病室で念仏を唱えないでください あらすじ

病室で念仏を唱えないでくださいあらすじ

 ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」は、マンガ誌「ビッグコミック」(小学館)で連載されているこやす珠世さんの同名マンガが原作。俳優の伊藤英明さんで主演を務める。TBS系で2020年1月スタート(毎週金曜午後10時)。伊藤さんがTBS同局のドラマに主演するのは、2007年4月期放送の「孤独の賭け~愛しき人よ~」以来、12年9カ月ぶり。俳優のムロツヨシさん、女優の中谷美紀さん、松本穂香さんの出演も発表された。1975年8月生まれの伊藤さん、1976年1月生まれの中谷さん、同じく1976年1月生まれのムロさんという“同学年”の3人がドラマで共演するのは今回が初めて。

 ドラマは、伊藤さん演じる、僧侶でありながら救命救急医という“僧医”の主人公、松本照円(しょうえん、照之)の奮闘を一話完結型で描く医療ヒューマンドラマとなる。救命救急センター内での他の医師とのチームプレー、専門医たちとの激しいやり取りも描かれる。

 中谷さんは、救命救急センターの医師で、松本とは意見が異なる部分がありつつも、お互いの実力を認め協力し合う女医の三宅涼子、ムロさんは、松本とたびたび衝突する心臓血管外科医の濱田達哉、松本穂香さんは濱田の下で働く新人心臓血管外科医の児嶋眞白(ましろ)を演じる。ムロさんと松本穂香さんが医者役を演じるのは、今回初めて。

ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」のあらすじ

<ドラマ紹介>「病室で念仏を唱えないでください」 「僧医」伊藤英明の活躍描く医療ヒューマンドラマ ムロツヨシ、松本穂香、片寄涼太、中谷美紀ら出演 第1話あらすじも

連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」第1話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」第1話のワンシーン(C)TBS

 俳優の伊藤英明さん主演の連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください(念唱)」(TBS系、金曜午後10時)が1月17日始まる。伊藤さん扮(ふん)する、僧侶でありながら救命救急医という異色の主人公の活躍を軸に、「生きること」を問う医療ヒューマンドラマ。ムロツヨシさん、松本穂香さん、ダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さん、「ネプチューン」の堀内健さん、宮崎美子さん、余貴美子さん、萩原聖人さん、中谷美紀さんらが出演する。

 原作は、マンガ誌「ビッグコミック」増刊号(小学館)で連載中のこやす珠世さんの同名マンガ。ドラマは、あおば台病院救命救急センターを舞台に、「僧医」松本照円(しょうえん、照之)の奮闘を一話完結型で描く。救命救急センターでの他の医師とのチームプレー、専門医たちとの激しいやり取りも描く。

 中谷さんは、救命救急センターの医師で、松本とは意見が異なる部分はあるも実力を認め合い協力する女医の三宅涼子、ムロさんは、松本と度々衝突する心臓血管外科医の濱田達哉、松本穂香さんは新人心臓血管外科医の児嶋眞白(ましろ)、片寄さんは研修医の田中玲一、堀内さんは整形外科医の藍田一平、宮崎さんは清掃員のおばちゃん、余さんは理事長の澁沢和歌子、萩原さんは救命救急センター部長の玉井潤一郎を演じる。子供ユニット「Foorin(フーリン)」の吉田日向(ひゅうが)さんが松本の幼少期を演じる。唐田えりかさん、谷恭輔さん、うらじぬのさん、土路生優里さん、横田真悠さん、土村芳さん、安井順平さん、泉谷しげるさんも出演。

 第1話は、救命救急センターのホットラインが鳴った。交通事故の救急患者が運び込まれることになり、医師の涼子、研修医の田中、整形外科医の藍田たちが処置に追われる中、僧衣にスニーカーの松本照円が全速力で走り込んで来た。松本は何かにつけて念仏を唱えたり説法をしたりするため、患者だけではなく同僚からも煙たがられているが、本人は医師、僧侶として明るく真面目に取り組んでいる。

 交通事故に遭った患者たちの中には、一刻を争う事態の人も。事故を起こした乗用車に乗っていた男女の1人、谷村容子(hitomiさん)を松本が処置していたところに、容子の13歳の息子・将太(大西利空さん)が駆け付ける。その後、容子と同じ車に乗っていた男性の妻が現れ、妻は夫と容子の浮気を疑い、救命救急センター長の玉井たちに詰め寄る。その様子を見た将太が「男ができて、俺たちのこと、 どうでもよくなったんだ! 俺たちを捨てたバチが当たったんだ……死ねばいい」と語り、松本は将太に説法するが、気持ちは伝わらなかった。一命を取り留めた容子だが、意識が戻らないまま迎えた翌日、脳死状態に。松本は将太に決断を求める。

 そんな中、心臓血管外科に大学病院から濱田が出向してきた。 病院は大きな変化を迎えようとしていた……。

 伊藤さんは「僧医」を演じるため、2年間伸ばした髪を自らバリカンでそり上げ、気合を入れた。1975年8月生まれの伊藤さん、1976年1月生まれの中谷さん、同じく1976年1月生まれのムロさんという同学年の3人がドラマ初共演する。ムロさんと松本さんは医師役初挑戦。

 第1話は15分拡大版で放送。俳優の永山瑛太さんと永山絢斗さんの兄・永山竜弥さん、歌手のhitomiさん、元「モーニング娘。」の飯窪春菜さん、犯罪ジャーナリストとして知られる丸山ゴンザレスさんらがゲスト出演する。

 脚本は、「初めて恋をした日に読む話」(以下、すべてTBS系)や「あなたのことはそれほど」などの吉澤智子さん。演出は「インハンド」などの平野俊一さんらが担当。プロデューサーは「コウノドリ」「逃げるは恥だが役に立つ」「ブラックペアン」などの峠田浩さんが担当する。

第2話のあらすじ “僧医”伊藤英明が溺れた中学生を処置… 島袋寛子らがゲスト出演

連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」第2話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」第2話のワンシーン(C)TBS

 俳優の伊藤英明さん主演の連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください(念唱)」(TBS系、金曜午後10時)の第2話が1月24日、放送される。同話には、元「SPEED」で歌手の島袋寛子さん、シンガー・ソングライターのナオト・インティライミさん、俳優の田中奏生さん、渡邉蒼さん、見栄晴さん、女優の森迫永依さんがゲスト出演する。

 ある日、「僧医」松本照円(しょうえん、伊藤さん)らがいるあおば台病院の救命救急センターに、交通事故による大けがで宮島隆弘(ナオト・インティライミさん)が運ばれてくる。意識がぼんやりとした状態で、医師の三宅涼子(中谷美紀さん)たちが処置にあたる。

 同じ頃、松本たちは、自宅で倒れ運び込まれた女性患者の処置を担当。その女性患者は、大動脈瘤(りゅう)が破裂していたため危険な状態で、心臓血管外科医の濱田達哉(ムロツヨシさん)に応援を頼むが、手術中という理由でむげに断られる。松本は三宅の応援もあり緊急手術を行う。女性患者は一命を取り留めるが、救命救急センターのスタッフは、オペの応援要請に答えてくれない濱田に不満を募らせていた。

 数日後、出勤した松本の元に、川で中学生男子が溺水というドクターカーの要請が入った。松本の過去を知る三宅は「私が行こうか?」と気に掛けるが、松本は「僕が行きます」と名乗り出る。現場でレスキュー隊員が少年の岡崎勉(渡邉さん)を発見。松本は真冬の川の中に駆け込んでいく。低体温、心肺停止で危険な状態の勉の心臓マッサージをする松本は、勉と同じ制服を着た丸山(田中奏生さん)と目が合った途端、丸山が逃げていくのに気付く。

 病院に運び込まれた勉は、ICUで母親の真理子(島袋さん)が付き添う中、低体温療法を受けていた。松本は、真理子に勉が握っていたペンケースを渡す。それを確認した真理子は、亡き父親からプレゼントされたボールペンがなくなっていることに気づく。その後、松本は、病院内で丸山を見つけ、追いかけるが……。30年前に自身が体験した出来事と勉たちを重ね合わせる松本は、止まった時間を動かすことができるのか……というストーリー。