相棒season18 視聴率

初回視聴率は16.7%と好発進 失踪した右京を追って日本の最果てへ

「相棒」で杉下右京を演じる水谷豊さん
「相棒」で杉下右京を演じる水谷豊さん

 人気刑事ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の新シーズン「相棒season18」(水曜午後9時放送)が初回が「テレビ朝日開局60周年記念スペシャル」と銘打ち、10月9日に放送され、平均視聴率は16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。「season17」の初回視聴率17.1%には届かなかったが、好スタートを切った。

 初回「アレスの進撃」では、恒例のロンドン旅行を終えたはずの右京が、1週間も無断欠勤を続け、失踪する。右京を追って、北海道の北に位置する日本最果ての離島「天礼島」に乗り込んだ亘は、元特殊作戦群所属レンジャー・岩田純(船越英一郎さん)と出会うが……という展開だった。

第2回視聴率は15.4%と好調キープ 船越英一郎がゲスト出演「アレスの進撃」後編

 人気刑事ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の新シーズン「相棒season18」(水曜午後9時放送)の第2回が10月16日に放送され、平均視聴率は15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、初回の16.7%(同)に続いて好調をキープしている。

 第2話「アレスの進撃」後編は、右京と亘は、連続殺人の容疑が掛かった元特殊作戦群所属レンジャー・岩田純(船越英一郎さん)をおとりに、事件に関する情報を集めるため“信頼と友好の館”内部を捜索することに。すると、岩田の娘であるミナ(北香那さん)ら館のメンバーの部屋から、片山雛子(木村佳乃さん)がとある協会の顧問に就任したことを伝える週刊誌「週刊フォトス」を見つける。その意味を推理する中、右京と亘は、メンバーが利用していた漁師小屋で、海上の船から発せられているモールス信号を目撃。解読の結果、それがロシア語を意味しているのではないかと考えた亘は、社美彌子(仲間由紀恵さん)に解読を頼むことに。

 さらに、特命係を追って天礼島に上陸した捜査一課の伊丹(川原和久さん)と芹沢(山中崇史さん)が合流。連続殺人の背景が徐々に明らかになっていく中、事態が急変。ミナを連れ戻すため強引な手段に出ている岩田が、警察に保護されている館のメンバーの前に再び姿を現し……という展開だった。