ねぇ先生、知らないの? ニュース

<インタビュー>馬場ふみか 「いろいろな人に見てほしい」という思いが原動力に 「ねぇ先生、知らないの?」でマンガ家役に挑戦

連続ドラマ「ねぇ先生、知らないの?」で青井華役を演じる馬場ふみかさん
連続ドラマ「ねぇ先生、知らないの?」で青井華役を演じる馬場ふみかさん

 女優の馬場ふみかさんが俳優の赤楚衛二さんとダブル主演を務める連続ドラマ「ねぇ先生、知らないの?」の放送が、MBSの深夜ドラマ枠「ドラマ特区」で放送中だ。ドラマは恋愛経験に乏しいマンガ家の青井華とカリスマ美容師の城戸理一の恋愛を描いたラブストーリー。仕事モードに入ると彼氏を放置してしまうほど仕事に真っすぐな華を演じる馬場さんは、自身の仕事の原動力は「作品をいろいろな人に見てほしい」という思いと語る。馬場さんに仕事に懸ける思いや今後の挑戦などについて聞いた。

 ◇少女マンガ原作ドラマは「挑戦できてうれしい」

 ドラマは、マンガ誌「プレミア Cheese!」(小学館)で浅野あやさんが連載中の人気マンガを実写化。恋愛経験に乏しい自分を隠しながら恋愛マンガを描いてきたマンガ家の華(馬場さん)が、飛び込みで入った美容室でカリスマ美容師の理一(赤楚さん)と出会い、互いに引かれ合っていく……というラブストーリー。矢作穂香さん、和田雅成さん、古川毅さんらも出演する。

 「恋愛モノの少女マンガ原作のドラマに出演したことが今までなかったので、こういう作品に挑戦できることがとてもうれしかったです」と馬場さん。「原作を読んで華のことが好きだと思い、この作品の素晴らしさを世の中の女性に知ってほしくて『ぜひやりたい』と思いました」と語る。

 演じる華は、恋愛経験に乏しい女子。馬場さんは「モノローグであたふたしているせりふが多いので、そこでしっかり伝えられるような演じ方をしたい」と意気込みを語る。実際にマンガを描くシーンもあるため、撮影前は絵の練習をしていたといい、「初めての経験で楽しいです。線一つ描くにしても、描く場所によってニュアンスを変えなければいけなかったりする。ちょっとうまくできたかも、と思えるとすごく楽しくて……」と笑顔を見せる。

 ◇今後は“声の仕事”にも意欲

 華は仕事に没頭すると、理一からの連絡も放置してしまう“原稿命”なマンガ家だ。プライベートより仕事を優先する女性だが、馬場さん自身は仕事とプライベートの線引きについては「なるべくどっちもちゃんと充実させたい」と話す。「今もこうして新しいドラマに挑戦している日々を必死に過ごしながら、それとは別に、友達と何も考えずにご飯を食べるような楽しく過ごす時間は大切にしています。なるべく両立できるようにした方が、うまくいくなと思っています」と自身の考えを明かす。

 馬場さんは「役をプライベートまで引きずるタイプではない」と話す。演じるキャラクターと現場では一体になるが、家に戻れば「本来の馬場ふみかに戻る」という。ただ、ファッションについては役の影響を受けることがあるといい、「ガーリーな女の子の役を演じている間は、ガーリーな服を着たい気分になります」と笑う。そのときの作品によって「服装の好みも結構、変わったりします」と話す。

 仕事モードに入ると、一心不乱に原稿に向かう華。そこには仕事に懸ける情熱が見て取れる。馬場さんの女優として自身を支える力、原動力は何だろうか。根底にあるのは「作品をいろんな人に見てほしい」思いだという。「悩んだり、落ち込んだりするときもありますけど、応援してくださる方々がいて、『この作品が世に出て、いろいろな人に見てほしい』と思えることが原動力になっているのかな、と。家族が見てくれているのもそうですし、そういう一つ一つのことが、自分にとっての原動力になるのかなと思います」と語る。

 女優にモデルにと活躍する馬場さんに、最後に今後の野望を聞いてみると、「声のお仕事をやってみたい」と新しい挑戦へ意欲を見せる。「周りの(人の)、映画で声優のお仕事をしたり、ナレーションをしたり、そういう姿を見ていて、声だけで表現することは、また全然違うから、できたらいいなと思っています」と力を込めた。
 
 連続ドラマ「ねぇ先生、知らないの?」はMBSの深夜ドラマ枠「ドラマ特区」で、毎週木曜深夜0時59分に放送。テレビ神奈川、チバテレ、テレ玉、SBSでも放送される。

出典:YouTube

<インタビュー>赤楚衛二 「ねぇ先生、知らないの?」でドラマ初主演 「ビルド」メンバーの活躍は「奮い立たせてくれる」

連続ドラマ「ねぇ先生、知らないの?」で城戸理一役を演じる赤楚衛二さん
連続ドラマ「ねぇ先生、知らないの?」で城戸理一役を演じる赤楚衛二さん

 特撮ドラマ「仮面ライダービルド」の万丈龍我(仮面ライダークローズ)役でも知られる俳優の赤楚衛二さんが女優の馬場ふみかさんとダブル主演を務める連続ドラマ「ねぇ先生、知らないの?」の放送が、MBSの深夜ドラマ枠「ドラマ特区」で放送中だ。ドラマは恋愛経験に乏しいマンガ家の青井華とカリスマ美容師の城戸理一の恋愛を描いたラブストーリー。理一を演じる赤楚さんは、今作がドラマ初主演で「上京した当時はそういうことが起こるとは思ってもいなかった」と驚きと喜びを語る。赤楚さんに、演じる理一との共通点や仕事へ懸ける思い、「仮面ライダービルド」で現場を共にしたメンバーたちへの思いを聞いた。

 ◇ドラマ初主演に「高ぶっている」

 ドラマは、マンガ誌「プレミア Cheese!」(小学館)で浅野あやさんが連載中の人気マンガを実写化。恋愛経験に乏しい自分を隠しながら恋愛マンガを描いてきたマンガ家の華(馬場さん)が、飛び込みで入った美容室でカリスマ美容師の理一(赤楚さん)と出会い、互いに引かれ合っていく……というラブストーリー。矢作穂香さん、和田雅成さん、古川毅さんらも出演する。

 今作がドラマ初主演。赤楚さんは「主演だと聞いたときは、本当にうれしかったです。恋愛もので主演をやらせていただくことは初めてで。上京した当時は、そういうことが起こるとは思ってもいなかったので、純粋にうれしいです」と喜ぶ。ただ、「プレッシャーのようなものも少し感じていた」と不安な胸中も明かし、「頑張らなきゃなという意気込みもあります。高ぶっていますね(笑い)」と興奮気味に話す。

 ドラマでは、人気のカリスマ美容師であると同時に、仕事最優先の華を優しく包む理解のある理一を演じる。赤楚さん自身、華のような“仕事一筋”な女の子は「すてきだなと思います」といい、自分とも「ちょっと重なるところがある」という。「僕も上京して『なんのために今ここにいるのか』と考えたとき、第一にすべきは仕事だった。だから一番恋愛したい時期にもかかわらずお仕事を頑張っている人というのは、大変なのも分かりますし、すてきだなと思います」と自らと重ね合わせて語る。

 仕事に没頭するとプライベートがなくなるタイプなのは、華と共通するところでもあるという。「作品に入ると、まず仕事以外の欲が全部なくなります。本を読むことも途中でやめちゃうし、友達にも全然会わなくなっちゃうことが多々あります」と赤楚さん。それぐらい情熱を込めているからでは?と聞くと、「いい意味で言えばそうですし、悪い意味で言えば不器用です。でも、それぐらい情熱をかけないと評価してもらえないところにいると思うので……。『やるしかない』というところですね」とほほ笑む。

 「見てくれるファンの方や、家族や友達など、僕のことを知っている人たちが喜んでくれるのがうれしい」と語る赤楚さん。その喜びが、仕事をする上での原動力にもなっているという。「僕に興味がなかったとしても、作品を見て面白かったと思ってもらえたら最高です。『僕が演じるから日常を忘れられる』というような俳優になれたら、最高だなと思います」と前向きに語る。

 ◇「仮面ライダービルド」メンバーは「仲間でライバル」

 赤楚さんといえば、「仮面ライダービルド」の万丈龍我(仮面ライダークローズ)役で注目を集めたことも記憶に新しい。赤楚さんはライダーを演じた経験は、演技の技術的な部分というより精神面での助けになっているという。「日常のハードスケジュールの中でのタフさや現場に慣れるという部分では、仮面ライダー(経験)に助けられているなと思います。心がけのような部分ですね」と語る。

 桐生戦兎(仮面ライダービルド)を演じた犬飼貴丈さんをはじめ武田航平さん、水上剣星さんら「ビルド」メンバーとは今でも連絡を取り合うほど仲がいいという。だが、それぞれ多忙な日々を送っているため、会うことはあまりないとか。「仲はいいんですが、しょっちゅう会っているというわけではなくて。それぞれ自分のやるべき道があるから、頻繁に会わなくなったのかなという気がします」と現状を明かす。

 今作で初主演を務める赤楚さんはもちろん、「一番会っている」という犬飼さんも今年4~9月に放送されたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」に出演。武田さんも舞台にドラマにと活躍中だ。こうした「ビルド」メンバーたちの活躍は、赤楚さんにどのような刺激を与えているのか。そう赤楚さんに聞くと、「奮い立たせてくれる存在です」と話す。

 「かつての仲間でもあるし、でもやっぱりライバルだし。いろんなところで頑張っている姿を見て、『俺も頑張らなきゃな』と奮い立たせてくれる存在です。みんなが頑張れば頑張るほど、『ビルド』自体も『こんなメンバーが出ていたんだ』と思われる作品になると思う。だから、それぞれが今、前を向いて生きているのが素晴らしいと思います」と語る。

 今作で主演を務め、これからますますの活躍が期待される赤楚さん。改めて今後の目標を聞くと、「一人暮らしで、30代あたりで二子玉川の1LDK以上のマンションに住むというのが夢です(笑い)。ほどよい田舎とほどよい都会で、(出身の)名古屋に雰囲気が似ているんです」と笑顔で、まずはプライベートの目標を明かし、続けて「『人を幸せにする』というのが原動力なのは大前提で、その先で、自分の幸せも勝ち取れるようになったら一番なのかなと思います」と仕事面での理想を語った。

 連続ドラマ「ねぇ先生、知らないの?」はMBSの深夜ドラマ枠「ドラマ特区」で、毎週木曜深夜0時59分に放送。テレビ神奈川、チバテレ、テレ玉、SBSでも放送される。

出典:YouTube

<ドラマ紹介>「ねぇ先生、知らないの?」 馬場ふみか&赤楚衛二W主演 マンガ家とカリスマ美容師のラブストーリー 第1話あらすじも

連続ドラマ「ねぇ先生、知らないの?」第1話の場面写真 (C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS (C)浅野あや/小学館
連続ドラマ「ねぇ先生、知らないの?」第1話の場面写真 (C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS (C)浅野あや/小学館

 女優の馬場ふみかさん、俳優の赤楚衛二さんダブル主演の連続ドラマ「ねぇ先生、知らないの?」が、MBSの深夜ドラマ枠「ドラマ特区」(木曜深夜0時59分)で12月5日にスタートする。マンガ誌「プレミア Cheese!」(小学館)で連載中の浅野あやさんの同名人気マンガの実写ドラマ化。馬場さん演じるマンガ家・青井華と、ドラマ初主演の赤楚さん演じるカリスマ美容師・城戸理一のラブストーリーだ。

 恋愛経験に乏しい自分を隠しながら恋愛マンガを描いてきたマンガ家の青井華(馬場さん)が、飛び込みで入った美容室でカリスマ美容師の城戸理一(赤楚さん)と出会い、互いにひかれ合っていくラブストーリー。

 理一の店に通う、モデルで女優の星野七瀬役を矢作穂香さん、華の担当編集者の桐谷朝陽役を和田雅成さん、理一のアシスタント美容師で、中性的なイケメン男子・潤役を、9人組ダンスボーカルユニット「SUPER★DRAGON」の古川毅さんが演じる。ドラマのオリジナルキャラクターで、少女マンガが大好きな華のアシスタント・小井沼役で、ボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の宮世琉弥さん、同じく華のアシスタントで恋多き今どき女子・真琴役で、反田葉月さんが出演する。

 第1話は、念願の月刊誌連載を手に入れたものの、締め切りに追われる生活を送っていた人気マンガ家の華は、編集担当の桐谷(和田さん)から厳しいダメ出しの連続で、心身共に疲れ切っていた。ある日、身だしなみに無頓着で、オシャレとはかけ離れた自分の姿を見てショックを受けた華は、急いで近くの美容院に駆け込む。予約をしていないため断られてしまうが、イケメン美容師・理一が、担当を申し出る……。

(C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS (C)浅野あや/小学館
(C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS (C)浅野あや/小学館
(C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS (C)浅野あや/小学館
(C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS (C)浅野あや/小学館
(C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS (C)浅野あや/小学館
(C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS (C)浅野あや/小学館
(C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS (C)浅野あや/小学館
(C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS (C)浅野あや/小学館
出典:YouTube
出典:YouTube

馬場ふみかの背中に赤楚衛二が優しく寄り添い… 実写版ポスター解禁

連続ドラマ「ねぇ先生、知らないの?」のポスタービジュアル (C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS(C)浅野あや/小学館
連続ドラマ「ねぇ先生、知らないの?」のポスタービジュアル (C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS(C)浅野あや/小学館

 女優の馬場ふみかさんと俳優の赤楚衛二さんがダブル主演を務める連続ドラマ「ねぇ先生、知らないの?」(MBSほか)のポスタービジュアルが11月22日、公開された。パープルをバックに、馬場さん扮(ふん)するマンガ家・華の背中に、赤楚さん演じるカリスマ美容師の理一が優しく寄り添ったショットを採用した。

 またオープニング主題歌は音楽ユニット「まるりとりゅうが」の書き下ろし楽曲「サニー」、エンディング主題歌は韓国発の女性デュオ「赤頬思春期」の新曲「LOVE」に決まったことも発表された。

 矢作穂香さん、和田雅成さん、古川毅さんらも出演し、MBSの深夜ドラマ枠「ドラマ特区」(木曜深夜0時59分)で12月5日スタート。テレビ神奈川、チバテレ、テレ玉、SBSでも放送される。

(C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS(C)浅野あや/小学館
(C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS(C)浅野あや/小学館
(C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS(C)浅野あや/小学館
(C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS(C)浅野あや/小学館
(C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS(C)浅野あや/小学館
(C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS(C)浅野あや/小学館
(C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS(C)浅野あや/小学館
(C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS(C)浅野あや/小学館
(C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS(C)浅野あや/小学館
(C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS(C)浅野あや/小学館

人気マンガ「ねぇ先生、知らないの?」実写ドラマ化 馬場ふみか&赤楚衛二がダブル主演

連続ドラマ「ねぇ先生、知らないの?」にダブル主演する赤楚衛二さん(左)と馬場ふみかさん (C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS (C)浅野あや/小学館
連続ドラマ「ねぇ先生、知らないの?」にダブル主演する赤楚衛二さん(左)と馬場ふみかさん (C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS (C)浅野あや/小学館

 マンガ誌「プレミア Cheese!」(小学館)で連載中の浅野あやさんの人気マンガ「ねぇ先生、知らないの?」が実写ドラマ化され、女優の馬場ふみかさん、俳優の赤楚衛二さんがダブル主演を務める。原作は、マンガ家・青井華と、カリスマ美容師・城戸理一のラブストーリーで、馬場さんが華、赤楚さんが理一をそれぞれ演じる。赤楚さんは今回がドラマ初主演となる。ドラマは、MBSの深夜ドラマ枠「ドラマ特区」(木曜深夜0時59分)で12月5日スタート。

 「ねぇ先生、知らないの?」は、恋愛経験に乏しい自分を隠しながら恋愛マンガを描いてきたマンガ家の華が、飛び込みで入った美容室でカリスマ美容師の理一と出会い、互いにひかれ合っていく……というストーリー。恋人ができても既読無視は当たり前という仕事人間の華と、そんな華だからこそ大好きな理一のラブストーリーが展開する。デジタル版は、配信5カ月で25万ダウンロードを突破している。コミックス1巻が11月8日に発売予定。

 ◇原作者・浅野あやさんのコメント

 「ねぇ先生、知らないの?」がまさかの実写ドラマ化されることになりました。驚きすぎてまだ信じられない気持ちでいっぱいです。まだ始まったばかりのマンガなので、この機会にいろいろな方に「ねぇ先生、知らないの?」を知ってもらえることをとてもうれしく思います。このマンガは、仕事に一生懸命すぎて彼氏のことをすぐ放置しちゃうマンガ家の華と、イケメン美容師で華にどれだけ放置されても応援してくれる最高な彼氏、理一のお話です。私自身が「こんな彼氏がいてくれたら最高、毎日頑張れちゃうな」と思って描いています。「ねぇ先生、知らないの?」は頑張る全ての女性に向けたマンガなので、ドラマでも頑張る全ての女性に少しでも癒やしを感じてもらえたらうれしいです。

(C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS (C)浅野あや/小学館
(C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS (C)浅野あや/小学館
(C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS (C)浅野あや/小学館
(C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS (C)浅野あや/小学館

ねぇ先生、知らないの?MBS深夜ドラマ枠「ドラマ特区」
2019年12月5日スタート 木曜深夜0時59分から放送