コタキ兄弟と四苦八苦 あらすじ

コタキ兄弟と四苦八苦あらすじ

 ドラマ「コタキ兄弟と四苦八苦」は、「逃げるは恥だが役に立つ」や「アンナチュラル」(共にTBS系)、「獣になれない私たち」(日本テレビ系)などで知られる脚本家の野木亜紀子さんが手掛けるテレビ東京のオリジナルドラマ。2020年1月にスタートすることが11月6日、明らかになった。野木さんはテレビ東京作品初参加。山下敦弘監督が全話の演出を担当し、主演を古舘寛治さんと滝藤賢一さんが務める。

 「コタキ兄弟と四苦八苦」は、真面目すぎてうまく生きられない兄・古滝一路(こたき・いちろう、古舘さん)と、そんな兄を見て育ったせいか、ちゃらんぽらんにしか生きられなくなった弟・古滝二路(じろう、滝藤さん)が主人公。そんな無職の残念な兄弟がひょんなことから「レンタルおやじ」を始めることに。依頼内容は、定年退職した夫の様子がおかしい、友達が孤独死しているのではないか、3カ月後に世界が終わるなど、ひとクセある案件ばかりで、生きるのが下手な兄弟が、「レンタルおやじ」を通して孤独な依頼人たちと関わり、さまざまなむちゃぶりに“四苦八苦”しながらも、どうにか生きていく人間賛歌コメディーとなる。

 ドラマは、古舘さんと滝藤さんが「自分たちがダブル主演のドラマを立ち上げよう!」と意気投合したところから始まり、3年近い月日を経てようやく日の目を見たプロジェクトといい、テレビ東京の金曜深夜「ドラマ24」枠(金曜深夜0時12分)で放送される。

ドラマ「コタキ兄弟と四苦八苦」のあらすじ