サギデカ あらすじ

サギデカあらすじ

 ドラマ「サギデカ」は、昨年7月期に放送され、文化庁芸術祭大賞を受賞した同局のドラマ「透明なゆりかご」で知られる脚本家の安達奈緒子さんのオリジナル作。女優の木村文乃さんが主演を務める。木村さんは今回がNHKドラマ初主演で、特殊詐欺捜査専門の警視庁捜査二課警部補を演じる。

 「振り込め詐欺」「還付金詐欺」などの特殊詐欺捜査専門の今宮夏蓮(木村さん)が、詐欺犯摘発に心血を注ぐ社会派ヒューマンドラマ。今宮は「振り込め詐欺犯は必ず捕まえる」という強い意志を持ち、がむしゃらかつ綿密な捜査で犯罪者たちに肉薄する。一方で、最近はちょっと涙もろくて困っている、というキャラクター。

 不幸な境遇で育ち、社会でのし上がろうと詐欺に手を染めるも、今宮との間に奇妙な信頼関係を築いていく加地颯人役で高杉真宙さんが出演。今宮が所属する「警視庁捜査二課・南新宿分室」メンバーとして、眞島秀和さん、清水尋也さん、足立梨花さん、遠藤憲一さん、鶴見辰吾さんも登場する。

<ドラマ紹介>「サギデカ」 木村文乃が特殊詐欺の実態に肉薄! 第1話あらすじも

NHK「土曜ドラマ サギデカ」第1回の一場面 (C)NHK
NHK「土曜ドラマ サギデカ」第1回の一場面 (C)NHK

 女優の木村文乃さん主演のNHK連続ドラマ「サギデカ」(総合、土曜午後9時)が8月31日スタートする。昨年7月期に放送され、文化庁芸術祭大賞を受賞した同局のドラマ「透明なゆりかご」で知られる脚本家の安達奈緒子さんのオリジナル作。木村さんは今回がNHKドラマ初主演で、特殊詐欺捜査専門の警視庁捜査二課警部補を演じる。

 「振り込め詐欺」「還付金詐欺」などの特殊詐欺捜査専門の今宮夏蓮(木村さん)が、詐欺犯摘発に心血を注ぐ社会派ヒューマンドラマ。今宮は「振り込め詐欺犯は必ず捕まえる」という強い意志を持ち、がむしゃらかつ綿密な捜査で犯罪者たちに肉薄する。一方で、最近はちょっと涙もろくて困っている、というキャラクター。

 不幸な境遇で育ち、社会でのし上がろうと詐欺に手を染めるも、今宮との間に奇妙な信頼関係を築いていく加地颯人役で高杉真宙さんが出演。今宮が所属する「警視庁捜査二課・南新宿分室」メンバーとして、眞島秀和さん、清水尋也さん、足立梨花さん、遠藤憲一さん、鶴見辰吾さんも登場する。

 第1回「名前のない男」は、今宮の内偵が奏功し、同僚の森安(眞島さん)らは係長・手塚(遠藤さん)の指揮の下、振り込め詐欺のアジトに突入。実行犯「架け子」たちの逮捕に成功する。

 しかし彼らは犯罪組織の末端に過ぎず、大金を手にする上層部の事を何も知らない。一人の青年(高杉さん)に至っては、彼自身どこの誰なのか、全く手掛かりをつかめない。青年は今宮の取調べに「僕らの仕事は社会の役に立っている」と奇妙な主張を始める。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK

第2回のあらすじ 詐欺師は誰? 高杉真宙が思わせぶり… 木村文乃「私、人を見る目はあるの」

NHK「土曜ドラマ サギデカ」第2回の一場面 (C)NHK
NHK「土曜ドラマ サギデカ」第2回の一場面 (C)NHK

 女優の木村文乃さん主演のNHK連続ドラマ「サギデカ」(総合、土曜午後9時)の第2回「流転する老人たち」が9月7日放送される。特殊詐欺捜査専門の警視庁捜査二課警部補・今宮(木村さん)は、管理官の北原(鶴見辰吾さん)から、振り込め詐欺の上層部摘発を狙う「突き上げ捜査」を当面控え、末端の被害食い止めを優先するよう告げられる。反発する今宮だが……。予告編には「詐欺師は誰?」といったテロップのほか、今宮が「私、人を見る目はあるの」と誰かに告げるシーンが出ている。

 手塚係長(遠藤憲一さん)にたしなめられ、従うことにする今宮。しかし、釈放された「かけ子」(電話をかけて相手をだます役)の加地(高杉真宙さん)は、今宮に「上から接触があったら連絡しますよ」と思わせぶりなことを持ちかける。一方、元・高校教師の老人、北村(伊東四朗さん)は、教え子の原田(筒井真理子さん)という女性に声を掛けられる。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK

第3回のあらすじ 生活費を稼ぐための詐欺に木村文乃は… 予告編で衝撃告白も?

NHK「土曜ドラマ サギデカ」第3回の一場面 (C)NHK
NHK「土曜ドラマ サギデカ」第3回の一場面 (C)NHK

 女優の木村文乃さん主演のNHK連続ドラマ「サギデカ」(総合、土曜午後9時)の第3回「掌中の娘」が9月14日放送される。お年寄りから言葉巧みにキャッシュカードを奪い取る、亜佐美(古川琴音さん)という若い詐欺師が逮捕される。彼女が組織的な犯罪ではなく、両親と家族3人の生活費を稼ぐための詐欺だったことを知った今宮(木村さん)は、なぜか気分が悪くなってしまう……。

 一方、加地(高杉真宙さん)は、振り込め詐欺グループの「番頭」(長塚圭史さん)の指示で、「店長」(玉置玲央さん)とともに大金を遠方へ運ぶことになる。そこは加地の故郷だった。また、警視庁捜査二課・南新宿分室の係長・手塚(遠藤憲一さん)がある理由で、今宮の祖母・しのぶ(香川京子さん)の焼き鳥店を訪れる。同回では今宮の過去が明らかになるといい、予告編には「私ね、犯罪者の娘なのよ」と告白するシーンもある。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK

第4回のあらすじ 高杉真宙の消息途絶えるも… 行き詰まった青木崇高がある人物に接触!

NHK「土曜ドラマ サギデカ」第4回の一場面 (C)NHK
NHK「土曜ドラマ サギデカ」第4回の一場面 (C)NHK

 女優の木村文乃さん主演のNHK連続ドラマ「サギデカ」(総合、土曜午後9時)の第4回「金と命」が9月21日放送される。詐欺グループの「店長」(玉置玲央さん)の死に加地(高杉真宙さん)が関わっているとにらんだ刑事の今宮(木村さん)と森安(眞島秀和さん)。「警視庁捜査二課・南新宿分室」メンバー総動員で行方を追うが、加地の消息はぷっつりと途絶えてしまう……。

 分室メンバーの戸山(清水尋也さん)が、被害額は1000万円以上ばかりという高額の振り込め詐欺の動きを察知する。その被害状況を精査した今宮は、あることに気付く。

 新薬承認の折衝に行き詰まった廻谷(青木崇高さん)は、とある人物にひそかに会いに行く。予告編には、今宮の「加地の潜伏先確認しました。逮捕状を請求します」とのせりふや「加地、どうして!」と叫ぶシーンもある。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK