相棒season18 あらすじ

相棒season18あらすじ

 ドラマ「相棒season18」は人気刑事ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の新シーズン。俳優の水谷豊さん演じる杉下右京と、反町隆史さん演じる冠城亘(かぶらぎ・わたる)のコンビが引き続き登場し、2人のコンビが5シーズン目に突入することになる。2019年10月から毎週水曜午後9時に2クールで放送。

 「相棒」は、警視庁の窓際部署「特命係」のキャリア警部・杉下右京がその天才的頭脳で推理し、相棒とともに難事件を解決するドラマ。反町さん演じる亘はシーズン14で登場。寺脇さんが演じた初代・亀山薫、及川光博さんが演じた2代目・神戸尊、成宮寛貴さんが演じた3代目・甲斐享に続く4代目の相棒だ。

 「相棒season18」の初回スペシャルの舞台は、日本最北端に位置する架空の島・天礼島で、ロンドン旅行から帰国したはずの右京が消息不明となり、亘は右京を探すため島へ行くことになる。そこで、不気味な連続殺人事件が発生する……というストーリー。初回スペシャルには、女優の木村佳乃さんが演じる比丘尼“妙春”こと元代議士・片山雛子も登場する。同作のため、北海道で10日間を超える大規模ロケが行われたという。

 新シーズンでは、警察庁長官官房付の甲斐峯秋(石坂浩二さん)、警視庁副総監・衣笠藤治(杉本哲太さん)、警視庁広報課長・社美彌子(仲間由紀恵さん)など、特命係存続のカギを握る上層部の面々が暗躍する。前シーズンから登場した大物政治家・鑓鞍兵衛(柄本明さん)、サイバーセキュリティ対策本部に出戻った青木年男(浅利陽介さん)も登場。また、捜査一課の“両エース”こと伊丹憲一(川原和久さん)と芹沢慶二(山中崇史さん)、組織犯罪対策5課・角田六郎課長(山西惇さん)らレギュラーメンバーも引き続き登場する。

ドラマ「相棒season18」のあらすじ

<ドラマ紹介>「相棒season18」 水谷豊×反町隆史のコンビが5シーズン目突入 初回はドラマシリーズ最大級のスケール 第1話あらすじも

スペシャルドラマ「相棒season18 テレビ朝日開局60周年記念スペシャル」の場面写真 =テレビ朝日提供
スペシャルドラマ「相棒season18 テレビ朝日開局60周年記念スペシャル」の場面写真 =テレビ朝日提供

 人気刑事ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の新シーズン「相棒season18」(水曜午後9時放送)が、10月9日スタートする。俳優の水谷豊さん演じる杉下右京と、反町隆史さん演じる冠城亘(かぶらぎ・わたる)のコンビが引き続き登場し、2人のコンビは5シーズン目に突入。初回は同局の開局60周年とシリーズ20年目を記念し、「テレビ朝日開局60周年記念スペシャル」と銘打った30分拡大放送。ドラマシリーズ最大級のスケールで描かれる。

 初回のタイトルは「アレスの進撃」で、輿水泰弘さんが脚本、橋本一さんが監督。ゲストで、船越英一郎さんがシリーズに初登場する。

 恒例のロンドン旅行を終えたはずの杉下右京が、1週間も無断欠勤を続け、冠城亘たちは安否を気にしていた。サイバーセキュリティ対策本部捜査官・青木年男(浅利陽介さん)が調べたところ、右京は1週間前に帰国し、その後の足取りが不明だった。そんな中、右京のスマートフォンが秋田の海岸で見つかる。潮流を計算すると、北海道の北に位置する日本最果ての離島「天礼島」から流れ着いていたことが分かる。

 単身、島に乗り込んだ亘は、日本とロシアの交流施設「信頼と友好の館」を訪ねるが、館長・甘村井留加(団時朗さん)らは、誰も右京を見かけていないという。その後、元特殊作戦群所属レンジャー・岩田純(船越さん)と出会った亘。岩田は「信頼と友好の館」で暮らす娘・ミナ(北香那さん)を連れ戻しに来たというが、ミナの仲間たちが次々に遺体となって見つかる事態が発生する……。

 本作のため、キャスト、スタッフは北海道で10日間を超える大規模ロケを敢行。北海道のダイナミックな景観と最新鋭の映像技術を生かして、圧巻の映像を収録したという。北海道を舞台にしたストーリーが描かれるのは、「season6」開局50周年記念元日スペシャル「寝台特急カシオペア殺人事件!上野~札幌1200kmを走る豪華密室!犯人はこの中にいる!!」以来、約12年ぶりとなる。

 「相棒」は、警視庁の窓際部署「特命係」のキャリア警部・杉下右京がその天才的頭脳で推理し、相棒とともに難事件を解決するドラマ。反町さん演じる亘はシーズン14で登場。寺脇康文さんが演じた初代・亀山薫、及川光博さんが演じた2代目・神戸尊、成宮寛貴さんが演じた3代目・甲斐享に続く4代目の相棒だ。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

第2話「アレスの進撃」後編 特命係が連続殺人犯と最終決戦 仲間由紀恵、木村佳乃も絡み…

ドラマ「相棒season18」第2話の場面写真 =テレビ朝日提供
ドラマ「相棒season18」第2話の場面写真 =テレビ朝日提供

 人気刑事ドラマ「相棒」の最新作「シーズン18」(テレビ朝日系、水曜午後9時)の第2話が10月16日、放送される。前回は、杉下右京(水谷豊さん)が消息不明となり、冠城亘(反町隆史さん)は右京を捜すため日本最北端に位置する架空の島・天礼島へ向かった。島内で再会した2人は、ロシアの交流を目的とした財団の施設“信頼と友好の館”で連続殺人事件に遭遇。特命係と連続殺人犯の最終決戦が始まる。

 第2話「アレスの進撃」の後編は、引き続き輿水泰弘さんが脚本、橋本一さんが監督。右京と亘は、連続殺人の容疑が掛かった岩田(船越英一郎さん)をおとりに、事件に関する情報を集めるため“信頼と友好の館”内部を捜索することに。すると、岩田の娘であるミナ(北香那さん)ら館のメンバーの部屋から、片山雛子(木村佳乃さん)がとある協会の顧問に就任したことを伝える週刊誌「週刊フォトス」を見つける。その意味を推理する中、右京と亘は、メンバーが利用していた漁師小屋で、海上の船から発せられているモールス信号を目撃。解読の結果、それがロシア語を意味しているのではないかと考えた亘は、社美彌子(仲間由紀恵さん)に解読を頼むことに。

 さらに、特命係を追って天礼島に上陸した捜査一課の伊丹(川原和久さん)と芹沢(山中崇史さん)が合流。連続殺人の背景が徐々に明らかになっていく中、事態が急変。ミナを連れ戻すため強引な手段に出ている岩田が、警察に保護されている館のメンバーの前に再び姿を現し……という展開。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

第3話あらすじ 右京が“猫探し”で出会った少女が誘拐され… 特命係が捜査に乗り出す

人気刑事ドラマ「相棒 シーズン18」第3話の場面写真 =テレビ朝日提供
人気刑事ドラマ「相棒 シーズン18」第3話の場面写真 =テレビ朝日提供

 人気刑事ドラマ「相棒」の最新作「シーズン18」(テレビ朝日系、水曜午後9時)の第3話が10月23日、放送される。鑑識課の益子(田中隆三さん)から飼い猫の捜索を依頼された杉下右京(水谷豊さん)と冠城亘(反町隆史さん)は、郊外の一角で無事に猫を保護。後日、益子と連れ立って、保護に協力してくれた小学生・明菜(大島美優ちゃん)に礼を言うためマンションを訪れると、隣室で殺人事件が起き、偶然居合わせた明菜が連れ去られてしまったことが分かり……。

 第3話「少女」は神森万里江さんが脚本、権野元さんが監督。殺人事件の容疑者は、島村(三浦誠己さん)という警備員の男。動機は、恋人を卑劣な手段で自死に追い込んだ被害者男性への恨みと推察された。右京と亘は、島村が明菜に危害を加えるのではないかと捜査に乗り出す。すると島村の恋人の自死をめぐって、意外な事実が浮かび上がり……という展開。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

第4話のあらすじ “かとく”職員の転落死事件に挑む特命係 児童死亡事故との意外なつながりが…

刑事ドラマ「相棒 シーズン18」第4話の場面写真=テレビ朝日提供
刑事ドラマ「相棒 シーズン18」第4話の場面写真=テレビ朝日提供

 人気刑事ドラマ「相棒」の最新作「シーズン18」(テレビ朝日系、水曜午後9時)の第4話が10月30日、放送される。厚生労働省の過重労働撲滅特別対策班、通称“かとく”の職員が転落死体で発見され、杉下右京(水谷豊さん)と冠城亘(反町隆史さん)が捜査に乗り出す。

 第4話「声なき声」は、児玉頼子さんが脚本、権野元さんが監督。かとくのメンバーは、特別司法警察職員として違法な事業所を検察庁に送検する権限があるため、口封じに殺された可能性も考えられた。捜査に乗り出した右京と亘は、現場の野次馬の中に、真実を伝えるジャーナリストとして名をはせている中川(長谷川朝晴さん)がいるのを見つける。

 中川が、亡くなったかとくの職員と面識があることに不穏な空気を感じた2人は、中川と古い知り合いだという週刊誌「週刊フォトス」の記者・風間楓子(芦名星さん)に話を聞く。すると、中川が最近、遊具による児童の死亡事故を取材していたことが分かる。かとく職員の転落死と児童の死亡事故。一見接点がなさそうな二つの事件だが、右京と亘がそれぞれの視点から捜査を進めると、意外なつながりが見えてくる……という展開。

第5話のあらすじ 人気覆面詩人が殺害? 冠城の元恋人が容疑者に浮上

刑事ドラマ「相棒 シーズン18」第5話の場面写真=テレビ朝日提供
刑事ドラマ「相棒 シーズン18」第5話の場面写真=テレビ朝日提供

 人気刑事ドラマ「相棒」シーズン18(テレビ朝日系、水曜午後9時)の第5話「さらば愛しき人よ」が11月6日、放送される。青酸カリの中毒死で「スノウ」というペンネームを持つ人気覆面詩人の女性が殺害され、容疑者として冠城亘(反町隆史さん)の元恋人が浮上する。

 第5話は児玉頼子さんが脚本、橋本一さんが監督。女性の殺害現場から亘の写真が発見されたため、伊丹(川原和久さん)たち捜査一課が事情を聴くと、スノウの正体は遺体で発見された女性ではなく、竹田ユキ(佐藤江梨子さん)という名の別人で、数年前に別れた元恋人だという。

 被害者と同居していたユキが姿を消していることから、捜査一課は容疑者として行方を追う。亘は、ユキと逢瀬(おうせ)を重ねたコーヒー店を数年ぶりに訪れる。顔なじみの店主・金子(水橋研二さん)から、ユキの連絡先を教えてもらうためだった。

 事件に興味を持った杉下右京(水谷豊さん)も合流。2人は被害者がスノウを名乗っていた理由を探るため、詩集の発行元を訪れる。すると、出版の契約をめぐってトラブルが起きていたことが判明する。

第6話のあらすじ 右京がわなで視力失う! わなと殺人事件がつながり…

ドラマ「相棒」シーズン18の第6話の場面カット=テレビ朝日提供
ドラマ「相棒」シーズン18の第6話の場面カット=テレビ朝日提供

 人気刑事ドラマ「相棒」シーズン18(テレビ朝日系、水曜午後9時)の第6話「右京の目」が11月20日放送される。杉下右京(水谷豊さん)は、訪れたアパートの一室で訪問者を陥れるわなにかかり、視力を奪われてしまう。

 根本ノンジさんが脚本、橋本一さんが監督。右京は、清掃員として働く顔なじみの和江(山本道子さん)に頼まれ、冠城亘(反町隆史さん)と共に古いアパートの一室を訪れる。空室のはずなのに不審な物音がするので、中を調べてほしいという。すると、部屋には訪問者を陥れるわなが仕掛けられており、和江をかばった右京は、目に大けがを負ってしまう。

 居合わせた区役所のケースワーカー・友里(佐藤寛子さん)の助けで病院に運び込まれた右京。視力が戻るまで時間を要するとの診断を受けるが、翌日には特命係に姿を見せる。そんな中、あるマンションの建設予定地で男性の遺体が発見される。被害者は、不動産会社の営業マン。右京は、わなが仕掛けられていた古アパートも、遺体発見現場も同じ不動産会社が関連していることに気付き、疑惑を抱く。

 右京のけがに責任を感じた和江は、勤め先の上司・真山(山崎一さん)を伴い改めて謝罪。その際、逃げ去る人物の妙な足音を聞いたという新証言をもたらす。やがて不可解なわなと殺人事件がつながっていき……。

第7話のあらすじ 右京が青木の親代わりに? 代理婚活パーティーに潜入

ドラマ「相棒」シーズン18の第7話の場面カット=テレビ朝日提供
ドラマ「相棒」シーズン18の第7話の場面カット=テレビ朝日提供

 人気刑事ドラマ「相棒」シーズン18(テレビ朝日系、水曜午後9時)第7話「ご縁」が11月27日に放送される。杉下右京(水谷豊さん)が特殊詐欺犯に情報を流す犯人を捜すため、代理婚活パーティーに潜入する。

 斉藤陽子さんが脚本、片山修さんが監督。捜査一課の伊丹(川原和久さん)は婚活デートに臨もうとした矢先、アポ電強盗が発生し、捜査への合流を余儀なくされる。被害者は、医師の息子を持つ大井川君枝(山口美也子さん)で、傷害トラブルの示談金が必要という電話を受けた直後、3人組の男が押し入ってきて現金2000万円を奪われたという。多発する特殊詐欺に対し、中園参事官(小野了さん)の指揮の下、捜査一課・組対5課など課の垣根を越えた大捜査網が敷かれる。

 右京は君枝が息子の結婚相手を探すために参加していた代理婚活パーティーから大井川家の情報が特殊詐欺犯に流れたのではと推理。被害者に事情を尋ねると、これまで連絡先を交換した相手は阿久津貴子(松井紀美江さん)という女性と、津田保(河西健司さん)という男性の2人だけだという。右京と亘(反町隆史さん)は、どちらかが情報を流しているのではないかと疑う。その後、疑惑の2人が同時に参加する代理婚活パーティーがあると知った右京は、警視庁サイバーセキュリティー対策本部の青木(浅利陽介さん)の親代わりとして参加。スタッフとして会場に紛れ込んだ亘と共に、2人の動向を探るが……。

第8話のあらすじ 保釈金3000万円の強奪事件が発生 右京が捜査進めると不穏な出来事が明らかに…

人気刑事ドラマ「相棒」シーズン18の第8話の場面写真=テレビ朝日提供
人気刑事ドラマ「相棒」シーズン18の第8話の場面写真=テレビ朝日提供

 人気刑事ドラマ「相棒」シーズン18(テレビ朝日系、水曜午後9時)の第8話「檻の中 前篇」が12月4日に放送される。研究費の横領容疑で逮捕された大学教授の保釈金が奪われる事件が発生し、杉下右京(水谷豊さん)らが捜査に乗り出す。第8話と第9話は前後編スペシャルとして放送。

 神森万里江さんが脚本、権野元さんが監督。研究費の横領容疑で逮捕された大学教授・皆藤(中村育二さん)の保釈金3000万円が奪われる事件が発生。襲撃された准教授の佳奈恵(中村優子さん)によると、犯人はテーザー銃(遠距離対応型スタンガン)を使う3人組の男だったという。事件を耳にした右京は捜査2課時代に皆藤と面識があり、研究に並々ならぬ信念を持っていた皆藤が横領の罪を犯したこと、さらに保釈を過度に急いでいることに疑念を抱き、真相の究明に乗り出す。

 一方、冠城亘(反町隆史さん)は、旧友で週刊誌記者の桝本(山崎樹範さん)から、皆藤の事件の情報がほしいと相談を受けていた。図らずも、皆藤をめぐる事件にかかわることになった右京と亘が捜査を進めると、皆藤の研究室の周辺で、転落事故やストーカー被害など不穏な出来事が相次いでいることが分かり……。

第9話のあらすじ 皆藤が保釈され恐るべき復讐計画が始動 特命係と因縁を持つ権力者の影も

人気刑事ドラマ「相棒」シーズン18の第9話の場面写真=テレビ朝日提供
人気刑事ドラマ「相棒」シーズン18の第9話の場面写真=テレビ朝日提供

 人気刑事ドラマ「相棒」シーズン18(テレビ朝日系、水曜午後9時)の第9話「檻の中~告発」が12月11日に放送される。第8話と第9話は前後編スペシャル。前回は遠隔操作技術の第一人者、大学教授の皆藤(中村育二さん)が横領容疑で逮捕され、保釈金3000万円が奪われる事件が発生。杉下右京(水谷豊さん)らが捜査に乗り出すと、事件の背景にあるさまざまな事実が見え始める。

 研究の乗っ取りをもくろむ准教授・佳奈恵(中村優子さん)がでっち上げた冤罪(えんざい)と判明。保釈金も戻り、皆藤の保釈も決定的になった。

 冠城亘(反町隆史さん)は、保釈について尋ねてきた旧友の週刊誌記者・桝本(山崎樹範さん)が、皆藤の保釈を受けて何か事を起こすのではないかと危惧していたが、本人を問い詰めても軽くかわされてしまう。

 右京は、佳奈恵が皆藤を陥れた巧妙な手口を解明したものの、なぜ彼女が危険な橋を渡ってまで皆藤をおりの中に閉じ込めようとしたのか動機をつかめずにいた。皆藤保釈後、右京と亘が事件の背景捜査を続ける中、ついに皆藤の恐るべき復讐(ふくしゅう)計画が動き始める。特命係と因縁を持つ権力者の影も見え始め……。神森万里江さんが脚本、権野元さんが監督。

相棒season18テレビ朝日系
2019年10月から毎週水曜午後9時に2クールで放送