おっさんずラブ-in the sky- あらすじ

おっさんずラブ-in the sky-あらすじ

 ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」は、俳優の田中圭さん主演で、2018年4月期に放送され話題となった連続ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)の第2弾。主演の田中さんが、航空会社「天空ピーチエアライン」のピカピカの新人CA(客室乗務員)春田創一、“ヒロイン”の吉田鋼太郎さんは、春田に思いを寄せる機長・黒澤武蔵を演じる。

 前作「おっさんずラブ」は、田中さん演じる女好きだけどモテない33歳独身男子・春田創一が、ルームシェアをすることになった25歳のイケメン後輩男子・牧凌太(林遣都さん)と、乙女心を持つ55歳の有能な部長・黒澤武蔵(吉田さん)という2人の男性に愛の告白をされ、未曽有のモテ期に突入する……というラブストーリー。

 今作「-in the sky-」は、35歳にしてリストラされ、転職して航空会社で働くことになった、モテないポンコツ独身男・春田に、突然のモテ期がやってくる。“グレートキャプテン”と呼ばれるほど技術、人柄ともに優れたパイロット・黒澤が、一生懸命お客さまのために奔走する春田とフライトを重ねるうちに、少しずつ彼を認めるようになり、いつの間にかうっかり、恋してしまう。

 俳優の千葉雄大さんと戸次重幸さんが、新たにラブバトルに参戦。千葉さんは、黒澤とペアを組む副操縦士(コーパイ)の成瀬竜、戸次さんが熱血でストイックな職人肌の整備士・四宮要を演じる。成瀬は優秀な若手ながらひねくれ者で、性格にやや難あり。四宮は、社員寮では春田の隣の部屋に住んでおり、料理で春田の胃袋を満たしてあげる心優しき兄貴分という設定。さらに今回は春田と成瀬、四宮の3人が同じ寮に暮らす、“おっさん同士のテラスハウス”状態が繰り広げられるという。

 また、「天空ピーチエアライン」の従業員として、春田がCAの道を歩むきっかけとなった高校時代のバスケ部の後輩で、広報を務める橘緋夏を佐津川愛美さん、毒舌で春田へのツッコミがさく裂する根古遥をMEGUMIさん、うわさ好きで情報通のディスパッチャー・烏丸孫三郎を正名僕蔵さん、ガサツな元ギャルのCA・有栖川民代を木崎ゆりあさん、天然チーフパーサー・十文字美冴を片岡京子さん、四宮を兄のように慕う若手整備士・道端寛太を鈴鹿央士さんがそれぞれ演じる。

 ドラマは11月2日スタートで、毎週土曜午後11時15分放送。

ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」のあらすじ

<ドラマ紹介>「おっさんずラブ-in the sky-」物語は大地から空へ… 田中圭が吉田鋼太郎、千葉雄大、戸次重幸とラブバトル 第1話あらすじも

連続ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」初回の場面写真=テレビ朝日提供
連続ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」初回の場面写真=テレビ朝日提供

 俳優の田中圭さん主演の連続ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)の新シリーズ「おっさんずラブ-in the sky-」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)が11月2日にスタートする。社会現象になった物語は大地から空へ。航空会社「天空ピーチエアライン」を舞台に、新人CA(客室乗務員)の春田創一(田中さん)が、ヒロインで機長の黒澤武蔵(吉田鋼太郎さん)、副操縦士・成瀬竜(千葉雄大さん)、整備士・四宮要(戸次重幸さん)らとラブバトルを繰り広げる。

 佐津川愛美さんが春田と同じ高校バスケ部の後輩で天空ピーチエアライン広報の橘緋夏、MEGUMIさんがCAの“ネコさん”こと根古遥、正名僕蔵さんが運航管理者の烏丸孫三郎、木崎ゆりあさんが若手CAの“アリス”こと有栖川民代、片岡京子さんがチーフパーサーの十文字美冴、鈴鹿央士さんが若手整備士の道端寛太を演じる。

 初回は、35歳で突然リストラされ、転職して航空会社でアラフォー男性CAとして働くことになった、モテないポンコツ独身男・春田。CAデビュー当日、ブリーフィングに遅刻した春田を待っていたのは、機長・黒澤の「このフライトから外れてもらう」という厳しい通告だった。

 落ち込んでいたのもつかの間、あらゆる表情の春田のデッサンが、ロッカーからあふれ出てきて、春田は困惑。絵心のある社員を探っていると、グレートキャプテン黒澤とすれ違った際、床に落ちていたデッサン用のペンを見付ける。

 その後、副操縦士の成瀬が女性と口論になっているところに出くわした春田は、「ほかに好きなヤツができた」というセリフと共に、成瀬から突然キスをされる。社員寮に戻り、隣人で兄貴分の整備士・四宮に1日を報告すると、「俺もキスできるよ」と真顔で告げられる。果たして春田のラブ・ファーストフライトの行方は……。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

第2話 恋の乱気流が発生 黒澤絶叫「好きになってもいいですかーーーーーー!?」

連続ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」第2話の場面写真=テレビ朝日提供
連続ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」第2話の場面写真=テレビ朝日提供

 俳優の田中圭さん主演の連続ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)の第2話が11月9日放送される。航空会社「天空ピーチエアライン」の新人CA(客室乗務員)の春田創一(田中さん)を巡り、機長の黒澤武蔵(吉田鋼太郎さん)、副操縦士・成瀬竜(千葉雄大さん)、整備士・四宮要(戸次重幸さん)による、恋の乱気流が発生。

 転職初日、春田(田中さん)が見付けた大量のデッサンを描いたのは、同じ寮に住む兄貴分の整備士・四宮だった。動揺する春田に、四宮は職場の仲間たちを描いたほかのデッサンを見せ、「絵を描くのが趣味なんだ」と説明。一方、成瀬が春田にキスをした理由が、男と別れるためだったと知り、問い詰める春田。しかしその裏で、成瀬がパワハラ疑惑のため、パイロット資格をはく奪されそうになっていると知る。

 黒澤は胸にかすかな痛みを抱えていた。「まさか乗務に影響のある病気では?」と診療室に駆け込むが、医師には「恋の病では…?」と告げられる。

 春田と広報部員の橘緋夏(佐津川愛美さん)は、デートに出かける。しかし、約束をした翌朝、春田は突然、黒澤から“空港の中心”に呼び出される。美しい飛行場の夜景を背に、黒澤は「ぶっちゃけ、春田君のこと、好きになってもいいですかーーーーーー!?」と絶叫する……。

第3話のあらすじ 父娘の仁義なきラブバトルが幕を開ける 春田と四宮、恋の課外授業で急接近!

連続ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」第3話の場面写真=テレビ朝日提供
連続ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」第3話の場面写真=テレビ朝日提供

 俳優の田中圭さん主演の連続ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」(テレビ朝日系)の第3話が、11月16日午後11時45分から放送される。広報部員・橘緋夏(佐津川愛美さん)とキャプテン黒澤武蔵(吉田鋼太郎さん)が親子であることに衝撃を受ける春田創一(田中さん)。黒澤も「愛する娘と愛する春田は、恋仲なのか!?」と泣き叫ぶ。春田を巡る父娘の仁義なきラブバトルが幕を開ける。

 そんな中、春田は新路線就航便の機内アナウンスを担うことに。練習していると、副操縦士の成瀬竜(千葉雄大さん)が女性と言い争う姿を目撃。帰宅後、成瀬を説教するも、「ウザい」と冷たく言い放たれる。

 翌日、整備士・四宮要(戸次重幸さん)が母校の後輩たちに、仕事について授業をする企画のアシスタントを務めるため高校へ行く春田。授業後、春田が校舎をさまよっていると、ピアノの音色が聞こえてくる。音楽室の扉を開けると、ピアノを奏でる四宮を発見。春田がピアノで遊び始めると、四宮の指が重なる……。

おっさんずラブ-in the sky-テレビ朝日系
2019年11月2日スタート 毎週土曜午後11時15分放送