相棒season18 ニュース

<テレビ試写室>「相棒18」第4話 これぞ相棒…社会問題巧みに描く骨太展開 冠城の“テクニック”も

連続ドラマ「相棒シーズン18」第4話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「相棒シーズン18」第4話の一場面=テレビ朝日提供

 ドラマからドキュメンタリー、バラエティー、アニメまで、さまざまなジャンルのテレビ番組について、放送前に確認した記者がレビューをつづる「テレビ試写室」。今回は10月30日に放送される、人気刑事ドラマ「相棒シーズン18」(テレビ朝日系、水曜午後9時)の第4話「声なき声」だ。

 厚生労働省の過重労働撲滅特別対策班、通称“かとく”の職員が転落死体で発見され、杉下右京(水谷豊さん)と冠城亘(反町隆史さん)が捜査に乗り出し、現場のやじ馬の中に、真実を伝えるジャーナリストとして名をはせる中川(長谷川朝晴さん)を見つける。

 中川が亡くなったかとくの職員と面識があることに不穏な空気を感じた2人は、中川と知り合いだという週刊誌「週刊フォトス」の記者・風間楓子(芦名星さん)に話を聞く。中川が取材していた児童の遊具事故、かとく職員の転落死と児童の死亡事故という一見接点のなさそうな二つの事件に意外なつながりが見えてくる……。

 かとくのリーダーから話を聞き出すのに、元キャリア官僚らしい冠城の“テクニック”が見られたのには、にやりとさせられたが、気骨のジャーナリストの自負心と葛藤、官僚の使命感と思い、問題点が指摘されている労働を巡る制度、次期閣僚候補の政治家も絡み、事件の意外な真相が明らかになっていく……。社会問題を巧みに取り込んだ骨太なストーリーで、事件を通じて現代日本の問題について大いに考えさせられる。これぞ相棒という展開で、見応え十分だ。

シリーズ史上初の無料見逃し配信スタート 初回SP「アレスの進撃」は次週完結

ドラマ「相棒season18」の一場面=テレビ朝日提供
ドラマ「相棒season18」の一場面=テレビ朝日提供

 人気刑事ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の新シーズン「相棒season18」(水曜午後9時放送)で無料見逃し配信を実施することが10月9日、明らかになった。ドラマは同日、初回スペシャル「アレスの進撃」が放送され、放送終了後から無料見逃し配信がスタートした。「相棒」シリーズでは初の見逃し配信となる。今後、毎週水曜の地上波放送終了後、「テレ朝キャッチアップ」「Abemaビデオ」「TVer」「GYAO!」などで配信される。

 「相棒season18」の初回スペシャル「アレスの進撃」は、日本最北端に位置する架空の島・天礼島が舞台。ロンドン旅行から帰国したはずの右京(水谷豊さん)が消息不明となり、亘(反町隆史さん)は右京を捜すため島へ行くことになる。そこで、不気味な連続殺人事件が発生し……というストーリーだった。船越英一郎さんらがゲスト出演。

 「アレスの進撃」は、10月16日放送の次回に完結を迎える。天礼島で起きた謎の連続殺人の真相を追ううち、特命係は島内でひそかに進行していたある陰謀にたどり着く。右京と亘は、国家を揺るがす巨大な謀略を止めることができるのか……という展開。16日午後9時~10時24分に放送。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

初回放送直前! 水谷豊&反町隆史が生配信に 見どころ、撮影秘話明かす

ドラマ「相棒season18」のスペシャルライブ配信の告知ビジュアル=テレビ朝日提供
ドラマ「相棒season18」のスペシャルライブ配信の告知ビジュアル=テレビ朝日提供

 人気刑事ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の新シーズン「相棒season18」(水曜午後9時放送)の初回スペシャル「アレスの進撃」が10月9日午後9時から放送されるのを前に、同日午後5時半からスペシャルライブ配信が実施され、杉下右京役の水谷豊さんと冠城亘役の反町隆史さんが登場することが分かった。LINE、Twitter、Facebookの「相棒」公式アカウントと、YouTubeのテレビ朝日公式アカウントで配信される。

 コンビとして5シーズン目を迎える2人がますます深まった“絆”を感じさせるトークを展開し、ドラマシリーズ最大規模となった北海道ロケを行ったことも話題の初回スペシャルのみどころや撮影秘話を披露する。

 ライブ配信の進行役は、映画コメンテーターで「相棒season13」の最終回スペシャル「ダークナイト」に俳優として出演した赤ペン瀧川さんが担当。“相棒愛”あふれる赤ペン瀧川さんが、意外な角度から水谷さんと反町さんの素顔に迫る。また、ライブ配信に伴い、SNSを通じて2人への質問や応援メッセージも募集する。

「相棒」新シーズン初回ゲストに船越英一郎 “兄”水谷豊とシリーズ初共演

人気刑事ドラマ「相棒season18 テレビ朝日開局60周年記念スペシャル」にゲスト出演する船越英一郎さん =テレビ朝日提供
人気刑事ドラマ「相棒season18 テレビ朝日開局60周年記念スペシャル」にゲスト出演する船越英一郎さん =テレビ朝日提供

 俳優の船越英一郎さんが、10月スタートの人気刑事ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の「相棒season18」初回スペシャルに、ゲスト出演することが9月19日、明らかになった。船越さんが同シリーズに出演するのは今回が初めて。兄のように慕い続けてきたという水谷豊さんと共演を果たす。

 船越さんはデビューまもなく、水谷さん主演の連続ドラマ「気分は名探偵」(1984~85年、日本テレビ系)で約半年間にわたって共演。同ドラマで主人公の“弟分”を演じた船越さんは、「まだ右も左も分からない時期に、演技のことはもとより、俳優としての姿勢や心得、そして人間としてのあり方など、僕自身の基礎となるようなものをすべて教えていただいたんです。だから僕は一生、水谷さんの弟分だと自負しています」と振り返っている。

 2人の絆が育まれた背景には、船越さんの亡き父、船越英二さんが大ヒットドラマ「熱中時代」(1978~81年、日本テレビ系)で水谷さんと共演し、深い親交があったという縁もあるという。

 「相棒season18」の初回スペシャルの舞台は、日本最北端に位置する架空の島「天礼島」で、ロンドン旅行から帰国したはずの右京(水谷さん)が消息不明となり、亘(反町隆史さん)は右京を捜すため島へ行くことになる。そこで、不気味な連続殺人事件が発生する……というストーリー。

 船越さんは、事件の容疑者で、陸上自衛隊で特殊作戦群に所属していた元レンジャー隊員・岩田純を演じる。過酷な訓練で強靭(きょうじん)な肉体と精神力を磨き上げ、戦闘技術を体得した男。反町さん演じる亘との、スピード感あふれるアクションシーンもあるという。クランクアップの瞬間はスタッフ、キャストから大きな拍手が沸き起こり、水谷さんともがっちりハグを交わす場面もあった。

 「相棒season18 テレビ朝日開局60周年記念スペシャル」は10月9日午後9~10時24分放送。

 ◇船越英一郎さんのコメント

 ――水谷豊さんとはかねてから親交があるそうですが、「相棒」のオファーを受けたときのお気持ちは?

 水谷さんと初めて共演したのは、23歳のころ。水谷さん主演のドラマ「気分は名探偵」(日本テレビ系)で弟分の役をやらせていただきました。まだ右も左も分からない時期に、演技のことはもとより、俳優としての姿勢や心得、そして人間としてのあり方など僕自身の基礎となるようなものをすべて教えていただいたんです。だから僕は一生、水谷さんの弟分だと自負しています。

 また、「相棒」はドラマが誕生したころから、いつか出演できたらいいなと願っていた、特別な思い入れのあるシリーズ。それだけに緊張感も責任感も人一倍大きいですし、万が一、この作品を汚すようなことがあったら一大事! 出演させていただくにあたっては、正直、僕もそれなりの“覚悟”が必要でした。でも“ドラマ誕生20年目”という節目に、こんな超大作にお招きいただき、とても光栄でした。

 ――撮影現場で、右京を演じる水谷さんと対面した感想は?

 当たり前のことですが、普段の水谷さんと右京さんはまったく違うキャラクターです。僕は「相棒」ファンなので、撮影中ついつい“右京さん”である水谷さんに見惚(ほ)れてしまい、「あ、芝居しなくちゃ!」と我に返る瞬間が度々……(笑い)。自分を律しながら演じなければいけない、そんな現場でした。

 ――冠城亘役の反町隆史さんと共演した感想は?

 反町さんとは初共演でしたが、彼は本当にナイスガイ! 大らかなようでいて、実にさりげなく気配りができる方ですね。一緒に食事に行くと、気がついたら僕の皿にサラダがよそわれているし、空いていたコップが満たされているんです(笑い)。

 また、俳優として輝かしいキャリアをお持ちなのに、どこかに青々としたフレッシュさを感じさせるのが、反町さんの一番の魅力だなと思いましたね。そのすがすがしさが、水谷さんとの間に素晴らしい化学反応を生むのだろうなと感じました。

 ――元レンジャーという役柄を演じた感想は?

 実は、脚本をラストまで読み通したとき、“僕はこの役を乗り越えられるだろうか”と真剣に悩んだぐらい、とんでもない衝撃を受けました。クライマックスシーンは洞爺湖で撮影したのですが、湖面よりもさらに静かな、文字どおり水を打ったような静けさの中で行われました。スタッフ、キャスト全員が緊張感を覚える……そんな現場を久しぶりに味わいましたね。

 ――ご自身が思う、テレビ朝日開局60周年記念スペシャルのみどころは?

 「テレビ朝日開局60周年記念スペシャル」には、「相棒」ファンの方々をいい意味で裏切るような衝撃展開がいくつもあります。今までの「相棒」とは何かが違う……。「相棒」というドラマそのものが、アドベンチャーの旅に出たような、そんな予感がするスペシャルです。

 これから半年間、「相棒」はどう進んでいくのだろうか……。そんな期待感をはらんだ「season18」の“船出”になっているのではないでしょうか! 僕自身、今までのキャリアの中でもかなり珍しい役柄で冒険をさせていただきましたし、一緒に「相棒」という船に乗せていただいてうれしかったです。ぜひ多くのみなさまに楽しんでいただきたいですね!

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

「相棒」新シーズンが10月に放送 舞台は最果ての離島 5年目の水谷豊&反町隆史コンビの関係は…

10月にスタートする「相棒season18」に出演する水谷豊さん(左)と反町隆史さん=テレビ朝日提供
10月にスタートする「相棒season18」に出演する水谷豊さん(左)と反町隆史さん=テレビ朝日提供

 人気刑事ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の新シーズン「相棒season18」が10月に放送されることが9月3日、明らかになった。俳優の水谷豊さん演じる杉下右京と、反町隆史さん演じる冠城亘(かぶらぎ・わたる)のコンビが引き続き登場し、2人のコンビが5シーズン目に突入することになる。10月から毎週水曜午後9時に2クールで放送。

 「相棒」は、警視庁の窓際部署「特命係」のキャリア警部・杉下右京がその天才的頭脳で推理し、相棒とともに難事件を解決するドラマ。反町さん演じる亘はシーズン14で登場。寺脇さんが演じた初代・亀山薫、及川光博さんが演じた2代目・神戸尊、成宮寛貴さんが演じた3代目・甲斐享に続く4代目の相棒だ。

 「相棒season18」の初回スペシャルの舞台は、日本最北端に位置する架空の島・天礼島で、ロンドン旅行から帰国したはずの右京が消息不明となり、亘は右京を探すため島へ行くことになる。そこで、不気味な連続殺人事件が発生する……というストーリー。初回スペシャルには、女優の木村佳乃さんが演じる比丘尼“妙春”こと元代議士・片山雛子も登場する。同作のため、北海道で10日間を超える大規模ロケが行われたという。

 新シーズンでは、警察庁長官官房付の甲斐峯秋(石坂浩二さん)、警視庁副総監・衣笠藤治(杉本哲太さん)、警視庁広報課長・社美彌子(仲間由紀恵さん)など、特命係存続のカギを握る上層部の面々が暗躍する。前シーズンから登場した大物政治家・鑓鞍兵衛(柄本明さん)、サイバーセキュリティ対策本部に出戻った青木年男(浅利陽介さん)も登場。また、捜査一課の“両エース”こと伊丹憲一(川原和久さん)と芹沢慶二(山中崇史さん)、組織犯罪対策5課・角田六郎課長(山西惇さん)らレギュラーメンバーも引き続き登場する。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

相棒season18テレビ朝日系
2019年10月から毎週水曜午後9時に2クールで放送