青天を衝け キャスト

青天を衝けキャスト

吉沢亮
草なぎ剛
堤真一
竹中直人
玉木宏
橋本愛
木村佳乃
岡田健史
村川絵梨
藤野涼子
朝加真由美
小林薫
和久井映見
高良健吾
成海璃子
田辺誠一
満島真之介
平泉成
渡辺いっけい
津田寛治
平田満

主演は吉沢亮 渋沢栄一役

2021年のNHKの大河ドラマ「青天を衝け」で主演を務める吉沢亮さん
2021年のNHKの大河ドラマ「青天を衝け」で主演を務める吉沢亮さん

 主演を俳優の吉沢亮さんが務める。新しい1万円札の“顔”にも採用された渋沢栄一役で、幕末から明治の激動の時代を描く。

 吉沢さんは「歴史ある大河ドラマの主演をやらせてもらうということで、とても光栄に思っております。歴代主演を務められてきた役者の皆さんは、トップクラスの素晴らしい役者さんという印象が強い。ものすごく光栄と思う反面、プレッシャーが尋常じゃないぐらいある。不安はものすごくあるが、精いっぱいやりたいなと。渋沢栄一という人間の人生をエンターテインメントとして楽しく届けられるよう、精いっぱい演じさせていただきます」と語った。

草なぎ剛、大河ドラマ「青天を衝け」で徳川慶喜に 「僕の人生にとっても大きな役に」

「青天を衝け」に出演する草なぎ剛さん
「青天を衝け」に出演する草なぎ剛さん

 草なぎ剛さんが、吉沢亮さん主演で2021年に放送される大河ドラマ「青天を衝(つ)け」に出演することが7月10日、分かった。草なぎさんは将軍・徳川慶喜を演じる。

 草なぎさんは「今回発表された出演者の方々といっしょにお芝居ができることに幸せを感じています。いただいた台本からはエネルギーをすごく感じていて、パワーのあるストーリーを感覚を研ぎ澄ませて演じ、皆さんの記憶に深く残る徳川慶喜にしたいです。慶喜役は、僕の人生にとっても大きな役になると思います。全力をもって挑みたいと思っています」と話している。

 小林薫さんが栄一の父の渋沢市郎右衛門、和久井映見さんが母のゑい、村川絵梨さんが姉のなか、藤野涼子さんが妹のていを演じるほか、高良健吾さん、成海璃子さん、田辺誠一さん、満島真之介さん、橋本愛さん、岡田健史さんらが出演することも発表された。

岡田健史が「青天を衝け」で初大河 18年「中学聖日記」で俳優デビュー…「感激すると共に感謝」

2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」に出演が決まった岡田健史さん
2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」に出演が決まった岡田健史さん

 2018年10月期にTBS系で放送されたの連続ドラマ「中学聖日記」(TBS系)で俳優デビューを飾った岡田健史さんが、吉沢亮さん主演で2021年に放送される大河ドラマ「青天を衝(つ)け」に出演することが7月10日、分かった。岡田さんは初の大河ドラマで、主人公・渋沢栄一(吉沢さん)のいとこの尾高平九郎を演じる。

 そのほか、2005年度後期の連続テレビ小説「風のハルカ」でヒロインを演じた村川絵梨さんが栄一の姉・渋沢なか役、2017年度前期の朝ドラ「ひよっこ」などで知られる藤野涼子さんが栄一の妹・渋沢てい役、朝加真由美さんが栄一の伯母・渋沢まさ役で大河ドラマ初出演が決まった。

 岡田さん演じる尾高平九郎は尾高家の末っ子。偉大な兄たちの背中を追いかけ、姉の千代を心から慕い、文武両道で心優しい美青年に育つ。栄一のパリ行きに伴い、見立て養子となるが、そのことがきっかけとなり幕府崩壊の動乱に巻き込まれていく……。

 岡田さんは、「この度、尾高平九郎役を授かりました岡田健史です。錚々(そうそう)たる、豪華な、役者の方々と一緒になって壮大な物語を作れることに感激すると共に感謝申し上げます。今、この時代に向けて、『青天を衝け』を通し、尾高平九郎を通じて、何を発信しようかと試行錯誤しながら役作りをしています。平九郎の“叫び”にぜひ注目していただければと思います。『青天を衝け』を、どうぞ楽しみにお待ちください」とコメントしている。

村川絵梨、朝ドラ「風のハルカ」ヒロインが初大河 21年「青天を衝け」で吉沢亮の姉役

2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」に出演が決まった村川絵梨さん
2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」に出演が決まった村川絵梨さん

 2005年度後期の連続テレビ小説「風のハルカ」でヒロインを演じた村川絵梨さんが、吉沢亮さん主演で2021年に放送される大河ドラマ「青天を衝(つ)け」に出演することが7月10日、分かった。村川さんは初の大河ドラマで、主人公・渋沢栄一(吉沢さん)の姉の渋沢なかを演じる。

 村川さん演じるなかは、優しい母とは打って変わり、歯に衣(きぬ)着せぬ物言いで、栄一にとってはおっかない存在でもある。年ごろに育ったなかの縁談を巡って、ちょっとした騒動が起きるが……という役どころだ。

 村川さんは、「初めての大河ドラマ出演が、連続テレビ小説『風のハルカ』でお世話になった大森美香さんの脚本という本当に光栄な形でかないます。心からうれしいです。主人公、渋沢栄一と幼少期を共に過ごしてきた明るくて少し強いお姉さん。実際に証言されている事実が少ないからこそ大森さんの描くお姉さん『なか』を創造して、見てくださる皆さんにほっこりしてもらえるような家族を作っていけたらと思っています」とコメントしている。

 村川さん以外の主人公家族も発表され、栄一の父・渋沢市郎右衛門を小林薫さん、母の渋沢ゑいを和久井映見さん、妹の渋沢ていを藤野涼子さんが演じることも明らかになった。

藤野涼子、「ひよっこ」“豊子”が初大河 吉沢亮主演「青天を衝け」で天真らんまんなお兄ちゃん子に

2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」に出演が決まった藤野涼子さん
2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」に出演が決まった藤野涼子さん

 2017年度前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」の豊子役などで知られる女優の藤野涼子さんが、吉沢亮さん主演で2021年に放送される大河ドラマ「青天を衝(つ)け」に出演することが7月10日、分かった。藤野さんは初の大河ドラマで、主人公・渋沢栄一(吉沢さん)の妹・渋沢ていを演じる。

 藤野さん演じるていは、年の離れた栄一に可愛がられ、天真らんまんなお兄ちゃん子となる。栄一にとっては、何でも話せ、生涯にわたって信頼のおける肉親だった。やがて栄一の妻となる千代(橋本愛さん)の心の友に……。

 藤野さんは「てい役にわくわくどきどきした気持ちを抱きながら、撮影に挑むことを楽しみにしています。ていは家族思いで、芯の通った力強い女性です。そんな彼女のようにたくましく、エネルギッシュに役を演じていきたいと思います。また、役作りの中で少しずつ論語も学んでいきたいです! ちゃめっ気のある可愛らしい面を兼ね備えたていを、家族のように温かく見守っていただけたらいいなと思います。私なりにていと向き合って、渋沢栄一の人生の軌跡を辿っていきたいです」とコメントを寄せた。

草なぎ剛、堤真一、竹中直人、木村佳乃… 主人公・妻役に橋本愛 キャスト発表

2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」に出演が決まった橋本愛さん(左)と堤真一さん
2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」に出演が決まった橋本愛さん(左)と堤真一さん

 俳優の吉沢亮さん主演で2021年に放送される大河ドラマ「青天を衝(つ)け」の新キャストが発表され、草なぎ剛さん、堤真一さん、竹中直人さん、玉木宏さん、橋本愛さん、木村佳乃さんらの出演が明らかになった。また、岡田健史さん、村川絵梨さん、藤野涼子さん、朝加真由美さんの大河ドラマ初出演も決まった。

 そのほか、小林薫さん、和久井映見さん、高良健吾さん、成海璃子さん、田辺誠一さん、満島真之介さん、平泉成さん、渡辺いっけいさん、津田寛治さん、平田満さんも出演する。

 草なぎさんが徳川幕府最後の将軍・徳川慶喜役、堤さんが慶喜の側近・平岡円四郎役、竹中さんが慶喜の父で、水戸藩主の徳川斉昭役、玉木さんが主人公・渋沢栄一(吉沢さん)に影響を与える砲術家の高島秋帆役、橋本さんが栄一の妻となる女性・尾高千代役、木村さんが円四郎の妻・平岡やす役を務める。

 また、栄一の父・渋沢市郎右衛門を小林さん、母の渋沢ゑいを和久井さん、姉の渋沢なかを村川さん、妹のていを藤野さんが演じる。