テセウスの船 キャスト

テセウスの船キャスト

竹内涼真
鈴木亮平
榮倉奈々
上野樹里

せいや(霜降り明星)
ユースケ・サンタマリア
麻生祐未
芦名星
竜星涼
笹野高史
六平直政
今野浩喜
安藤政信
貫地谷しほり

竹内涼真が「日曜劇場」初主演 大役に「すごく幸せ」

連続ドラマ「テセウスの船」で主演を務める竹内涼真さん(C)TBS
連続ドラマ「テセウスの船」で主演を務める竹内涼真さん(C)TBS

 俳優の竹内涼真さんが、2020年1月スタートのTBS系の連続ドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で放送される「テセウスの船」で主演を務める。これまで「日曜劇場」の連続ドラマ「下町ロケット」「陸王」「ブラックペアン」などに出演してきた竹内さんは、今回が同枠初主演。竹内さんは、「日曜劇場の主演ということで、このような大役を演じさせていただけることを今はすごく幸せに思っています」とコメントしている。

 竹内さんが演じる主人公の田村心は、警察官の父親が起こし、家族の運命を変えた殺人事件の謎を追う青年。父親が逮捕されてからずっと、世間から後ろ指をさされ、身を隠すように生きてきたが、ある日、妻から「お父さんを信じてみて」と言われ、拘置所にいる父に会おうと決意。しかし、昔の事件現場に向かうと突然の霧に包まれ、事件直前の1989年(平成元年)、事件現場となる雪深い村にタイムスリップしてしまう……という展開。

 ◇竹内涼真さんのコメント

 今回のお話をいただいて原作を手にとってみたのですが、読み始めてすぐにそのストーリーにぐっと引き込まれ、最後まで一気に読めてしまったのが印象的でした。ミステリーやタイムスリップといった要素もありますが、そこに家族の愛の物語も織り込まれ、今までに読んだことのない非常に面白い作品です。

 僕がこのドラマで演じるのは“殺人犯の息子”です。31年前の殺人事件で父親が逮捕され、顔も見たことがない父親のせいで長年苦しい思いをしてきた青年です。重い役柄ではあると思いますが、それ以上に日曜劇場の主演ということで、このような大役を演じさせていただけることを今はすごく幸せに思っています。

 絶対に良い作品を視聴者の皆さんにお届けできるよう、キャストの皆さん、スタッフの皆さんとともに来年1月の放送に向けて精一杯頑張っていこうと思います。放送まで、ぜひ楽しみに待っていてください。

鈴木亮平、大河後初連ドラは日曜劇場「テセウスの船」 竹内涼真と“10歳差”父子役 榮倉奈々、上野樹里も出演

来年1月期放送のTBS系日曜劇場「テセウスの船」に出演する(左から)榮倉奈々さん、鈴木亮平さん、竹内涼真さん、上野樹里さん (C)TBS
来年1月期放送のTBS系日曜劇場「テセウスの船」に出演する(左から)榮倉奈々さん、鈴木亮平さん、竹内涼真さん、上野樹里さん (C)TBS

 俳優の鈴木亮平さんが、竹内涼真さん主演で来年1月期にTBS系「日曜劇場」枠(日曜午後9時)で放送される連続ドラマ「テセウスの船」に出演する。鈴木さんは2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」以来の連ドラで、主人公の田村心(たむら・しん、竹内さん)が過去で出会う両親を榮倉奈々さんとともに演じる。現在36歳の鈴木さんと26歳の竹内さんは、実年齢10歳差の父子役。また、心を支える最愛の妻役で上野樹里さんの特別出演も発表された。

 鈴木さんが演じる心の父・佐野文吾は、村の駐在警察官で、底抜けに明るく豪快な2児の良き父親。家族からも村人からも愛される男で、心はタイムスリップした過去で文吾の人柄に初めて触れ、「父は本当に殺人犯なのか?」という思いが芽生える。

 鈴木さんは、「過去の快活な巡査・佐野文吾、現在の死刑囚・佐野文吾。30年もの時の流れを表現することは大きな挑戦です。人は過酷な環境で年月を過ごすと、何を思い、どう変わるのか。自分自身も発見を楽しみながら、人間というものと向き合っていける作品になるのではと期待しています。竹内君や榮倉さんたちとともに家族の物語を大切につむぎつつ、猟奇的な真犯人は誰なのか、皆様に毎週推理を楽しんでいただけるスリリングな作品にしたいと思います。楽しみに待っていてください」と視聴者に呼びかけている。

 また、大きな愛で家族を見守り、時に叱咤(しった)激励するたくましい母・佐野和子の34歳と65歳の姿を一人で演じる榮倉さんは、「複雑なミステリーと人情の入り組んだ原作に魅了されました。ドラマにはどんなスパイスが盛り込まれるか今から楽しみです」とコメント。

 一方、忌まわしい過去と憎らしい父親から目を背けていた心に、父親を信じて事件に向き合ってみるよう背中を押す、最愛の妻・田村由紀役の上野さんは、「温かい家族の愛が崩壊していく中、世の中を恐れ、父を恨みながら大人になった主人公の心を、妻である田村由紀としてしっかり支えていたいと思います」と意気込み、「暗い現実を変えようと葛藤する心を、時には少し変わった立ち位置から道標の光のように応援していたい。この物語は、大きな事件や過去と現在を描くサスペンスフルファンタジーですが、家族の愛が再生していく物語です。ドラマをご覧になる方々が、心と共に『家族の真実の姿』と向き合う作品になればいいなと願っています」と思いを明かしている。

 渡辺良介プロデューサーは、「豪快で快活ながら後に殺人犯となる二面性を持つ難役・佐野文吾を演じられるのは、鈴木亮平さん以外に考えられませんでした」といい、「そして、朗らかで芯が強い母親・和子役をイメージ通りの榮倉奈々さんに演じていただけることで、原作通りの“理想の家族”が出来上がりました」とキャスティングに自信を見せる。

 さらに「慈悲深く強い思いで主人公を突き動かす説得力が必要な妻・由紀を上野樹里さんに演じていただけることで、これ以上に考えられない最高のキャスティングで、この冬一番アツいヒューマン・ミステリーがお届けできると思います。どうぞご期待ください」と語っていた。

霜降り明星・せいや、日曜劇場「テセウスの船」でドラマ初出演、村人演じる 安藤政信、貫地谷しほりらも

せいやさん(左下)をはじめ、発表された連続ドラマ「テセウスの船」のキャスト陣
せいやさん(左下)をはじめ、発表された連続ドラマ「テセウスの船」のキャスト陣

 お笑いコンビ「霜降り明星」のせいやさんが、俳優の竹内涼真さん主演で来年1月期にTBS系「日曜劇場」枠(日曜午後9時)で放送される連続ドラマ「テセウスの船」で、ドラマ初出演することが12月8日、分かった。せいやさんは、村人の田中正志を演じる。

 また、タイムスリップしてきた心を怪しんで、正体を暴こうとする刑事・金丸茂雄をユースケ・サンタマリアさん、殺人事件のあった小学校の教員・木村さつきを麻生祐未さんが演じるほか、事件の行方を左右する村人役で芦名星さん、竜星涼さんが出演。怪しい村人役で笹野高史さん、六平直政さん、今野浩喜さんが出演。さらに、令和の時代で登場するミステリアスな役どころで、安藤政信さん、貫地谷しほりさんの出演も発表された。

 安藤さん、貫地谷さん、ユースケさん、麻生さんらのコメントは以下の通り。

 ◇安藤政信さんのコメント

 TBSのドラマは21年ぶりくらいの出演で、役者デビュー当初に自分を育ててくれた局ですので、今回この作品に参加させていただき光栄に思います。主演の竹内涼真さん、そしてこのドラマの脚本。本当に素晴らしい作品になります。僕も全力で涼真と芝居 session をして魅力のある登場人物の一つのピースになるよう、頑張ります。

 ◇貫地谷しほりさんのコメント

 もともとマンガを読んでいて大好きな作品でしたので、役を聞く前に「やります!」とお伝えしたのを覚えています。今回の登場人物はみんな複雑な状況に置かれたキャラクターばかりですが、今回私が演じる田村鈴もとても複雑なものを背負い込んでいる役柄です。毎回のハラハラを私自身楽しんで参加したいと思います。ぜひ放送を楽しみにしていてください!

 ◇ユースケ・サンタマリアさんのコメント

 原作のマンガを読んだらドハマりしまして……。僕が演じる金丸というキャラクター、見た目から何から自分とはあまりにもかけ離れたキャラクターなので、ぜひ演(や)りたいと思いました。雪に囲まれた撮影……今はとにかく燃えています。寒いのは苦手ですが、雪を溶かす勢いで燃えています! ちなみにエゴサーチは絶対にしないので、あしからず。

 ◇麻生祐未さんのコメント

 サスペンスとして引き込まれるだけでなく、さまざまな家族、人々がとても魅力的です。誰を、何を、信じて生きていくのか、試練が与えられる度、身近に感じる瞬間があるかもしれません。私が演じさせていただくさつき先生もとても面白いキャラクターなので、原作ファンの期待に近づけられるよう、大切に演じたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 ◇渡辺良介プロデューサーのコメント

 本格ミステリーにふさわしく、本格派の俳優の皆様にお集まりいただくことができて感無量です。緻密で壮大な事件の真相を、各登場人物がどう鍵を握っているのかをお楽しみいただければと思います。そして、事件に翻弄(ほんろう)される主人公とその家族が、絆と愛でどう乗り越えていくのかも楽しみにしていただきたいです。

第9話から小籔千豊がキャリア警察官役で登場 “心”竹内涼真&“文吾”鈴木亮平の敵に

連続ドラマ「テセウスの船」の第9話から出演する小籔千豊さん(C)TBS
連続ドラマ「テセウスの船」の第9話から出演する小籔千豊さん(C)TBS

 俳優の竹内涼真さんが主演し、TBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で放送中の連続ドラマ「テセウスの船」の第9話(3月15日)から、お笑い芸人の小籔千豊さんが出演することが3月6日、分かった。小籔さんのドラマ出演は、竹内さんも出演した2017年に同枠で放送された「陸王」以来。竹内さんとの共演も約3年ぶりとなる。

 小籔さんは宮城県警監察官室の馬淵を演じる。馬淵は、組織を守るためならば手段を選ばない冷酷なキャリア警察官。心(竹内さん)と文吾(鈴木亮平さん)を襲ったある事件を機に、2人の前に立ちはだかる大きな敵となる。馬淵と文吾の間には過去の因縁もあり、父と子の運命を握る重要な役どころとなっている。

 ドラマは、放送が進むにつれ「犯人が誰なのか?」という考察が過熱しており、馬淵が父子とどのように関わってくるのか、注目したい。

 ◇小籔千豊さんのコメント

 このドラマを全て見てとても感動したので、途中から出演させていただくにあたってプレッシャーがすごかったです。それに、僕にはキャパオーバーなくらいたくさんせりふをいただいてしまって。必死でせりふを覚えなくてはならないので、撮影が終わるまではゲームを封印するつもりです(笑い)。

 竹内くんは「陸王」の時もすでに人気でしたけど、今の方がさらに売れているので、今回この現場で会う前は「竹内くんがすごく偉そうになっていたらどうしよう」って思っていたのですが、全くそんな雰囲気もなく、本当に前と同じく自然な感じで接してくれたので安心しました。なんかやたら俳優面してしゃべってこられたら嫌だなと思っていたんですけど(笑い)。前と何も変わらない好青年でよかったと思いました。

 今回はせりふも多いので大変ですが、それ以上に本当に標準語を頑張っていますのでそのあたりも見ていただけたらと思います。僕が出させていただいている第9話もめちゃくちゃ面白いのでぜひ見ていただけたらうれしいです。あと、今回このドラマに参加させていただけて本当にありがたいのですが、正直言うと参加せずにオンエアでこのお話を見たかったなという気持ちも半分あります(笑い)。なので、その分、皆さんにはこの先のストーリーをぜひ楽しみにしていただければと思います。