特命刑事 カクホの女2 あらすじ

特命刑事 カクホの女2あらすじ

 ドラマ「特命刑事 カクホの女2」は、名取裕子さんと麻生祐未さんがタッグを組んだ連続ドラマ「特命刑事 カクホの女」(テレビ東京系)の第2シーズン。2019年10月から放送。2人は2014年4月期に放送されたドラマ「マルホの女~保険犯罪調査員~」(同)でもコンビを組んでいる。

 「特命刑事 カクホの女」は、警視庁入庁以来人事一筋で捜査は素人だが、洞察力で事件を解決する警察官・北条百合子(名取さん)と、ノンキャリアながら県警一の捜査実績を残している現場のたたき上げ刑事・三浦亜矢(麻生さん)の活躍を描く。シーズン2は、神奈川県警本部から所轄の副署長に着任するが、窓際事務仕事ばかりの亜矢と、定年退職した百合子が嘱託刑事として現場復帰し、再タッグを組む。

ドラマ「特命刑事 カクホの女2」のあらすじ