同期のサクラ キャスト

同期のサクラキャスト

高畑充希
橋本愛

高畑充希が主演

10月スタートの連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系)に主演する高畑充希さん
10月スタートの連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系)に主演する高畑充希さん

 女優の高畑充希さんが主演を務める。高畑さん主演の連ドラ「過保護のカホコ」制作チームが再集結し、脚本は「十年愛」「過保護のカホコ」「家政婦のミタ」「女王の教室」などで知られる、遊川和彦さんが担当する。

 ◇高畑充希さんのコメント

 今回は、私が演じるサクラという主人公の10年間を、1年で1話ずつ描いていくオリジナル脚本のドラマになります。「生まれ育った離島に橋を架けたい!」という夢だけをもって東京の大手建設会社に就職をするのですが、同期全員が何か「強い想い」を抱いて仕事をするものだと思い込んで上京してきたのに、実は全くみんな違っていて、サクラは驚き、戸惑います。でもサクラは、どんなことがあっても忖度(そんたく)しません。サクラという女性は、ひたすら変わりません。変わることのほうが簡単な環境のなかで、10年間変わらない、ひとりの姿を描きます。

 「変わっていくことが大人になること」って言われがちですが、「大人になるって何なんだろう?」「変わらないって何だろう?」「変わるって何だろう?」というのを繊細に描いていければと思っています。今回は、「過保護のカホコ」でご一緒した信頼できる方々と、またご一緒させていただくことができて大変光栄です。よく知っているチームの皆さんとやるからこそ、新たに「飛び込んでいく勇気」をもって、ドラマを作っていけたらいいなと思います。

 私にとってもサクラは、新しい挑戦の連続になると思うので、不安も恐怖もありますが、みんなで絶対に面白い作品にしようという気持ち満々で取り組んでおりますので、ぜひ楽しみにしていただければうれしいです。

橋本愛、5年ぶり民放連ドラレギュラー 「同期のサクラ」で高畑充希の同期

連続ドラマ「同期のサクラ」に出演する橋本愛さん
連続ドラマ「同期のサクラ」に出演する橋本愛さん

 女優の橋本愛さんが、高畑充希さんが主演を務める連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系)に出演する。橋本さんが民放の連続ドラマにレギュラー出演するのは、2014年放送の「若者たち2014」(フジテレビ系)以来、約5年ぶり。また、日本テレビ系の連ドラに出演するのは初めてとなる。

 橋本さんは、主人公・サクラ(高畑さん)が入社したスーパーゼネコン・花村建設で、サクラの同期・月村百合を演じる。サクラと研修期間、同じグループになった5人のうちの1人で、クールで場の空気を読むが、常に自分の居場所を探している今時の若者という設定。

 橋本さんは「たくさんの勇気を持って生きる百合さんという女性を、勇気を持って演じたいと思います。変わらないことの美しさと同等に、変わることの美しさをお伝えできれば。たくさんの人の思いや生き方を肯定できるように頑張ります。そして1人でも、『こんなふうに生きたい』と思ってもらえるように」と意気込んでいる。

 脚本を手がける遊川和彦さんは「橋本さんとはずっと前から一緒に仕事したくてたまりませんでした。彼女の芝居は、うそやごまかしがなく、少し不器用だけど、いつも真剣だから。初めて会った時も、いい作品を作るためには、逃げないでチャレンジしてくれる人だと感じ、やっぱりなとうれしくなりました。今まで見たことないような橋本愛の芝居を引き出し、たくさんの人に喜んでもらえたらいいなと祈りながら、今は本を書いてます」とコメント。

 大平太プロデューサーは「橋本さんには、何度もラブコールを送りましたが、今回の作品で実現したことに何かの縁を感じています。高畑充希さんの持つあふれ出るようなエネルギーと橋本愛さんの秘めたるパワーが、遊川脚本で化学反応を起こしてくれることを期待してます」と話している。