連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班 ニュース

木村文乃主演クライムサスペンスがついに最終回 タイトルに隠されたもう一つの意味とは? 驚愕のラストが待ち受ける…!

木村文乃さん主演「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」の第6話の場面カット=WOWOW提供
木村文乃さん主演「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」の第6話の場面カット=WOWOW提供

 女優の木村文乃さんが主演するWOWOWの大ヒットクライムサスペンス「殺人分析班」シリーズの最新作「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」の最終回となる第6話が、12月22日午後10時にWOWOWプライムで放送される。塔子(木村さん)に何かを告げようとしたまま行方不明になった鷹野(青木崇高さん)に命の危機が迫る。塔子は鷹野が追っていた謎に迫っていく中、最後の猟奇殺人犯の恐ろしい実像に気付いていく……。気になる最終回の見どころを紹介する。

 ◇最終回第6話は… ついに塔子は最後の猟奇殺人犯と対峙する…!

 そして12月22日午後10時にWOWOWプライムで放送される第6話は……。塔子宛てに送られてきた切り取られた“指”のDNA鑑定結果から、ある行方不明の女性が浮上する。彼女との関与が明らかになった人物は、塔子がよく知るまさかの人物だった。しかし、その人物の異常性にいち早く気づき、独自捜査を進めていた鷹野は監禁されてしまう。捜索の末、ついに鷹野の居場所を突き止めた塔子は、猟奇殺人犯と対峙(たいじ)することになるのだが……。

 指を送ってきた犯人に気づいた塔子は、果たして鷹野を救い出すことができるのか……。最後に犯人と対峙する際の息詰まるやりとりには、一時も目が離せない。

 タイトルの「蝶の力学」とは「バタフライ効果」を意味し、「ブラジルでチョウがはばたくとテキサスで大きな竜巻が起こる」、日本でいう「風が吹けば桶屋がもうかる」のこと。きっかけは偶然でもそれが連鎖して大きくなっていく、このタイトルが意味することも最終回で明らかになる。

 「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」は、毎週日曜午後10時にWOWOWプライムで放送中。全6話。WOWOWオンデマンドでは放送済みの全エピソードを配信している。

いよいよクライマックス突入! 第5話の驚くべき展開とは?

木村文乃さんが主演する「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」の第5話の場面カット=WOWOW提供
木村文乃さんが主演する「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」の第5話の場面カット=WOWOW提供

 女優の木村文乃さんが主演するWOWOWの大ヒットクライムサスペンス「殺人分析班」シリーズの最新作「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」の第5話が12月15日午後10時にWOWOWプライムで放送される。いよいよ最終回の第6話の放送が迫る中、クライマックスに突入した注目の第5話の見どころを紹介する。

 ◇第5話では…ついに事件の真相へ そして誰も予想できない衝撃の展開!

 そして12月15日午後10時にWOWOWプライムで放送される第5話は……。11係はついに、一連の事件の真犯人へとたどり着く。その正体は、誰も予想し得なかった意外な人物だった。犯人逮捕で事件は解決に向かうと思われたが、塔子はどうしても“ある疑念”が消えないでいた。塔子はその疑念を鷹野にぶつけようとするが、鷹野は着信を受け、どこかに向かったきり、そのまま行方不明になってしまう……。消息を絶った鷹野の居場所を捜す11係は、調べを進める中で衝撃の事実をつかむ……。

 タイトルの「蝶の力学」とは「バタフライ効果」を意味し、「ブラジルでチョウがはばたくとテキサスで大きな竜巻が起こる」、日本でいう「風が吹けば桶屋がもうかる」のこと。きっかけは偶然でもそれが連鎖して大きくなっていく、このタイトルが意味することとは……。犯人に迫る塔子の緊迫した現場の捜査、鷹野は事件の裏で一体何を追いかけていたのか……。息詰まる展開に目が離せない。

 「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」は、毎週日曜午後10時にWOWOWプライムで放送中。全6話。WOWOWオンデマンドでは放送済みの全エピソードを配信している。

ターニングポイントの第4話見どころ まだ間に合う第1~3話の振り返りも

木村文乃さんが主演する「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」の第4話の場面カット WOWOW提供
木村文乃さんが主演する「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」の第4話の場面カット WOWOW提供

 女優の木村文乃さんが主演するWOWOWの大ヒットクライムサスペンス「殺人分析班」シリーズの最新作「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」の第4話が12月8日午後10時にWOWOWプライムで放送される。それに先駆けて、これまで放送されてきた第1~3話が12月5日午前9時半からWOWOWプライムで一挙放送される。第1~3話までを振り返りつつ、第4話の見どころを紹介する。

 2015年放送の「連続ドラマW 石の繭 殺人分析班」、2016年放送の「連続ドラマW 水晶の鼓動 殺人分析班」に続く第3弾。原作は麻見和史さんの「蝶の力学 警視庁殺人分析班」(講談社文庫)。警視庁捜査1課11係の刑事・如月塔子(木村さん)が最も信頼する先輩刑事、鷹野秀昭(青木崇高さん)の公安部への異動が決まり、その異動が数日後に迫る中、資産家の天野秀雄が自宅で惨殺される事件が発生。遺体は切り裂かれた首に“花”が生けられた状態で発見され、秀雄の妻・真弓は事件の日から行方不明になっていた。捜査本部が真弓を最重要参考人として捜索していると、「クラスター16」と名乗る犯人から新聞社宛てに、犯行声明と真弓の居場所を示唆するメールが届き……というストーリー。

 ◇シリーズ史上最も難解な猟奇殺人事件に塔子たちが挑む!

 第1話は、資産家の天野秀雄が自宅の玄関先で惨殺遺体となって発見された。遺体の首は横にぱっくり切り裂かれ、そこには4本のブルーデイジーの花が生けられていた。妻の真弓(加藤侑紀さん)の行方が分からなくなっており、「クラスター16」と名乗る犯人から新聞社宛てに、真弓の居場所を示唆するメールが届く。そのメールを手掛かりに捜査を続ける塔子たちだったが……。

 第2話は、誘拐されていた真弓の遺体が公園の池でプラスチックケースに入った状態で発見され、ショックを受ける殺人分析班。真弓の遺体も秀雄と同じように首が切り裂かれており、ローズマリーの花が4本生けてあった。そして、塔子宛てに送られてきた指は真弓のものではなかった。そんな中、塔子と鷹野が移動中の車の中で何者かに襲撃される。“クラスター16”に翻弄(ほんろう)されながらも捜査を続ける塔子たちのもとに、第3の殺人予告メールが届く……。

 第3話は、容疑者として浮上していたバーのオーナーの男が第3の被害者としてバーの隠し部屋で遺体で発見される。これまでと同様の手口で、遺体の裂かれた首には勿忘草(わすれなぐさ)が“4本”生けられていた。“クラスター16”の“16”という数字から、被害者がもう一人出るのではと捜査1課は推理する。捜査が難航する中、鷹野の異動が迫り、責任とプレッシャーで押しつぶされそうになる塔子。しかし、真弓の部屋から犯人を連想させるメモが見つかり、さらに彼女のある秘密が明らかになり……。

 第1~3話は12月5日午前9時半からWOWOWプライムで一挙放送。

 ◇第4話では無差別殺人の予告が… 三つの謎に迫る

 そして12月8日午後10時にWOWOWプライムで放送される第4話は……。「コンヤ、オオゼイノ、ニンゲンヲ、コロス」……“クラスター16”から無差別殺人の予告メールが届く。11係は捜査でつかんだ手掛かりから、真弓の不倫相手の坂口(瀧川鯉斗さん)を犯人だと筋読みし、殺人の阻止と犯人の確保に急ぐ。実行されるであろう現場を突き止めたものの、塔子と鷹野はどうしても坂口が犯人だとは思えず、違和感を抱いていた。その違和感の正体を突き止めようと捜索を続ける2人。そこで第4の遺体を発見する……。

 ここまでで謎は三つある。「なぜ犯人は遺体の喉を裂いたのか」「なぜ殺した遺体に花を生けたのか」「警察に送られた指が誰のものでなんのためなのか」……。1人目の遺体にあったブルーデイジーの花言葉は「純粋・幸福・無邪気」、2人目の遺体にあったローズマリーの花言葉は「思い出、記憶、静かな力強さ」、3人目の遺体にあった勿忘草の花言葉は「私を忘れないで、真実の友情、誠の愛」、4人目の遺体にあったスターチスの花言葉は「いたずら心、驚き」。これら4人の遺体と共にあった花の花言葉の意味は……。

 タイトルの「蝶の力学」とは「バタフライ効果」を意味し、「ブラジルで蝶がはばたくとテキサスで大きな竜巻が起こる」、日本でいう「風が吹けば桶屋が儲かる」のこと。きっかけは偶然でもそれが連鎖して大きくなっていく、このタイトルが意味することとは……。毎回犯人を追い詰めるための緊迫した現場の捜索、謎めく犯行予告と塔子たちの推理(筋読み)、行き詰まる展開に目が離せない。

 「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」は、毎週日曜午後10時にWOWOWプライムで放送中。全6話。WOWOWオンデマンドでは放送済みの全エピソードを配信している。

木村文乃、監督とはいつも“殴り合い”? 「 蝶の力学 殺人分析班」撮影の裏側明かす

WOWOWの「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」の完成披露試写会に登場した木村文乃さん
WOWOWの「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」の完成披露試写会に登場した木村文乃さん

 女優の木村文乃さんが11月14日、東京都内で行われたWOWOWの連続ドラマ「殺人分析班」シリーズの最新作「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」の完成披露試写会に登場。2016年放送の前作から3年ぶりの今作で、エース的存在に成長した塔子を演じたことについて木村さんは「最初からエースという重荷を背負って現場に立って、『エースだから』と(内片輝)監督に言われて、祭り上げられちゃっている感じが(した)……」と苦笑い。さらに「監督とは、いつも『こうですよね』と相談するわけじゃなくて。お互いに、やってみて『どうだよ』という、殴り合いみたいな(やり取り)……(笑い)」と明かし、場を笑わせていた。

 木村さんは、久々の「殺人分析班」シリーズの現場について「またこの場所に帰ってこられるとは思わず、すごくわくわくした気持ちで参加させていただきました」と率直な心境を吐露。また、「現場が楽しくて……。(普段は)WOWOW(の現場に)入るってなると『あー、大変だ』となるぐらいなんですけど、今回は撮影が終わるにつれて『もっとできることがあるんじゃないか』『もっと日があればいいのに』と思っちゃって、不思議でしたね。終わってからも“ロス”でした」としみじみと振り返っていた。

 完成披露試写会には青木崇高さん、内片監督も出席した。

木村文乃主演作第3弾「蝶の力学」ポスタービジュアル公開 事件解決への“鍵”が…

木村文乃さん主演の「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」のポスタービジュアル=WOWOW提供
木村文乃さん主演の「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」のポスタービジュアル=WOWOW提供

 女優の木村文乃さん主演のWOWOWの連続ドラマ「殺人分析班」シリーズの最新作「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」のポスタービジュアルが9月17日、公開された。今作は、遺体の首に「青い花」が生けられる連続猟奇殺人事件を描く。ポスターは、浅瀬に浮かんだ警視庁捜査1課11係の刑事、如月塔子(木村さん)の周りに「蝶」と青い花がデザインされている。生と死の狭間で揺れる塔子を表現しているという。

 「蝶の力学」は、「ほんのささいなことが、徐々にとんでもない大きな現象の引き金につながる」という「バタフライ効果」を意味している。ポスターに写し出されている青い花は、右上が「ブルーデージー」、左上が「スターチス」、胸元にあるのが「勿忘草(わすれなぐさ)」で、これらが事件を解決に導く鍵になってくるという。

木村文乃主演作第3弾「蝶の力学」特報公開 過去作のスリリングな映像も

出典:YouTube
シリーズ最新作「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」で主演を務める木村文乃さん=WOWOW提供
シリーズ最新作「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」で主演を務める木村文乃さん=WOWOW提供

 女優の木村文乃さん主演のWOWOWの連続ドラマ「殺人分析班」シリーズの最新作「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」の特報が9月9日、公開された。特報の冒頭では、同シリーズの過去2作品のスリリングな映像が映し出され、それに続いて最新作の映像が登場する。

 最新作は、2015年放送の「連続ドラマW 石の繭 殺人分析班」、2016年放送の「連続ドラマW 水晶の鼓動 殺人分析班」に続く第3弾。

木村文乃主演ドラマ新作に青木崇高、仲村トオルら再集結 新キャラで菊地凛子も

WOWOWの連続ドラマ「殺人分析班」シリーズの最新作「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」のフルキャスト
WOWOWの連続ドラマ「殺人分析班」シリーズの最新作「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」のフルキャスト

 女優の木村文乃さん主演のWOWOWの連続ドラマ「殺人分析班」シリーズの最新作「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」のフルキャストが8月29日、発表され、青木崇高さん、北見敏之さん、藤本隆宏さん、小柳友さん、渡辺いっけいさん、勝村政信さん、段田安則さん、神野三鈴さん、仲村トオルさんといったおなじみのメンバーが再集結することが分かった。また、新キャラクターとして、司法解剖を担当する法医学者の相羽町子役を菊地凛子さんが演じることも発表された。

 最新作は、2015年放送の「連続ドラマW 石の繭 殺人分析班」、2016年放送の「連続ドラマW 水晶の鼓動 殺人分析班」に続く第3弾。木村さん演じる主人公・如月塔子が、シリーズ史上最も難解な猟奇殺人事件の解決に挑むほか、相棒の鷹野秀昭(青木さん)の異動による、塔子の成長などが描かれる。

 第3弾は、前2作と、同シリーズのスピンオフドラマとして10月6日から毎週日曜午後10時半に放送される「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」(WOWOWプライム)の内片輝監督がメガホンをとる。全編4K-HDRでドラマ化され、リアルで臨場感あふれる映像に仕上がるという。物語は、遺体の首に青い花が生けられるという、猟奇殺人事件が起き……という展開。

 青木さんはドラマについて「ここまでのドラマはWOWOWでしか描けないかもしれません。殺人分析班、そして如月塔子の成長ぶりをお楽しみください」とアピール。また、菊地さんは、「危うい世界、倫理を超越したこのサスペンスにどっぷり浸かっていただくことを楽しみにしております」と意気込んでいる。

 「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」は、11月17日から毎週日曜午後10時にWOWOWプライムで放送。初回は無料放送。本作の放送を記念して、シリーズ第1弾を11月9日深夜0時、第2弾を11月10日午後6時から一挙再放送。また、関連番組「『連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班』徹底ガイド!」を10月6日午後10時25分に放送する。

木村文乃、WOWOW主演ドラマ「殺人分析班」第3弾放送へ シリーズ史上最も難解な猟奇殺人事件に挑む

シリーズ最新作「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」で主演を務める木村文乃さん=WOWOW提供
シリーズ最新作「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」で主演を務める木村文乃さん=WOWOW提供

 女優の木村文乃さん主演のWOWOWの連続ドラマ「殺人分析班」シリーズの最新作「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」が11月から放送される。最新作は、2015年放送の「連続ドラマW 石の繭 殺人分析班」、2016年放送の「連続ドラマW 水晶の鼓動 殺人分析班」に続く第3弾。木村さん演じる主人公・如月塔子が、シリーズ史上最も難解な猟奇殺人事件の解決に挑むほか、相棒の鷹野秀昭の異動による、塔子の成長などが描かれる。ドラマオリジナルキャラクターとなる法医学者の相羽町子も登場する。

 第3弾は、前2作と、同シリーズのスピンオフドラマとして10月6日から毎週日曜午後10時半に放送される「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」(WOWOWプライム)の内片輝監督がメガホンをとる。全編4K-HDRでドラマ化され、リアルで臨場感あふれる映像に仕上がるという。物語は、遺体の首に青い花が生けられるという、猟奇殺人事件が起き……という展開。

 木村さんは、最新作の放送が決定したことについて「(前作から)4年たった今、殺人分析班のメンバーが1人も欠けることなく集まってくださいました。こうして喜びと闘志を感じられるのも、待っていてくださった皆様のお陰様だということを胸に、塔子の新たな葛藤と成長をお届けしたいと思います」と語り、「3度目の、重く熱い夏がやってきました。皆さんの応援に背中を押していただいて、良い作品にできるよう最高のスタッフ陣と共にまい進してまいります!」とメッセージを寄せている。

 木村さんが「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」に、如月塔子役で登場することも発表された。

連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班WOWOWプライム
2019年11月17日から毎週日曜午後10時に放送。初回は無料放送