磯野家の人々~20年後のサザエさん~ あらすじ

磯野家の人々~20年後のサザエさん~あらすじ

 ドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」は、フジテレビ開局の60周年記念と、アニメ「サザエさん」の放送50周年を記念したスペシャルドラマ。20年後のサザエさんを、女優の天海祐希さんが演じる。既に発表されている、10年後のサザエさん一家を描く舞台「サザエさん」に続き、スペシャルドラマでは20年後を描く。また、西島秀俊さんがマスオ、濱田岳さんがカツオ、松岡茉優さんがワカメ、成田凌さんがタラオ、市毛良枝さんがフネ、伊武雅刀さんが波平を演じることも発表された。

 ドラマは、いつも明るく笑い声の絶えなかった磯野家。20年がたち、家族一同が会う機会を持つことも難しくなっていた。すれ違う家族の仲を修復しようとサザエは、町内の盆踊り大会に、久々に家族全員で行こうと計画を立てる。果たして、サザエのおせっかいは家族に届くのか。磯野家の笑顔を取り戻せるのか……という展開。

ドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」のあらすじ

磯野家の人々~20年後のサザエさん~フジテレビ系
2019年11月24日午後8時に放送