病室で念仏を唱えないでください あらすじ

病室で念仏を唱えないでくださいあらすじ

 ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」は、マンガ誌「ビッグコミック」(小学館)で連載されているこやす珠世さんの同名マンガが原作。俳優の伊藤英明さんで主演を務める。TBS系で2020年1月スタート(毎週金曜午後10時)。伊藤さんがTBS同局のドラマに主演するのは、2007年4月期放送の「孤独の賭け~愛しき人よ~」以来、12年9カ月ぶり。俳優のムロツヨシさん、女優の中谷美紀さん、松本穂香さんの出演も発表された。1975年8月生まれの伊藤さん、1976年1月生まれの中谷さん、同じく1976年1月生まれのムロさんという“同学年”の3人がドラマで共演するのは今回が初めて。

 ドラマは、伊藤さん演じる、僧侶でありながら救命救急医という“僧医”の主人公、松本照円(しょうえん、照之)の奮闘を一話完結型で描く医療ヒューマンドラマとなる。救命救急センター内での他の医師とのチームプレー、専門医たちとの激しいやり取りも描かれる。

 中谷さんは、救命救急センターの医師で、松本とは意見が異なる部分がありつつも、お互いの実力を認め協力し合う女医の三宅涼子、ムロさんは、松本とたびたび衝突する心臓血管外科医の濱田達哉、松本穂香さんは濱田の下で働く新人心臓血管外科医の児嶋眞白(ましろ)を演じる。ムロさんと松本穂香さんが医者役を演じるのは、今回初めて。

ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」のあらすじ

<ドラマ紹介>「病室で念仏を唱えないでください」 「僧医」伊藤英明の活躍描く医療ヒューマンドラマ ムロツヨシ、松本穂香、片寄涼太、中谷美紀ら出演 第1話あらすじも

連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」第1話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」第1話のワンシーン(C)TBS

 俳優の伊藤英明さん主演の連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください(念唱)」(TBS系、金曜午後10時)が1月17日始まる。伊藤さん扮(ふん)する、僧侶でありながら救命救急医という異色の主人公の活躍を軸に、「生きること」を問う医療ヒューマンドラマ。ムロツヨシさん、松本穂香さん、ダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さん、「ネプチューン」の堀内健さん、宮崎美子さん、余貴美子さん、萩原聖人さん、中谷美紀さんらが出演する。

 原作は、マンガ誌「ビッグコミック」増刊号(小学館)で連載中のこやす珠世さんの同名マンガ。ドラマは、あおば台病院救命救急センターを舞台に、「僧医」松本照円(しょうえん、照之)の奮闘を一話完結型で描く。救命救急センターでの他の医師とのチームプレー、専門医たちとの激しいやり取りも描く。

 中谷さんは、救命救急センターの医師で、松本とは意見が異なる部分はあるも実力を認め合い協力する女医の三宅涼子、ムロさんは、松本と度々衝突する心臓血管外科医の濱田達哉、松本穂香さんは新人心臓血管外科医の児嶋眞白(ましろ)、片寄さんは研修医の田中玲一、堀内さんは整形外科医の藍田一平、宮崎さんは清掃員のおばちゃん、余さんは理事長の澁沢和歌子、萩原さんは救命救急センター部長の玉井潤一郎を演じる。子供ユニット「Foorin(フーリン)」の吉田日向(ひゅうが)さんが松本の幼少期を演じる。唐田えりかさん、谷恭輔さん、うらじぬのさん、土路生優里さん、横田真悠さん、土村芳さん、安井順平さん、泉谷しげるさんも出演。

 第1話は、救命救急センターのホットラインが鳴った。交通事故の救急患者が運び込まれることになり、医師の涼子、研修医の田中、整形外科医の藍田たちが処置に追われる中、僧衣にスニーカーの松本照円が全速力で走り込んで来た。松本は何かにつけて念仏を唱えたり説法をしたりするため、患者だけではなく同僚からも煙たがられているが、本人は医師、僧侶として明るく真面目に取り組んでいる。

 交通事故に遭った患者たちの中には、一刻を争う事態の人も。事故を起こした乗用車に乗っていた男女の1人、谷村容子(hitomiさん)を松本が処置していたところに、容子の13歳の息子・将太(大西利空さん)が駆け付ける。その後、容子と同じ車に乗っていた男性の妻が現れ、妻は夫と容子の浮気を疑い、救命救急センター長の玉井たちに詰め寄る。その様子を見た将太が「男ができて、俺たちのこと、 どうでもよくなったんだ! 俺たちを捨てたバチが当たったんだ……死ねばいい」と語り、松本は将太に説法するが、気持ちは伝わらなかった。一命を取り留めた容子だが、意識が戻らないまま迎えた翌日、脳死状態に。松本は将太に決断を求める。

 そんな中、心臓血管外科に大学病院から濱田が出向してきた。 病院は大きな変化を迎えようとしていた……。

 伊藤さんは「僧医」を演じるため、2年間伸ばした髪を自らバリカンでそり上げ、気合を入れた。1975年8月生まれの伊藤さん、1976年1月生まれの中谷さん、同じく1976年1月生まれのムロさんという同学年の3人がドラマ初共演する。ムロさんと松本さんは医師役初挑戦。

 第1話は15分拡大版で放送。俳優の永山瑛太さんと永山絢斗さんの兄・永山竜弥さん、歌手のhitomiさん、元「モーニング娘。」の飯窪春菜さん、犯罪ジャーナリストとして知られる丸山ゴンザレスさんらがゲスト出演する。

 脚本は、「初めて恋をした日に読む話」(以下、すべてTBS系)や「あなたのことはそれほど」などの吉澤智子さん。演出は「インハンド」などの平野俊一さんらが担当。プロデューサーは「コウノドリ」「逃げるは恥だが役に立つ」「ブラックペアン」などの峠田浩さんが担当する。

第2話のあらすじ “僧医”伊藤英明が溺れた中学生を処置… 島袋寛子らがゲスト出演

連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」第2話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」第2話のワンシーン(C)TBS

 俳優の伊藤英明さん主演の連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください(念唱)」(TBS系、金曜午後10時)の第2話が1月24日、放送される。同話には、元「SPEED」で歌手の島袋寛子さん、シンガー・ソングライターのナオト・インティライミさん、俳優の田中奏生さん、渡邉蒼さん、見栄晴さん、女優の森迫永依さんがゲスト出演する。

 ある日、「僧医」松本照円(しょうえん、伊藤さん)らがいるあおば台病院の救命救急センターに、交通事故による大けがで宮島隆弘(ナオト・インティライミさん)が運ばれてくる。意識がぼんやりとした状態で、医師の三宅涼子(中谷美紀さん)たちが処置にあたる。

 同じ頃、松本たちは、自宅で倒れ運び込まれた女性患者の処置を担当。その女性患者は、大動脈瘤(りゅう)が破裂していたため危険な状態で、心臓血管外科医の濱田達哉(ムロツヨシさん)に応援を頼むが、手術中という理由でむげに断られる。松本は三宅の応援もあり緊急手術を行う。女性患者は一命を取り留めるが、救命救急センターのスタッフは、オペの応援要請に答えてくれない濱田に不満を募らせていた。

 数日後、出勤した松本の元に、川で中学生男子が溺水というドクターカーの要請が入った。松本の過去を知る三宅は「私が行こうか?」と気に掛けるが、松本は「僕が行きます」と名乗り出る。現場でレスキュー隊員が少年の岡崎勉(渡邉さん)を発見。松本は真冬の川の中に駆け込んでいく。低体温、心肺停止で危険な状態の勉の心臓マッサージをする松本は、勉と同じ制服を着た丸山(田中奏生さん)と目が合った途端、丸山が逃げていくのに気付く。

 病院に運び込まれた勉は、ICUで母親の真理子(島袋さん)が付き添う中、低体温療法を受けていた。松本は、真理子に勉が握っていたペンケースを渡す。それを確認した真理子は、亡き父親からプレゼントされたボールペンがなくなっていることに気づく。その後、松本は、病院内で丸山を見つけ、追いかけるが……。30年前に自身が体験した出来事と勉たちを重ね合わせる松本は、止まった時間を動かすことができるのか……というストーリー。

第3話のあらすじ “僧医”伊藤英明と“外科医”ムロツヨシが再び衝突 宇梶剛士らがゲスト出演

連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」第3話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」第3話のワンシーン(C)TBS

 俳優の伊藤英明さん主演の連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系、金曜午後10時)の第3話が1月31日、放送される。前回に引き続き、宮島役のナオト・インティライミさんがゲスト出演するほか、宇梶剛士さん、朝見心さんもゲスト出演する。

 救命救急センターのスタッフルームで休憩をしていた「僧医」松本照円(しょうえん、伊藤さん)や医師の三宅涼子(中谷美紀さん)たちは、駆け込んできた看護師の堀口瑠衣(土路生優里さん)から、交通事故で搬送されてきた宮島がいなくなったと知らされる。松本たちと手分けして探す三宅は、中庭で倒れていた宮島を発見。松本はICUに戻った宮島に理由を聞くが、うつろな表情で謝るだけだった。

 数日後、救命救急センターに男性患者が運ばれてくる。その場ですぐに開胸手術が必要と判断した松本は、心臓血管外科に支援を要請するが、駆け付けてきたのは児嶋眞白(松本穂香さん)一人だった。児嶋は執刀経験が浅く、ひるんでしまう。一方で、執刀中だった濱田達哉(ムロツヨシさん)の耳に手術の話が入り、松本にイヤミたっぷりの不満をぶつける。

 そこへ、自殺を図ったと思われる男性が運ばれてくる。先日退院したはずの宮島だった。夜になり、救命救急センターにドクターカーの出動要請が入る。松本と三宅が駆け付けると、会社の倉庫で火災が発生し、数人のケガ人が。さらに、二次災害が起こり意識不明の消防隊員が運ばれてくる……。

 予告映像では、「救えない命はない そう信じてる-」というテロップと共に、濱田が「救急とは違うんですよ」と話すと、松本が「助けられない患者には手を出さない。そういう医療はできません」と、再び衝突するシーンなどが収められている。

第4話のあらすじ “僧医”伊藤英明と“田中”片寄涼太が対立 美山加恋&サッカー元日本代表の本並健治が出演

連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」第4話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」第4話のワンシーン(C)TBS

 俳優の伊藤英明さん主演の連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系、金曜午後10時)の第4話が2月7日、放送される。女優の美山加恋さん、中島ひろ子さん、俳優の松角洋平さん、サッカー元日本代表の本並健治さんがゲスト出演する。

 緊急手術を終えた松本(伊藤さん)は、心臓血管外科医の児嶋(松本穂香さん)が駆け付けてくれたおかげで手術は成功したと感謝を伝える。しかし、疲労困憊(こんぱい)の吉田(谷恭輔さん)や研修医の田中(片寄涼太さん)は「全ての患者を受け入れたい」との松本の考え方を否定。三宅(中谷美紀さん)たちも同意見だった。「全ての命を漏らさず救済する千手観音のように……」と自らの意思を語る松本とサトリ世代の田中が言い合いになる。

 その夜、手術が成功しホッとしていた児嶋は、濱田(ムロツヨシさん)から「今後は第一助手に入ってもらうから、救急に関わるのはやめるように」と言われる。

 同じ頃、救命救急センターに階段から転落した長沢功一(本並さん)が運ばれてきた。後遺症も考え早急なオペが必要とされ、松本たちが手術室に向かうが、吉田と田中が長沢の予後に関して話しているのを聞いた長沢の妻・奈穂(中島さん)と娘の沙織(美山さん)から、手術の中止を訴えられる。

 ある日、ジム帰りの松本は、小学生の品川凱斗(齋藤絢永くん)が一人で公園のブランコで遊んでいるところを見かける。近付いた松本は、凱斗の手が腫れ、不自然な赤みや体に無数の傷があることに気付く。「転んだ」としか言わない凱斗の症状を調べようとするが、その様子を見た主婦に、変質者と間違われ警察に通報されてしまう。その矢先、あおば台病院に、小学校教諭・植木(松角洋平さん)に伴われて、凱斗の姉・愛羅(石田凛音さん)が運ばれてくる……。

第5話のあらすじ “僧医”伊藤英明が無期限出勤停止に “児嶋”松本穂香は救急に転科

連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」第5話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」第5話のワンシーン(C)TBS

 俳優の伊藤英明さん主演の連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系、金曜午後10時)の第5話が2月14日、放送される。女優の榊原郁恵さん、俳優の温水洋一さん、品川徹さんがゲスト出演する。

 松本(伊藤さん)は、亡くなった少女を虐待した義父を殴り、警察に逮捕されたあげく、無期限の出勤停止処分を受ける。謹慎中の松本は、師匠の円明(団時朗さん)の昔からの友人、石川祐三(品川さん)が老衰で臨終が近いと知らせを受け、医療用具を持参して石川家に向かう。しかし、死を覚悟した様子の石川家の家族たちを前に、医者として、僧侶として、何かできることはあるのかと松本は葛藤してしまう。

 一方、濱田(ムロツヨシさん)の反応を気にしていた心臓外科医の児嶋(松本穂香さん)が救命救急への配置換えを直訴し、転科してくる。

 ある日、松本は、憲次(泉谷しげる)に誘われ一緒に飲みに行くと、息子が川で溺死したことは忘れ、医者として普通に頑張れと励まされる。その帰宅途中にビルの工事現場で事故を目撃し……というストーリー。

第6話のあらすじ 「僧医」伊藤英明、“憲次”泉谷しげるのがん治療法に悩む “濱田”ムロツヨシは“大物芸能人”藤井隆の手術へ

連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」第6話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」第6話のワンシーン(C)TBS

 俳優の伊藤英明さん主演の連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系、金曜午後10時)の第6話が2月21日、放送される。俳優の藤井隆さん、吉沢悠さん、女優の文音(あやね)さんがゲスト出演し、藤井さんは濱田(ムロツヨシさん)の手術を受ける大物芸能人の御代田信、吉沢さんは倒壊事故で運ばれてくる和田洋平、文音さんは洋平の妻の晴香を演じる。

 「僧医」の松本(伊藤さん)は、亡くなった幼なじみの父の憲次(泉谷しげるさん)が、手術では除去できない肺腺(はいせん)がんを患っていることを知る。延命治療を拒む憲次に治療を受けるべきだと薦める。しかし、憲次に「お坊さんとしてなら?」と問われると、松本は、延命治療せず家族や親族にみとられ亡くなった石川祐三(品川徹さん)のことを思い出し、医者として、僧侶として悩む。

 一方、あおば台救命救急センターのスタッフルームは、転科してきた児嶋(松本穂香さん)を囲んで和やかな時間を過ごしていた。そこへホットラインが鳴り、倒壊事故で意識不明の30代男性と60代男性を受け入れる。ボウリング場でけがをしたという40代男性も搬送されてきたが、救急車から運びだされた患者は、藍田(堀内健さん)だった。その後、倒壊事故で意識のない患者・洋平(吉沢さん)が搬送されてくると、処置に入った三宅(中谷美紀さん)はがくぜんとする。

 そんな中、濱田は、理事長の澁沢(余貴美子さん)から、状態が悪くリスクは大きいが、病院の宣伝に使えると大物芸能人の御代田の手術を持ち掛けられる。そして、手術当日、見学に行った児嶋は、患者のある異変に気付く……。

第8話のあらすじ 最終章突入 「僧医」伊藤英明が“不正ペースメーカー”に切り込む 清塚信也らがゲストに

連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」第8話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」第8話のワンシーン(C)TBS

 俳優の伊藤英明さん主演の連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系、金曜午後10時)第8話が3月6日、放送される。女優の大西礼芳(あやか)さん、白石糸さん、俳優の前田公輝(ごうき)さん、ピアニストの清塚信也さんらがゲスト出演する。

 あおば台救命救急センターでは、「僧医」の松本(伊藤さん)、三宅(中谷美紀さん)が、ペースメーカーを入れた生活保護の患者が短期間に数人見つかったことに疑問を抱き、児嶋(松本穂香さん)にその出元の調査を依頼。やがて、全患者があおば台病院の同じ医師に手術されていることが発覚する。真意を確かめるため、松本は濱田(ムロツヨシさん)の元へ向かう。

 一方、濱田は、医療コンサルタント・長谷(淵上泰史さん)からの電話で、心臓外科学会の理事長・大貫(きたろうさん)の孫・川崎美咲が、重い心臓病で入院していると伝えられる。あおば台病院に転院させて手術がうまくいけば、医師会を後ろ盾にして小児ハートセンター設立がスムーズになると言われていた。

 同じ頃、憲次(泉谷しげるさん)は、がんの治療に向き合い、診察を受けていた。付き添う松本は、改めて最悪の状況を確認し「治験薬でもいいので可能性に懸けたい」と訴える。そんな中、ひき逃げ事故にあった女性(白石さん)が搬送されてきた。搬送2日後でも家族からの問い合わせがないことや、彼女の荷物からシングルマザーなのではないかと考えられた。家に乳幼児が1人で残っているかもしれない危機的状況で身元が分からないでいたが、児嶋があることに気付く。

 母親の川崎百合子(大西礼芳さん)、祖父の大貫に付き添われ美咲が転院してきた。濱田の次に優秀とされる心臓外科医の田沼(前田公輝さん)が前立ちとなって手術が始まる……。

 予告映像では、「最終章突入!!」「天才外科医が隠蔽工作?」「ペースメーカーを不正に埋め込む犯人は?」というテロップと共に、濱田が松本に「大義は僕にある」と語りかけるシーンなどが収められている。

第9話のあらすじ 「僧医」伊藤英明が手術失敗した“濱田”ムロツヨシを救う?

連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」第9話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」第9話のワンシーン(C)TBS

 俳優の伊藤英明さん主演の連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系、金曜午後10時)第9話が3月13日、放送される。濱田(ムロツヨシさん)が手術した、心臓外科学会の理事長・大貫(きたろうさん)の3歳の孫・川崎美咲(中野翠咲ちゃん)の容態が急変した。すぐさま松本(伊藤さん)が対応し、濱田も駆け付け緊急手術したが失敗。濱田は投資家のリチャード・ポー(近藤公園さん)に融資を断られてしまう。

 小児用ハートセンター設立をあきらめられない濱田は「もう一度だけチャンスを与えてほしい」と、難しい手術の公開手術を提案。しかし、公開手術の開始直後に異変が起きる。美咲の手術後から様子のおかしい濱田に松本は……。

 一方、松本が父のように慕う、憲次(泉谷しげるさん)のがん治療が始まった。ステージ4の肺線がんの治療は厳しいが、憲次は松本の懇願で治験薬での治療を決意していた。投薬を開始し、経過は順調に思われたが……。

 予告映像では「天才外科医の手術失敗 そして失われる夢」「僧医は仲間を救えるのか-!?」というテロップと共に、濱田(ムロツヨシさん)が落ち込む姿のほか、「僧医」の松本(伊藤さん)が濱田に声をかけるシーンなどが収められている。

最終回のあらすじ 「僧医」伊藤英明が通り魔事件の犯人ともみ合いに…

連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」最終回のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」最終回のワンシーン(C)TBS

 俳優の伊藤英明さん主演の連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系、金曜午後10時)最終第10話「救わない勇気は僕にはない」が3月20日、放送される。女優の谷花音さんがゲスト出演する。

 通り魔事件が発生し、「僧医」の松本(伊藤さん)のほか、吉田(谷恭輔さん)、田中(片寄涼太さん)、児嶋(松本穂香さん)、長見(うらじぬのさん)ら救命救急センターの面々がドクターカーで現場へ急行。

 心臓部を刺されてショック状態の被害者・木村敦子(菅井玲さん)の傍では、娘の尚(谷花音さん)が必死に母に呼び掛けていた。すると、近くで刃物を持った犯人の男を見た松本が思わず犯人に駆け寄り、もみ合いに。

 その後、あおば台病院に搬送された犯人と敦子の緊急手術がなされたが、松本は尚に「なぜ、犯人を助けるのか」と強く責められる。

 松本が父のように慕う憲次(泉谷しげるさん)が自宅で倒れ搬送されてきた。既にがんが転移して治験薬が効かなくなっていると担当医から聞いた松本は、意を決して自ら憲次に話をする覚悟を決める。

 医師とは何か、救うとは何かについて思い悩む松本に、三宅(中谷美紀さん)や濱田(ムロツヨシさん)は……。