おちょやん(朝ドラ) キャスト

おちょやん(朝ドラ)キャスト

杉咲花
篠原涼子
トータス松本
宮澤エマ
名倉潤
いしのようこ
成田凌
星田英利
中村鴈治郎
井川遥
若村麻由美

杉咲花が2020年後期の朝ドラ「おちょやん」のヒロインに

2020年度後期のNHK連続テレビ小説「おちょやん」のヒロインに決まった杉咲花さん
2020年度後期のNHK連続テレビ小説「おちょやん」のヒロインに決まった杉咲花さん

 NHKは10月30日、2020(令和2)年度後期の連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」のヒロインが杉咲花さんに決まったと発表した。大正から昭和にかけて活躍した大女優で、「大阪のお母さん」と呼ばれた浪花千栄子さんをモデルにした女優・竹井千代の半生を描く。同日、NHK大阪放送局(大阪市中央区)で会見が開かれ、ヒロインとしてお披露目された杉咲さんは「こんなに感動的な瞬間ってあるんだ!って、今すごくかみしめています。皆さんの大事な(ドラマの)15分を、明るくてパワーをもらえるようなひとときにできるよう、波乱万丈な人生を前向きに乗り越えていく千代さんを、一生懸命演じられるように頑張ります」と喜びと意気込みを語った。

 千代役は、今年8月には杉咲さんに内定。杉咲さんはそのことを所属事務所の上層部から直接伝えられたという。「『打ち合わせをしたい』と会議室に呼び出されたら『朝ドラが決まりました』と。一瞬何のことだか分からない、パニックのような状況になったんですけど、『こんな日が来たんだ』とすごくうれしくて、ちょっと泣いてしまいました」と喜びの瞬間を振り返った。出演はこれまで極秘だったが「さっき(この会見の直前に)母親に電話で伝えました。『えっ!』と言ってから『良かったねー』と本当に喜んでくれて、それが一番うれしかったですね」と笑顔で語った。

 制作統括の櫻井壮一さんは「女優の話なので、ヒロインの演技力が非常に大事だろうと。杉咲さんは演技力が素晴らしいのはいうまでもなく、チャーミングさと力強さを兼ね備えた稀有(けう)な方です」と白羽の矢を立てた理由を語った。

 杉咲さんは1997年10月2日生まれ、東京都出身。2013年の連続ドラマ「夜行観覧車」(TBS)で注目を集め、2016年公開の映画「湯を沸かすほどの熱い愛」で第40回アカデミー賞最優秀助演女優賞・新人俳優賞など多くの映画賞を受賞。おもなドラマの出演作に、連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(2016年、NHK)、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(2019年、NHK)、「花のち晴れ~花男 Next Season~」(2018年、TBS)、「ハケン占い師アタル」(2019年、テレビ朝日)、映画は「トイレのピエタ」(2015年)、「パーフェクトワールド キミといる奇跡」(2018年)、「十二人の死にたい子どもたち」「楽園」(共に2019年)など。

篠原涼子が朝ドラ初出演 トータス松本、宮澤エマも

2020年度後期のNHK連続テレビ小説「おちょやん」に出演が決まった篠原涼子さん
2020年度後期のNHK連続テレビ小説「おちょやん」に出演が決まった篠原涼子さん

 女優の篠原涼子さんが、杉咲花さん主演で今秋から放送のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」に出演することが2月28日、明らかになった。篠原さんは今回が初の朝ドラで、ヒロインの千代(杉咲さん)が女中奉公することになる芝居茶屋「岡安」を取り仕切る女将・岡田シズを演じる。また、千代の父・竹井テルヲ役でトータス松本さん、テルヲが連れてきた千代の新しい母・栗子役で宮澤エマさんも朝ドラに初出演する。

 芝居茶屋「岡安」の主人・岡田宗助役で名倉潤さん、「岡安」のライバルとなる芝居茶屋「福富」の女将・富川菊役でいしのようこさん、千代と結婚する“喜劇界のプリンス”こと天海一平役で成田凌さん、“喜劇界のアドリブ王”こと須賀廼家千之助役で星田英利さん、道頓堀の芝居小屋を一手に牛耳る鶴亀株式会社の社長・大山鶴蔵役で中村鴈治郎さん、千代の憧れのスター女優・高城百合子役で井川遥さん、千代の最初の師匠となる「山村千鳥一座」の女座長・山村千鳥役で若村麻由美さんの出演も発表された。

 また音楽は、作曲家でミュージカルソー(のこぎり)奏者のサキタハヂメさんが担当する。

 杉咲さんは「私の演じさせていただく千代が劇中でお芝居の世界に魅了されていくように、すてきな共演者の皆様とご一緒させていただける時間は、私の俳優人生においてもきっと刺激的でぜいたくな、特別な時間になるのだろうなと、今から楽しみで仕方がありません」と期待を寄せる。さらに「千代にとって、生涯良くも悪くも、とてつもなく大きな存在になるであろう天海一平を演じられる成田さんとは今回で5回目の共演ということもあり、とても心強いです」と明かしていて、「最後まで楽しい撮影現場になるように、そしてなによりすてきな作品をお届けできるように、皆さんと力を合わせて頑張ってまいりたいと思います!」と気持ちを新たにしている。

 制作統括の櫻井壮一さんは、「このたび、本当に素晴らしい出演者の方々と作曲家の方をお迎えすることができました。皆さん、一筋縄ではいかない個性豊かな方ばかりで、ヒロインの千代とどんな化学反応が起こっていくのか、楽しみで仕方ありません。心臓がドキドキします(いい意味です)。これから、心を込めて制作していきますので、放送までもう少しお待ちください。引き続き、ごひいきを賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします」とコメントしている。

トータス松本がヒロイン父役 母役に宮澤エマ

2020年度後期のNHK連続テレビ小説「おちょやん」に出演が決まったトータス松本さん
2020年度後期のNHK連続テレビ小説「おちょやん」に出演が決まったトータス松本さん

 人気ロックバンド「ウルフルズ」のトータス松本さんが、女優の杉咲花さん主演で今秋から放送のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」に出演することが2月28日、分かった。トータス松本さんはヒロインの千代(杉咲さん)の父・竹井テルヲ役で、テルヲが連れてきた千代の新しい母・栗子を宮澤エマさんが演じる。トータス松本さんと宮澤さんが朝ドラに出演するのは今回が初。

成田凌、「おちょやん」でヒロイン夫役 5度目共演の杉咲花「心強いです」

2020年度後期のNHK連続テレビ小説「おちょやん」に出演が決まった成田凌さん
2020年度後期のNHK連続テレビ小説「おちょやん」に出演が決まった成田凌さん

 俳優の成田凌さんが、女優の杉咲花さん主演で今秋から放送のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」に出演することが2月28日、明らかになった。ヒロインの千代(杉咲さん)と結婚する“喜劇界のプリンス”天海一平(あまみ・いっぺい)役。杉咲さんとは5度目の共演となる。

 成田さん演じる天海一平は、人気喜劇一座の座長・天海天海の息子。幼い頃から子役として、いやいや役者をやっていたが、やがて自分が目指す新しい喜劇を作ることに目覚めていく。千代とともに新しく生まれた「鶴亀家庭劇」に参加。やがて2人は結婚し、二人三脚で奮闘する。

 杉咲さんは成田さんについて、「千代にとって、生涯良くも悪くも、とてつもなく大きな存在になるであろう天海一平を演じられる成田さんとは今回で5回目の共演ということもあり、とても心強いです」とコメント。また、トータス松本さん、宮澤エマさん、篠原涼子さんらの出演も発表され、「最後まで楽しい撮影現場になるように、そしてなによりすてきな作品をお届けできるように、皆さんと力を合わせて頑張ってまいりたいと思います!」と気持ちを新たにしていた。