病室で念仏を唱えないでください ニュース

伊藤英明、髪バッサリ “僧医”役「改めて気合が入った」 追加キャストも発表

役作りのため髪をバッサリ切った伊藤英明さん(C)TBS
役作りのため髪をバッサリ切った伊藤英明さん(C)TBS

 俳優の伊藤英明さんが主演を務める2020年1月期の連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系)の役作りのため、2年間伸ばした髪をばっさりと切り、袈裟(けさ)を着た僧侶姿の写真が11月14日、公開された。伊藤さんは今作で、僧侶でありながら救命救急医という“僧医”の主人公、松本照円(しょうえん、照之)を演じる。監督やプロデューサーらがはさみを入れ、最後は伊藤さん自らがバリカンでそり上げたという。伊藤さんは「気分が一新し、松本役を演じるのだと改めて気合が入った」と語っている。

 同時に追加キャストが発表された。松本を陰ながら支える病院の理事長、澁沢和歌子を余貴美子さん、松本の上司である救命救急センター部長の玉井潤一郎を萩原聖人さん、整形外科医の藍田一平をお笑いトリオ「ネプチューン」の堀内健さん、医師のサポートをする病棟クラークで、病棟内の人気者である小山内みゆきを唐田えりかさん、謎多き病院の清掃員のおばちゃんを宮崎美子、松本の幼なじみの父親、宮寺憲次を泉谷しげるさん、憲次の娘、宮寺あやを土村芳さんが演じる。

 ◇伊藤英明さんのコメント

 髪を切って坊主頭になって、すっきりしました。これまで2年以上、髪の毛を伸ばしていて、久しぶりに短くなったので、気分が一新しましたね。私自身、この姿がとても気に入っています。

 髪形だけではなく、袈裟にも初めて袖を通して、ここまで見た目が“僧侶”に変化したので、気合が入りました。善立寺の住職・新倉さんに、合掌の作法や、数珠の持ち方など、その意味を含めて細かく指導していただいたので、身も心も変化して、いよいよ松本照円という役に入るのだなと、奮い立っています。

 ◇余貴美子さんのコメント

 こやす珠世先生の原作「病室で念仏を唱えないでください」を読んで、僧侶にして救急医の主人公・松本に会ってみたい! この物語に関わってみたい! と思いました。

 患者のさまざまな人間模様、医師の葛藤、病院の事情が共感できて胸にグッとくるものがありました。私も還暦を過ぎ、病院にお世話になることが多く、治療していただいて「ああ助かった」と思う半面、安心しきれない部分もあります。そんなとき松本先生に診てもらいたい。理屈ではなく、目の前の困っている人を助けたいと本能で動く医師たちを見てみたいと思いました。

 今回は病院の運営にも関わり、主人公を見守る理事長という役割です。原作から受けた熱い思いを大事に、病院の伊藤英明さんはじめメンバーと一緒に物語を作っていきたいと思います。

 ◇萩原聖人さんのコメント

 個性あふれる共演者の方々を、救命救急センター部長として支えられるような存在になれるよう演じられたらと思います。

 ◇堀内健さんのコメント

 久しぶりのドラマ出演となり、とてもキンチョーしておりますが、周りの出演者、スタッフの皆さまの迷惑にならないように、頑張ります。

 準備の台本を読ませていただいたのですが、知らず知らずのうちに涙が体の奥からジュワー、あっまちがえた、ジュンジュワーとあふれてまいりました。

 伊藤英明さん演じる松本照円の「医療」と「仏の教え」を通じてドラマを見ている視聴者の皆さんも心を動かされ、知らず知らずのうちに涙が体の奥からジュワー、あっまちがえた、ジュンジュワーとあふれてくるでしょう。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

伊藤英明、12年ぶりTBSドラマ主演で“僧医”に 中谷美紀、ムロツヨシ、松本穂香も出演 「病室で念仏を唱えないでください」2020年1月スタート

2020年1月スタートの連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」に出演する(上段左から時計回りに)伊藤英明さん、中谷美紀さん、松本穂香さん、ムロツヨシさん(C)TBS
2020年1月スタートの連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」に出演する(上段左から時計回りに)伊藤英明さん、中谷美紀さん、松本穂香さん、ムロツヨシさん(C)TBS

 俳優の伊藤英明さんが、2020年1月スタートの連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系、毎週金曜午後10時)で主演を務めることが10月31日、明らかになった。伊藤さんが同局のドラマに主演するのは、2007年4月期放送の「孤独の賭け~愛しき人よ~」以来、12年9カ月ぶり。俳優のムロツヨシさん、女優の中谷美紀さん、松本穂香さんの出演も発表された。1975年8月生まれの伊藤さん、1976年1月生まれの中谷さん、同じく1976年1月生まれのムロさんという“同学年”の3人がドラマで共演するのは今回が初めて。

 ドラマは、マンガ誌「ビッグコミック」(小学館)で連載されているこやす珠世さんの同名マンガが原作。伊藤さん演じる、僧侶でありながら救命救急医という“僧医”の主人公、松本照円(しょうえん、照之)の奮闘を一話完結型で描く医療ヒューマンドラマとなる。救命救急センター内での他の医師とのチームプレー、専門医たちとの激しいやり取りも描かれる。

 中谷さんは、救命救急センターの医師で、松本とは意見が異なる部分がありつつも、お互いの実力を認め協力し合う女医の三宅涼子、ムロさんは、松本とたびたび衝突する心臓血管外科医の濱田達哉、松本穂香さんは濱田の下で働く新人心臓血管外科医の児嶋眞白(ましろ)を演じる。ムロさんと松本穂香さんが医者役を演じるのは、今回初めて。

 脚本は、「初めて恋をした日に読む話」(以下、すべてTBS系)や「あなたのことはそれほど」などの吉澤智子さん、演出は「インハンド」などの平野俊一さんらが担当。プロデューサーは「コウノドリ」「逃げるは恥だが役に立つ」「ブラックペアン」などの峠田浩さんが担当する。

 ◇原作のこやすさんのコメント

 「僧侶が医者なんて奇をてらっている」連載当初はこんなこともよく言われましたが、実は僧医は結構いるんです。その僧医である主人公・松本がその道をなぜ選ぶことになったのか、因縁である松本の身近な人たちとの関わり、対立するライバル医師とはどうやり合うのか、自身の描きたかった部分をドラマでは取り上げていただきました。今回の映像化にあたり、松本を演じる俳優さんには低い声での読誦(どくしょう)と「坊主頭」で、とお願いしました。そのわがままを受け入れてくれた伊藤英明さんが松本をどう見せてくれるのか、また同僚や他科の医師とどう絡んでいくのか大いに楽しみです!!

 ◇峠田プロデューサーのコメント

 僧侶でありながら救命救急医――「生と死」に常に向き合うこの二つの職業。その二つの生き方を貫く主人公・松本照円だからこそ伝えられる「思い、言葉」があります。そのことがとても重要な意味を持つことが原作を読み進めるほどに強く伝わってきました。これまでになかった主人公の設定が「人が人を救うとは何か」という本質をとても突いていて、本当に驚きの一言でした。それでいてエンターテインメントで、笑いもあり、押しつけがましくない。こやす先生の原作の持つ魅力をドラマとして絶対に引き継ぎたいとキャスト、スタッフ一同、気合が入っています。

 「心身ともに救いたい」という熱い思いを持った主人公の松本は患者だけではなく、その家族や同僚たちをどんどん巻き込み、突き進んでいきます。これだけ聞くと松本は完璧な人間に見えますが、悩み、葛藤し、苦しみます。煩悩もまだまだ捨てられず、すごく人間的です。これがとにかく面白い。この主人公・松本を演じるのが伊藤英明さんです。松本にはもうこの人しかいない、その一言です。二つの生き方の中で矛盾に苦悩しながらも、医療現場では不条理なことに立ち向かい、患者のために突き進む松本に説得力を持たせられる役者は伊藤さんしかいないと思っています。

 そして松本と共に救命救急を支えるのが三宅涼子。冷静でシビアな判断で次々と患者を救う一方で、その直後に「生臭坊主」と松本と口げんかをしたり、笑い合う。そんな三宅は避けられない死もたくさん受け止め、今もさまざまな思いを押し殺し、前を向いています。そんな三宅を演じてくれるのが中谷美紀さんです。三宅はどんな目で患者を見つめるのだろう、と原作を読んでいつも思っていました。この三宅は眼差し(まなざし)の奥に強さと繊細さを感じる中谷さんにぜひ演じていただきたいと思いました。中谷さんが三宅をどう感じていただけるのか心から楽しみにしています。

 このドラマでは「救命救急医VS専門医」という実際の現場でも起きている、医療の新たな一面も描いていきたいと思っています。そこで松本、三宅の前に立ちふさがるのが心臓血管外科医・濱田達哉。濱田は有名大学を卒業後、海外でも執刀を行ってきたエリート医師。「命を救いたい」という思いは松本と変わらないが、助ける患者は医師が選ぶべきという考えを持ちます。原作のこやす先生とも相談し、ドラマ内の濱田はなかなか本性をつかめないが、とても魅力的な人物になっています。この濱田を演じてくれるのがムロツヨシさん。濱田役を考えたとき、制作陣みんなが変幻自在にキャラクターを作り上げるムロさんを思い浮かべました。伊藤さんとムロさんの激しいやり合いはイメージするだけでワクワクしてきます。

 さらにその濱田の下で働く若手の心臓血管外科医・児嶋眞白を演じてくれるのが松本穂香さん。松本穂香さんは以前お仕事をしたときに、どこか心を見抜かれているように感じる真っすぐな目がとても印象的でした。原作での純真なまま、人の本質にズバズバ切り込んでいく児嶋を思い浮かべたときに松本さんにぜひお願いしたいと思いました。伊藤さん、中谷さん、ムロさんにどんどんぶつかっていただきたいです。作品ごとにさまざまな魅力を見せてきた伊藤英明さん、中谷美紀さん、ムロツヨシさんはなんと同い年でドラマ初共演。そこに松本穂香さんが飛び込んでいく姿を想像すると楽しみでしかありません。

病室で念仏を唱えないでくださいTBS系
2020年1月スタート 毎週金曜午後10時