同期のサクラ 視聴率

初回視聴率は8.1% 遊川和彦脚本、高畑充希主演作 橋本愛&新田真剣佑も

連続ドラマ「同期のサクラ」で主演を務める高畑充希さん
連続ドラマ「同期のサクラ」で主演を務める高畑充希さん

 女優の高畑充希さんが主演する連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第1話が10月9日、放送され、平均視聴率は8.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でだった。

 第1話では、2009年春、サクラが花村建設の入社式で社長(西岡德馬さん)のスピーチに「話が長いと思いました」と発言し、周囲を驚かせる。入社式後、3週間の新人研修の最終課題として、配属先の決定に影響する「日本の未来に残したい建造物の模型作り」が発表される。サクラが班のリーダーを務め、百合、葵、菊夫、蓮太郎と組むことになるが……という展開だった。

第2話視聴率は9.5%と初回から1.4ポイント増 遊川和彦脚本、高畑充希主演作

 女優の高畑充希さんが主演する連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第2話が10月16日、放送され、平均視聴率は9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。初回の8.1%から1.4ポイント増加した。

 第2話は、2010年5月、「故郷・美咲島に橋を架ける仕事に関わる」という夢を抱くサクラは花村建設人事部で社会人2年目を迎えていた。サクラは、人事部部長の黒川(椎名桔平さん)から「経費削減のために無駄な残業時間を減らせ」という上からのお達しを丸投げされる。そんな中、同期で営業部の菊夫は、上司の桑原から担当する建設現場の工期を1カ月早めるよう、むちゃぶりをされていた。その後、人事部では営業部の残業時間が減るどころか増えていることが問題になってしまう……という展開だった。

第3話視聴率は9.3% 日本シリーズ延長で11時前スタート

 女優の高畑充希さんが主演する連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第3話が10月23日に放送され、平均視聴率は9.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。この日は、「SMBC日本シリーズ2019 第4戦『巨人×ソフトバンク』」の中継が延長となり、通常より1時間近く遅い午後10時55分からの放送となった。

 第3話は、東日本大震災の前日の2011年3月10日。サクラは新規採用向けのパンフレットを作るため、広報部の百合と協力して各部署で3年目を迎える同期たちに取材をすることになった。その中で、百合はサクラに「転職か寿退社した方がマシ」だと本音を漏らす。その矢先、クライアントの男性からしつこく食事のメールが届く百合は、サクラに同行を頼む。百合1人でないことが気に入らない相手をよそに、サクラはおいしい料理に感動。百合が席を外したときに、クライアントから2人きりにしてほしいと頼まれるが……という展開だった。

第4話視聴率11.5%で初の2桁 心閉ざす同期に高畑充希“サクラ”は…

 女優の高畑充希さんが主演する連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第4話が10月30日に放送され、平均視聴率は11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。第2話の9.5%(同)を上回り、番組最高を更新。初の2桁を記録した。

 第4話は、2012年9月。社史編さん室に飛ばされ、目の前の仕事に全力で取り組んできたサクラが1年ぶりに人事部に戻ることに。メンタルヘルスケアプロジェクトの担当を任され、ストレスチェックのアンケートを回収するため各部を回る。そんな中、サクラは設計部の先輩や後輩から1級建築士の試験に落ちたことをからかわれ、心を閉ざす同期の蓮太郎が気にかかる……という展開だった。

第5話視聴率11.8%で番組最高更新 新田真剣佑“葵”が高畑充希“サクラ”に告白

 女優の高畑充希さん主演の連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第5話が11月6日に放送され、平均視聴率は11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回の11.5%(同)を上回り、番組最高を更新し、2週連続で2桁をキープした。

 第5話は、2013年9月、葵ら都市開発部のプロジェクトが国の予算の都合で急きょ凍結されるというトラブルが発生。葵は上司から「お前にできることは国交省の父親に頼むことだ」と言われ、実力ではなく、父の木島康秀(矢島健一さん)へのコネを当てにされ、複雑な気持ちを抱く。翌日、康秀に全く話を聞いてもらえなかった葵は別の案を提案しようとするが、同僚たちから激しく非難され、傷つく。夜、サクラの前で酒を飲んだ葵が泥酔。サクラによって自宅に送り届けられた葵は、康秀に土下座してお願いするが、冷たくあしらわれる。葵にかける言葉を探すサクラだが、葵から突然「俺と付き合わない?」と迫られる……という展開だった。

第6話視聴率11.7%で3週連続2桁 高畑充希“サクラ”の心に少しずつ迷いが…

 女優の高畑充希さん主演の連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第6話が11月13日に放送され、平均視聴率は11.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回の11.8%(同)から微減したものの、3週連続で2桁をキープした。

 第6話は、2014年10月、花村建設の子会社に飛ばされたサクラの心に少しずつ迷いが生じていた。そんな中、8歳のつくしの子育てと仕事の両立に追われるすみれ(相武紗季さん)が、黒川(椎名桔平さん)から、有名評論家の椿美栄子を招く講演会「女性研修セミナー」の仕切りを丸投げされる。数日後、セミナーのプロジェクトチームに参加したサクラが、椿のマネジャーの米田からの理不尽な要求に黙っていられず、口を出してしまい、米田を怒らせる。講演会が迫る中、すみれは米田からの細かい要望に追われ頭を抱えていた。そんな折、つくしが同級生を殴ったと学校から呼び出される……という展開だった。

第8話視聴率は10.8% 高畑充希“サクラ”昏睡状態の理由が…

 女優の高畑充希さん主演の連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第8話が12月4日に放送され、平均視聴率は10.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。第7話の12.2%(同)からダウンしたものの、5話連続で2桁をキープしている。

 第8話は、2019年12月。サクラの病室には、同期の百合、葵、菊夫、蓮太郎がいた。4人は、サクラが意識の回復が見込めず身寄りもないことから、病院側から転院を決断してほしいと頼まれる。そこへ、サクラが暮らすアパートの隣人の脇田草真(草川拓弥さん)と中村小梅(大野いとさん)夫妻が訪ねてきて、「こんなことになったのは自分たちのせいだ」と頭を下げる。

 2018年1月。百合らは、「体調が優れない」という理由で1年以上も会社を休職し、誰にも会わずに部屋に引きこもるサクラを心配していた。これ以上、休職期間が延びると会社にいられなくなるため、同期の4人は知恵を絞り、サクラを励まそうとするが失敗。そんな中、サクラのもとに会社から書留が届く。中には、このままでは解雇になるという通知と黒川(椎名桔平さん)からのメモが入っていた……という展開だった。

第9話視聴率は10.3% 目覚めた“サクラ”高畑充希に新たな試練

 女優の高畑充希さん主演の連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第9話が12月11日に放送され、平均視聴率は10.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。第8話の10.8%(同)を下回ったものの、6話連続で2桁をキープしている。

 第9話は、2019年12月。9カ月の長い眠りから目を覚めたサクラは、花村建設から解雇されたことを知る。「信じ合える仲間とたくさんの人を幸せにする建物を造る夢をかなえるために頑張る」と話すサクラに、同期4人は以前のサクラが復活したことを感じる。数週間後、退院したサクラは、再就職の面接で花村建設を解雇された経緯を正直に話してしまい、軒並み失敗。就活を続けながらコンビニでアルバイトする。そんな中、同期がそれぞれ自分の人生と向き合い一歩先を行く姿をまぶしく感じるようになったサクラは、ふるさとに帰る決意をする……という展開だった。

同期のサクラ日本テレビ系
2019年10月スタート 水曜午後10時放送