アライブ がん専門医のカルテ あらすじ

アライブ がん専門医のカルテあらすじ

 ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」は、2人に1人が生涯のうちにかかると言われている“がん”をテーマとした完全オリジナルの医療ドラマ。フジテレビ系で2019年1月9日スタート。女優の松下奈緒さんが主演を務める。松下さんは“がんのスペシャリスト”の腫瘍内科医・恩田心(おんだ・こころ)を演じる。また、松下さんとは2005年4月期放送の同局の連続ドラマ「恋におちたら~僕の成功の秘密~」以来、約15年ぶりの共演となる木村佳乃さんも出演する。木村さんは、もう一人の“がんと闘う女医”で有能な消化器外科医・梶山薫(かじやま・かおる)役で、松下さんとバディーを組む。

 「アライブ がん専門医のカルテ」は、腫瘍内科というがんに特化した診療科を舞台に、今の医療現場に最も求められているがんのスペシャリストたちの闘いと苦悩を描く“メディカル・ヒューマン・ ストーリー”となる。

ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」のあらすじ