病室で念仏を唱えないでください ニュース

<SNS反響>「僧医」伊藤英明の坊主頭に視聴者「似合う!」 「救命病棟24時」「海猿」ファンも反応

連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」主演の伊藤英明さん
連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」主演の伊藤英明さん

 俳優の伊藤英明さん主演の連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください(念唱)」(TBS系、金曜午後10時)の第1話が1月17日、15分拡大版で放送された。同作は、伊藤さん扮(ふん)する、「僧医」松本照円(しょうえん、照之)の活躍を描き、役作りで丸坊主にした伊藤さんの姿に、SNSでは「似合う!」「坊主いいね!」「俺も坊主にする!」「坊主にキュン!」といった声が多数上がり、盛り上がりを見せた。

 原作は、マンガ誌「ビッグコミック」増刊号(小学館)で連載中のこやす珠世さんの同名マンガ。ドラマは、あおば台病院救命救急センターを舞台に、僧侶でありながら救命救急医という異色の主人公・松本の奮闘を一話完結型で描く。

 伊藤さんは2001年に放送された連続ドラマ「救命病棟24時」(フジテレビ系)で研修医の矢部淳平を演じていたことから、今作では患者から症状を聞く姿や懸命に心臓マッサージをするシーンに、視聴者からは「『救命病棟』の矢部を思い出した!」「救命病棟、懐かしい!」「あの頃から成長したんかな」といった声が上がった。

 また、劇場版も公開された「海猿」(同局系)シリーズでは主人公の海上保安士の仙崎大輔を演じたことから、松本が「水泳で全国優勝しました」と語る姿やきれいなフォームで泳ぐシーンが描かれると、SNSには「海猿!」「海猿からの救命医。助けてもらいたい人NO.1」といった感想も書き込まれた。

<ドラマ紹介>「病室で念仏を唱えないでください」 「僧医」伊藤英明の活躍描く医療ヒューマンドラマ ムロツヨシ、松本穂香、片寄涼太、中谷美紀ら出演 第1話あらすじも

連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」第1話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」第1話のワンシーン(C)TBS

 俳優の伊藤英明さん主演の連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください(念唱)」(TBS系、金曜午後10時)が1月17日始まる。伊藤さん扮(ふん)する、僧侶でありながら救命救急医という異色の主人公の活躍を軸に、「生きること」を問う医療ヒューマンドラマ。ムロツヨシさん、松本穂香さん、ダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さん、「ネプチューン」の堀内健さん、宮崎美子さん、余貴美子さん、萩原聖人さん、中谷美紀さんらが出演する。

 原作は、マンガ誌「ビッグコミック」増刊号(小学館)で連載中のこやす珠世さんの同名マンガ。ドラマは、あおば台病院救命救急センターを舞台に、「僧医」松本照円(しょうえん、照之)の奮闘を一話完結型で描く。救命救急センターでの他の医師とのチームプレー、専門医たちとの激しいやり取りも描く。

 中谷さんは、救命救急センターの医師で、松本とは意見が異なる部分はあるも実力を認め合い協力する女医の三宅涼子、ムロさんは、松本と度々衝突する心臓血管外科医の濱田達哉、松本穂香さんは新人心臓血管外科医の児嶋眞白(ましろ)、片寄さんは研修医の田中玲一、堀内さんは整形外科医の藍田一平、宮崎さんは清掃員のおばちゃん、余さんは理事長の澁沢和歌子、萩原さんは救命救急センター部長の玉井潤一郎を演じる。子供ユニット「Foorin(フーリン)」の吉田日向(ひゅうが)さんが松本の幼少期を演じる。唐田えりかさん、谷恭輔さん、うらじぬのさん、土路生優里さん、横田真悠さん、土村芳さん、安井順平さん、泉谷しげるさんも出演。

 第1話は、救命救急センターのホットラインが鳴った。交通事故の救急患者が運び込まれることになり、医師の涼子、研修医の田中、整形外科医の藍田たちが処置に追われる中、僧衣にスニーカーの松本照円が全速力で走り込んで来た。松本は何かにつけて念仏を唱えたり説法をしたりするため、患者だけではなく同僚からも煙たがられているが、本人は医師、僧侶として明るく真面目に取り組んでいる。

 交通事故に遭った患者たちの中には、一刻を争う事態の人も。事故を起こした乗用車に乗っていた男女の1人、谷村容子(hitomiさん)を松本が処置していたところに、容子の13歳の息子・将太(大西利空さん)が駆け付ける。その後、容子と同じ車に乗っていた男性の妻が現れ、妻は夫と容子の浮気を疑い、救命救急センター長の玉井たちに詰め寄る。その様子を見た将太が「男ができて、俺たちのこと、 どうでもよくなったんだ! 俺たちを捨てたバチが当たったんだ……死ねばいい」と語り、松本は将太に説法するが、気持ちは伝わらなかった。一命を取り留めた容子だが、意識が戻らないまま迎えた翌日、脳死状態に。松本は将太に決断を求める。

 そんな中、心臓血管外科に大学病院から濱田が出向してきた。 病院は大きな変化を迎えようとしていた……。

 伊藤さんは「僧医」を演じるため、2年間伸ばした髪を自らバリカンでそり上げ、気合を入れた。1975年8月生まれの伊藤さん、1976年1月生まれの中谷さん、同じく1976年1月生まれのムロさんという同学年の3人がドラマ初共演する。ムロさんと松本さんは医師役初挑戦。

 第1話は15分拡大版で放送。俳優の永山瑛太さんと永山絢斗さんの兄・永山竜弥さん、歌手のhitomiさん、元「モーニング娘。」の飯窪春菜さん、犯罪ジャーナリストとして知られる丸山ゴンザレスさんらがゲスト出演する。

 脚本は、「初めて恋をした日に読む話」(以下、すべてTBS系)や「あなたのことはそれほど」などの吉澤智子さん。演出は「インハンド」などの平野俊一さんらが担当。プロデューサーは「コウノドリ」「逃げるは恥だが役に立つ」「ブラックペアン」などの峠田浩さんが担当する。

<病室で念仏を唱えないでください~サトリ研修医・田中玲一~>片寄涼太主演の配信版オリジナルストーリー 本編につながる物語が展開

「病室で念仏を唱えないでください~サトリ研修医・田中玲一~」のビジュアル(C)こやす珠世・小学館/TBS
「病室で念仏を唱えないでください~サトリ研修医・田中玲一~」のビジュアル(C)こやす珠世・小学館/TBS

 俳優の伊藤英明さんが主演し、1月17日スタートの連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系、金曜午後10時)の配信版オリジナルストーリーで、片寄涼太さん演じるサトリ世代の研修医の田中玲一を主人公として描く「病室で念仏を唱えないでください~サトリ研修医・田中玲一~」の第1話が同11日、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で先行配信がスタートした。本編の第1話につながるストーリーが展開する。

 配信版オリジナルストーリーは、本編に出演するレギュラー陣や各話ゲストも登場する予定。脚本は、女優の灯敦生さん、ラジオパーソナリティー、演出家の家城啓之さん、アニメや特撮の脚本も担当する勝冶(かつや)京子さんが担当する。第2話以降は、本編の放送終了後に配信される。

 第1話は、あおば台病院救命救急センターにやってきた研修医の玲一。研修初日から目の前で救急の患者が運ばれてきては医師たちがバタバタと治療にあたる。研修医であることから「自分にできることはない」と一歩引いている田中の前に、「ボウズ」を探す医師たちが行き交う。果たして「ボウズ」とは一体何者なのか……というストーリー。

<試写会&制作発表>伊藤英明、ジムで市川海老蔵に間違われる 剃髪姿で般若心経を暗唱

連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」の試写会&制作発表に出席した伊藤英明さん
連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」の試写会&制作発表に出席した伊藤英明さん

 俳優の伊藤英明さんが1月9日、東京・足立区の善立寺で行われた17日スタートの主演連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系、金曜午後10時)の試写会&制作発表に出席。主人公の“僧医”松本照円(しょうえん、照之)役の伊藤さんは、劇中で剃髪(ていはつ)姿でお経を唱えるシーンがあり、「般若心経(はんにゃしんぎょう)を覚えるのに苦労して、ジムのお風呂でよくお経を唱えていたんですけど、ボーズ頭で。そうしたらジムの人の間で『市川海老蔵さんがジムでお経を唱えている』ってうわさが広がって……」と明かし、会場の笑いを誘った。

 うわさが立ったのは、伊藤さんがドラマに出演することが発表される前の話で「情報解禁されるまでの間、不気味がられた市川海老蔵さんに謝りたいと思います」とその場で“謝罪”した。制作発表には中谷美紀さん、ムロツヨシさん、松本穂香さん、片寄涼太さん、余貴美子さんも出席した。

 ドラマは、マンガ誌「ビッグコミック」(小学館)で連載中のこやす珠世さんの同名マンガが原作。伊藤さんが演じる“僧医”の主人公の奮闘を1話完結型で描く医療ヒューマンドラマとなる。救命救急センター内での他の医師とのチームプレー、専門医たちとの激しいやり取りも描かれる。初回は15分拡大。

永山竜弥、瑛太&永山絢斗の兄が活動再開 「病室で念仏を唱えないでください」にゲスト出演

連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」に出演する永山竜弥さん(C)TBS
連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」に出演する永山竜弥さん(C)TBS

 俳優の瑛太さんと永山絢斗さんの兄である永山竜弥さんが、伊藤英明さん主演の連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系)の第1話にゲスト出演し、俳優として活動を再開することが12月28日、明らかになった。永山さんは、2003年にスクリーンデビュー。モデルとしても活躍し、その後、しばらく活動を休止していた。

 シンガー・ソングライターの米津玄師さんが作詞・作曲・プロデュースした楽曲「パプリカ」が話題の子供ユニット「Foorin(フーリン)」でメインボーカルを務める吉田日向さんと、女性ファッション誌「Seventeen(セブンティーン)」(集英社)の専属モデルの横田真悠さんが、ドラマにレギュラー出演することも発表された。吉田さんがドラマにレギュラー出演するのは今回が初めて。

 また第1話に歌手のhitomiさんと、“犯罪ジャーナリスト”として知られる丸山ゴンザレスさんがゲスト出演することも発表された。

「Foorin」ボーカルの吉田日向がドラマ初レギュラー

連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」に出演する「Foorin」の吉田日向さん(C)TBS
連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」に出演する「Foorin」の吉田日向さん(C)TBS

 シンガー・ソングライターの米津玄師さんが作詞・作曲・プロデュースした楽曲「パプリカ」が話題の子供ユニット「Foorin(フーリン)」で、メインボーカルを務める吉田日向さんが、俳優の伊藤英明さん主演の連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系)で初めてドラマにレギュラー出演することが12月28日、明らかになった。伊藤さん扮(ふん)する主人公・松本照之の幼少期を演じる。

三浦大知、2年半ぶりにドラマ主題歌

三浦大知さん
三浦大知さん

 歌手の三浦大知さんが、俳優の伊藤英明さん主演で2020年1月17日スタートの連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系、金曜午後10時)の主題歌を担当することが12月20日、分かった。主題歌は描き下ろしでタイトルは「I'm Here」。三浦さんがドラマの主題歌を担当するのは4度目で、2017年以来2年半ぶり。

 三浦さんは「主題歌に起用していただき、とても光栄に思っております。主人公はドクターでありお坊さんという一風変わったキャラクターですが、その中でも仏教的な知識を中心にさまざまな学びのあるドラマだと思います。そして、本当に素晴らしいキャストの方々が出演されているので、僕自身もとても楽しみにしております。このドラマと一緒に楽曲も楽しんでいただけたらうれしいです」とコメントしている。

 伊藤さんは「『Folder』のころからファンだった三浦大知さんに主題歌を書き下ろしていただき、大変うれしく思っています。三浦さんが持つ世界観の大きさが、ドラマの登場人物たちが悩みながらも力強く前に踏み出す姿に寄り添っているような楽曲になっていて、今、一生懸命撮影している僕らの映像と、この主題歌『I'm Here』が重なったドラマを誰よりも僕が一番見たくて心待ちにしています」と喜んでいる。

片寄涼太、TBSドラマに初出演 サトリ世代の研修医役

連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」に出演する片寄涼太さん=TBS提供
連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」に出演する片寄涼太さん=TBS提供

 ダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんが、 俳優の伊藤英明さん主演で2020年1月期に放送される連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系)に出演する。TBSのドラマ初出演の片寄さんは、今作で“サトリ世代の研修医”を演じる。

 片寄さんは、サトリ世代の研修医、田中玲一役で出演。玲一は代々続く医者の家系で、自身も後期研修医として「あおば台病院」の救命救急に所属。救えない命にあきらめの気持ちを持つドライな性格で、たくさんの命を救うためまい進している松本とは真逆のキャラクター。松本と反発するが、関わり合う中で次第に憧れに近いものを感じていく。

 また、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で、片寄さんが主演を務めるオリジナルストーリーが独占配信されることも同時に発表された。本編では描き切れない患者や家族のその後のエピソードなどを描く。

 「病室で念仏を唱えないでください」は2020年1月スタートで、毎週金曜午後10時に放送。

 ◇片寄涼太さんのコメント

 「病室で念仏を唱えないでください」に研修医・田中玲一役として出演させていただきます。初めての医療ドラマへの出演で、そうそうたるキャストの皆さまとご一緒させていただけるということでいい緊張感と期待感を抱いています。

 伊藤英明さん演じる松本とは気が合わない命にクールな研修医ですが、松本のような人間をどこかうらやましく思ったり、どこか殻を破ることのできないような葛藤を持ち合わせているように感じています。そんな田中の姿は、さまざまな方が変化や成長する過程で感じるものと重なる部分があると思っています。田中自身の成長が多くの方の共感を得られるように、心を込めて演じていけたらと思っています。

 そして何より、あおば台病院の一員として、最高のチームワークで作品作りに臨めるよう、周りの方々からたくさんのことを学んで努力してまいりたいと思います。また、Paraviオリジナルのストーリーでは田中の目線で物語が描かれて、より深く田中についても知っていただけると思うので、そちらもご期待いただけるとうれしいです。

 ◇峠田浩プロデューサーのコメント

 原作でもほかのキャラクターとはちょっと違った存在感を醸し出している研修医・田中玲一は、“サトリ世代の研修医”という「真面目なのか? 冷めてるのか? 全く底が見えず、本心が分からない」というこれまでにない医者像と空気感を出してもらいたいと考えていました。

 そんなとき俳優としての演技はもちろん、歌手としてのパフォーマンス、バラエティー番組での立ち居振る舞いと、すべてに違った顔を見せ、輝いている片寄さんがすぐに思いつきました。すごく熱く見えたかと思うと、すべてを突然捨て去りそうな冷めた目をしたりと、その姿をとても魅力的に感じていました。

 さらに片寄さんと会い、「いじるタイプかいじられるタイプか」を尋ねたときに「いじるタイプですね!」とさわやかな笑顔で即答だったのに対し、片寄さんと共演したことがある松本穂香さんからは「すごくいじられてましたよ」と聞かされ、そんな底知れぬ片寄さんをキャスティングしてほんと良かった! 田中玲一にぴったりだと確信しました!

伊藤英明、髪バッサリ “僧医”役「改めて気合が入った」 追加キャストも発表

役作りのため髪をバッサリ切った伊藤英明さん(C)TBS
役作りのため髪をバッサリ切った伊藤英明さん(C)TBS

 俳優の伊藤英明さんが主演を務める2020年1月期の連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系)の役作りのため、2年間伸ばした髪をばっさりと切り、袈裟(けさ)を着た僧侶姿の写真が11月14日、公開された。伊藤さんは今作で、僧侶でありながら救命救急医という“僧医”の主人公、松本照円(しょうえん、照之)を演じる。監督やプロデューサーらがはさみを入れ、最後は伊藤さん自らがバリカンでそり上げたという。伊藤さんは「気分が一新し、松本役を演じるのだと改めて気合が入った」と語っている。

 同時に追加キャストが発表された。松本を陰ながら支える病院の理事長、澁沢和歌子を余貴美子さん、松本の上司である救命救急センター部長の玉井潤一郎を萩原聖人さん、整形外科医の藍田一平をお笑いトリオ「ネプチューン」の堀内健さん、医師のサポートをする病棟クラークで、病棟内の人気者である小山内みゆきを唐田えりかさん、謎多き病院の清掃員のおばちゃんを宮崎美子、松本の幼なじみの父親、宮寺憲次を泉谷しげるさん、憲次の娘、宮寺あやを土村芳さんが演じる。

 ◇伊藤英明さんのコメント

 髪を切って坊主頭になって、すっきりしました。これまで2年以上、髪の毛を伸ばしていて、久しぶりに短くなったので、気分が一新しましたね。私自身、この姿がとても気に入っています。

 髪形だけではなく、袈裟にも初めて袖を通して、ここまで見た目が“僧侶”に変化したので、気合が入りました。善立寺の住職・新倉さんに、合掌の作法や、数珠の持ち方など、その意味を含めて細かく指導していただいたので、身も心も変化して、いよいよ松本照円という役に入るのだなと、奮い立っています。

 ◇余貴美子さんのコメント

 こやす珠世先生の原作「病室で念仏を唱えないでください」を読んで、僧侶にして救急医の主人公・松本に会ってみたい! この物語に関わってみたい! と思いました。

 患者のさまざまな人間模様、医師の葛藤、病院の事情が共感できて胸にグッとくるものがありました。私も還暦を過ぎ、病院にお世話になることが多く、治療していただいて「ああ助かった」と思う半面、安心しきれない部分もあります。そんなとき松本先生に診てもらいたい。理屈ではなく、目の前の困っている人を助けたいと本能で動く医師たちを見てみたいと思いました。

 今回は病院の運営にも関わり、主人公を見守る理事長という役割です。原作から受けた熱い思いを大事に、病院の伊藤英明さんはじめメンバーと一緒に物語を作っていきたいと思います。

 ◇萩原聖人さんのコメント

 個性あふれる共演者の方々を、救命救急センター部長として支えられるような存在になれるよう演じられたらと思います。

 ◇堀内健さんのコメント

 久しぶりのドラマ出演となり、とてもキンチョーしておりますが、周りの出演者、スタッフの皆さまの迷惑にならないように、頑張ります。

 準備の台本を読ませていただいたのですが、知らず知らずのうちに涙が体の奥からジュワー、あっまちがえた、ジュンジュワーとあふれてまいりました。

 伊藤英明さん演じる松本照円の「医療」と「仏の教え」を通じてドラマを見ている視聴者の皆さんも心を動かされ、知らず知らずのうちに涙が体の奥からジュワー、あっまちがえた、ジュンジュワーとあふれてくるでしょう。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

伊藤英明、12年ぶりTBSドラマ主演で“僧医”に 中谷美紀、ムロツヨシ、松本穂香も出演 「病室で念仏を唱えないでください」2020年1月スタート

2020年1月スタートの連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」に出演する(上段左から時計回りに)伊藤英明さん、中谷美紀さん、松本穂香さん、ムロツヨシさん(C)TBS
2020年1月スタートの連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」に出演する(上段左から時計回りに)伊藤英明さん、中谷美紀さん、松本穂香さん、ムロツヨシさん(C)TBS

 俳優の伊藤英明さんが、2020年1月スタートの連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系、毎週金曜午後10時)で主演を務めることが10月31日、明らかになった。伊藤さんが同局のドラマに主演するのは、2007年4月期放送の「孤独の賭け~愛しき人よ~」以来、12年9カ月ぶり。俳優のムロツヨシさん、女優の中谷美紀さん、松本穂香さんの出演も発表された。1975年8月生まれの伊藤さん、1976年1月生まれの中谷さん、同じく1976年1月生まれのムロさんという“同学年”の3人がドラマで共演するのは今回が初めて。

 ドラマは、マンガ誌「ビッグコミック」(小学館)で連載されているこやす珠世さんの同名マンガが原作。伊藤さん演じる、僧侶でありながら救命救急医という“僧医”の主人公、松本照円(しょうえん、照之)の奮闘を一話完結型で描く医療ヒューマンドラマとなる。救命救急センター内での他の医師とのチームプレー、専門医たちとの激しいやり取りも描かれる。

 中谷さんは、救命救急センターの医師で、松本とは意見が異なる部分がありつつも、お互いの実力を認め協力し合う女医の三宅涼子、ムロさんは、松本とたびたび衝突する心臓血管外科医の濱田達哉、松本穂香さんは濱田の下で働く新人心臓血管外科医の児嶋眞白(ましろ)を演じる。ムロさんと松本穂香さんが医者役を演じるのは、今回初めて。

 脚本は、「初めて恋をした日に読む話」(以下、すべてTBS系)や「あなたのことはそれほど」などの吉澤智子さん、演出は「インハンド」などの平野俊一さんらが担当。プロデューサーは「コウノドリ」「逃げるは恥だが役に立つ」「ブラックペアン」などの峠田浩さんが担当する。

 ◇原作のこやすさんのコメント

 「僧侶が医者なんて奇をてらっている」連載当初はこんなこともよく言われましたが、実は僧医は結構いるんです。その僧医である主人公・松本がその道をなぜ選ぶことになったのか、因縁である松本の身近な人たちとの関わり、対立するライバル医師とはどうやり合うのか、自身の描きたかった部分をドラマでは取り上げていただきました。今回の映像化にあたり、松本を演じる俳優さんには低い声での読誦(どくしょう)と「坊主頭」で、とお願いしました。そのわがままを受け入れてくれた伊藤英明さんが松本をどう見せてくれるのか、また同僚や他科の医師とどう絡んでいくのか大いに楽しみです!!

 ◇峠田プロデューサーのコメント

 僧侶でありながら救命救急医――「生と死」に常に向き合うこの二つの職業。その二つの生き方を貫く主人公・松本照円だからこそ伝えられる「思い、言葉」があります。そのことがとても重要な意味を持つことが原作を読み進めるほどに強く伝わってきました。これまでになかった主人公の設定が「人が人を救うとは何か」という本質をとても突いていて、本当に驚きの一言でした。それでいてエンターテインメントで、笑いもあり、押しつけがましくない。こやす先生の原作の持つ魅力をドラマとして絶対に引き継ぎたいとキャスト、スタッフ一同、気合が入っています。

 「心身ともに救いたい」という熱い思いを持った主人公の松本は患者だけではなく、その家族や同僚たちをどんどん巻き込み、突き進んでいきます。これだけ聞くと松本は完璧な人間に見えますが、悩み、葛藤し、苦しみます。煩悩もまだまだ捨てられず、すごく人間的です。これがとにかく面白い。この主人公・松本を演じるのが伊藤英明さんです。松本にはもうこの人しかいない、その一言です。二つの生き方の中で矛盾に苦悩しながらも、医療現場では不条理なことに立ち向かい、患者のために突き進む松本に説得力を持たせられる役者は伊藤さんしかいないと思っています。

 そして松本と共に救命救急を支えるのが三宅涼子。冷静でシビアな判断で次々と患者を救う一方で、その直後に「生臭坊主」と松本と口げんかをしたり、笑い合う。そんな三宅は避けられない死もたくさん受け止め、今もさまざまな思いを押し殺し、前を向いています。そんな三宅を演じてくれるのが中谷美紀さんです。三宅はどんな目で患者を見つめるのだろう、と原作を読んでいつも思っていました。この三宅は眼差し(まなざし)の奥に強さと繊細さを感じる中谷さんにぜひ演じていただきたいと思いました。中谷さんが三宅をどう感じていただけるのか心から楽しみにしています。

 このドラマでは「救命救急医VS専門医」という実際の現場でも起きている、医療の新たな一面も描いていきたいと思っています。そこで松本、三宅の前に立ちふさがるのが心臓血管外科医・濱田達哉。濱田は有名大学を卒業後、海外でも執刀を行ってきたエリート医師。「命を救いたい」という思いは松本と変わらないが、助ける患者は医師が選ぶべきという考えを持ちます。原作のこやす先生とも相談し、ドラマ内の濱田はなかなか本性をつかめないが、とても魅力的な人物になっています。この濱田を演じてくれるのがムロツヨシさん。濱田役を考えたとき、制作陣みんなが変幻自在にキャラクターを作り上げるムロさんを思い浮かべました。伊藤さんとムロさんの激しいやり合いはイメージするだけでワクワクしてきます。

 さらにその濱田の下で働く若手の心臓血管外科医・児嶋眞白を演じてくれるのが松本穂香さん。松本穂香さんは以前お仕事をしたときに、どこか心を見抜かれているように感じる真っすぐな目がとても印象的でした。原作での純真なまま、人の本質にズバズバ切り込んでいく児嶋を思い浮かべたときに松本さんにぜひお願いしたいと思いました。伊藤さん、中谷さん、ムロさんにどんどんぶつかっていただきたいです。作品ごとにさまざまな魅力を見せてきた伊藤英明さん、中谷美紀さん、ムロツヨシさんはなんと同い年でドラマ初共演。そこに松本穂香さんが飛び込んでいく姿を想像すると楽しみでしかありません。