同期のサクラ あらすじ

同期のサクラあらすじ

 ドラマ「同期のサクラ」は、過疎の離島で育ち、夢のためにどんな障害にも自分を曲げない、忖度(そんたく)できないサクラが主人公のオリジナル作品。女優の高畑充希さんが主演を務める。新ドラマは、高畑さん主演の連ドラ「過保護のカホコ」制作チームが再集結し、脚本は「十年愛」「過保護のカホコ」「家政婦のミタ」「女王の教室」などで知られる、遊川和彦さんが担当する。

 ドラマは、2009年にスーパーゼネコンの最大手「花村建設」に入社した田舎者丸出しの新入社員・サクラ(高畑さん)は、「故郷の島に橋を架ける!」ことが夢。自分を貫き通したサクラや、サクラのために立ち上がった同期たちの10年間を、1話ごとに1年ずつ描く。

ドラマ「同期のサクラ」のあらすじ

<ドラマ紹介>「同期のサクラ」 高畑充希が“バカ正直”でそんたく知らずの主人公に 遊川和彦と再タッグ 毎話1年ごと経過の“異色展開” 第1話あらずじも

連続ドラマ「同期のサクラ」第1話のワンシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「同期のサクラ」第1話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の高畑充希さんが主演する連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系、水曜午後10時)が10月9日スタートする。高畑さん扮(ふん)する“バカ正直”でそんたく知らずの主人公・サクラ(北野桜)が花村建設に入社し、サクラと同期たちの10年間を、1話ごとに1年ずつストーリーが進むという異色の展開で描かれる。同作は、高畑さんが主演し、2017年7月期に放送された「過保護のカホコ」のほか、「家政婦のミタ」「女王の教室」(すべて同局系)などで知られる遊川和彦さんが脚本を担当するオリジナルドラマ。「過保護のカホコ」のスタッフが再び集結し制作される。

 サクラの同期で、クールだけど空気を読む月村百合役を橋本愛さん、社長を目指す野心家の木島葵役を新田真剣佑さん、応援部出身の熱い男・清水菊夫役を竜星涼さん、ネガティブ思考の土井蓮太郎役を岡山天音さんが演じる。さらに、津嘉山正種さん、「超特急」の草川拓弥さん、大野いとさん、相武紗季さん、椎名桔平さんも出演する。

 第1話は、病院のベッドで、意識がなく人工呼吸器につながれたまま横たわるサクラ。携帯に連絡先が登録されていたのはたった4人。その4人の百合、葵、菊夫、蓮太郎が駆けつけていた。百合らは「サクラのいない世界に生きていてもしょうがない……」という思いを抱いていた……。

 10年前の2009年春、同社の新入社員となったサクラは入社式に急いでいた。通行の邪魔をする若者には「皆さんの迷惑になるので道を開けてください」とそんたくしない。珍しい建物を見つけると、時間を忘れて写真を撮ってしまう。何とか間に合った入社式では、社長(西岡德馬さん)のスピーチに「話が長いと思いました」と発言し、周囲を驚かせる。

 式の後、3週間の新人研修の最終課題として、配属先の決定に影響する「日本の未来に残したい建造物の模型作り」が発表される。サクラが班のリーダーを務め、百合、葵、菊夫、蓮太郎と組むことになる。親睦会で、志望部署を聞かれたサクラは、故郷の離島に橋を架ける仕事に関わるため“土木部”に入りたいと夢を語る。

 その翌日、サクラたちは人事課の火野すみれ(相武さん)の指導の下、ビジネスマナーなど厳しい新人研修を受ける。皆が疲労する中、サクラは空気を読まず、最終課題の模型作りの打ち合わせをしようと持ちかける。しかし、課題に向けた皆の意見はバラバラで、サクラはあるアイデアを提案するが……。夢のためには、決して自分の信念を曲げないサクラの言動が、同期たちの心を変えていく……という展開。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

第2話のあらすじ 高畑充希“サクラ”が竜星涼“菊夫”の助けに

連続ドラマ「同期のサクラ」第2話のワンシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「同期のサクラ」第2話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の高畑充希さんが主演する連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第2話が10月16日、放送される。同話では、主人公・サクラ(高畑さん)が、営業部に配属され、心身共に追いつめられた同期の清水菊夫(竜星涼さん)を助けるため、奔走する。

 2010年5月。サクラは花村建設人事部で社会人2年目を迎えていた。修羅場中の隣人カップルに空気を読まないクレームを入れたり、社内のエレベーターで大声で電話する上司に堂々と注意したりと、そんたくできない性格は相変わらず。そして、「故郷・美咲島に橋を架ける仕事に関わる」という夢もブレずに持ち続けていた。

 その日、人事部部長の黒川(椎名桔平さん)が「経費削減のために無駄な残業時間を減らせ」という上からのお達しを、すみれ(相武紗季さん)とサクラに丸投げする。サクラは、黒川に「なぜ、残業してはいけないのか?」という疑問をぶつけると、黒川から「社員の健康と環境を守るため」と言われ、納得。早速、各部署にメールを打ち始める。面倒な仕事は何でも押し付ける黒川と、意見をはっきりと言うあまり、トラブルの種になりかねないサクラに挟まれ、ストレスを感じるすみれだが、サクラと一緒に各部署に残業削減をお願いして回ることに。

 サクラは、調子よく仕事をする都市開発部の木島葵(新田真剣佑さん)、男性社会の会社で不満と不安を隠しながら働く広報部の月村百合(橋本愛さん)、雑用ばかりで意見を聞いてもらえないことが不満の設計部の土井蓮太郎(岡山天音さん)という同期の仲間たちと久々の再会を果たし、それぞれの労働環境を熱心にメモする。営業部では多忙ながらもやりがいを感じている様子の菊夫に再会。そこに、菊夫の上司で営業部長の桑原が現れる。桑原はサクラがエレベーターで注意した横暴な男で、すみれが間に入り、角が立たないように残業削減を頼むものの、桑原は聞く耳を持たなかった。

 その夜、桑原から、担当する建設現場の工期を1カ月早めるよう、むちゃぶりをされた菊夫は、高圧的な桑原と、悲鳴をあげる下請け業者の板挟みにあってしまう。その1週間後、人事部では営業部の残業時間が減るどころか増えていることが問題になる。苦手な桑原を避けて自分から動こうとしない黒川に代わり、自分が行くと申し出るサクラだが、思わぬ騒動を巻き起こしてしまう……というストーリー。

=日本テレビ提供
=日本テレビ提供
=日本テレビ提供
=日本テレビ提供
=日本テレビ提供
=日本テレビ提供
=日本テレビ提供
=日本テレビ提供
=日本テレビ提供
=日本テレビ提供
=日本テレビ提供
=日本テレビ提供
=日本テレビ提供
=日本テレビ提供
=日本テレビ提供
=日本テレビ提供

第3話のあらすじ 高畑充希“サクラ”が同期・橋本愛“百合”に「ブス!」 対立描く

連続ドラマ「同期のサクラ」第3話のワンシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「同期のサクラ」第3話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の高畑充希さんが主演する連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第3話が10月23日、放送される。同話では、主人公サクラ(高畑さん)と同期の月村百合(橋本愛さん)が意見をぶつけ合う。予告では、サクラが百合に「ブス!」とののしる姿などが収められている。

 2019年春、眠り続けるサクラ(高畑充希)の病室には赤ん坊を抱く月村百合(橋本愛さん)の姿があった。夢を追い続けたサクラに影響され、娘に「夢」という名前をつけた百合は入社3年目直前のことを思い出していた……。

 東日本大震災の前日の2011年3月10日。サクラは新規採用向けのパンフレットを作るため、広報部の百合と協力して各部署で3年目を迎える同期たちに取材をすることになった。

 “ミス広報”ともてはやされ、何事も波風立てずに本音を押し殺して働く百合は、黒川(椎名桔平さん)らの指示でも納得しなければ従えないサクラにあきれつつ、一緒に取材に向かう。木島葵(新田真剣佑さん)、土井蓮太郎(岡山天音さん)、そして、サクラの影響で営業部での仕事ぶりが一皮むけた感のある清水菊夫(竜星涼さん)と、一通り取材を終えたところで、サクラは優秀だと評判の百合にもインタビューしたいと考える。

 やりがいに満ちた百合のコメントに心を打たれるサクラだが、取材が終わった途端、百合は「転職か寿退社した方がマシ」だと本音を漏らす。サクラが何か言おうとした時、百合の携帯にクライアントの年輩男性からしつこい食事の誘いメールが届く。取引先をむげにすることもできない百合は、事を荒立てずにセクハラを回避するためサクラに同行を頼む。

 その夜、サクラは、百合と共にクライアントが待つ高級レストランへ。百合1人でないことが気に入らない相手をよそに、サクラはおいしい料理に感動する。百合が席を外したときに、クライアントから2人きりにしてほしいと頼まれたサクラは、そんたくしない発言でクライアントを怒らせてしまう。百合は、サクラのせいでクライアントが帰ってしまったと知り憤慨。「会社で問題になったらどうするのだ」とサクラを責める。

 その翌日の3月11日。広報部長の葦田が百合を連れて人事部に押しかけてきて、サクラが大切なクライアントを怒らせたと黒川を責める。百合をセクハラから守ったと話すサクラだが、百合は、「本人は辛くなかった」と主張する葦田を否定しなかった。黒川に促されたサクラが謝ろうとしたそのとき、大きな揺れが起きる。

 その夜、家に帰れずサクラの家に泊まった百合は、自分と違い真っすぐに夢を追うサクラの生き方を尊敬しながらも、暑苦しさを感じてしまう。女性として生きづらさを感じながら自分の居場所を探し続けてきた百合は、会社から逃げるようにそれほど愛していない彼との結婚を決める……というストーリー。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供