今際の国のアリス あらすじ

今際の国のアリスあらすじ

 「今際(いまわ)の国のアリス」は、2010~15年にマンガ誌「週刊少年サンデーS」(小学館)で連載後、2015~16年に「週刊少年サンデー」(同)で連載された麻生羽呂(はろ)さんの人気マンガが原作。俳優の山崎賢人さんと女優の土屋太鳳さんがダブル主演を務める。動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」のオリジナルシリーズとして制作される。山崎さんと土屋さんの共演は、2012年放送の連続ドラマ「黒の女教師」(TBS系)、2015年のNHK連続テレビ小説「まれ」、同年公開の映画「orange-オレンジ-」(橋本光二郎監督)に続き、4度目。

 「今際の国のアリス」は、廃墟と化した渋谷を舞台に、山崎さん演じる有栖良平(アリス)たちが、一歩誤れば命を奪われる「げぇむ」に挑むサバイバルサスペンス。土屋さんは、「げぇむ」の会場でアリスと出会うヒロインで驚異の身体能力を持つ宇佐木柚葉(ウサギ)を演じる。

 山崎さんの主演映画「キングダム」などの佐藤信介監督がメガホンをとる。土屋さんが佐藤監督の作品に出演するのは、2013年公開の映画「図書館戦争 BOOK OF MEMORIES」以来、6年ぶり。2020年に全世界190カ国で配信される。

 ※注:山崎賢人さんの「崎」は立つ崎(たつさき)

ドラマ「今際の国のアリス」のあらすじ

今際の国のアリス動画配信サービス「Netflix」
2020年に全世界190カ国で配信