アライブ がん専門医のカルテ ニュース

松下奈緒、主演作「アライブ」クランクアップ 「居心地が最高でした」 涙で感謝の言葉も

連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」のクランクアップを迎えた松下奈緒さん(C)フジテレビ
連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」のクランクアップを迎えた松下奈緒さん(C)フジテレビ

 女優の松下奈緒さんがこのほど、主演を務める連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」(フジテレビ系、木曜午後10時)のクランクアップを迎えた。腫瘍内科医の恩田心を演じ切った松下さんは「とうとうこの日が来てしまいました」と切り出し、「心を演じる上で、迷ったり悩んだりすることもありましたが、現場に行くと悩みが解決されました。心は皆さんが支えて作ってくださったと思います。私は一生懸命やるだけで、自然と心になれる現場でした。『アライブ』の現場は居心地が最高でした」と振り返った。

 最後は、病院の玄関からタクシーに乗り、出かけるシーンだった。松下さんは「初めて臨床医の役をいただいて、詳しく伺ってみると腫瘍内科という、私が知らなかった診療科の先生でした。自分で勉強したりいろいろな方からお話を伺ったりしながら今日まできて、腫瘍内科を少し理解して、腫瘍内科医の気持ちも少しだけ分かり始めたかな、『もっと分かりたい』『もっと知りたい』と思い始めたら終わってしまいます。このままいろんな患者さんをみたいと思うし、もっと皆さんとご一緒したかったのでさみしいです……」とコメント。

 さらに、「丁寧に生きる人の生き様を感じられる作品に関わることができて幸せでした。命をテーマに扱う作品なので、『暗く重くならないように、毎日笑顔で楽しく頑張ろう』と撮影が始まる前は意識していましたが、そんな心配がいらないくらい現場の皆さんがいつも温かくてこんなに楽しくていいのかなと思うほどでした。共演者の皆さん、スタッフの皆さん、ここにいらっしゃらないスタッフの皆さん、そして医療監修の先生方、すべての皆さんのおかげでこのドラマは成り立っています。すべての皆さんに感謝したいです。これにて『チームアライブ』、『チームオンコロ』はひとまず解散です。また皆さんとお仕事ができるように頑張ります!」と、時折、涙を浮かべ、言葉を詰まらせながらあいさつした。

木村佳乃、「アライブ」撮了に「幸せでした」 松下奈緒と抱き合う姿も

連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」のクランクアップを迎えた木村佳乃さん(C)フジテレビ
連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」のクランクアップを迎えた木村佳乃さん(C)フジテレビ

 女優の松下奈緒さん主演の連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」(フジテレビ系、木曜午後10時)で、梶山薫役の木村佳乃さんが、このほどクランクアップを迎えた。木村さんのクランクアップは、院内の廊下で同僚と会話をするシーン。スタッフから「オールアップです!」という声がかかると、松下さんがサプライズで登場。木村さんは「奈緒ちゃん!」と大喜びし、2人で抱き合ったという。

 木村さんは「ありがとうございました!」と周囲のスタッフに何度も感謝を述べて「大変良質なドラマに関わることができて幸せでした。チーフ監督、チーフカメラマン、プロデューサーよりも年上というポジションになってしまいました(笑い)。20歳の時にご一緒したスタッフの方と再会したりと、良い環境で撮影をさせていただきました。またぜひ皆さんとお仕事させていただけたらと思います。お世話になりました!」とあいさつした。

三田寛子、30年ぶりフジテレビ連ドラ出演「浦島太郎の気分」 「アライブ 」最終話でがん患者に

3月19日放送の「アライブ がん専門医のカルテ」最終話にゲスト出演する三田寛子さん(左)と佐津川愛美さん(C)フジテレビ
3月19日放送の「アライブ がん専門医のカルテ」最終話にゲスト出演する三田寛子さん(左)と佐津川愛美さん(C)フジテレビ

 タレントで女優の三田寛子さんが、女優の松下奈緒さん主演の連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」(フジテレビ系、木曜午後10時)の最終回となる第11話(3月19日放送)にゲスト出演することが3月12日、明らかになった。三田さんがフジテレビの連続ドラマに出演するのは、1990年に放送された「男と女 二ューヨーク恋物語II」以来、30年ぶり。同話には、女優の佐津川愛美さんもゲスト出演する。

 三田さんはステージ3の食道がん患者の橘千寿子、佐津川さんは千寿子が女手一つで育ててきた娘の麗奈(れな)を演じる。最終話は、抗がん剤治療の効果があり、手術ができる状態になった千寿子だが、心(松下さん)に「手術を遅らせてほしい」と訴える。麗奈の結婚式に出席しようとしていたのが理由だった……という展開。

 ◇三田寛子さんコメント

 ーー30年ぶりのフジテレビ連続ドラマ出演について。

 「現場、いいですよね! 昔から収録現場が大好きなんです。当時はスタッフのほとんどが年上でしたが今回は年下の方が多いので緊張しています。他にも女性のスタッフの方が増えたな、とか変化を見つけては、うれしい半面ドキドキしています。佐津川さんにも「今、現場はどういう感じですか?」なんて、いろいろ質問してしまいました。でも30年の時間はあっという間です。「男と女 ニューヨーク恋物語II」では、今でも年に2、3回同窓会をやっていてよく会っています。会うたびに「昨日のことみたいだね!」なんて話していますが、もう30年もたっているなんて……。浦島太郎の気分です(笑い)。

 ーー「アライブ」出演のオファーを聞かれた際の心境について。

 お話をいただいてから撮影までの期間がタイトだったので、「患者さんに見えるかな」と役作りへの心配はありました。でも、なによりもお声を掛けていただいてうれしくてありがたかったです。すぐに「やりたい!」と喜んでお引き受けさせていただきました。

 ーー橘千寿子を演じる上での思いは。

 実生活で子供が3人いますので重なる思いがあったり、改めて「私ってこういう母親としての感情があったのか」と気がつくことができたりしました。普段の生活の中で母親として特別な意識はしていませんし、「一生20歳!」の気分で毎日を過ごしています(笑い)。ですので、千寿子を演じることで自分が母親として経験したこと、感じていることに自分自身、向き合うことができました。新たな発見が多くてとても勉強になります。

 ーー視聴者へメッセージを。

 私も母をがんで亡くしていますし、周りにもがんで闘病中の方がいますので感情的になってしまうかもしれないと思っていました。いろいろな感情がこみ上げてきますが、監督にご指導いただきながら、現場では千寿子の思いに集中して演じています。全11話、「アライブ」のキャストさん、スタッフさんが築いてこられた世界観や思いを、自分が壊さないように頑張っています。今は医学が進んで、治療と日常生活の両立を目指せるようになってきています。ご覧いただいた皆様に「アライブ」を通して、「生きること」を身近に感じていただけたらと思います。希望とか前向きなことを伝える一端を担えればうれしいです。

 ◇佐津川愛美さんのコメント

 ーー「アライブ」出演のオファーを聞かれた際の心境について。

 命と向き合う作品なので、しっかりと丁寧に取り組まなければいけないなと思いました。しかも、連続ドラマの最終回ということで、これまで築きあげてこられた「アライブ」の世界観の一つになれたことがうれしいです。

 ーー橘麗奈を演じる上での思いは。

 手術の日程を巡り、母親の千寿子と麗奈の意思が食い違ってしまいます。でも、監督ともお話しさせていただいたのですが、女手一つで育ててくれた母のことが大切で真っすぐな人だからこそ麗奈はその選択をします。その麗奈の思いを表現できたらと思います。私も家族のことになると心配しすぎてしまう面があるので、共感する部分も多いです。

 ーー視聴者へメッセージを。

 治療をされているご本人も大変かと思いますが、自分自身の経験から周りにいる方も大変です。今回は娘にとっては母が頑張って生きようとしてくれることが生きがい、お母さんにとっては娘の幸せが生きがい、お互いの思いが相乗し合っている関係です。ご覧いただいた方が希望を感じていただけたり、少しでも前向きになれたりする、一つのきっかけになれたらうれしいです。ぜひご覧ください。

若林拓也「アライブ 」第10話にゲスト出演 “メンノン先輩”清原翔と映像作品で初共演

3月12日放送の「アライブ がん専門医のカルテ」第10話にゲスト出演する若林拓也さん(C)フジテレビ
3月12日放送の「アライブ がん専門医のカルテ」第10話にゲスト出演する若林拓也さん(C)フジテレビ

 俳優の若林拓也さんが、女優の松下奈緒さん主演の連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第10話(3月12日放送)にゲスト出演することが3月5日、分かった。若林さんは、清原翔さん演じる結城涼の弟・駿に扮(ふん)する。若林さんと清原さんは男性ファッション誌「MEN'S NON-NO(メンズノンノ)」(集英社)の専属モデルを務めており、先輩の清原さんと映像作品で共演するのは初めて。

 若林さんは、清原さんとの共演に「すごくうれしかったです。知り合った当初からどこかお兄さんっぽさみたいなところを勝手に感じていたので、兄弟役は自分的には演じていて楽しかったです。『MEN’S NON-NO』という同じフィールドの先輩と映像のお仕事で共演をするのは初めてだったので、すごく刺激的でした。頑張るための原動力にもなった気がします」と語っている。

 若林さんのほか、同話にとよた真帆さん、相島一之さん、丸山智己さん、品川徹さんがゲスト出演することも発表された。とよたさんは日本屈指の医療法人である有馬総合病院の理事で、結城の母・美紀子、品川さんは美紀子の父で同病院の理事長・有馬晋、相島さんはすい臓がん手術を控えた患者の佐伯芳雄、丸山さんは芳雄の弟で、すい臓がん手術に長(た)けている外科医がいると評判の有馬総合病院に兄を転院させようともくろむ隼人を演じる。

 若林さんが演じる駿は米国メディカルスクールに通う将来有望な男で、若林さんは「家庭の事情で、医者にならなければいけないプレッシャーと戦いつつも、仲のいい兄の夢をちゃんと理解し、少しでも自分が家族の役に立てたらという気持ちを常に抱いていて、空気を読める次男坊なんだと思います。佐伯兄弟との関係性とリンクする部分だったり、少しでも兄弟愛の部分が伝わったらうれしいです」とコメントしている。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

松下奈緒主演の医療ドラマ 初回は8.4%

連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」主演の松下奈緒さん
連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」主演の松下奈緒さん

 女優の松下奈緒さん主演の連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第1話が1月9日に放送され、平均視聴率は8.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第1話は、15分拡大版で放送された。ある日、心が働く横浜みなと総合病院で初来院した男性患者が倒れ、駆けつけた心たちが適切な処置を施す。紹介状に添えられたカルテを見て違和感を覚えた心は、担当医である消化器外科部長の美川(阿南健治さん)に検査を進言するが、「勝手に人の患者を見るな」と言われる。数日後、その男性患者の検査結果が分かり、心の予想は的中していた。心が美川に確認しようとすると、美川から「勝手に検査をするな」と言われる。心が身に覚えがないと美川に反論しようとした矢先、「自分が検査をした」と別の病院から転籍してきた薫が現れる……という展開だった。

<ドラマ紹介>「アライブ がん専門医のカルテ」“内科医”松下奈緒ד外科医”木村佳乃 がん治療に挑む医療ドラマ 第1話あらすじも

連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」第1話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」第1話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の松下奈緒さん主演の連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」(フジテレビ系、木曜午後10時)が1月9日スタートする。腫瘍内科が舞台で、松下さん扮(ふん)する“がん治療のスペシャリスト”の腫瘍内科医・恩田心(おんだ・こころ)と、木村佳乃さん演じる“がんと闘う女医”で有能な消化器外科医・梶山薫(かじやま・かおる)という2人の女医のタッグを中心に、がん治療の最前線で戦う医師と患者の姿を描く完全オリジナルの医療ドラマだ。

 松下さんと木村さんは2005年4月期放送の同局の連続ドラマ「恋におちたら~僕の成功の秘密~」以来、約15年ぶりの共演。木村さんが手術シーンなどがある医療ドラマに出演するのは、1996年に放送された女優デビュー作の「元気をあげる~救命救急医物語」(NHK総合)以来、約24年ぶりとなる。

 心は、すべての部位のがんを取り扱い、患者にとってベストな治療法を模索し、化学療法を中心とした診療により、病気と向き合う、誰に対しても等身大で接する優しい性格で、がんによって傷ついた患者の心までも救おうとする。一人息子がおり、3カ月前に転倒事故が原因で意識が戻らない夫・匠(中村俊介さん)の看病を続けている。一方の薫は、心が働く横浜みなと総合病院に移籍してきたばかりの外科医で、腫瘍内科の必要性を理解している。心にとって、支えになってくれる同僚、大切な友人となっていくが、薫には心に明かせない“ある秘密”を抱えている、という設定。

 横浜みなと総合病院腫瘍内科の研修医・結城涼を清原翔さん、同じく研修医の夏樹奈海を岡崎紗絵さん、内科医の光野守男を藤井隆さん、部長の阿久津晃を木下ほうかさん、同病院消化器外科医の須藤進を田辺誠一さんが演じる。小川紗良さん、三浦翔平さん、高畑淳子さん、北大路欣也さんも出演する。

 初回は15分拡大スペシャル。心はさまざまな症状のがん患者と向き合い、忙しい日々を過ごしていた。ある日、心は担当している患者・高坂民代(高畑さん)に再発の告知をするが、民代は軽口をたたき去っていく。一息つく暇もなく、化学療法室から緊急の連絡が入り、駆けつけると初来院の男性患者が倒れていた。心たちが適切な処置を施し、落ち着きを取り戻す。紹介状に添えられたカルテを見て違和感を覚えた心は、担当医である消化器外科部長の美川(阿南健治さん)に生検を進言しようとするが、「勝手に人の患者を見るな」と言われる。

 その後、心は、匠が入院する病院にお見舞いに行き、少しの滞在後、すぐに息子の蓮(桑名愛斗くん)を迎えに行く。帰宅すると、義父の京太郎(北大路さん)が待っていた。心にとって京太郎は気を使う相手で、公私共に息つく暇がなかった。

 数日後、心たちが処置をした男性患者の検査結果が分かり、心の予想は的中していた。心が美川に確認しようとすると、美川から「勝手に検査をするな」と言われる。心が身に覚えがないと美川に反論しようとした矢先、「自分が検査をした」と別の病院から転籍してきた薫が現れる……というストーリー。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

NON STYLE石田明、第1話にゲスト出演 サプライズ感あふれる演出で登場

1月9日スタートのフジテレビ系連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」に出演するNON STYLEの石田明さん(C)フジテレビ
1月9日スタートのフジテレビ系連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」に出演するNON STYLEの石田明さん(C)フジテレビ

 女優の松下奈緒さんが主演し、1月9日にスタートする連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第1話に、お笑いコンビ「NON STYLE」の石田明さんがゲスト出演することが1月8日、分かった。石田さんが民放の連続ドラマに出演するのは初めて。

 石田さんが演じる殿山俊樹は、劇中にサプライズ感あふれる演出で登場するといい「めちゃくちゃ緊張しました。みなさん器具の使い方やタイミング、スピードなんかも決まっていたので迷惑かけないようにしなくてはとドキドキしました」と語り、「僕を見逃さないように凝視しといてください!」とメッセージを寄せている。

<会見>松下奈緒、今年は「ねずみ年なので無我夢チュー」と抱負

1月9日スタートの連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」の完成披露試写会に登場した松下奈緒さん
1月9日スタートの連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」の完成披露試写会に登場した松下奈緒さん

 女優の松下奈緒さんが1月6日、東京都内で行われた主演連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」(フジテレビ系、木曜午後10時)の完成披露試写会に登場。ハート形の色紙に、今年の抱負として「無我夢中」と書いた松下さんは「今年はねずみ年なので、“無我夢チュー”!!」とだじゃれを交えて発表した。

 同作は、2人に1人が生涯のうちにかかるといわれている“がん”をテーマとした完全オリジナルの医療ドラマ。腫瘍内科というがんに特化した診療科を舞台に、今の医療現場に最も求められているがんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描く“メディカル・ヒューマン ストーリー”。松下さんが腫瘍内科医の恩田心を演じる。

 試写会には、心とバディーを組む、有能な消化器外科医の梶山薫役の木村佳乃さん、研修医の結城涼役の清原翔さん、同じく研修医の夏樹奈海役の岡崎紗絵さん、腫瘍内科医の光野守男役の藤井隆さん、腫瘍内科の部長・阿久津晃役の木下ほうかさんも出席。

 白衣姿で登場した松下さんは、撮影について「気を使う方がいなくて和気あいあい。医療がテーマとなっていますが、真剣な場面あり、笑いもありとメリハリがある」と明かし、にっこり。がんを患う患者の心に寄り添おうとする心を演じることには「(内科医ということから)手術をしないので、難しいことだらけ。患者さんと向き合って話をする。だけど、メンタルを強く持っていないと、(病気に悩む)患者さん(の姿)に負けてしまいそうになる。患者さんとの距離感に気をつけています」と明かしていた。

 「アライブ がん専門医のカルテ」は1月9日午後10時から放送。初回は15分拡大版。

<会見>木村佳乃、今年の抱負は老眼改善 15年ぶり共演の松下奈緒の魅力に「引き込まれる」

1月9日スタートの連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」の完成披露試写会に登場した木村佳乃さん
1月9日スタートの連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」の完成披露試写会に登場した木村佳乃さん

 女優の木村佳乃さんが1月6日、東京都内で行われた連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」(フジテレビ系、木曜午後10時)の完成披露試写会に登場。ハート形の色紙に、今年の抱負として“目のマーク”を描いた木村さんは「このドラマの撮影が終わるころには44歳になるのですが、薄暗いところだと文字が見えなくて(笑い)」と老眼の悩みについて語った。木村さんは、同作の医療監修を務める医師に相談したことも明かし、「緑のものを見て、目を休めるといいと教えていただきました」と語っていた。

 試写会には、主演の松下奈緒さん、共演の清原翔さん、岡崎紗絵さん、藤井隆さん、木下ほうかさんも出席。木村さんの話を聞いた木下さんが「もの忘れもする」と語ると、木村さんは「もの忘れします! します!」と同意し、共演者の笑いを誘った。

 同作で“がんと闘う女医”で有能な消化器外科医の梶山薫を演じる木村さんと、主人公で“がんのスペシャリスト”の腫瘍内科医・恩田心(おんだ・こころ)を演じる松下さんは、2005年4月期放送の同局の連続ドラマ「恋におちたら~僕の成功の秘密~」以来、約15年ぶりの共演。木村さんは、梶山について「患者さんの心に寄り添う恩田心に、どんどん心酔していく役」と説明しながら、松下さん自身については「またご一緒して。年末から撮影が続く中で、松下さんの魅力にどんどん引き込まれていっている。役柄にも、本人にも」と声をはずませていた。

石野真子、松下奈緒主演連ドラ「アライブ がん専門医のカルテ」でがん患者役 特殊メークも

2020年1月期放送のフジテレビ系連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」に出演する石野真子さん(C)フジテレビ
2020年1月期放送のフジテレビ系連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」に出演する石野真子さん(C)フジテレビ

 女優の松下奈緒さんが主演し、2020年1月9日スタートの連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第1話に、石野真子さんと田口トモロヲさんが出演することが12月28日、分かった。石野さんと田口さんは初共演。石野さんはがんで余命宣告を受けた村井恵子、田口さんは恵子と婚約している山本忠司を演じる。石野さんは恵子を演じきるために特殊メークを施したという。

 最初にがんが発生した臓器が特定できない転移がんを抱え、余命3カ月を宣告された恵子は、医師から治療ではなくホスピスへの転院を勧められたが、本当に可能性はゼロなのか、セカンドオピニオンを受けるため、恋人の山本と共に心のもとを訪ねてくる……という展開。初回は15分拡大で放送。

北大路欣也、高畑淳子、田辺誠一、三浦翔平、中村俊介が出演

2020年1月期放送のフジテレビ系連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」に出演する(左から)三浦翔平さん、高畑淳子さん、北大路欣也さん、田辺誠一さん、中村俊介さん=フジテレビ提供
2020年1月期放送のフジテレビ系連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」に出演する(左から)三浦翔平さん、高畑淳子さん、北大路欣也さん、田辺誠一さん、中村俊介さん=フジテレビ提供

 2020年1月9日から放送される松下奈緒さん主演の連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」(フジテレビ系、木曜午後10時)に、北大路欣也さん、高畑淳子さん、田辺誠一さん、三浦翔平さん、中村俊介さんが出演することが12月12日、分かった。

 北大路さんはベテラン脚本家で心の義父・恩田京太郎、高畑さんは全身がんの患者・高坂民代、田辺さんは薫が以前勤めていた「関東医科大学付属病院」の消化器外科副科長・須藤進、三浦さんは第3話から登場して本作のストーリーに大きな影響を与えるキーパーソン・関河隆一、中村さんは転倒事故で意識が戻らない心の夫・恩田匠を演じる。

 ◇北大路欣也さんのコメント

 ――京太郎を演じる上での思いや意気込みをお願いします。

 心と匠、そして(心と匠の一人息子の)漣。それぞれの思いを静かに受け止められる、温もりを持ちたい。

 ――松下さんとは連続ドラマ初共演となりますが、共演に関しての思いをお願いします。

 内科医として、妻として、母親として、不幸を抱えながらも真っすぐに突き進む、松下さんの凛(りん)とした姿に憧れます。

 ◇高畑淳子さんのコメント

 ――民代を演じる上での思いや意気込みをお願いします。

 全身がんを抱えながら、人ごとの様にがんの治療と向き合っている女性……と考えると、真っ先に思い出すのが樹木希林さんです。希林さんの死生観、あの少し皮肉屋さんの感じ、そんな気配を出せないものかなーと思いつつ、最近の医療事情なども大いに勉強したいと思っております。

 ◇田辺誠一さんのコメント

 ――須藤を演じていく上での思いや意気込みをお願いします。

 医者としての技術や経験を礎に、病気ではなく患者と向き合い、健康な生活に戻れるよう最大限の努力をしている姿を演じられればと思います。完璧ではない部分もありますが、そことどう向き合うのか、はたまたプライベートは? 一人の人間のさまざまな面を表現できればと思っています。

 ――元部下役である木村佳乃さんとの共演に関しての思いをお願いします。

 木村さんとは何度も共演させていただいていますが、どんな時も明るくてパワーに溢(あふ)れ、常に前に進む力を感じます。薫という役のイメージそのものだと思いますが、今回は少し背負っている設定もあるようなので、そういった部分のコントラスト、また松下さん演じる心との関係がどうなるのか、楽しみです。

 ◇三浦翔平さんのコメント

 ――謎に満ちた関河を演じていく上での思いや意気込みをお願いします。

 前半はナチュラルに演じたいです。その半面、物語後半に向けてのいろんな伏線を張っていき、謎の男の魅力を精いっぱい、引き出していきたいと思っています。

 ――最も共演が多くなる木村佳乃さんとは本作が初めて。共演に向けての思いをお願いします。

 木村さんはパワフルだけれども、とても繊細なイメージがあります。そんな木村さんとの掛け合いや2人のシーンで、どんなお芝居をされるか楽しみです!

 ◇中村俊介さんのコメント

 ――匠を演じていく上での思いや意気込みをお願いします。

 匠はとても優しくて家族思いで温かい人物だと思いますので、少ない描写の中でも、そんな彼の人間性がうまく見ている方に伝わればいいなと思っています。そして心と匠を通して大切な人がいつも側にいる日常は決して当たり前ではなく、とてもかけがえのない日々だということに気付いていただけたらとてもうれしいです。

 ――3年ぶりの松下奈緒さんとの共演に関しての思いをお願いします。

 以前共演させていただいた時は別の方の奥さんでしたが、今回は僕の妻ということでとても光栄です。真っ直ぐで才色兼備なイメージの松下さんに、心という女性はまさにぴったりだと思います。心が医師として母として、そして人として、これからどう成長していくのかとても楽しみですし、期待しています。

清原翔、岡崎紗絵と研修医役 追加キャスト発表

2020年1月期放送のフジテレビ系連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」に出演する(左から)木下ほうかさん、清原翔さん、岡崎紗絵さん、藤井隆さん=フジテレビ提供
2020年1月期放送のフジテレビ系連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」に出演する(左から)木下ほうかさん、清原翔さん、岡崎紗絵さん、藤井隆さん=フジテレビ提供

 俳優の清原翔さんが、2020年1月9日から放送される松下奈緒さん主演の連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」(フジテレビ系、木曜午後10時)に出演することが11月22日、分かった。清原さんのほか、岡崎紗絵さん、木下ほうかさん、藤井隆さんの出演も発表された。清原さん、岡崎さん、藤井さんは、松下さんとは初共演となる。

 清原さんは医師家系のエリートで2年目の研修医・結城涼、岡崎さんは小児科医を目指す2年目の研修医・夏樹奈海、木下さんは恩田心(松下さん)たちが勤める腫瘍内科の部長・阿久津晃、藤井さんは心の同僚で腫瘍内科医の光野守男を演じる。

 ◇出演者のコメント

 ・清原翔さん

 --本作のオファーを聞かれた際の感想をお願いします。
 
 腫瘍内科という、まだ聞きなじみがない、がん診療を行う科が舞台と聞いて、心が引き締まりました。身近にある病気だからこそ、皆さんに伝えられるようにしっかり演じたいと思いました。

 --結城を演じていく上での意気込みをお願いします。

 一見クールだけど、熱い思いがある。そんな結城をどう演じるか、本当に楽しみです。腫瘍内科の皆さんで一致団結できるよう頑張ります。

 --見どころなど、視聴者へメッセージをお願いします。

 “がん”という、きっと皆さんも身近に感じるであろう病気を扱うドラマなので、共感していただける部分があると思います。丁寧に結城涼という人物を演じたいと思います。ぜひ、皆さん楽しみにしていてください。

 ・岡崎紗絵さん

 --本作のオファーを聞かれた際の感想をお願いします。

 とてもうれしかったです。腫瘍内科を私自身、知らなかったので、知るきっかけになりました。医療ドラマは命あることの尊さ、人とのつながりがとても濃く出るドラマだと思うので、大切に演じたいと思いました。

 --奈海を演じていく上での意気込みをお願いします。

 一生懸命で真っすぐな女性なので、私も奈海のように真っすぐに作品と向き合い、奈海の人に寄り添える優しさを出していけるよう、精いっぱい頑張ろうと思います。

 --見どころなど、視聴者へメッセージをお願いします。

 人と人とのつながり、命の大切さを再確認できるドラマとなっていて、それだけではなく隠された過去や秘密があったりと気になる展開がたくさんあるドラマです。その部分も楽しみに見ていただけるとうれしいです。

 ・木下ほうかさん

 --本作のオファーを聞かれた際の感想をお願いします。

 扱う内容が決して人ごとではなく、関心の高い問題であることから、強く責任を感じています。とはいえ、物語の中で緩和としての役割をしっかり果たせる働きをしていきたいと考えています。

 --阿久津を演じていく上での意気込みをお願いします。

 現時点でプランはたっていませんが、優れたスタッフ、キャストと取り組めることが分かっているので全く不安はありません。とくに共演者として松下さん、木村さんとはすでに信頼関係が築けているので安心ですし、基本的には藤井君に頼って、相談しながら取り組んでいきたいと考えています。また、高野(舞)監督とも「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」以来でうれしい限りです。

 --見どころなど、視聴者へメッセージをお願いします。

 まだ発表されていない魅力的な共演者もいるので、素晴らしいチームワークをお見せすることができるはずですのでご期待ください!

 ・藤井隆さん

 --本作のオファーを聞かれた際の感想をお願いします。

 フジテレビの医療ドラマに呼んでいただいたことに驚きました。頑張ろうと思います。

 --光野を演じていく上での意気込みをお願いします。

 先日、打ち合わせと衣装合わせでスタッフの方々とお会いしました。皆さんが丁寧にこのドラマを作っていこうとなさっている姿を見て、ご迷惑おかけしないように私も丁寧な気持ちを持って参加させていただこうと思いました。光野は5人の子供がいる医者です。きっと生きることにたくましく強い人なんじゃないかな、と思っています。どこまで体現できるか分かりませんが、ご覧いただく方に光野のそんな強さもふと感じていただけるよう頑張ります。

 --見どころなど、視聴者へメッセージをお願いします。

 最後まで毎週ご覧いただけるような、そんなドラマになるよう頑張ります。1月9日木曜日夜10時から、どうぞよろしくお願いします。

 ◇太田大プロデューサーのコメント

 チーム・オンコロにすてきなみなさんがお集まりいただけてとても光栄です。将来に悩み迷う時期にいる若き研修医である結城涼と夏樹奈海は、どこかしら、この診療科の未来を感じさせる人物として描きたいと思っていました。腫瘍内科は日本では比較的新しい診療科であり、転科せず最初から腫瘍内科医である先生方はまだ少ないと言われていますが、研修医を経た彼らがどんな選択をするのかに注目していただきたく思っています。

 今、最も注目される若手俳優である清原翔さんは、そのクールでアンニュイな雰囲気と、理系出身の醸し出される知性から結城そのものだと思い、オファーさせていただきました。また、モデルとしても女優としても、役によって派手な女性からしおらしい女性まで幅広く演じ分ける岡崎紗絵さんに、ひたむきな女性である夏樹を演じていただきたくお願いしました。

 また、フワフワしているように見えて、実はこの診療科のことを心の底から考えている阿久津部長は、いわゆる理想の上司。飄々(ひょうひょう)としながらも、いつもご登場されるシーンをしっかりと締めていただけるすご腕の木下ほうかさんに演じていただくことで説得力を持っていただけると思っています。そして、作品として暖かさと明るさを感じさせるものにしたいと思っている中で、欠かせないキャラクターである光野には、居てくださるだけで周囲が明るく温かくなる藤井隆さんにお願いさせていただきました。多彩な藤井さんが織り成す圧倒的な明るさと、とても真摯(しんし)な人柄が、光野をより一層魅力的に見せていただけると信じています。

松下奈緒、木村佳乃と15年ぶり共演 来年1月期の医療ドラマで“バディー”に

2020年1月期放送のフジテレビ系連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」に出演する松下奈緒さん(左)と木村佳乃さん=フジテレビ提供
2020年1月期放送のフジテレビ系連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」に出演する松下奈緒さん(左)と木村佳乃さん=フジテレビ提供

 女優の松下奈緒さんが、2020年1月9日スタートのフジテレビ系連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」(木曜午後10時)で主演を務める。“がん”をテーマとした医療ドラマで、松下さんは“がんのスペシャリスト”の腫瘍内科医・恩田心(おんだ・こころ)を演じる。また、松下さんとは2005年4月期放送の同局の連続ドラマ「恋におちたら~僕の成功の秘密~」以来、約15年ぶりの共演となる木村佳乃さんの出演も発表。木村さんは、もう一人の“がんと闘う女医”で有能な消化器外科医・梶山薫(かじやま・かおる)役で、松下さんとバディーを組む。

 「アライブ がん専門医のカルテ」は、2人に1人が生涯のうちにかかると言われている“がん”をテーマとした完全オリジナルの医療ドラマ。腫瘍内科というがんに特化した診療科を舞台に、今の医療現場に最も求められているがんのスペシャリストたちの闘いと苦悩を描く“メディカル・ヒューマン・ ストーリー”となる。

アライブ がん専門医のカルテフジテレビ系
2019年1月9日午後10時スタート。初回は15分拡大版。