)の命の危機に直面し、みことに涙を流しながら家族の料理を作る理由を語る……という展開で、今回は藍が作るレンコンのきんぴらとサバみそが登場。特にサバみそは、物語の中で重要な意味を持つ一品になるという。公開された場面写真では、キュートなピンク色のエプロン姿の藍が、まだぎこちない手際で、和江に料理を習っている姿もある。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

佐藤隆太、フリーカメラマン役で「4分間のマリーゴールド」に出演 桐谷健太と「ROOKIES」以来の本格共演

連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」に出演する佐藤隆太さん(左)と福士蒼汰さん(C)TBS
連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」に出演する佐藤隆太さん(左)と福士蒼汰さん(C)TBS

 俳優の佐藤隆太さんが、俳優の福士蒼汰さん主演の連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(TBS系、金曜午後10時)に第3話(10月25日放送)から出演することが10月17日、分かった。海外で活躍するフリーカメラマン・青葉広洋(あおば・ひろうみ)を演じ、花巻家に新たな展開をもたらすという。

 佐藤さん扮(ふん)する広洋は廉の幼なじみで、みことや沙羅、藍にとっても家族のような近しい存在。海外から帰国し、みことたちと数年ぶりに再会すると、次の出国までの数日間、花巻家で暮らすことになる。広洋は、沙羅の「世界を見てみたい」という言葉を聞いて、彼女をアシスタントとして海外へ連れ出そうとするが……。

 佐藤さんは桐谷さんと、2008年放送の「ROOKIES」以来、10年以上ぶりに本格共演を果たす。佐藤さんは桐谷さんとの共演について、「こうしてまた一緒に作品づくりをできることが純粋にうれしいです」と語っている。

 ◇佐藤隆太さんのコメント

 僕が演じる青葉広洋は、自由人だけど優しくて、普段照れくさくて言えないような言葉も真正面から言えるキャラクターです。シンプルな言葉なのに、広洋が言うとなんだか説得力があるというか。そんな広洋の持っている人間力で、花巻家の兄弟の心をちょびっと温かくできるように演じていきたいです。

 福士くんとは今回で初共演ですが、1対1で向き合うシーンがすごく好きです。初共演なので当たり前なのですが、すごく新鮮ですし、とても気持ちの良い空気感になります。僕自身ワクワクするシーンのひとつですね。

 菜々緒さん演じる沙羅は、原作の沙羅のように笑顔が印象的で、視聴者の方々もこれまでの菜々緒さんとのギャップで新鮮なキャラクターに映ると思いますが、ご本人が持っている本来の明るさと近しい部分があると思います。原作の沙羅と重なってすごくキュートです。

 健ちゃん(桐谷健太さん)とは、「ROOKIES」でがっつり共演してからもう10年以上たちますが、こうしてまた一緒に作品づくりをできることが純粋にうれしいです。お互いに演じるキャラクターや責任も変わってきてはいますが、撮影の合間は以前と同じ様にくだらない話もたくさんして。そんな何気ない会話の一つ一つを楽しんでいます。

 横浜くんはすごく自然なお芝居で、藍のキャラクターにピッタリ。個性の強い兄弟の中で、ホッとする存在。冷静にバランスを見てお芝居をされている印象です。

 広洋は第3話からの登場ですが、彼が4きょうだいと一つ屋根の下で過ごすことで、花巻家が良い意味でいつもとは違う雰囲気になればいいなと思って演じています。家族ではない距離感の存在が入ることでいろんな流れが起きるので、その部分をぜひ楽しんでください。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

<SNS反響>横浜流星「4分間のマリーゴールド」で“ゆりゆり”から“あいあい”に 「エプロン姿に萌えまくる」 「レジクリ」鈴木ゆうかも話題

連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」舞台あいさつに登場した横浜流星さん
連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」舞台あいさつに登場した横浜流星さん

 俳優の福士蒼汰さん主演の連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(TBS系、金曜午後10時)の第1話が10月11日、放送された。福士さん演じる主人公の花巻みことの義弟、高校生の花巻藍役を演じる横浜流星さんが制服姿で登場すると、「学生服をこんなに着こなしてる姿にビックリ」「制服姿もさいっこー!!」「高校生にしか見えないよ!ツンツンしてるけど、それがまた可愛い」と、SNSは歓喜の声であふれた。

 横浜さんは、今年1月期に放送された連続ドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」(TBS系)と、7月期には連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)に出演。SNSでは「横浜流星くんは今のところゆりゆりっぽい感じやな(そっけないところが)」「藍くんのツンデレ具合が超お似合い。シビレル」と“ツンツン”した藍が、はじこいで演じた“ゆりゆり”こと由利匡平に似ていると好評。早くも「あいちゃん」「あいあい~」「ゆりゆり改めあいあいカワいいわ~」と新しい愛称“あいあい”まで登場した。

 はじこいに続く高校生役には「年齢と共に徐々に青春ものや制服は難しくなってくるから、着られるうちはいっぱい着て!」「いっぱい青春して」という絶賛の声から、「こないだまであな番であの役やってた人とは思えない」「同じクールな役でも違う表情を出せるの、本当にすごい」という驚きの声までさまざま。今回初挑戦の“料理男子”という側面には「料理姿も最高」「エプロン姿に萌えまくるドラマになる」「藍ちゃんが作る料理食べたい」と、今後への期待も高まった。

 一方、AbemaTVの「オオカミちゃんには騙されない」や、「レジーナクリニック」のCMに出演中の鈴木ゆうかさんが、藍の同級生の遠藤琴役で出演したことにも反響の声が集まった。SNSでは「なんか見た顔だなぁと思ってたらゆうかちゃんじゃん!オオカミちゃんの」「JK役のちゅかちゃんきたぁああああああ」「横浜流星くんに肩ちょんってしてるのってゆうかちゃんですよね!?」「出るの知らなくて、びっくり~」という驚きの声のほか、「可愛いのう」「制服が似合う!」「鈴木ゆうかちゃん制服似合過ぎていて尊い」「ちょっと…鈴木ゆうかちゃん可愛すぎ…」と絶賛の声が上がり、「美男美女だ」「美形コンビすぎて目の保養」「楽しみでしかない!!」と、2人の今後の展開にも期待が集まっていた。第2話は10月18日放送。

菜々緒、初の画家役を“完売画家”中島健太がサポート ドラマで絵画指導受ける

連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」で画家役に初挑戦する菜々緒さん(手前)と絵画指導の中島健太さん (C)TBS
連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」で画家役に初挑戦する菜々緒さん(手前)と絵画指導の中島健太さん (C)TBS

 女優の菜々緒さんが出演する連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(TBS系、金曜午後10時)の絵画監修を、“完売画家”として話題になっている画家の中島健太さんが担当することが10月4日、明らかになった。本作で初めて画家役に挑戦する菜々緒さんの絵画指導を担当する。

 中島さんは、繊細で洗練された高い技術と人間味あふれる温かな作風が評価され、現在までに制作した500点以上の作品が完売したという。同局の朝の情報番組「グッとラック!」(月~金曜、午前8時)のポスターを写実絵画で制作したり、同番組に木曜コメンテーターとして出演もしている。

 菜々緒さんは、ドラマのクランクイン前から中島さんの直接指導を受けており、撮影が始まってからも現場で中島さん立ち合いのもと、絵画の練習に励んでいる。ドラマで菜々緒さんが演じる画家の沙羅は、地元のカルチャースクールでお年寄り向けに絵画教室を開くほか、自宅のアトリエを解放して、近所の子どもにお絵描きを指導しているという設定。

 ◇中島健太さんのコメント

 このドラマでは、絵画はすごく重要なモチーフです。沙羅というこの物語のヒロインがどのような作品を描くのかを僕なりにイメージしながら制作、指導をさせていただいています。菜々緒さんは油絵初挑戦ということでしたが、驚かされました。集中力が半端じゃない。わずか1時間足らずの指導時間内に作品を完成させたり、撮影中も本気で制作に取り組んだり、その姿はまさしく僕がイメージした沙羅そのものです。ぜひ菜々緒さんの描くシーンにも注目していただきたいです!

 ◇菜々緒さんのコメント

 中島先生には、沙羅が劇中で絵を描く上での所作や、筆の持ち方や動かし方などを指導していただいています。先生はとても褒め上手で、「うまくできているんだ」「絵画を続けてみようかな」と思ってしまうんです。そういう技術面だけではなく、アーティスティックな雰囲気がすごく出ている方で、男性目線だけではなく女性目線も兼ね備えている方なのかなと思っていて、そういったところも先生の描く絵に反映されているんじゃないかと思いますね。

 それと、アートの知識やストーリーがとても豊富な方なので、一緒に美術館巡りをしたいですし、先生に自分をモデルに絵を描いてほしいですね。先生にはお願いしているのですが、絵画のモデルは未経験なので機会があればぜひ挑戦してみたいです。

(C)TBS
(C)TBS

横浜流星「4分間のマリーゴールド」撮影現場で誕生日祝福 “早とちり”して桐谷健太から突っ込み

10月スタートの連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」の収録現場で誕生日を祝福された横浜流星さん(右から2番目)(C)TBS
10月スタートの連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」の収録現場で誕生日を祝福された横浜流星さん(右から2番目)(C)TBS

 俳優の横浜流星さんが9月16日に23歳の誕生日を迎え、出演するTBS系連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(金曜午後10時)の収録現場で、主演の福士蒼汰さんのほか、共演の菜々緒さん、桐谷健太さんからサプライズで祝福を受けた。今作で、4きょうだいの末っ子で料理好きの藍を演じる横浜さんは「23歳ですが、しっかりと高校生らしく、料理も一生懸命頑張ります!」と抱負を語り、「撮影が始まったばかりでまだまだ先は長いですが、最後までお願いします!」とあいさつした。

 同作では、福士さんが主人公・花巻みことを演じ、桐谷さんがみことの義兄で長男の廉、菜々緒さんがみことの義姉の沙羅を演じている。

 横浜さんは、マリーゴールドのデコレーションと劇中の愛犬シロとのツーショット写真がプリント加工されたオリジナルバースデーケーキが運び込まれてくると、福士さんらがバースデーソングを歌う前にろうそくの火を吹き消してしまったという。“長男”の桐谷さんが「早い早い!(笑い)」と突っ込みながら火を付け直し、改めて横浜さんをバースデーソングで祝福。“きょうだい愛”あふれるサプライズバースデーになったという。

横浜流星、福士蒼汰主演連ドラで料理男子に 2期連続でドラマ出演 桐谷健太&菜々緒が“兄妹”に

10月から放送される連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」に出演する桐谷健太さん(左)と横浜流星さん(C)TBS
10月から放送される連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」に出演する桐谷健太さん(左)と横浜流星さん(C)TBS

 俳優の横浜流星さんが、10月から放送される福士蒼汰さん主演の連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(TBS系、金曜午後10時)に出演する。横浜さんは、放送中の連続ドラマ「あなたの番です-反撃編-」(日本テレビ系、日曜午後10時半)にも出演しており、2クール連続での連ドラ出演となる。また、俳優の桐谷健太さんの出演も発表された。

 横浜さんは、花巻家の兄弟の末っ子、藍(あい)を演じる。藍は兄弟の中で一番クールに見えるが、時折子供っぽい一面を見せることもあり、沙羅から可愛がられている。家族の食事を作るのが楽しみという“料理男子”で、家族も藍の料理が大好きという設定。劇中には、主婦顔負けの家庭料理を振る舞うシーンも登場するという。

 桐谷さんは、4兄弟の長男、廉(れん)を演じる。廉は、父親が亡くなり、母親も不在がちな花巻家の親代わり的な存在。元ヤンキーで強面(こわもて)だが、誰よりも家族思いで、困った時はいつも寄り添ってくれる頼れる家長。総合格闘技が大好きでジムに通っており、家でみことに技をかけては煙たがられるというおちゃめな一面も。“実年齢”でも長男の桐谷さんは、撮影に向け、格闘技ジムで本格的な指導を受け、役作りをしているという。

 ◇横浜流星さんのコメント

 僕が演じる藍は、末っ子の高校生なのですが、すごく大人びているように思います。家族の中では愛情を注がれて育っているのですが、自立しているがゆえに周囲になじめない子で、そのことを家族に話せなかったりもします。そんな思春期ならではの心情を丁寧に演じていければと思います。

 藍は花巻家の料理担当なのですが、僕自身はチャーハンと親子丼くらいしか作ったことがなくて……。これを機にイチから勉強して、楽しみながらもしっかりと料理シーンを演じたいと思います。

 主演の福士さんは、穏やかな優しい雰囲気で、同性も憧れるすてきな魅力を持っていらっしゃる方だと感じました。これからたくさんコミュニケーションをとっていけたらと思います。菜々緒さんは芯の強い女性という印象がありますが、今作で沙羅という女性をどのように演じられるのか、撮影が始まるのが今から楽しみです。

 桐谷さんは会った瞬間からフランクに接してくださって、とても優しい方だと感じました。安心感があってユーモアあふれる方なので、“アニキ”として頼りにさせていただきたいです。このドラマは切ないけどすごく心が温まる作品です。ぜひ楽しみにご覧ください!

 ◇桐谷健太さんのコメント

 僕が演じる廉は、花巻家の長男でありながら、家長として兄弟を守っていくという思いを持った強い男です。明るい性分で、見えないところで家族を支えている存在なんだろうなと思います。騒がしいのでバカにされつつも兄弟のことを一番に思っている、そんな廉の懐の深さみたいなものをにじみ出していければと思います。

 廉は格闘技好きなので、役作りのためにジムに通っているのですが、ハマってしまい、今では個人的にも通っています。

 福士蒼汰くんとは今回初めてお会いしましたが、イメージ通りの好青年で共演が楽しみになりました。菜々緒さんは共演しているCMでは怒られてばかりですが(笑い)、それを忘れさせるくらい沙羅の役に入り込んでいるので、今作でどんな姿を見せてくれるのか楽しみです。

 横浜流星くんは、空気感が可愛いらしいなと思いました。極真空手の世界チャンピオンと聞いて驚きましたが、長男として格闘技では負けられないと思っています(笑い)。このドラマは、家族の人間ドラマをベースに恋愛やファンタジー要素など、さまざまな見どころがありますので、ぜひ家族そろって見てほしいです。

 ◇橋本芙美プロデューサーのコメント

 元ヤンでありながら今は家族を背負う男気あふれる長男・廉は、原作を読んだ際に桐谷健太さんしかいないと思い、それが実現してとってもうれしいです。先日のポスター撮影で初めて兄弟4人がそろった際も、すでに家長のようにその場の雰囲気を作り上げてくださいました。普段は兄弟たちのことを一番に思い、自分のプライベートは二の次にしてきた廉を、桐谷さんがどう演じるか、このドラマの中でどんな廉のストーリーが展開するのかも、ぜひ注目していただきたいです。

 末っ子の藍は、精神的に自立している雰囲気がありながら、兄姉に対して可愛い一面を見せることもあり、繊細な部分もある、とても難しい役どころです。そんな藍を、クールさと愛らしさが共存する横浜さんが演じてくださることで、みんなを魅了する弟になるだろうと確信しました。今、若手で最も注目を集める横浜さんが演じる藍に、すごく期待が高まります!  藍の作る家庭料理もお楽しみに!

 今回、福士さんは救急救命、菜々緒さんは絵画、桐谷さんは格闘技、横浜さんは料理と、それぞれが事前に指導を受けて撮影に臨みます。それから、花巻家は柴犬を飼っているのですが、ワンちゃんを抱いた4兄弟の姿を見て、早くもキュン死しそうです(笑い)。ホントにすてきな4兄弟が集結しました! どんな家族のシーンになるか、ぜひお楽しみに!

福士蒼汰、TBS連ドラ初主演 “義姉”菜々緒と“禁断の恋”

10月から放送される連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」に出演する福士蒼汰さん(左)と菜々緒さん(C)TBS
10月から放送される連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」に出演する福士蒼汰さん(左)と菜々緒さん(C)TBS

 俳優の福士蒼汰さんが、10月から放送される連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(TBS系、金曜午後10時)に主演する。福士さんが同局の連続ドラマの主演を務めるのは初めて。また、ヒロイン役で、福士さんと初共演となる女優の菜々緒さんの出演も発表。同作は主人公と義姉との“禁断の恋”を描き、これまで“悪女”などを演じてきた菜々緒さんが“ナチュラル系”に大胆イメチェンし、心優しく天真らんまんな女性を演じるという。

 ドラマは、マンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載されたキリエさんの同名マンガが原作。手を重ねた人の「死の運命」が見えてしまう特殊な能力を持つ救急救命士の花巻みことと、命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅との“禁断の恋”を描く切ないストーリー。福士さんはみこと、菜々緒さんは沙羅を演じる。

 幼い頃に母を亡くし、その後、父の再婚相手である義母、そして義母の連れ子の3人の兄弟と家族になったみことは、一つ屋根の下で暮らす義姉・沙羅に密かに思いを寄せていた。ある日、沙羅が28歳の誕生日にこの世を去る運命を見てしまう。沙羅の幸せを心から願い、どうにかして命を救いたいと必死に考えるみこと。しかし、これまでに見た「死の運命」は、救命士としてどんなに手を尽くしても必ず現実になってしまっている。残酷な運命を変えようと苦悩しながら、胸に秘めた沙羅への思いは抑えきれなくなり……という内容。

 連続ドラマ「マルモのおきて」(フジテレビ系)の櫻井剛さん、河野圭太さん、橋本芙美さんが、それぞれ脚本、演出、プロデューサーを務める。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

菜々緒、恋愛ドラマ初ヒロインに “ナチュラル系”に大胆イメチェンで福士蒼汰と“禁断の恋”

10月から放送される連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」に出演する福士蒼汰さん(左)と菜々緒さん(C)TBS
10月から放送される連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」に出演する福士蒼汰さん(左)と菜々緒さん(C)TBS

 女優の菜々緒さんが、俳優の福士蒼汰さん主演で、10月から放送される連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(TBS系、金曜午後10時)で、福士さん演じる主人公と恋に落ちる義姉のヒロインを演じることが8月5日、分かった。「恋愛ドラマのヒロイン役は初めて」という菜々緒さんは、これまでの“悪女”イメージから“ナチュラル系”に大胆イメチェンし、心優しく天真らんまんな女性を演じるという。菜々緒さんは、「楽しみな気持ちと不安な気持ちが入り混じっていますが、今までにない新たな一面をお見せできると思うので楽しみにしていただきたいです」と意気込んでいる。